« 1/28 寒鰤day  | トップページ | 2/11~12伊豆半島1泊2日 »

2024年2月10日 (土)

2月の島旅

一月に続いて訪れた島、そこは紀伊大島
『この時期は紀伊大島、やっぱりイイですよ。』

透明度よく、穏やかで、とにかく魚ぐっちゃり群れ群れに、マクロも充実の海

奇岩景勝も数多く、世界遺産の熊野古道や熊野権現、さらには温泉も数多く堪能できる

実際、昨年今年と1月に行って、あんまり良かったもので、

急遽この2月の平日にも企画して行ってきました!潜ってきました!

 

参加者 M.Iさん70代男性

『あんなに入ってすぐの所に、あんなに群れてるんだね。
ボートより出入り楽。
これじゃぁボートでなくていいやね。』

 

参加者 A.Yさん 女性

 『前日の雪には驚きましたが、初めての和歌山!

群れいっぱいで楽しかったです。魚の中に入ってボーっと最高でした。

ウミウシも見れたし、宿も素敵でご飯もおいしい!!

 

 

当初の現地情報では、『数万のメアジ大群は消えました』と情報が、、、、、、、、

それでも、アジ、クロホシイチモチ、イサキ、ヨスジフエダイはむしろ増えてるくらい。

なので1月とまた違った群の構成

エントリーしてすぐのゴロタで群れてるので、

ついついその下の砂地の方には目が行きづらい。

でも砂地もカスザメ、ダイナンウミヘビ、ウミウシとこちらも飽きません。

とにかく群れに目が奪われてしまい、

気がつけば、GOPROで同じ群れのシーンばかり撮ってしまう

一転、5mの壁にはジャパピグことハチジョウダツも

特徴は、超小さくて、姿がなんだか愛嬌たっぷり

我々ロウガンズでかろうじて確認できる大きさ((笑))

なのによく動く!『ここだよ』って指さすと、

ゆら~とポンポコのお腹で移動するもんだから、

『あれ?どこだ!』てなる

こんな風にマクロも充実なのがココのすごいところ!!

 

温泉も十分堪能しました
まずは到着日の早朝温泉
すさみ町の温泉は高速降りてすぐ

朝日に染まりながらの海を、眼下に見ながら入る露天は、
疲れも飛んでいくありがたさ、しかも早朝とあって貸し切り

ダイビングの後は定番串本のサンゴ湯へ
地元に愛される湯は、おじいちゃん、おばあちゃん達の憩いの場

翌日は那智勝浦まで遠征風呂
泉質が一押しだと聞いてやってきた湯は、
「源泉かけ流しっぱなし」の、きよもん湯

ちゅるちゅるのアルカリ泉で、ほのかに硫黄臭がします
湯温がバッチリ良い感じ、いろんな温泉にも入れるのが、いいですね

 

Img_20240208_143821

ご当地ソフトも忘れません

きんかんソフトと、那智黒あめソフトをいただきました

那智黒ソフトは食べると本当に黒飴の味

おいしい! ただ甘みが少し強いので、次回はミックスにしようと思いました

こんな感じで那智勝浦近くには、温泉、熊野権現だけでなく、

道の駅鯨の太地もあるので、ソフトだけでなく、

クジラバーガーや定番海鮮丼も楽しめる、食でも楽しめる良いところです

 

次回もまた、来年の冬かな。

 

 

熊野古道ってこう言うこと・・・

Img_20240208_141951

 

 

« 1/28 寒鰤day  | トップページ | 2/11~12伊豆半島1泊2日 »

島旅」カテゴリの記事