宿泊伊豆半島

2024年6月 3日 (月)

ラッキーな初夏の田子

6/1土)~2日)の一泊二日で、恒例の西伊豆田子へ、

ホタル観賞とダイビングに行ってきました。

 

前日に抜けた台風1号からのウネリとか、天気を心配したけど、

結果から言うと、

海はいつもよりも静か、夕日も見れ、ホタル舞、二日間ともお天気最高の西伊豆。

器材も片づけ、帰りについた東名高速でようやく雨。

 

Photo_20240603182301
穏やかな出船風景

 

Gij
初めての田子

 

海水温は20℃、寒さ感じませんな。気温も上がり、休憩時間は日陰が快適。

浮遊物は多めだけど、水色は悪くなく、船の上から見る限りはすっげーきれい。

潜ると、そこまでは行かないかな、って感じ。

潜ったのは、湾内弁天、田子島、フト根、弁天。

透明度の差はそれほど無いけど、魚の密度は圧倒的にフト根。

まぁ~賑やかなこと。イサキ、タカサゴ、キビナゴ、メジナ、どれもコレも群れてる。

初めて潜る米国人のGIJさんも、

『すっごいいっぱい、色んなのがいっぱいいましたねぇ』と。

Photo_20240603182401
宿でのまご茶

 

Photo_20240603182402
橋をわたっての露天

 

 初めてのねばねば饂飩、

 初めてのホタル乱舞、

 初めてのフト根、

 初めてのまご茶

 初めてのウエイト脱着、

 初めての大田子海岸の夕日、

 初めてのなまこ壁、

などなど、日本文化?を堪能してもらえたかな。

 

《今回の海ごはん》

・初日ぶっかけ饂飩

・次日金目アラ汁&タケノコ炊き込みご飯

Img_20240602_052825

 

Photo_20230620190201   2_20230623110201  Asamura
 こちらもご覧ください

 

2024年4月 8日 (月)

桜咲き誇る伊豆半島

週末は北東風が強い二日間。
予定では問題なく大瀬崎泊まりだったので、
凪の海を湾内北南、外海と楽しんできました。

 

Photo_20240408100301
お部屋から

水温17度、透明度は初日12m以上で青く快適だったけど、
二日目には河の水か、若干水色が白濁。
それでも予報に反し、天気は二日とも晴れで、日中はTシャツで過ごせる陽気。
大瀬までの沿道は桜が咲き誇り、海越しに富士山とのコラボは素晴らしいの一言。
宿泊のお部屋からも手が届くほどの距離に桜の枝、そして富士山が見えます!
この時期は一押しですね♪

 

Photo_20240408101101
ボラリバー


ツノザヤ系ウミウシフィーバーは終了かな。
それでも探すと数匹のカンノヅノザヤウミウシ。
見れない年は、1匹居るだけで大騒ぎだけど、
こと今年の大瀬崎に至っては、ふつう、、。
オガサワラカサゴの幼魚も元気だった(GOPROでは限界だけど)。

レアな経験と言えば、超絶ボラリバーに会った。それも2日間とも!
これは珍しい。
ボラリバー、ボラネード、ボラクーダ、、なんて呼ばれ、時折突然現れる、ボラの超絶大群。
二日続けては記憶にない。
二回目の時は、群の通過が長すぎて途中でスイッチ切るほどの数。
数万どころでないのかな?


お天気は帰りまで続き、車内はエアコン入れるほど。
春だね。
今週末は土曜はホームのあたみ、日曜は大瀬崎でおためしコースも。
ただ今60周年 企画で、おためしコースが半額!!!
是非、お友達ご家族にお声かけ下さい。

2024年3月18日 (月)

3月はハバノリと田子が、、

週末は西伊豆へ

 

ハバノリを送っていただいた田子へ。

3月になると毎年恒例のハバノリが田子から送られてきます。

いつもいつも有り難い。

味噌汁にもご飯にも、なんだったらカップめんにも入れると美味しいハバノリ。

磯からこそげ取った岩のりを綺麗にし、枠に並べ、そして干し、

石や貝殻などの不純物を取り除いた海苔。

手間かかります!昨今の温暖化で岩のり有りません!

