島旅

2024年2月10日 (土)

2月の島旅

一月に続いて訪れた島、そこは紀伊大島
『この時期は紀伊大島、やっぱりイイですよ。』

透明度よく、穏やかで、とにかく魚ぐっちゃり群れ群れに、マクロも充実の海

奇岩景勝も数多く、世界遺産の熊野古道や熊野権現、さらには温泉も数多く堪能できる

実際、昨年今年と1月に行って、あんまり良かったもので、

急遽この2月の平日にも企画して行ってきました!潜ってきました!

 

参加者 M.Iさん70代男性

『あんなに入ってすぐの所に、あんなに群れてるんだね。
ボートより出入り楽。
これじゃぁボートでなくていいやね。』

 

参加者 A.Yさん 女性

 『前日の雪には驚きましたが、初めての和歌山!

群れいっぱいで楽しかったです。魚の中に入ってボーっと最高でした。

ウミウシも見れたし、宿も素敵でご飯もおいしい!!

 

 

当初の現地情報では、『数万のメアジ大群は消えました』と情報が、、、、、、、、

それでも、アジ、クロホシイチモチ、イサキ、ヨスジフエダイはむしろ増えてるくらい。

なので1月とまた違った群の構成

エントリーしてすぐのゴロタで群れてるので、

ついついその下の砂地の方には目が行きづらい。

でも砂地もカスザメ、ダイナンウミヘビ、ウミウシとこちらも飽きません。

とにかく群れに目が奪われてしまい、

気がつけば、GOPROで同じ群れのシーンばかり撮ってしまう

一転、5mの壁にはジャパピグことハチジョウダツも

特徴は、超小さくて、姿がなんだか愛嬌たっぷり

我々ロウガンズでかろうじて確認できる大きさ((笑))

なのによく動く!『ここだよ』って指さすと、

ゆら~とポンポコのお腹で移動するもんだから、

『あれ?どこだ!』てなる

こんな風にマクロも充実なのがココのすごいところ!!

 

温泉も十分堪能しました
まずは到着日の早朝温泉
すさみ町の温泉は高速降りてすぐ

朝日に染まりながらの海を、眼下に見ながら入る露天は、
疲れも飛んでいくありがたさ、しかも早朝とあって貸し切り

ダイビングの後は定番串本のサンゴ湯へ
地元に愛される湯は、おじいちゃん、おばあちゃん達の憩いの場

翌日は那智勝浦まで遠征風呂
泉質が一押しだと聞いてやってきた湯は、
「源泉かけ流しっぱなし」の、きよもん湯

ちゅるちゅるのアルカリ泉で、ほのかに硫黄臭がします
湯温がバッチリ良い感じ、いろんな温泉にも入れるのが、いいですね

 

Img_20240208_143821

ご当地ソフトも忘れません

きんかんソフトと、那智黒あめソフトをいただきました

那智黒ソフトは食べると本当に黒飴の味

おいしい! ただ甘みが少し強いので、次回はミックスにしようと思いました

こんな感じで那智勝浦近くには、温泉、熊野権現だけでなく、

道の駅鯨の太地もあるので、ソフトだけでなく、

クジラバーガーや定番海鮮丼も楽しめる、食でも楽しめる良いところです

 

次回もまた、来年の冬かな。

 

 

熊野古道ってこう言うこと・・・

Img_20240208_141951

 

 

2024年1月11日 (木)

2024年 島旅スタート

一月連休で紀伊大島へ

 

本州最南端の串本町の須江は、くしもと大橋で本州とつながっているので、車で楽々アクセス

冬季限定のポイントには、数千、いや数万匹?ほどの鰺の群れが密集

いや~見応えあります!見惚れました♡

透明度良い海中を自在に姿を変える“群れ”と言う生き物

温泉においしい宿の手料理、橋杭岩など景勝に熊野宮参拝と、相変わらず南紀を満喫

冬に一度の遠征ですが、一度だけにするには惜しい

 

参加者のお声

【さすが本州最南端】
100% 藤本敬子さん

昨年の映像を見て、あの群はボートだとばっかり思っていたら、
なんと!サーフエントリー。

エントリーして間もなく、アジアジアジ、群れ群れ群れ

二本目も三本目も必ず居てくれる

それにさすが本州最南端。ハタタテダイ、ツノダシが優雅。

チョウチョウウオもミツボシも大小さまざま。

サーフで十分と思っていましたが、ボートはボートで楽しめる。

ピカチュウ4個体も見つけました。

宿は優しいご夫婦が作る、優しいご飯。
土鍋の炊き込みご飯が炊き立てでした。

温泉にも入って満足満足。
今年もよろしくお願いします。

 

Img_20230109_075032
熊野宮

 

