« 2024年2月 | トップページ | 2024年4月 »

2024年3月

2024年3月25日 (月)

アンコウ・鮟鱇

Photo_20240325144901

昨日は春恒例の鮟鱇祭り!!
その日、熱海横磯港で水揚げのアンコウを吊し切りし、
豪快にアンコウ汁に。


天気は曇り・水温は16度・透明度は少し白々としてますが、
それほどストレス無く見えて10~12mくらい。
デブキンに居たタテジマキンチャクダイ!
大変元気で縦縞も鮮やかにくっきり👀熱海の海で越冬ですね


二本目は双大根へ
浅場はより白いですが、18mより下はブルー

水温、コンピューターでは16度、、、でも、なんか冷たい・・

Photo_20240325145001
ダイビング後はお待ちかね、アンコウ汁で海ごはん


サーフェスインターバルに捌いたアンコウは、
もう大鍋でできあがり。

アンコウは捌くと言うより解体ですね
口以外とにかく捨てるところがない
美味しくすべてを頂きます。

 

Photo_20240325145002

味に少しパンチがないかな?と思っても、
肝をつぶして入れ込むと

一気にアンコウの香りが鍋に!
お陰で昨日港にいた全員に振る舞えました。
みんなにこにこ顔でお代わりに鍋を囲む。
昨日のアンコウ様は成仏したと思う。


◇昨日レギュレーターをDー1に新調した人の声
 『スッゴい吸いやすい。独りでニヤニヤしちゃった。今までなんだったんだろう』

◇ラバーバルト使った人のお声
 『ウエイト巻いてないみたい!』

◇初めて鮟鱇祭り参加のお声
 『また来年もお願いします。吊し切りもアンコウ見るのも、食べるのも始めて。
とっても楽しかったです。吊し切りは迫力満点。
港にいたダイバー全員写真とってました。
アンコウ汁は、あの強面から想像できない上品さ。
海で食べるからおいしさも格別!リピート100%です。』

有居 実さん
『輪島さんの鮟鱇の吊るし切りが見ものでした。

メインの鮟鱇鍋は相撲部屋なみの大鍋で具沢山。
七つ道具のなかの肉・肝・胃・皮を食べましたが、
胃はコリコリ・皮はプルンプルンとした食感。

肝は言うまでもなく、とにかく旨かったです。
鮟鱇から話はそれますが、ラバーのウエイトベルトは大変良いです。
今回は水温15℃だったのですが、あまり寒さは感じ無かったです。
特にロクハン使用者には最適と思いました。』

 

2024年3月14日 (木)

3/13水曜日の海洋は・・・

昨日13水)は南房総の予定でしたが
前日の南岸低気圧通過で大荒れ😢

なので安定の大瀬崎に変更

お天気も良く、南風のため暖かい
三津までくると、静かな中にも外からの波が
ゆるゆる入ってる兆候

少々心配になったものの、、、
さすがの大瀬崎、べた凪です

前日かなり雨が降ったので、雨水の影響で
透明度悪くなってるかなっと心配しながら顔を付ける

WOW
めっちゃ綺麗なんですけど!!
ちょっと進むだけで、砂地丸見えです
こうなると、
なんか無駄に泳ぎ回りたくなってしまう

でもこの日は、
ツノザヤ系のウミウシを
砂地で探すつもりできたんだった
そんなに動きまわらずにじっくりと。。。

いました、いましたミズタマウミウシ~
それもまるまるとして可愛い

Photo_20240314172201

そのほかも、
ベニカエルアンコウ、クマドリカエルアンコウ、
大瀬崎版ガーデンイールと、平日大瀬崎ばんざい

 Img_20240313_122835

昨日も富士山はきれいに見えていました。

 

 

2024年3月 1日 (金)

うるう年ダイビング

Kumo_20240301122701

昨日は4年に一度のレアなダイビング日 in 大瀬崎
予報より天気良く、終日・光が射し込み&透明度もgoodな最高の日
最初のうちは東風がそこそこ吹いていましたが、
徐々に収まりべた凪へ 
そしてぽかぽか&がらがら

潜ると、青い!そしてクラゲ、、、
コレは浮遊系のレア種とか期待しちゃうかも

上見るか?砂地攻めるか?迷う~
なんか、こう言う条件の時の平日大瀬崎って、贅沢
水温17度、透明度15m以上
水良いので、湾内魚礁巡りが一番楽しい♪

ウスバハギ、コブダイ大、イロカエル極小、クマドリ、
アカオビハナダイ、アオリイカyg、ユカタハタ、ハナビラウオ、、、

 

Photo_20240301123001

帰りにいつもの湾内ビュースポットから眺めると、
ゴロタと砂地の境が綺麗に見えてる
富士山もくっきりで良い日です
時間も早いので、富士山見える露天温泉につかり
イチゴ大福、キムチっと買い込んで帰路
平日大瀬崎、イイね

 

 

« 2024年2月 | トップページ | 2024年4月 »