ますます高級になるな。

そんなノリを頂いたからってわけではないけど、

毎年春分の日近くは田子へ。夕日が田子島に沈む季節だから。

 

まずは初日大瀬崎。お天気よく、海も綺麗、富士山も、なので3ダイブ。

狙ってたツノザヤ系ウミウシフィーバーだった。

もう、あっちもこっちも。マジで。

居るとこには視界に3匹、4匹といる。色んな種類。

ミズタマウミウシ、カンナツノザヤウミウシ、ツノザヤウミウシ、、、

Photo_20240318184601
カンナツノザヤ(よく見て、笑ってる)

 

Photo_20240318184602
ミズタマ

 

Photo_20240318184603
ツノザヤ

 

ダイビング後は戸田の温泉へ。道の駅併設の温泉。

伊豆には道の駅が全部で9カ所。

どこも混んでるけど、特に最近出来た所は激混み。

西伊豆に行くときに通る、ゲートウエイ函南、月の瀬は駐車出来ないほどの人気だ。

道の駅は好きだけど、混んでるのは大嫌いなので、

戸田の道の駅はこじんまりしてて良い。温泉も安いしね。

 

Photo_20240318185201
この日の夕景

 

田子にはまだまだ遠い。

少し傾いて優しくなった日差しが、海面をキラキラ照らすのを見ながらドライブ。

買い物したりしたので宿到着は5時。

ご主人が『日没は5:53分です。』と。

お部屋に入り、なんやかんやしてると夕日鑑賞タイム。

宿は目の前が田子島、尊之島の好立地。

そう言えば土日でこの季節にも関わらず、我々以外はもう一組だけだった。

宿には申し訳ないが、混まないで欲しいというのが本音。

宿からみる海面は、まるでオレンジの吊り橋が田子島から浜に伸びるよう。

なぜかいつもより時間がゆったりに感じる。

 

翌日田子。この日は南西が吹くので外海には行けない、

と思ってたら、朝だけ凪いでる。

速攻準備し、8時過ぎにはフライング乗船。

確かに風は吹いてないので、フト根へ。

水は浅いところは8mくらい、下に降りると10m~15m。それよりも、昨日の大瀬より冷たい、、

潮は南西からそこそこある。泳ぐのがいやになるレベル。

なので根につかまり観察。潮上は魚が多いが、裏と根頭はサイレント!余計チメタく感じた。

エキジットすると、一気に吹いてきた。もう外は無理。タッチの差だった。

Photo_20240318184604
セトリュウグウ

 

二本目はウミウシ観察で白崎。

いろんなのが居たけど、やっぱ派手派手のセトリュウグウが目立つ。

あのサイケデリックな色彩にも、理由があるんだろうか?

結局2日間ともウミウシダイブ。そんなにウミウシが好きではないんだけど、

こんなにたくさん見ると、だんだん可愛く見えてきた。

肉眼で確認できる大きさなのも要因。

 

画像は後ほど

 

追記

宿でご一緒した方。

住所は千葉で、沖縄で民宿やってて、住まいは湯河原、秋には、、

そしてアルコール飲めない。実家は酒屋なんだけどね。

本人が話してくれました。????

 

今週末は鮟鱇祭り!水揚げお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_20240316_174541

2024年2月28日 (水)

Photo_20240228142901
3月 西伊豆松崎のお花畑

 

3/16土)~17日)春の田子一泊二日

2024年2月23日 (金)

東から西へ

久々に琴ヶ浜もいいなぁ~

Image0_1_20240223064001
育ててくれた海の一つ

 

3月は恒例の田子一泊。田子島に夕日が沈む。

3/16~17春の西伊豆へ

Img_20230916_174215

 

2024年2月15日 (木)

3月恒例その1

伊豆お泊まりツアー一番人気といえば、

夕日の田子

1698481088234
3/16土~17日)春の西伊豆一泊ツアー

2024年2月13日 (火)

河津桜の咲く、伊豆半島

昨日はベテランさん達と伊豆半島へ一泊ツアー。
初日は伊東でボートダイブし、二日目は大瀬崎でまったり計画。

伊東はこの日含め、三日間だけオープンするポイントがあるとのこと。
20年ダイバー入れてない、その“扇山出し”はソフトコーラルがすこぶる大きい。
また、冬でも群れ群れで一番人気の白根は、なにやらマンボウ目撃情報があるらしい。
てことだけど、特に遭遇はなく、タカベ、キンギョハナダイにいやされたのみ。


