2024年4月 9日 (火)

桜咲き誇る伊豆半島

4/6~7週末は北東風が強い二日間
大瀬崎泊まりだったので、
凪の海を湾内北南、外海と楽しんできました

 

Photo_20240408100301
お部屋から

水温17度、透明度は初日12m以上で青く快適
二日目には河の水か、若干水色が白濁
それでも予報に反し、
天気は二日間とも晴れで、
日中はTシャツで過ごせる陽気

大瀬までの沿道は桜が咲き誇り、
海越しに富士山とのコラボは素晴らしいの一言

宿泊のお部屋からも手が届くほどの距離に桜の枝、そして富士山が見えます!
この時期は一押しですね♪

 

Photo_20240408101101
ボラリバー


ツノザヤ系ウミウシフィーバーはそろそろ終了かな
それでも探すと数匹のカンノヅノザヤウミウシ
見れない年は、1匹居るだけで大騒ぎだけど、
こと今年の大瀬崎に至っては、よく見れます
オガサワラカサゴの幼魚も元気でした!

レアな経験と言えば、
超絶ボラリバーに出会った👀それも2日間とも!

これは珍しいでしょ
ボラリバー、ボラネード、ボラクーダ、、なんて呼ばれ、
時折突然現れる、ボラの超絶大群

二日続けては記憶にない
二回目の時は、群の通過が長すぎて途中で
ゴープロのスイッチ切るほどの数

数万どころでないのかな?



今週末は土曜はホームのあたみ、日曜は大瀬崎でおためしコースも。
ただ今60周年 企画で、おためしコースが半額!!!
是非、お友達ご家族にお声かけ下さい。

2024年3月25日 (月)

アンコウ・鮟鱇

Photo_20240325144901

昨日は春恒例の鮟鱇祭り!!
その日、熱海横磯港で水揚げのアンコウを吊し切りし、
豪快にアンコウ汁に。


天気は曇り・水温は16度・透明度は少し白々としてますが、
それほどストレス無く見えて10~12mくらい。
デブキンに居たタテジマキンチャクダイ!
大変元気で縦縞も鮮やかにくっきり👀熱海の海で越冬ですね


二本目は双大根へ
浅場はより白いですが、18mより下はブルー

水温、コンピューターでは16度、、、でも、なんか冷たい・・

Photo_20240325145001
ダイビング後はお待ちかね、アンコウ汁で海ごはん


サーフェスインターバルに捌いたアンコウは、
もう大鍋でできあがり。

アンコウは捌くと言うより解体ですね
口以外とにかく捨てるところがない
美味しくすべてを頂きます。

 

Photo_20240325145002

味に少しパンチがないかな?と思っても、
肝をつぶして入れ込むと

一気にアンコウの香りが鍋に!
お陰で昨日港にいた全員に振る舞えました。
みんなにこにこ顔でお代わりに鍋を囲む。
昨日のアンコウ様は成仏したと思う。


◇昨日レギュレーターをDー1に新調した人の声
 『スッゴい吸いやすい。独りでニヤニヤしちゃった。今までなんだったんだろう』

◇ラバーバルト使った人のお声
 『ウエイト巻いてないみたい!』

◇初めて鮟鱇祭り参加のお声
 『また来年もお願いします。吊し切りもアンコウ見るのも、食べるのも始めて。
とっても楽しかったです。吊し切りは迫力満点。
港にいたダイバー全員写真とってました。
アンコウ汁は、あの強面から想像できない上品さ。
海で食べるからおいしさも格別!リピート100%です。』

有居 実さん
『輪島さんの鮟鱇の吊るし切りが見ものでした。

メインの鮟鱇鍋は相撲部屋なみの大鍋で具沢山。
七つ道具のなかの肉・肝・胃・皮を食べましたが、
胃はコリコリ・皮はプルンプルンとした食感。

肝は言うまでもなく、とにかく旨かったです。
鮟鱇から話はそれますが、ラバーのウエイトベルトは大変良いです。
今回は水温15℃だったのですが、あまり寒さは感じ無かったです。
特にロクハン使用者には最適と思いました。』

