日帰り〇〇半島へ

2024年3月 1日 (金)

うるう年ダイビング

Kumo_20240301122701

昨日は4年に一度のレアなダイビング日 in 大瀬崎。
予報より天気良く、終日光が射し込み&透明度も良いもんだから最高の日。
最初のうちは東風がそこそこ吹いてたけど、
徐々に収まりべた凪。そしてぽかぽか&がらがら。
潜ると、青い!そしてクラゲ、、、コレは浮遊系のレア種とか期待しちゃうかも。
上見るか?砂地攻めるか?迷うぅ~。
なんか、こう言う条件の時の平日大瀬崎って、贅沢だよね。
水温17度、透明度15m以上。
水良いもんだから、湾内魚礁巡りが一番楽しい♪。
ウスバハギ、コブダイ大、イロカエル極小、クマドリ、
アカオビハナダイ、アオリイカyg、ユカタハタ、ハナビラウオ、、、

 

Photo_20240301123001

帰りにいつもの湾内ビュースポットから眺めると、
ゴロタと砂地の境が綺麗に見えてるし。
富士山もくっきりで良い日です。
時間も早いので、富士山見える露天温泉につかり、
イチゴ大福、キムチっと買い込んで帰路。
平日大瀬崎、イイね。

 

追伸

20242
集まりだしました。今なら、、、

2024年2月19日 (月)

カレーな日

Photo_20240219120601
梅園

昨日はホームの熱海。
海面フラットで、『今日は風無く穏やかで良いねぇ~』なんて言ってたんだけど、
謎のうねりがあって、朝に車でビーチラインまでくると結構岸に押し寄せてる。
熱海辺りではかなり厚いウネリなもんだから、
浅場のウミガメちゃんに挨拶行こう計画は無しで、美多ヶ根と双台根を潜りました。
船頭さんの話だと、『昨日はこれにナライが強く、船の上でも疲れるくらい波があった』
とのことで、沖は強風が吹いたのかな?

水温は16℃、透明度は15mくらい。昨日からの揺れで若干白濁してる。
それでも水は青いので、ストレスはない。ウネリも18m位では気にならないくらい。
なんかビタガ根のタカベが増えてる気がする。
沈船と根の中間にたくさんいた。

この日の海ご飯は、みんな大好きカレー。
4種類のルーと卵スープを混ぜ込み、スープカレーにしました。
まろやかな中に、スパイシーな切れが温まる。
羽村の寿屋ベーカリーの白パンで頂いた。

帰りは、湯河原のパン屋の長蛇の列にそそくさと退散し、
干物屋→平塚産直とよってお買い物。
平塚の隠れた名品スィーツを知らない方にご紹介。
帰りはまだ明るい16時。羽村もぽかぽかしてた。

 

Photo_20240131152302

追伸
ラバーウエイトベルト好評ですねぇ。
お貸しすると、ほとんどの人が好評価。
『コレぜんぜんズレない』『軽く感じる』『付けるのに力がいらない』
まったくもって今まで、何でラバーベルトじゃなかったんだろう?

 

2024年2月15日 (木)

3月恒例の特選素材!

外見はキモ強だけど、めちゃめちゃ優しいお出汁がでる。

Pic000038_20240215064901
3/24土)・3/25日)各日帰り
特選素材・アンコウ鍋

2024年2月 5日 (月)

漢字ではこう書きます

昨日は北東風を警戒してたけど、
特に問題なく(二本目に多少ぱちゃつき、)ホームの熱海でダイビング。

あたみ桜満開!この雨で見納めかな、、

 

Photo_20240205113301

1本目8時出船。慣れたダイバー達なんで双大根からデブキンへ流します。
まずは浅根にフリー潜降。余りにも根頭が浅いからみんな驚いてた。
まずは沖の深場を捜索するけど、案の定魚少な目。
そこからデブキンに向かって、徐々に水深上げてきます。
デブキン到着すると、急に魚が増えてくる。
なんだかやたらとタカッパが目に付く。
待ってろよもうすぐ食べてあげるから。

なんか、こういう浅い水深のアップダウン、
オーバーハングとかV字とかトンネル、好きなんだよねぇ。
そしていつものカメのねぐらに行くと、、
いましたいました!寝ぼけ眼が、いくぶん迷惑目。
近くのタテキンも確認

次は随分間があいて、11時出船。
そう言えば好評だ! 例の【ラバーベルト】。
お貸ししたら、エキジットするなり、
『これイイですねぇ。』
『ぜんぜん緩まない。船に上がるといつもゆるゆるで下がってたのが、ぜんぜん』
そして、極めつけのアンサー
『なんで今までコレじゃなかったんだろう?』


二本目10:45出船。今度は沈船~丘ハッソクに流します。
沈船の魚、へったかな?それでもやっぱ住処。
中層にところどころとタカベの群も見応えある。
そうそうに、ビタガ根~ハッソク大根と移動し、途中の海底遺跡も確認。
知ってた?あたみの遺跡ポイントあるの?
行ったことない人、今度案内しますね。
丘ハッソク移動して、最後はKさんフロート上げぇーの浮上。
でも安全停止できず浮いちゃったけど。

そう言えば熱海のポイント名ですが、漢字名が有るの知ってる?
て言うのも、ポイントは昔からの漁師の呼び名だから、当て字ですが、

・ソーダイ根→双大根(大きな大きな根が二つ)
・ビタガ根→美多ヶ根(美しいソフトコーラルが多かった)
・デブキン→出舞金(魚が多く舞う)
・ハッソク根→八束根(根がいくつもいくつも)

ログブックに書くときは漢字で書くとイイかもね。

 

2024年1月23日 (火)

そうだ忘れてた。今日は何んの日?

