アイテム

2024年4月12日 (金)

春の真新しい、、

P4121924
  5mm    6.5mm

お店に真っ黒のプロ用スーツがたくさん届き出した。
出来立てほやほやのゴムの香りが、店中充満してます。
そこに、やっとノーマルなスーツも届いた。

 

P4121926
フード付きの前面オープンファスナー

 

P4121925
スタッズが可愛い

 

やっぱ2ピースって、色々使えるんだよねぇ。
水温がまだまだ低いときは、もちろん二枚重ねでフードもしっかり。
フードだけ脱いでも、前にファスナーがあるから首が苦しくないし、
休憩中は全開にして、あるいはジャケットだけ脱いでリラックス。
南の島では、ロングジョンにラッシュだけで潜れる。
コレだとウエイト無しで行けるから。
いろいろ使えるのよ。

 

追伸
明日はホームの熱海

2024年4月 9日 (火)

新製品

昨日、例の縫わないスーツ を作る、スーツメーカーの営業さんが来た。
生地見本とサンプルスーツのウエットとドライを持って。
とんでもなく伸びる。スッゴいです。
従来から伸びの良い生地はあったけど、それを使ってスーツを作ると、
縫ったところが生地の伸びに負けて針穴が広がり、
脇や股、ファスナーエンドが大方に破れてくる。

しかし、これは縫わないから。だからどんなに生地が伸びても大丈夫!
また、ドライは上記の理論から、伸びが良すぎる生地は針穴が広がり水没につながるので、
メーカーはあえてウエットより伸びない生地を使っています。

ところが、縫わないので、ドライも伸びる生地で作れるのよ。ちょっとした革命ですね。

 

P3201910
とにかくストレス無く、着心地が良いウエットスーツが望みの方、
半端じゃなく動きやすく、そして軽いドライスーツが一番!って方はおすすめですねぇ。

 

2024年4月 3日 (水)

伊豆の小さい生物

3月に行った大瀬崎で、ウミウシやオガサワラカサゴ幼魚、クマドリ幼魚なんかを観察。
と同時にGOPROで撮影はしたんだけど、いかんせん小さい⤵⤵
あくまでワイド用でしょGOPROは、と思ってたが、、
やっぱケースによってはクローズアップレンズいいかもね。

 


イノンのGOPRO用クローズアップレンズ

2024年3月31日 (日)

スーツはどれにしよう?

暖かいねぇ、いや暑いかも。天気予報でも菜種梅雨は終わりらしいと。
今年はめずらしく桜の開花が遅れてる。
なんか今週末も大瀬崎なんだけど、沿道の桜が満開なのが久々に見れるかも。
でも、気温は上昇したけど水温は場所によっては今が最低を記録するところもある。
5月~6月はスーツ選択に迷う所ですね。


さて、カタログが出そろったので、各社のスーツをなめるように見てみた。
前にも言ったけど、殆どのメーカーで“セミドライ”と“ロクハン”を載せてます。
これは一昨年まではなかった現象だね。
しかもセミドライはけっこう推しで載せてる。
形的に変化の出しにくい商品だからか、
どのメーカーも、ドライスーツで使われてる防水ファスナーをチェストジップに配し、
フード付か、又はドライネックのどちらか。
価格もかなり拮抗してる商品だ。

《セミドライの価格》
 ・ワールドダイブ 156000(6.5mmドライネック)
 ・4D 160000(5mmフード付)
 ・モビー 155000(5~6.5mmドライネック)
 ・GULL 139000(6.5mmドライネック)
 ・ゼロ 165000(5~6.5mmドライネックORフード付) 

保温性をとことん追求しすぎると、『んじゃドライでいいんでは?』となるし、
そこは運動性もしっかり考えて、厚みや生地を考慮したい。


もう一つはロクハン。ん~ん高いねぇ。
まぁこれが安いと、セミドライ、ドライが下手すると売れなくなるから、
そこはメーカーさんも苦しいところなのかな?

《ロクハン》
 ・ゼロ 158000(表スムーススキン裏SCS)
 ・モビー 172000(表スムーススキン裏ECS)
 ・ワールドダイブ197000円(表メッシュ&フラットスキン裏タックレス)
 ・4D 197000(表スムーススキン裏SCS)
 ・ビーイズム 132000(裏表スムーススキン)
 ・GULL 133000(表ジャージ裏SCS)

ちなみにだけど、一番お安いドライスーツが15万位からあるので、
価格を抑えたいってなら、むしろそっちの方が良いみたいね。


いずれにしろ、ウエットスーツはゆったりサイズで作るのが吉だよ。
年次変化で必ず縮みがあり、固くなるからねぇ。
キツくて苦しいウエットは絶対イヤだもん。

 

Photo_20240331192301
追伸
今週末は大瀬崎お泊り。
上の景色に+桜満開!🌸
オジサンズで行ってくる

 

 

 

2024年3月28日 (木)

何かがのぞいてる?