【約半年ぶりの海は、、】
80% 飯能市 S.Kさん

約半年ぶりのダイビングでうまく潜れるか心配でした。

めったにいけない所なのと、久々なのとでテンション爆上がりです。

鯵の大群が今までダイビングしてきた中で最大規模で圧倒されました。

天気も全部晴れ。温泉や宿の美味しい食事も最高です。

 

【次から次へ、、】
50% 有居 実さん

昨年参加したときに見た群れに驚かされ、また見たくなりました。

群れのすごさは期待通りでした。

とにかく鯵をはじめ、いろいろな魚の群れが次から次へと現れる。

シャッター切るのが大変で、もういいかなと思ってもついついパシリ。

ビーチエントリーであれだけの群れに会えるところはそうそうないと思うので、

季節限定ですが手軽に群れを満喫したい人にはお勧めです。

次回は年末の潜り納を検討します。

⇒動画はコチラを

2023年10月21日 (土)

伊豆大島 参加者のお声

Photo_20231020115801
有居さん
【ぜひまた参加したい!】
100% 有居 実さん
何と言っても『平日』の伊豆大島ツアーという事です。
今回は天候に恵まれ二日間とも晴天で良かったです。
生物もツバメウオ・海亀・オオセ・イシガキフグ・エイ(70~80㎝位)に、
ハンマーヘッド(私は遠目でほんの一瞬でしたが)等々見られ良かったです。
ただ水温が思っていたより低かったかな?
ハンマーヘッドは主に夏のケイカイで見られとの事だったのですが、
早朝の秋の浜で見られたのは驚きでした。
また平日の開催でしたら是非参加したいです
秋の浜の駐車場でENT場に近くに止められるのがいいです。
それに来年から御神火温泉の入浴料もシニア割引になるのも少し楽しみですし。
Photo_20231020115901
井上さん
【暖かいのはいいねぇ】
青梅市 井上さん
ウエットにしようかセミドライにしようか迷った。
でも暖かいのはいいね。海の中も陸も、疲れないもん。
天気がいいからGOPROがきれいに撮れる。。
Photo_20231020120001
良井さん

【ハンマーまで!】
100% 良井 朗子さん

平日一泊が魅力的です。
とても楽しかったです。着いた日も帰る日も潜れ、
カメにたくさんの魚、ウミウシ、まさかのハンマーまで!
生物盛りだくさんに、透明度の良いきれいな海に大満足。
大島は近くて、早朝ダイビングもとっても気持ちよかったデス。

2023年10月20日 (金)

10/18~19で伊豆大島満喫

平日1泊企画で伊豆大島へ
熱海からのジェット船で行ってきました

平日で空いているのは当たり前として、二日間ともお天気に恵まれ、
透明度も良く、水温も気温も暖かく、いろんな生物に会え、
温泉に、ソフトクリームにと、2日間満喫!!

Photo_20231020111401
ツノダシのファミリー

大島秋の浜は、なんとなくサメをよく見る
冬場は砂地でカスザメ、深場でニタリなどなど
そして今回見たサメは、オオセとハンマー
早朝で次々と6本が行進するハンマーさん
暗いのもあり、おおきいのもあり、雰囲気がなんとも、、、

でも今回は、浅瀬の太陽の光がやっぱり印象的でした
見ほれるほどの美しさで、エキジットすら美しい
また、季節を変えて行きたい島です

 


秋の浜のエキジット

 


  2_20230623110201


2023年9月12日 (火)

先週末は秋の冠島へ行ってきました!


海底遺跡ポイント

 

日本海冠島に行ってきました 春・夏・秋と今年三回目
冠島らしい安定の透明度で、二日間とも晴天
水温も26度あり、初日冠島、二日目アサグリと満喫
さすがに最盛期の魚影では無かったけど、
海底遺跡ポイントやダイナミックな地形がどこまでも見渡せ、気持ちいい限り

 

 

Photo_20230911181101
朝食弁当

 

二日目のアサグリは、特別に早朝出船してもらい、
二本潜って10時には帰港
そしてそのまま東京へ
お店に20:30着

いつも朝早い出発の時は、民宿で朝食弁当を用意していただきますが、
このお弁当がおいしくて🍱
いつもありがとうございます。

参加者のお声

【アサグリも二本】
100% 入間市 小澤伸幸さん

台風心配でしたが、二日間とも良く晴れ、
アサグリも二本潜れラッキー。
宿の美味しいお食事と日本海のきれいな海に癒されました。

【来年も参加します】
100% 加須市 有居実さん

7月に行けなかったので楽しみに。
二日間とも晴天でよかったです。
冠島の二本目に入ったトドグリは、石段や柱状節理が見られ、
期待以上に良かったです。
2日目のアサグリではアオリイカの群れですね。
長年潜ってきましたが、イサキが群れているようにイカが群れているのを見るのは初めて。
冠島ツアーは今回で7回目。また来年も参加します。
船のエキジットが左右からできるのはいいですね。


 

2023年9月 3日 (日)

秘境・宇治群島~南九州無人島ダイブサファリ参加者のお声

今年も、恒例の南九州無人島ダイブサファリを8/25~27で
無事に開催する事ができました。

秘境・宇治群島&草垣群島の海を、キャンプ&ダイビング
チャーターボートで鹿児島野間岬の西南西沖2時間の宇治群島
さらにその南方に1時間の草垣群島を、思いつくまま、
海を見ながら潜ることができました!

