イベント

2024年2月18日 (日)

60=半額

驚きの半額ーーー!!

『何が半額?』 いまそう思われましたか?
とその前に・・・

ダイビングショップ/アサムラマリンはもうすぐ60周年を迎えます。
凄くないですか? 生活にまったく関係ないスキューバ・ダイビングという遊び1本でですよ!。
海なし県の埼玉をスタートして、羽村市も海ないにもかかわらず、、、
てことで、60周に向けて企画していきたいと思います。

 

 M0023503
 穏やかな水面で気持ちいい

ではここから本題。
【何が半額?】
お試しコースを格安の特別価格で提供します
そうです!全くの未経験のための、ダイビングお試しコース。
通常は税別12000円の伊豆日帰りお試しコースです。
大好評のコースを、60周年ってことで半額の6000円(6600)開催したいと思います。
これ相当お得ですよ!マジで。
大丈夫ですよぉ~!我々のことは気にしないで。

年間にかける広告費を使って、その範囲で実施するんですから。
つまり、こう!!
今まであまり効果がなかった広告宣伝費(クソの役にも立たぬ)を辞めて、
その分[お手頃なお試し]に使うんです。
あなたと、あなたのお友達に喜んでもらえれば、
いいえ!絶対に楽しんで頂ける自信がありますから。
きっと納得すること請け合いです。
もしかしたらダイビング好きになってくれるかもしれない。
もちろんお試し参加後の、しつこい勧誘なんて一切ござんせんとも。
どうぞ、この機会をご活用くださいまし
是非!!昼下がりのお茶会などの話題作りに、
ご家族のお試しにも、花子にも太郎にも知らせてあげてください。
きっとヒーローになれますから!!

P5120098
 初めての水中呼吸            

                        
Img_8922    Img_8924                  
マンツーマンで安心                   

≪まとめ≫
 ↓↓↓
アサムラマリンもうすぐ60周年企画
半額・伊豆日帰りお試しコース》
  ◇期 間:2024年3月~6月まで
  
  ◇参加費:12000円⇒税別6000円←相当お得です
  
  ◇含まれるもの:お店~現地までの送迎、全レンタル料、講習料、
           現地施設使用料、保険料、ランチ代など全て含む

  ◇参加資格:〇心身ともに健康な、おおむね18歳~60代の方
        〇ダイビング未経験の方
        〇アサムラマリンご利用歴の無い方        
  
  ◇その他:〇特別価格の開催日程はお問い合わせ下さい。
       〇毎月先着6名様まで
       〇特別価格の開催期間であっても終了する場合がございます。
       〇不適切と判断した場合は、お断りさせていただく場合もあります。
  
  ◇お問合わせ先:アサムラマリン羽村店 info@moguro.com   042ー554ー4419
          責任者:輪嶋伝一郎

  ◇お申込方法:参加月の前月1日より受け付けております。
         お電話お待ちしております!!

 Img_8918      Imag0028
  穏やかな背の立つ水深で安心

 

追伸
お問い合わせ&モデルスケジュールも→コチラ からご覧になれます。

2024年2月17日 (土)

水中結婚式(U/W.wedding)承ります。

水中結婚式(U/W.wedding)承ります。

Img_8209

自分がこのダイビングの仕事しだして、
何回か水中結婚式なるものを行いました。
たぶん10回位だと思うけど、ここ十年~くらいは5組かな?
最初はダイバー同士の結婚だから海の中で冷やかそう的なノリで、

そのうち、どうせみんな集まるなら、結婚式みたいにやろうよって感じで始まったかな。
新郎新婦の衣装や、神父役の衣装とか作って、
それはそれで意外に準備に時間がかかり、
でもドレスはスーツの上から着るから小さすぎたり、
着れたは良いけど、泳ぎにくかったり、
水面に向かって浮いてしまったりと、なかなかアクシデントが付き物。
でもこれが又、水中結婚式の良いところって言うか楽しいところだ。
思いの外時間かかっちゃって、途中でエアーの残量が少なくなり退場したりね(船にエキジット)。