P3281919
ん?バッグから覗いてるのは何?

 

P3281917
チンアナゴフードでした 笑

 

P3281918

 

週末は夏日になりそうかも・・・

2024年3月26日 (火)

良い品

実はかなり好評で、1ヶ月くらいでかるく10本以上売れてます。

P1261846
それがラバー製のウエイトベルト。
 ・水中で全くズレない
 ・力いらずでピタっと巻ける
 ・キッチリ巻いても苦しくない
 ・今使ってるポケットがそのまま使える
 ・すぐ乾く
と、特徴はだいたいこんな所なんだけど、
使ってみると、
  ↓↓↓
『ピタッと巻けるから、同じウエイト量でも軽く感じる。』
『海の中で緩まないから、バランス良く快適。』との感想で、
この小さな変化の恩恵が計り知れない。
さらに、自分が一番感じてるのは、ラバーベルトに替えて、
『暖っかい』ってこと。正確には冷たくない、ヒンヤリしないが適切かな。
これはロクハン着てる人はみんな思うと思うけど、
別にロクハンでなくても、ウエットの人は全員感じると思う。
と言うのも、ツーピースの場合なら、
胸や体幹部が二枚重ねになるから暖かいと言われるけど、
実際海の中では、上着の上からしているウエイトがゆるゆるになってしまい、
それにより海水の出入りが起こり、冷たかったりするのよ。
ところがどうよ?
ラバーベルトに替えると、水中で全くゆるゆるにならない。
だから水の不必要な出入りがなく、結果あたたかい!
あたりまえだけど、ウエットスーツはドライと違い水が入ります。
その保温メカニズムは、スーツと皮膚の間に入った海水が体温で暖まり、
さらにそれを断熱し、水の出入りがないことで保温します。
つまり、どんなに分厚いウエット着てても、
またどんな形のウエットでも、ワンピースだろうが、フード付だろうが、
水の出入りが起こると冷たいんだよね。
だから、腰にピタッと巻くと水が移動しない。
これがラバーベルトにすると『暖かい』って訳。

冷静に考えて、
新しい物を購入したり、換えたり、追加したりって、
何らかの恩恵を期待して行う投資なわけで、
そのリターンがどのくらいか?は大事な要素だよね。
スーツを新調すると10万、寒いからとベスト購入すると2万。
それがたったの7千円くらいで、ウエイトが快適でそして暖かいって・・・

 

 

追伸
今週末土曜は大瀬崎。ツノザヤフィーバーはどうかな?

2024年3月22日 (金)

縫わないスーツ

とあるスーツメーカーさんのお話

 

P3021876

ウエットスーツも、ドライスーツも、製作に当たっては基本的には共通の作り方。
まず採寸データーを元に型紙を作成し、生地の裁断。
裁断した生地をゴムのりで圧接着し、ミシンですくい縫い。
と、ざっくりこんな流れで作られます。
せっかく接着したスーツに針糸を通すのは、接着面の強度を上げるためだけど、
穴をあけていることには変わりなく、繰り返しの使用で穴からの浸水や、

最近の高伸縮の生地の伸びに負けての劣化はありました。
でも、縫わないスーツがあるとしたら・・・

 

そんなスーツを早速に撮影用のモデル着用品をサンプルで送ってくれたので、
先ずはこっそり着てみよう。なんとなく着れそうなサイズ、、

すげー伸びる。

 

P3201904
内側も縫わない!


シームレス製法は、生地の接合部にストレッチテープを用い熱圧着してシーリング。
針穴を無くした前人未到の最新技術は、常識を覆すストレスのない着心地を生み出し、
かつてない保温性や耐久性はもとより、
非常に高い運動性を引き出します。
またシーリングテープは、専用のシーリングマシーンで圧着するため、
繰り返しの摩擦にも強く、伸縮率は素材のネオプレーンジャージ以上の伸び率。

 

Photo_20240228155701
シームレス製法

 

P3201907
ここもシームレス
サンプルスーツはドライリスト仕様

 

Photo_20240228160001
股の作り 

 

P3021878
一般的な股マチ

これまでウェットスーツは、股にあたるクロッチ部を立体構造にする事が困難で、
国内外全てのスーツメーカーは、股にマチを使い立体的にする仕様となっています。
このマチを付けることで 縫製線が多くなり素材の伸縮性が損なわれたり、
繰り返し使用による股からの水の侵入だったり、股が壊れたりする原因でした。
この股マチを不要とし、素材本来の伸縮性を100%活かすことができ、
180度自然な開脚が可能となるオリジナルの製法。

 

 

P3201910
まったくストレスなく着脱

 

P3201903
ズボンチャックよりスムーズに開け閉めできる。。。
ファスナー革命!?!