 

2024年3月14日 (木)

3/13水曜日の海洋は・・・

昨日13水)は南房総の予定でしたが
前日の南岸低気圧通過で大荒れ😢

なので安定の大瀬崎に変更

お天気も良く、南風のため暖かい
三津までくると、静かな中にも外からの波が
ゆるゆる入ってる兆候

少々心配になったものの、、、
さすがの大瀬崎、べた凪です

前日かなり雨が降ったので、雨水の影響で
透明度悪くなってるかなっと心配しながら顔を付ける

WOW
めっちゃ綺麗なんですけど!!
ちょっと進むだけで、砂地丸見えです
こうなると、
なんか無駄に泳ぎ回りたくなってしまう

でもこの日は、
ツノザヤ系のウミウシを
砂地で探すつもりできたんだった
そんなに動きまわらずにじっくりと。。。

いました、いましたミズタマウミウシ~
それもまるまるとして可愛い

Photo_20240314172201

そのほかも、
ベニカエルアンコウ、クマドリカエルアンコウ、
大瀬崎版ガーデンイールと、平日大瀬崎ばんざい

 Img_20240313_122835

昨日も富士山はきれいに見えていました。

 

 

2024年3月 1日 (金)

うるう年ダイビング

Kumo_20240301122701

昨日は4年に一度のレアなダイビング日 in 大瀬崎
予報より天気良く、終日・光が射し込み&透明度もgoodな最高の日
最初のうちは東風がそこそこ吹いていましたが、
徐々に収まりべた凪へ 
そしてぽかぽか&がらがら

潜ると、青い!そしてクラゲ、、、
コレは浮遊系のレア種とか期待しちゃうかも

上見るか?砂地攻めるか?迷う~
なんか、こう言う条件の時の平日大瀬崎って、贅沢
水温17度、透明度15m以上
水良いので、湾内魚礁巡りが一番楽しい♪

ウスバハギ、コブダイ大、イロカエル極小、クマドリ、
アカオビハナダイ、アオリイカyg、ユカタハタ、ハナビラウオ、、、

 

Photo_20240301123001

帰りにいつもの湾内ビュースポットから眺めると、
ゴロタと砂地の境が綺麗に見えてる
富士山もくっきりで良い日です
時間も早いので、富士山見える露天温泉につかり
イチゴ大福、キムチっと買い込んで帰路
平日大瀬崎、イイね

 

 

2024年2月26日 (月)

間もなく60周年なので

驚きの半額ーーー!!

『何が半額?』 いまそう思われましたか?
とその前に・・・

ダイビングショップ/アサムラマリンはもうすぐ60周年を迎えます。
凄くないですか? 生活にまったく関係ないスキューバ・ダイビングという遊び1本でですよ!
海なし県の埼玉をスタートして、羽村市にも海がないにもかかわらず、、、
っということで、60周に向けて企画していきたいと思います。

 

 M0023503
 穏やかな水面で気持ちいい

ではここから本題
【何が半額?】
お試しコースを格安の特別価格で提供いたします
そうです!全くの未経験のための、ダイビングお試しコース

通常は税別12000円の伊豆日帰りお試しコースです
大好評のこのコースを、
60周年っということで半額の6000円(税込6600円)開催したいと思います

これ相当お得ですよ!
大丈夫ですよぉ~!我々のことは気にしないで

年間にかける広告費を使って、その範囲で実施するんですから
つまり、こう!!
今まであまり効果がなかった広告宣伝費を辞めまして、
その分[お手頃なお試し]に使うんです
あなたと、あなたのお友達に喜んでもらえれば、
いいえ!絶対に楽しんで頂ける自信がありますから
きっと納得すること請け合いです
もしかしたらダイビング好きになってくれるかもしれない
もちろんお試し参加後の、しつこい勧誘なんて一切ございません。
どうぞ、この機会をご活用ください