ランチは日差したっぷりの港内でゆっくり。
クリームシチューを完食し、その後地元温泉へ。
湯温高めの芝の湯。伊東七福神の湯の一つ。
ここは完全に地元の方々の銭湯がわりですな。
すぐに暖まるから早めにあがり、山越えして西伊豆へ。
渋滞もなく、すらすらと宿泊の大瀬崎到着。
この日は超久々に、サンライズさんの民宿でなく、別館の方に泊まってみた。
いや~本当に久々だ。たしか開館した年にクリスマスパーティーで訪れたはず。
聞くと24年前だって!びっくり。
お部屋からは大瀬岬ごしの富士山ビューーー。
1階には24時間の男女別大浴場。ゆっくり最高。

翌朝は早朝ダイブからスタート。
なぜ早朝ダイブをするかだって?
魚も寝ぼけ眼で水中がゆっくり、
優しい光がそそぎ込む時間帯がたまんない、
でも一番は、朝飯がうまいから!!
たらふく朝めし食べ、しばしまったり。
そうそう、湾内相変わらずマクロ充実だ。
シロクマ2cm、ハナミノカサゴ幼魚、、ウミウシ、、、

 

 

Photo_20240213105201
コブダイ⇒動画その1
    動画その
    ⇒コブダイに手を嚙まれる動画

 

 

先端はココも相変わらずの群れ群れ。
そして20m位の所で、突然巨大魚がやってきた。コブダイ。
しかも、顔面に入れ墨してるような模様のある、厳つい奴。
ほれほれ、と何かあげる素振りで手を振ると、近づいてくる。
厳つい顔の目をギョロっと動かし、泳ぎ去る。
と思ったら、何度も何度も近づいてくる。
調子に乗って、何度もホレホレ~てやってると、
一人お客さんの手を、ガブリ!マジか!
あ~びっくりした。指無くなったかと思ったよ。

大瀬の先端は、土日祝のみ潜れるポイント。
でも、平日お休みの方、是非チャレンジして。
お休みとって潜る価値、絶対あるから。


帰りは最高の富士山と、河津桜をみながら帰りました。

 

2024年1月 1日 (月)

もう昨年の話だけど、、

あけまして おめでとうございます。
本年もどうぞよろしく お願いいたします。

Photo_20240101130601

2023年の潜り納めは、12/30~31の一泊で伊豆山&熱海のダイビング。
両日ともgoodなコンディションと言いたいところだけど、
お天気は二日目はあいにく雨模様。大晦日の雨は30年ぶりなんだって。
それでも透明度は上々。絶対に迷子にならないくらい見えてる水中で、水温は17度。

初日の伊豆山ではアオウミガメ遭遇。なんだかカメ増えてる?
ダイビングのあとは定番のモツ汁、イカ焼き、おにぎり。
ほんのり甘い白味噌のモツ汁が体に染みるぅ~。
この日の宿泊は沼津のホテル。のんびり観光しながら向かいます。
お年賀のお菓子を石舟庵で購入後、オラッチェへ。家族連れが沢山きてたね。
函南の温泉では富士山見える露天風呂でほっこり。
チェックしたホテルは、夜の9時までウエルカムドリンクでアルコールも飲み放題。
ワイン、焼酎、カクテル、ウィスキー、日本酒とよりどりみどり。
おまけにつまみも持ち込みOKで、電子レンジまで。
道の駅でお寿司買ってココで飲むのも有りかも。

二日目は熱海。マリちゃんインストラクターも合流して潜り納め。
今年一年も山口船長には色々お世話になりました。
〆にふさわしい2ダイブ。と思ったら最後の最後にちょっとしたアクシデント。
まぁご愛敬で、厄落としかな。
この日の海ご飯は大晦日にふさわしく、年越しうどん。温まりました。
ケーキ買って?帰路についたとさ。


是非1月に潜りはじめしましょう!