 

フロントにストレッチコイルファスナーを使用するチェストエントリーシステム。
ファスナーの存在を殆ど感じさせないスムースな着脱性。
また、このファスナーを防水ファスナーに変更することで、
非常に運動性に優れたセミドライスーツ仕様にも。


P3201908
サンプルのウエットはドライネックだったけど、
フード付きにしたり、ノーマルにしたりもできる。
ちなみに、このネック部も縫ってない!
だからとんでもなく伸びる。
そしてステッチが無いから顔との摩擦もない。

 

2024年3月19日 (火)

意を決して

衣替えの季節。なもんだから、意を決して?笑、

フルフェイスマスクからノーマルマスクに交換。

先週の西伊豆から換えてみたけど、寒くはないが、やっぱ顔がチメたい。

それとくわえてる顎に力が入らない。

まぁ、ここらで換えとかないと、いつまでフルフェイスで潜るんだって事になって、

有り難みがなくなるからねぇ。

 

Img_20240319_102402
早速ぴかぴかにオーバーホールして~の、
来期まで保管。

 

Img_20240319_102418
内部の呼吸機構がパテント取れたそうで、
その特許番号も貼っとこう。

 

 

2024年3月 7日 (木)

またまたマニアックな話だけど、、

P3071886

画像のようにバックプレート+バックフロートタイプのBCを使っている方に朗報。
この手のバックフロートの場合、アルミやステンレス製のプレートに、
ナイロン製のウエイビングベルトをハーネスベルトとして使います。
このベルトが意外に堅くてね。一度決めてしまうと再調整が難しいほど。
また、堅いからスーツと擦れる訳よ。
自分なんて両面スキンのスーツ着てるから深刻な問題。
肩ベルト部に通すカバーもあるけど、確かにクッション性は増すんだけど、
その分幅が広くなり、そのカバーもやっぱり両端は堅いので、
また違うところのスーツ部分が摩擦擦れを起こす。

P3071889
硬いベルトはこんな感じでクセが戻らない

このベルトとスーツ擦れの問題は、両面スキンのスーツは特にだけど、
別に普通のスーツでも起こってるって事だよね。
もちろんドライスーツでも、目立たないだけの話。
擦れがスーツに良いか悪いかで言えば、良いことはない。
例えばウエイトベルトもそう。あれも結構堅いベルトだよね。
実際あんなに堅い必要はないでしょ。(だから最近ラバーバルトに代えた)

 

P3071890
肩のクッションカバー

P3071888

 

そんなわけで、強度も十分に有る上で、
もう少し柔らかくて使いやすいナイロンウエイビングベルト探してた。
そしたら見つけましたよ!
今までのように、年次変化で堅くなることもないので再調整しやすく、
またスーツのあたりもソフト(実際にテストで使ってたのでバッチリ)。
これならスーツとの擦れも最小限に抑えられるし、
今までのように肩パッドを必要としないから、乾きも早く重量軽減にもつながる。
(もちろん肩パッドもそのまま使えます)
なにより、Dリングの位置やベルトの長さを微妙に変えたい時に大助かりなのが良い。
(今までのは堅くて調整やる気も失せるほどだもん)

P3071892
イイ感じ

 

P2281555_20240307181701


追伸
そして安い・・・
今使ってるプレート、Dリングそのままで、ベルトだけ変えることができます。
スーツにやさしい。

2024年3月 5日 (火)

目からうろこ

最近一番の、目から鱗の話
『縫わないウエットスーツ』って・・・

P3021876

スーツの製作に当たっては基本的にはどこも同じ作り方で、
そこには、細かな各メーカーさんのこだわりはもちろんあるけど、基本は同じですね。
採寸データーを元に生地の裁断、
→ゴムのりで圧接着→ミシンによるスクい縫い、とざっくりこんな流れ。
接着したスーツに針糸を通すのは、接着面の強度を上げるためだけど、
穴を開けていることに変わりはなく、繰り返しの使用で穴からの浸水や、
最近の高伸縮のスーツ生地に付いていけずに、そのための劣化が有りました。

 

Photo_20240228155701

でもとあるメーカーが、縫わずに特殊なシームテープを開発!!。
テープ自体がめちゃめっちゃ伸びるんで、スーツの伸縮を100パーセント妨げない。
なんか、これ、スーツの革命かもしれません。

気になって気になって、そこのスーツメーカーに色々聞いてみた。
 『着用の違和感はないんですか?』
 「たぶん驚くと思いますよ。テープ自体が生地の伸びよりも伸びるので、
生地の100%のポテンシャルを堪能できます」
 『BCの肩ベルトや摩擦でテープが剥がれることとか、、』
 「テープ圧着のための専用のシーリングマシーンを導入したので、有りませんよ」

んん~ん、気になるねぇ。

 

追伸
週末の熱海は天気がよさそうだ。

より以前の記事一覧