 

Photo_20230829143601
草垣群島 上ノ島

参加者のお声

『忘れられない海と星空』河野正樹さん100%

忘れられない海と星空があるから参加しました

たのしかったです。
雨もありましたがトータルで天気が良く海況もverygood!でした。
もう少し草垣を堪能できると、更に良いかなぁ

無人島での満天の星空をぜひみてほしい!

 

『ラッキーでした‼』河野直美さん 100%

天気に恵まれ、海も穏やかで最高でした。
草垣まで行けてラッキーでした‼
無人島キャンプは満天の星空の下でたっぷり鑑賞しました‼

電波の届かない1日をすごすのもたまには良いかも‼

 

【毎日7.8時間寝れた】
青梅市 井上稔さん

フェリー参加は楽でした。毎日7.8時間寝てたので体調もいい。
次行くとしてもフェリーが楽だね。
DCの水温29~30度なのには驚きました。

 

 

Photo_20230829144101
新造船カーフェリーろっこう

今回もフェリーで前日鹿児島入り組と飛行機組での開催
天気予報では雨予報でしたが、降られたのは積み込み作業の時くらいで
後は終日良い凪ぎ、良い天気で秘境宇治群島&草垣群島を満喫

全てに感謝ですね!ありがとうございました。

 

Taki_20230829143801
水浴び

 

Photo_20230829144201
漬け丼

 


宇治隼人の瀬戸

 


キャンプの様子

 

 

2023年8月17日 (木)

屋久島&トカラダイブクルーズ

屋久島&トカラダイブクルーズから戻りました

トカラはトカラ列島と言う小さな島の連なりの呼び名
行政区としては十島村とついているように、
たくさんの島で構成されてるんです
イメージとしては、屋久島の南から奄美の北まで繋がる感じ

ざっくりですが、スケジュールは天気や風向きによって決まる
鹿児島をチャーターボートで出港し、まずは硫黄島近海で潜る(ややこしいけど硫黄島は三島村を形成)
その後屋久島に南下し一泊
翌早朝にトカラを目指すスケジュール

Photo_20230817140701
トカラ列島口之島にて

寝るとき以外、殆どが船の上か海の中ってことになりますが、、とにかく素晴らしい
あまりにも素晴らしいから、なんとか伝えたい気持ちはありますが、
ハマル言葉が見つからずあの景色を伝えれる自信がない

 


移動中の楽しみの一つ

 

今回特に印象に残ったのは、船の上からの景色
もちろん海中も素晴らしかったし、温泉や島での食事も印象深い、
が、
一番は船の上から見る海の色、海の模様

台風からのウネリはあったけど、基本は海面フラットだったので、
移動中もずっと船首から海、そしてその下の様子を眺めてた
なんてったって透明度がよく、走る船の上から泳ぐ飛び魚や、
ダツ、サヨリ、イルカだって見えてしまう

 


素晴らしい!

 

広大な沈み瀬の芽瀬、浅瀬の岩礁ニヨンでは、
濃紺を通り越した紫色に近い水色と走る海流、
珊瑚、岩礁、砂地と水深の変化と相まうように、
水面が刻々と変わり、息をのむほど美しい
やっぱり特別なんだと思う


『感謝』ありがとうございました。

 

 

 

2023年7月18日 (火)

冠島参加者のお声

海の日の連休冠島参加者のお声👑

【恒例の7/17のツアーだから、、】
100% 藤本 敬子さん

昨日も長時間の運転お疲れさまでした。ありがとうございます。
さて、冠島の感想です。
毎年恒例のバースデー絡みのツアーなので参加。
豪雨とか、雨の濁りとかかなければいいなぁと。
海は外洋にも関わらず、100回に一回の緑の海。
それでも魚影は濃く、イサキの群れなど普段より近く、
手が届きそうなくらい目の前を何度も流れていきます。
民宿では念願の岩牡蠣にやっと出会えました(^^♪
一口では頬張り切れない大きな牡蠣。美味しかったぁ。
和菓子屋大次郎の抹茶くずも美味しい。
船上で食べるかき氷は、天然氷のとか、自家製シロップのとか、
それにも勝るとも劣らないおいしさだった。
birthdayフラッグもありがとうございます。うれしかった。

 

1_20230719174901 
みんなでフラッグもって記念写真



サプライズ!!