P5120098
 初めての水中呼吸            

                        
Img_8922    Img_8924                  
マンツーマンで安心                   

≪まとめ≫
 ↓↓↓
アサムラマリンもうすぐ60周年企画
半額・伊豆日帰りお試しコース》
  ◇期 間:2024年3月~6月まで
  
  ◇参加費:12000円⇒税別6000円←相当お得です
  
  ◇含まれるもの:お店~現地までの送迎、全レンタル料、講習料、
           現地施設使用料、保険料、ランチ代など全て含む

  ◇参加資格:〇心身ともに健康な、おおむね18歳~60代の方
        〇ダイビング未経験の方
        〇アサムラマリンご利用歴の無い方        
  
  ◇その他:〇特別価格の開催日程はお問い合わせ下さい。
       〇毎月先着6名様まで
       〇特別価格の開催期間であっても終了する場合がございます。
       〇不適切と判断した場合は、お断りさせていただく場合もあります。
  
  ◇お問合わせ先:アサムラマリン羽村店 info@moguro.com   042ー554ー4419
          責任者:輪嶋伝一郎

  ◇お申込方法:参加月の前月1日より受け付けております。
         お電話お待ちしております!!

 Img_8918      Imag0028
  穏やかな背の立つ水深で安心

 

追伸
お問い合わせ&モデルスケジュールも→コチラ からご覧になれます。

2024年2月13日 (火)

2/11~12伊豆半島1泊2日

2/11~12はベテランさん達と伊豆半島へ一泊ツアー
初日は伊東でボートダイブし、二日目は大瀬崎でまったり

伊東はこの日含め、三日間だけオープンするポイントがあるとのこと
20年ダイバー入れてない、その“扇山出し”はソフトコーラルがすこぶる大きい
また、冬でも群れ群れで一番人気の白根は、なにやらマンボウ目撃情報があるらしい
ちょっと期待しっちゃって、、、
まっ、特に遭遇はなかったのですが、タカベ、キンギョハナダイに癒されました。


ランチは日差したっぷりの港内でゆっくり手作り海ごはん
クリームシチューを完食し、その後地元温泉へ、レッツゴー🎵
湯音高めの芝の湯。伊東七福神の湯の一つ。
ここは完全に地元の方々の銭湯がわり。
すぐに暖まるから早めにあがり、山越えして西伊豆へ
渋滞もなく、すらすらと宿泊の大瀬崎到着

翌朝は早朝ダイブからスタート

魚も寝ぼけ眼で水中がゆっくり
優しい光がそそぎ込む時間帯がたまんない、
でも一番は、朝ご飯がおいしくいただける事!!
お腹いっぱい朝食をいただき、しばしまったり

2ダイブ目にレッツゴー

湾内は相変わらずマクロ充実
シロクマ2cm、ハナミノカサゴ幼魚、、ウミウシ、、、

 

 

Photo_20240213105201
コブダイ⇒動画その1
    動画その2

 

 

先端はココも相変わらずの群れ群れ
そして20m位の所で、突然巨大魚がやってきた、コブダイ。
しかも、顔面に入れ墨してるような模様のある、少々厳つい
ほれほれ、と何かあげる素振りで手を振ると、近づいてくる
厳つい顔の目をギョロっと動かし、泳ぎ去る。
と思ったら、何度も何度も近づいてくる。

大瀬の先端は、土日祝のみ潜れるポイント
でも、平日お休みの方、是非チャレンジして
お休みとって潜る価値、絶対あるかとおもいますよ


帰りは最高の富士山と、河津桜をみながら帰りました

 

2024年2月10日 (土)

2月の島旅

一月に続いて訪れた島、そこは紀伊大島
『この時期は紀伊大島、やっぱりイイですよ。』

透明度よく、穏やかで、とにかく魚ぐっちゃり群れ群れに、マクロも充実の海

奇岩景勝も数多く、世界遺産の熊野古道や熊野権現、さらには温泉も数多く堪能できる

実際、昨年今年と1月に行って、あんまり良かったもので、

急遽この2月の平日にも企画して行ってきました!潜ってきました!