Img_4871
冬はドライスーツの上から衣装

この水中結婚式が、タイだったか海外でスゴく人気なんだって。
テレビでやってたけど、その費用1000万円!!
いや~驚きますよ。
ひょっとして、ニッチでは有るだろうけど、ニーズはあるのかな?
今までは、ダイバー同士のケースしか考えたことなかったけど、
ダイバーでないカップルが、「夢を実現」てことで、
少しのトレーニング後に水中結婚photoや、水中結婚ビデオを撮るとか。
これ相当自慢できるよね。
なんだったら、承りましょうかね。
『私たち、ダイビングしたこと無いけど、海の中で結婚式挙げるの夢だったんです!』とか、
『お互いディズニー好きで、ニモもマーメイドも何度も見てて、自分たちも出来るなんて、、』
そんな方、いらっしゃいましたらお声かけ下さい。
唯一無二のオリジナル水中結婚式は、記念フォト、映える動画間違いない。

Tg542973
グローブの上から指輪⇒水中結婚式の動画

 

追伸
そう言えば、以前やったときは、ウエディングロード(もちろん水中)の両サイドに、
ドライアイスを仕込んで、大量のエアーカーテン(水中でガスは上に上がる)を作り、
その中を新郎新婦がやってくる(泳いで)って企画をやったの思い出した。
あれ、とある職種の方が大量のドライアイスブロック持ってきてくれたっけ。
上で見てた船頭が驚いてた、『まるで海が沸騰してるみたいだ』って。

2024年1月29日 (月)

昨日は、能登半島から届いた、、、

昨日は『能登の旬を食し、能登を応援しよう』ってことで、
金沢港の上島商店さんから、素晴らしい寒鰤を送ってもらいました。
丁寧な梱包、氷もキチッと入り、活〆された寒鰤はきれいでまるまるとし魚体。
いつもありがとうございます。
この日、自分たちだけでなく、港にいるみんなを笑顔にした姿を見せたいほどです。
特に山口船長は上機嫌。大トロの部分の腹身を皮付きでお裾分け。
捌いてるときに山口さんに味見してもらうと、
『ん~ん、いいブリだ。やっぱり違いますね』
『食べないでも見てるだけできれいで、いい脂なのがわかる』
熱海の漁師も納得の寒鰤でございます。

 

Photo_20240129124601 
昨日の寒ブリ

さてさて、鰤をいただくのはダイビングの後。
この日の水中は透明度は15m、水温16~17度。
ちなみに自分はロクハン、フルフェイスでまったく寒くない。
ウミウシが増えてきたね。あちらこちらに。
それとタテジマキンチャクダイの成魚がまた同じ場所にいた。
柄もきれいで元気よく、水温が劇下がりしなければいいけど。
やたらミノカサゴが目に付く。

 

Photo_20240129124701

そうそう、日本一の早咲き何じゃない?あたみ桜。
8分咲きかな、糸川沿い春爛漫!
帰りだと混むので、朝港着の前に見てきたけど、
この時期は川津より先に、あたみ桜ですな。

 

“能登を食す!!能登を応援しょう”
海ご飯のメニュー

・寒鰤刺身→脂がのってるのにナンボでも入る
・あら汁→旨!!青物特有のほのかな酸味がたまらん
・ブリカツ甘酢だれ→サクサクふわふわ、じゅぅー
・漬け丼(のり、ゴマ、貝割れ大根)→言葉がない

《参加者のコメント》
A.Iさん『今年スーパーで鰤買うの止めようかな。この鰤で最後で、、』
山口船長『この鰤で一週間楽しめる』
河野さん『能登の応援参加。刺身、ブリカツ、漬け丼、、腹いっぱい堪能』

 

追伸1
このあと船長と押し問答
、お金払う、いらない、いやこんないい鰤高いんだから、いやいつもお世話になってるから、
いやそれとコレは別だから、、、、と断るのが大変だった。
よそのダイバーにもあら汁お裾分け、船の若い衆には鰤丼もお裾分け、
みんなニコニコの一日だった。
春にでも、旨い魚食べに能登金沢ツアー組もうかな?