追伸
話題のフレームレスマスク。モニターした人はやっぱ好評ですね。
装着しやすい、視野広い、軽い。フィットいい。

2023年10月31日 (火)

伊豆半島の幼魚フィーバー

田子の湾内にある珊瑚ポイント。そこのヒメエダミドリイシがすっごい広がってる。
前からあったポイントだけど、海藻が生えないことを良いことに、どんどん珊瑚が増殖中。
なもんで、ココの珊瑚に毎年訪れる南方系の幼魚も大盛況。
10月はまだまだ最盛期でないにも関わらず、
すでにこのタイミングで色んなチョウチョウウオ系、ヤッコ類、ベラ科がた~くさん。

Photo_20231031114701
タテジマヤッコ

 

Photo_20231031114702
ソメワケヤッコ

先週見たのをざっと列挙するだけでと、
ソメワケヤッコ、アブラヤッコうじゃうじゃ、タテキン、タテジマヤッコ、
(タテジマヤッコの幼魚は伊豆で初めてみた気がする)
ヤリカタギ、スミツキトノサマダイ、アケボノチョウチョウウオ、
セグロチョウチョウウオ、ウミヅキチョウチョウウオ、
トゲチョウチョウウオ、ヨスジフエダイ、トノサマダイ、、、、

いやいや、まだ10月でだよ。
これ11月後半から12月にかけての、南方系幼魚のピーク時は一体どうなるんだろう?
その頃また湾内に潜ってみたいよ。
どうですかね?
平日日帰りで、幼魚撮影会に是非行ってみたいって思わない?

2023年10月30日 (月)

秋の伊豆半島定番

9月に引き続き、西伊豆田子1泊。

10月田子は定番ですな。

二日間とも晴天で、魚影良し、南方系も良し、

水温ともに申し分なし、って事でウエットでぜんぜん寒くないみたい。

 

当日の朝、港に到着するやいなや、、

『湾内めっちゃ綺麗なんだけど!』

いや、これに騙されてはいかん。

よくあるんだよね、一番綺麗なのが船着き場で、沖に行くとそうでもないって事が。

そしたら吉田社長が、『いや、昨日の午後から急に綺麗になったよ』って。

 

初日は久々の方もいるので湾内二本。

その湾内が綺麗なのよ。弁天も白崎もgoodです(動画 も見てね)。

特に白崎は魚種があふれんばかりに色んなのが見れて、40分では足りない感じ。

いや~珊瑚にいやされ楽しかったなぁ。

 

Photo_20231030143501
サンセットテラスにて

 

この日の海ご飯は、自分大好きオニギリ&アラ汁。もう言うことなし。

その後は定番の温泉のあとの夕景鑑賞。

すばらしい!マジで夕日は日本一かも。

この日は田子島に沈むコースで、太田子海岸のサンセットテラスに移動して鑑賞。

て言っても宿から1分なんだけどね。

宿の前でこの夕景が拝めるって、贅沢だよ。

 

Photo_20231030144601
フト根

 

二日目は外海へGO!

少々北風が吹いてるけど、まぁ水面だけだし、朝一で出発。

潮は北からのトロトロで、移動しやすいくらい。

顔つけると根の全体が見渡せる透明度。

根頭に全員集合のあと、ちと魚が少ないので潮上の北の根に。

なんか、西伊豆が鹿児島の海みたいに南方化してるって思う。

タカサゴはでかいし、スジアラは固まってるし、と賑やかだ。

根頭に戻るとコチラも魚があふれてた!

本体の群は、根頭から離れた中層に居るみたい。

まぁ何にしても、フト根らしい海だね。

 

Photo_20231030144602
秋刀魚の押し寿司

 

二日目の海ご飯は、気仙沼産の特上サンマを使った押し寿司。

けっこうな量を完食。酢飯って入るよね。

脂ののったサンマとの相性が抜群でした。

帰りの渋滞もなく、お店には予定通りの時間に到着。

お疲れさまでした。ありがとうございます。

 

 

追伸1

次回のお泊まり田子は来年三月の予定なんだけど、

松崎の桜がいつも気になるので、4月?もいいよね、と。

 

追伸2

来週連休は南紀白浜。

なんだか夏日になるらしい。。。