 

参加者 M.Iさん70代男性

『あんなに入ってすぐの所に、あんなに群れてるんだね。
ボートより出入り楽。
これじゃぁボートでなくていいやね。』

 

参加者 A.Yさん 女性

 『前日の雪には驚きましたが、初めての和歌山!

群れいっぱいで楽しかったです。魚の中に入ってボーっと最高でした。

ウミウシも見れたし、宿も素敵でご飯もおいしい!!

 

 

当初の現地情報では、『数万のメアジ大群は消えました』と情報が、、、、、、、、

それでも、アジ、クロホシイチモチ、イサキ、ヨスジフエダイはむしろ増えてるくらい。

なので1月とまた違った群の構成

エントリーしてすぐのゴロタで群れてるので、

ついついその下の砂地の方には目が行きづらい。

でも砂地もカスザメ、ダイナンウミヘビ、ウミウシとこちらも飽きません。

とにかく群れに目が奪われてしまい、

気がつけば、GOPROで同じ群れのシーンばかり撮ってしまう

一転、5mの壁にはジャパピグことハチジョウダツも

特徴は、超小さくて、姿がなんだか愛嬌たっぷり

我々ロウガンズでかろうじて確認できる大きさ((笑))

なのによく動く!『ここだよ』って指さすと、

ゆら~とポンポコのお腹で移動するもんだから、

『あれ?どこだ!』てなる

こんな風にマクロも充実なのがココのすごいところ!!

 

温泉も十分堪能しました
まずは到着日の早朝温泉
すさみ町の温泉は高速降りてすぐ

朝日に染まりながらの海を、眼下に見ながら入る露天は、
疲れも飛んでいくありがたさ、しかも早朝とあって貸し切り

ダイビングの後は定番串本のサンゴ湯へ
地元に愛される湯は、おじいちゃん、おばあちゃん達の憩いの場

翌日は那智勝浦まで遠征風呂
泉質が一押しだと聞いてやってきた湯は、
「源泉かけ流しっぱなし」の、きよもん湯

ちゅるちゅるのアルカリ泉で、ほのかに硫黄臭がします
湯温がバッチリ良い感じ、いろんな温泉にも入れるのが、いいですね

 

Img_20240208_143821

ご当地ソフトも忘れません

きんかんソフトと、那智黒あめソフトをいただきました

那智黒ソフトは食べると本当に黒飴の味

おいしい! ただ甘みが少し強いので、次回はミックスにしようと思いました

こんな感じで那智勝浦近くには、温泉、熊野権現だけでなく、

道の駅鯨の太地もあるので、ソフトだけでなく、

クジラバーガーや定番海鮮丼も楽しめる、食でも楽しめる良いところです

 

次回もまた、来年の冬かな。

 

 

熊野古道ってこう言うこと・・・

Img_20240208_141951

 

 

2024年1月30日 (火)

1/28 寒鰤day 

1/28は『能登の旬を食し、能登を応援しよう』っということで、
金沢からのとじま水揚げの素晴らしい寒鰤を取り寄せて
海ごはんは寒鰤尽くし!

Photo_20240129124601 
能登島水揚げの寒ブリ

さてさて、鰤をいただくのはダイビングの後
この日の水中は透明度は15m、水温16~17度

ウミウシが増えてきましたね、あちらこちらに!
それとタテジマキンチャクダイの成魚がまた同じ場所にいました
柄もきれいで元気よく、水温が急激に下がりらなければいいけど、、、

 

Photo_20240129124701

あたみ桜も見ごろを迎えています
8分咲き位でしょうか?糸川沿い春爛漫!

“能登を食す!!能登を応援しょう”
海ごはんのメニュー

・寒鰤刺身→脂がのっていてるのにしつこくない極旨
・あら汁→旨!!青物特有のほのかな酸味がたまりません
・ブリカツ甘酢だれ→サクサクふわふわ、じゅぅー
・漬け丼(のり、ゴマ、貝割れ大根)→言葉がないほどのおいしさ

《参加者のコメント》
A.Iさん『今年スーパーで鰤買うの止めようかな。この鰤で最後で、、』
船長『この鰤で一週間楽しめる』

 

 

2024年1月21日 (日)

1/20土曜日の海

北風ピープーの昨日は、風裏のポイント福浦へ
案の定に海はべた凪、ですがちょこっとうねりが、、、

朝は!一番バッターなので誰もいない
1本潜り終わって休憩中に続々と車がやってきまして
その数、ハイエース10台!!