 

P1261843

追伸2
ラバーベルト素晴らしいです。
ずれない、楽に装着、
水中でゆるまないのに苦しくない。

2023年12月12日 (火)

能登半島→→伊豆半島

関東はまだまだだけど、だいぶ冬らしくなってきた。

楽しみ~

1月寒鰤祭り1/28

Img_20200209_073127_20231212074501

2023年12月 4日 (月)

昨日の屋形船のお声

【お絵かき問題】
羽村市 河野 直美さん

毎年恒例で楽しみにしています。
年に一度楽しみにしている、揚げたて天麩羅はやっぱり美味しかったです。
クイズも毎年楽しい内容で、今年は特に、お絵かき問題がとっても楽しかった。
お料理も美味しく大満足!!

 

Photo_20231204110101

【新幹線開通から8年目の、、】
金沢市 浜崎 鹿代子さん

毎年参加させていただいて、とても楽しい時間を過ごせます。
皆さんに一年に一度会うのが楽しみで、2015年の北陸新幹線開通から8年目の参加です。
何げな毎日を送れることに感謝し、また元気で皆さんに会えればいいなぁと思います。
お料理もおいしく、東京見物が船からでき、クイズも楽しかったです。


【おいしい食事】
入間市 T.Tさん

なかなか体験できない、屋形船からの景色とおいしい食事。
楽しくおもしろかったです。

 

Photo_20231204105901
【毎年楽しみ】
入間市 M.Iさん

今年も楽しみにしていました。
やはり天麩羅がおいしいです。エビうまい!!まいたけも最高!
プレゼント交換も楽しい。


【あと少しで、、】
羽村市 河野 正樹さん

あと少しで豪華景品でしたが、じゃんけんで負けました。
皆さんも機会があったら是非、屋形船に!

 

Photo_20231205160301

【毎年恒例】
愛知県 浜崎 友さん

毎年参加させてもらって、楽しみにしています。
今年も同様、おいしい料理と催し物、とっても楽しかったです。


【とっても楽しい】
金沢市 村上 寿子さん

毎年お世話になっています。
とっても楽しかったです。
屋形船からみる東京の景色と揚げたて天麩羅

 

Photo_20231205160401
【大ぼけ島、、】
八王子市 鈴木 知美さん

すみません、申し込みを失念してました。
一年に一度の参加にかかわらず、皆さん温かく、
ゲームも海の常連さんだけでなく楽しめる内容が、うれしかったです。
大ぼけ島が実在の島だって!!


【恒例の】
川崎市 小林 章宏さん

恒例なので。
楽しかったです。お天気もよく最高でした。


【船上結婚式をみた】
八王子市 K.Sさん

魚と天麩羅が楽しみで。
おいしいものが食べれて満足です。
船上結婚式をみました。

 

Photo_20231204110202
【絵描きゲーム】
羽村市 井口あゆみさん

毎年屋形船を楽しみに参加しています。
カモメのエサやり、、、
絵を描くゲームがおもしろかったです。


【クイズ大会】
川崎市 小林 桜さん

久しぶりの参加です。
子供が風邪引かないか心配でした。
クイズ大会が楽しいのと、天ぷらも美味しくいただきました。
とても楽しく、皆さんお元気そうで良かったです。

 

Photo_20231204110001
【頭に乗ったカモメ】
福生市 茂呂 秀一さん

とても楽しいひと時を過ごせました。
頭に乗るカモメは笑いました。

 

Photo_20231204110103
【息子も大興奮】
愛知県 M.Hさん

なかなか体験できない屋形船と普段会えない親族とも楽しめるので。
息子がぐずらないか心配でした。
今年もとても楽しかったです。息子も大興奮でした。ありがとうございます。
美味しいお料理、東京湾クルーズ、プレゼント交換。

 

Photo_20231204110203

【明日からの元気の、】
神奈川県 M.Yさん

屋形船貸し切りで仲間たちとのランチ!
今年も楽しく和やかな一時でした。
久しぶりのお会いした方々も変わりなく、
みんなの元気が明日からの元気の源です。

お絵かきクイズのコブダイは最高です!
屋形船でのランチも、家族やお友達に紹介したいですね。


【いつかは、、】
福生市 K.Tさん

今年は参加させていただきました。
自分の人生を大切にしてね、と親も言うので。

良かったです。おいしい天麩羅とクイズ、楽しい時間が過ごせました。
いつかは家族も、と思っているのですが、なかなか実現しません。
優雅な時間がこの上ないです。


【毎年悩むけど、、】
羽村市 A.Mさん

プレゼント交換、毎年悩みます。そのプレゼント選びが楽しい。
久しぶりの人たちにも会えて楽しかったです。
屋形船での天麩羅と東京見物、おすすめです。

 