 

 

Photo_20230719133201
海の前に美味しい湧水をボトリング
水分補給・だいじだいじ

今回の7月連休の冠島は暑かったなぁ~
陸と違って、船の上は海風があって気持ちいいですが、
その分、油断すると日に当たりすぎてしまう事も(要注意)
なので泊まる民宿での食事はとっても大事
冠島に行くときに泊まる、小浜の民宿では良質のタンパク質がてんこ盛り
天ぷら、お刺身、煮魚、焼き魚、岩牡蠣、牛しゃぶ、、そしてトドメのアラ汁!
もう完食できたら熱中症予防にバッチリ!
体のことを考えると、もちろん減塩も大事、ですが汗をかく量によって塩分補給も大切

朝ごはんはしっかり取りましょう。

Photo_20230719133401
のどぐろ

 

Photo_20230719133501
岩牡蠣

ありがたや(感謝)

7月海の日の連休は冠島へ

7月海の日の連休は夏の冠島へ

Photo_20230718134801
3日間、夏夏夏の冠島

風もどんどん納まり、最後はべた凪!夏ですよ~
ただ、半島周りは大雨の濁った水があって、近場は透明度が落ちてましたね
そして、この水がなんと、翌日には冠島まで押し寄せてきたからビックリ
初日にあんなに綺麗だった冠島の水中が、二日目には、、、、
何回も来てるけど、この時期にあの透明度は初!

 

Photo_20230718134901
毎年恒例のF様 バースデイ🍰

でも水中の魚の数はバッチリでした!どこもイサキ、スズメダイ、アジがすごい群
しかも水温25~26℃もあるなんて、伊豆より高くて超快適♪
あまりにも暑いので、久々に船上かき氷機キョロちゃんも登場~
太陽の下、船の上で食べるかき氷は世界一(^_-)-☆

最終日はお土産買い出しツアー
市場や道の駅、SAとみなさん両手に袋でご満悦
だって、今回も福井のクーポンがもらえたのでお得なんだもん♪
帰りの道もスイスイで、順調かと思いきや、、、
沼津まではガラガラ4時間半で順調も、
そこからなんと5時間(5時間ですよ~😢)

関東近郊の行楽渋滞恐るべし。
お店には八時過ぎに到着~お疲れさまでした

 


初日の冠島 立神礁(タチガミグリ)

2023年6月30日 (金)

平日コースで冠島遠征 参加者のお声 

 

 

Photo_20230630155801
冠島と小島


短い日程の、平日一泊冠島。
今回は大雨予報で、『風も強そうだから沖には出れないかもしれないね』
と思っていたら。晴れ~!青空~!しかも二日間とも!!
そして凪もよく、初日に冠島、二日目にはなんと!アサグリに行けるという幸運
ぜんぜん予想してなかったので、もぅ!うれしい限り満足感たっぷりで感謝感謝です

 

Photo_20230630160001
可愛いパッケージのお土産
小浜のキャラクター、さばトラななちゃん



今回1泊のショートプラン、そして二日間ダイビングなので
観光たっぷりとはいきませんが、
その中でも温泉行ったり、ソフト食べたり、湧き水汲んだり
宿の美味しい晩御飯をお腹いっぱい食べて大満足

宿の近くの道の駅がパワーアップしていて、
建物もおしゃれに、かつ、スッゴい品数の販売してて楽しい楽しい。

帰りのランチはここで食べてみたけど、テイクアウト品が充実。
本家の焼き鯖寿司以外にもいろいろあって、
フィッシュ&チップスや、地元で人気のクリームパンなんかもあって
も~大変!きっと連休とかは人混みがすごいのかな。

海中の様子は、
水温22度、冠島の透明度12~15m、アサグリは20mで青い。
まさにアサグリブルー
全ポイントでイサキの子が群れ群れ
ここに鰺、スズメダイが混ざり、時折捕食者に反応
アサグリ(浅礁)はお化けエイがホバーリングする、圧巻の景色。

ハマチの小群れも混ざり、遠征の雰囲気ばっちりです。

とにかく予想が180度、いい意味で裏切られ、期待を越えた冠島でした。

 


とにかく大きなエイ  ちょっと怖い

【平日1泊で行けるから】
100% 良井朗子さん

人生初の日本海側へのお出かけで、ドキドキワクワクでした。
とっても楽しかったです。日本海は寒くて荒波のイメージだったので、
静かで穏やかな音海港からの出発に驚きました。
大きなエイが何枚もすぐ近くで見れ、洞窟の中の天井のサンゴの立派な事。
帰りのサービスエリア巡りも楽しい。

 

 

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

無料ブログはココログ