これはまずい!とばかりにみんなが潜る前に二本目も開始

2ダイブ平和に潜り終え10:30には器材洗い終わってたという
昨日の海でした。

Photo_20240121114501
ムラサキハナギンチャク

透明度10~12m、水温17度
カミソリウオ三兄弟、イロカエルアンコウ(3センチ)、
スミゾメミノウミウシ産卵中、ムレハタタテ、ネコザメ卵

海ご飯はクリームシチューとトースト
冷えた体に染み渡るおいしさ♡


Photo_20240121114502
猫フード、、誰?

追伸1
サーフポンチョ最高の使い勝手
福浦だと外シャワーのため大活躍!タオル要らず(^_-)-☆
シャワー浴びたら水着の上に直ぐ羽織って、
そのまま体も頭も拭けちゃうのでgood
👍
水着はポンチョにくるんでそのままお持ち帰り
夜洗濯して、部屋干しで朝には楽勝で乾く優れもの!

↓↓↓ サーフポンチョ!

今のところカラーデザインは3パターン
無地のオリーブ、濃紺地のリーフ、そしてハワイアン。
価格は@6300円(税別)
一つあるととっても便利!

 

P1191830
リーフ

 

P1191827
オリーブ

 

Photo_20240119161301
ハワイアン

 

 

2024年1月11日 (木)

2024年 島旅スタート

一月連休で紀伊大島へ

 

本州最南端の串本町の須江は、くしもと大橋で本州とつながっているので、車で楽々アクセス

冬季限定のポイントには、数千、いや数万匹?ほどの鰺の群れが密集

いや~見応えあります!見惚れました♡

透明度良い海中を自在に姿を変える“群れ”と言う生き物

温泉においしい宿の手料理、橋杭岩など景勝に熊野宮参拝と、相変わらず南紀を満喫

冬に一度の遠征ですが、一度だけにするには惜しい

 

参加者のお声

【さすが本州最南端】
100% 藤本敬子さん

昨年の映像を見て、あの群はボートだとばっかり思っていたら、
なんと!サーフエントリー。

エントリーして間もなく、アジアジアジ、群れ群れ群れ

二本目も三本目も必ず居てくれる

それにさすが本州最南端。ハタタテダイ、ツノダシが優雅。

チョウチョウウオもミツボシも大小さまざま。

サーフで十分と思っていましたが、ボートはボートで楽しめる。

ピカチュウ4個体も見つけました。

宿は優しいご夫婦が作る、優しいご飯。
土鍋の炊き込みご飯が炊き立てでした。

温泉にも入って満足満足。
今年もよろしくお願いします。

 

Img_20230109_075032
熊野宮

 

【約半年ぶりの海は、、】
80% 飯能市 S.Kさん

約半年ぶりのダイビングでうまく潜れるか心配でした。

めったにいけない所なのと、久々なのとでテンション爆上がりです。

鯵の大群が今までダイビングしてきた中で最大規模で圧倒されました。

天気も全部晴れ。温泉や宿の美味しい食事も最高です。

 

【次から次へ、、】
50% 有居 実さん

昨年参加したときに見た群れに驚かされ、また見たくなりました。

群れのすごさは期待通りでした。

とにかく鯵をはじめ、いろいろな魚の群れが次から次へと現れる。

シャッター切るのが大変で、もういいかなと思ってもついついパシリ。

ビーチエントリーであれだけの群れに会えるところはそうそうないと思うので、

季節限定ですが手軽に群れを満喫したい人にはお勧めです。

次回は年末の潜り納を検討します。

⇒動画はコチラを

«2024年 潜り初め