Photo_20231204105902
【やっぱり船ですね】
金沢市 栄子さん

久しぶりの船旅が楽しみでした。
楽しかったです。日常のことが一時忘れることができました。
やっぱり船ですね。

 

Photo_20231205160501

ありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。

恒例のXmas会 in 屋形船

毎年恒例のXmas会を、今年も品川屋形船 船清さんで行いました。
お天気よく絶好の東京湾クルーズと、江戸前てんぷらを堪能。
ご家族で参加の方も多く、子供たちの成長にびっくりほっこり。

 

Photo_20231204105903
快晴で風もなく

 

Photo_20231204105902
東京見物

 

Photo_20231204110501
カモメが、、

 

Photo_20231204110203
まりさん賞ゲット

 

Photo_20231204110001
カ、カモメが、、

 

Photo_20231204105901
楽しいプレゼント交換

 

Photo_20231204110202
100万円当たったー

 

Photo_20231204110103
ピース!

Photo_20231204110201
〆のあいさつは親子で

 

Photo_20231204110102
船内

 

Photo_20231204110101
今年もありがとうございました。

 

2023年12月 2日 (土)

『行けるときに行っておかないと、、、』

『行けるときに行っておかないと、、、』
ずいぶん前の話だけど、表題タイトルはあるお客さんが発した言葉。
『我々シニアはいつ行けなくなるかわからないから、、』から続く言葉で、
銭洲群礁に潜りに行くときに発したことを覚えてる。
まさに人生二度なし!。
特に自分たちのダイビングという遊びは、
自然相手であるのと同時に、その海域に潜れるようになるためには、
様々な関係者の人力によって、ありがたいことに可能となってる。
つまり、潜れること自体が当たり前でないってこと。
別に自分の体調面のことだけが理由じゃなくて、いろいろあるわけだね。
例えば
・ポイント自体が漁業者との話で『今年から潜水できななくなった』や、
・船頭さんとの間に入って調整役を勤めていたキーマンが居なくなった。とか、
・いつも利用していた船長が高齢のため引退や、
・いつも利用していた船長が遊漁許可更新せず。などなど
いろいろな理由で今まは潜れなくなってしまったところは結構ある。

Photo_20231202101701
能登沖 七ツ島


これを読むと、あなたは『別に違う船長さんで行けばいいんじゃないの』とか、
そもそも『ほかのポイント潜ればいいのでは、、』と思うかもしれない。
これに対する回答は、
『ほかの船長(船の装備も含め)じゃダメなのよ』。
また、『そこに潜りたいのよ。そこがいいのよ』!
とくに自分たちは、お客さんと一緒に潜るわけで、
その一番の目的は「安全に楽しむ」「安全に非日常のドキわく体験をする」って事だから。
そうなると、そこに至る関係者とのコミュニケーションや信頼関係ってのは相当大きい。
だから潜れりゃ何でもいいって訳にはいかないのよ。


あなたがこの先何年も、ず~っと健康だったとして、
もちろんあなたの家族も大切な人みんなが健康で、
職場環境もぜんぜん変わらないとしましょう。
それでも、そこに、また来年も潜れるとは限らないよ。だって当たり前じゃないから。
行けるときに行っておかないと・・・

 

追記
毎年夏に開催してる【南九州無人島ダイブサファリ】。
毎年毎年『来年もこれるかな?』と考える。
それだけ唯一無二の遊び方だと思う。ありがたいことです。
行けるときに行っておかないと、、、


Photo_20231202101801
追記2
以前は年に2回ほど実施していた、九州の水族館大水槽ダイビング。
水族館自慢の大型水槽にダイビングして、様々な生物とふれあうと言う貴重な体験。
特に水族館の営業時間に潜るため、ギャラリーの注目も集め不思議な体験。
と、これが水族館側の申し出でずっと中止になってた。
結構人気だったのでかなり残念。
ところが、復活できるみたい。
台風心配なし(当たり前)、水温年中23度、自然ではあり得ないほどの魚が目の前、
水深8mで初心者も安心、一泊二日で行ける、、などなど。
グルメ、温泉、九州観光とパッケージして、また企画しよう。
行けるときに行っとかないと・・・

2023年11月19日 (日)

伊豆半島のホームの強みで記念ダイブと巨大イセエビ汁

昨日は街路樹が倒れ、看板が飛ぶほどの西爆風でした。
が、この風には熱海はめっぽう強く、安全に楽しく恒例のイセエビ祭りを堪能。
とは言ってもやっぱかなりの風。北東ではないのでウネリが出るほどではなかったけど、
沖のポイントでエントリーして水面でぼやぼやしてると流されるくらい。
そんな感じの海況なので、ゆっくり潜れるアカオ下でのんびりダイビング。
ここだけ風の陰でほぼ無風。他のグループとポイント被りもないので、
ゆっくりたのしめました。水温22度で透明度15m。

 

Photo_20231119100201
この日100ダイブの方を水中で祝福

 

Photo_20231119103301

Photo_20231119102701

イセエビ祭りは過去一の大きさの巨大な伊勢海老。
もう鍋に入りきらないくらいだったよ。
濃厚なエビ汁の後は、エビ団子揚げを熱々でほおばり、
そして〆はカレー!
この伊勢海老カレーがマジでうまいのよ。
男性陣3倍お替りしてたもん。

 

透明度安定してるので、このまま冬に突入?!なのかな?

 

 

2023年10月 8日 (日)

大切なお知らせ

ご一読ください。

 

【アサムラマリーーン♬からご主人様に極秘のお手紙】

あっという間に10月。そして11月の海のイベント。
その後は、もうあれよあれよと師走ですよ。
何かとあわただしい時期ですよね。
会社でも年内に終わらせなければならない事や、
社内の掃除、同僚や部内の忘年会、子供や孫の世話、目が回るほどです。
これに自宅の掃除や草むしりやらがあると思うと、
もうウンザリ。たまったものではありません。

知ってます?こんな話。
怖いのは体の疲れや忙しさだけでなく、ストレス!! 
そう、これほど怖い物はありません。
一説によると、すべての病気の根元が、
この憎っきストレス野郎だというデータがあるほどです。

 

Pc041477 
サンタ?

ここからお見逃し無く!
この手紙は、あなたの[公認ゆめディレクター]のわたしめが、
師走の忙しい1日を、夢のような楽しい1日に変えることをお約束するものです。
当アサムラマリンでは、今年も12月の一周目の日曜日に、クリスマス会を企画しております。
新旧メンバーさんが集まっての親睦会。
屋形船を貸し切って隅田川、東京ベイエリアをクルーズ♪♪
美味しいお料理に、景色に、仲間との会話に、
きっとあなたの頬もゆるむはず。
もちろん食べ放題のみ放題。
屋形船ですから、ここは江戸前、風流に季節の熱々天ぷらと行きましよう!
なんと船の上で江戸前の魚や、季節の野菜を揚げてくれるんです!
そう、あなたのための屋形船をチャーターいたしました!!!。
船はもちろん揺れることなく、スカイツリーも見えるんです。
なんだかお代官様気分だわぁ。なんてね♪

 

Jojo_20231005182901
ゆったり掘りごたつテーブル

これはつまり、
あなたにもそんなリッチな気分を味わってほしいと言うこと。
毎日忙しいあなただからこそ!
そう!これはあなたへの当然のご褒美なんです♪
屋形船の二階はオープンデッキ。
冬晴れの日差しと潮風が、暖まった頬に心地よいですよぉ。

 

まだ終わりではありません。
最後に、わの海からささやかな(心は込めております)お土産も、
ジャジャジャーんとプレゼント!。
さぁこれで、12月の忙しさなんて忘れる事が出来るでしょうか? 
ストレスなんて吹き飛ばし、夢のような楽しい1日となるのでしょうか?
アサムラマリーーンが請け合います。


この特別なクリスマス会のお席をご用意しました!
いかがでしょうか?
もし12/3日)の屋形船にご参加可能でしたら、
11/5までに、柴までお返事いただけると助かります。


あなたの素敵な1日のために!!

 

Photo_20211221175302
サンタ?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【恒例アサムラマリン クリスマス会】
      in貸切り屋形船  
日 時: 12月3日(日)
      PM12:00出船 PM14:30解散
場 所: 品川 『屋形船 船清』
集 合: 品川駅 港南口11:30集合
定 員: 25名
 ※お料理、フリードリンク、乗船料込み
 ※屋形船は冷暖房、水洗トイレ完備
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

             公認ゆめディレクターより 

 


追伸1》
料金ですか?
当日はドライスーツで来たらダメですよ。都内ですのでカジュアルな服装です。
屋形船からはダイビングしません。絶対にバックロールしないで下さい((´∀`))。
ですからダイビング参加費よりもずっとお得です。お問い合わせください。
ご連絡お待ちいたしております。


追伸2》
電車で品川に行くのがしんどい人のために、羽村店から送迎車が出ます。
この場合9時までにお店に来れればOK!。
ただしお店からの場合は定員があります。
先着順となりますのでご了承ください。(お店発着希望とお声かけください)
品川駅 港南口11:30集合でも大丈夫ですよ。

昨年のXmas会の様子
2021年のXmas会の様子
⇒2018年の様子
2020年の様子

2023年5月31日 (水)

伊豆半島の海の旬。いま

毎年観察させてもらってる、アオリイカの産卵。
だいたい5月~7月くらいで、第一波、二波とイカが産卵床に産みつけにくる。
今まで自分が観察したのが、神奈川は「福浦」「岩海岸」「真鶴」、
静岡で「大瀬崎」「海洋公園」「初島」「伊豆山」、
そして伊豆諸島だと「大島」「八丈島」かな。
時期の早い頃はダイバーを警戒し、あまり近づけないこともあるけど、
集まりだして最盛期ともなると、もうダイバーお構いなしでガンガン産みつける。
目の前で繰り広げられる、その目まぐるしく変わるイカの色彩と、美しい目の色、
雄同士の争いや、産みつけられたばかりの卵の艶やかさは、
目の前で観察しないと分からないんで、是非見るべきだと思う。

 

Photo_20230531122701
毎年開催(イカ的にはイベントでなく命がけ)されるこの自然の営み。
何となく当たり前の様に観察できると思ったら大間違い。
当然産みつけにくるイカの気分(?)しだいなわけで、
ぴったりと何日から何日まで、って決まってる分けでもないし、
例えその日であっても、時間が合わなければ見れないよね。
(傾向としては夕方前くらいが一番活性化する気がする)
そもそも海況が悪く、エントリーできなければ会えないし、
産卵してても透明度ごく悪だと、見えるんだか見えないんだかね。
そう言ってるうちに台風が来て、産卵床ごとすっ飛んじまってたりして。

要は、アオリイカ自体はこの時期に必ずどこかで産卵してることは間違いないんだけど、
あなたの目の前で、観察できるかどうかは運次第ってこと。


何年前かの梅雨入り前の時期。
大瀬崎でかなりの数のアオリイカが産卵に集まってた。
産卵床は水深も浅く、初心者でも簡単に見られるので、
その日の講習生を二本目にご案内したときのこと。
水深13mの産卵床に到着。少し手前から、じわじわにじりよる。
そして、姿勢を低くし、しばし待つ。
もうこの時点で講習生さん、
『何やってるの、何かいるの?見えないんだけど』。て感じだったみたい。
そのうちイカが集まりだし、徐々に数も増え、産卵モード。
でもその頃には彼女の集中力は切れ、じっとしているだけに寒さも、、、

神秘の現象が、運のいいことに見られることを、もう少しうまく説明してあげれれば・・・

 

まだまだ梅雨の間は見られると思います。是非ご覧になってください。
(伊豆では4月末くらいから8月まであたり)
平日がおすすめ。

次回は雄雌の簡単な見分け方

より以前の記事一覧

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