1月23日は伊豆山の日。忘れてたよ~
12月3日もだね。来年からこの日は伊豆山に潜らなくっちゃ。
ん?今年の12/3はってぇと、、、火曜だ。

Dsc02798
先代船長の島さんの采配の元、
水揚げのお手伝いをさせてもらっているところ。
伊豆山真弓丸
超~楽しかったなぁ~

2024年1月 3日 (水)

スタートの海は、、

2024年潜り初めは、1/2あたみでした。
お天気は曇りスタートで次第に雨混じり。
ここ数年どころか、十年以上潜り初めの雨の記憶がない。
それでも羽村と違い熱海は幾分暖か。
道も空いていたので時間も早く、船の上でセッティングしながらのご来光。

Photo_20240103114301
海へお神酒

1本目は双大根丘側EN~とび根。
船の上から根頭丸見えで気持ちいい。
初めて飛び根を潜ったゲストが、
『ねぇねぇ、あそこ何?すごい楽しいんだけど』
たしかにたしかに。
自分も初めて飛び根行ったときゃ、透明度良いときで感動したもんなぁ~。
どんどん濃くなるブルー。
深場の砂地にポツンと現れる根には、ハナダイに覆われたソフトコーラル。
この水深からも綺麗に見える水面。
グランブルーの世界。

Photo_20240103114401
一人さみしそうなミツボシ

二本目はミズナギ。砂地には幻の根(たぶん誰も知らない)。
でもカジメが無くなり、生物少なかったなぁ。
岸側に少し移動すると、穴の近くにやっぱりいつものカメ君がいました。
透明度20m、水温17度、気温10度、東風。

海ご飯はたっぷりお汁とオニギリ。
デザートはお客さん持ってきてくれた、寒川神社の八福餅。
ありがたや~。
良い潜り初めでした。

 

追伸
元旦に能登で地震が発生。
金沢の実家の住まい地区は、断水や停電の影響もなく無事が確認できた。

2023年12月24日 (日)

アオウミガメとタテキン

Photo_20231224152001
あたみの亀⇒動画はコチラ

昨日は西伊豆の予定でしたが、冬型で続いた西風が明け方まで残ったため熱海へ。
次第に風もゆるみ、気温は低いが日向は暖かな熱海。
この日はデブキンとミズナギの浅場に2ダイブ。
年齢層高めなんで、、ストレス無く潜れるのがいいね。
透明度は、強いて言えば少し白っぽいが、申し分なく綺麗で、水温は17度。
この日はアオウミガメ2連チャン。しかも1ダイブで違う個体。
さらにさらに、アオウミガメの寝てた穴には、タテジマキンチャクダイの成魚まで!!
なんだか絵が八丈島の海の中みたいだよ。

 

海ご飯はホットサンドにほっとし、
インターバルには井上さん持参の、石焼き芋マシーンで紅はるかをほおばる。
帰りは、諸事情で長期休業となる真鶴の魚屋で鰺寿司の買いだめ!?!
沢山お客さん来てて、予約しといて良かったって話。
魚屋のねーさんや、ばーちゃん、にーさん達に、
『またねぇ~』と再開を誓い笑顔で挨拶して帰路。
道もがらがらで、3時半にお店に到着でした。

 

メリークリスマス🎅

 

2023年12月21日 (木)

伊豆半島の水曜は定休日だらけ

Photo_20231221110101

昨日はホームの熱海。
透明度さらに上がってきました。キンキン見えてる。
キンキンって言うとなんだか冷たい感じがするけど、
水も18度で、手を付けるとぬるく感じるくらい。


平日水曜はどこもお休み。
二藤も魚久も住吉屋も、産直もパン屋もどこもかしこもお休み。
アサムラマリンも定休日。だけど海には行くよ~♪。

 

そんな訳で海も空いてるので、あまり行かない所を攻めてみた。
実は現在の熱海の港が埋め立てられる前は、沖のビタガ根から岸近くまで、
根がずっと続いてたんだよね。今現在はダイバーが潜るのはビタガ根と沈船だけだけど、
その岸にハッソクと呼ばれる根がずっっと続いてる。
この日はビタガ根からエントリーして、ひたすら岸の根を目指す。
ひたすらって言っても、ハッソクまではダイナミックな根が次々に現れる。
水深もそれほど深くないので、空気消費がそんなに多くない人ならほぼ問題ない。
真っ青な海のなか、水面にはゆらゆら揺れる太陽。
ソフトコーラルに彩られた根を観察しながらゆったり進む。
さらに巨大な根が出現。根頭で14mくらい。無数の亀裂が走り夏なら伊勢エビ団地だ。
この辺りは根の両側ともに砂地。
さらにそのまま岸を目指すと、砂地にすぐに根が出現。
こちらもかなりデカい!。根頭12m。魚はぐっと少なくなり、根の大きさだけが際だつ。
さらに進むと、突然メジナがぐっちゃり。
『またデカい根だ!!水面まである?』と思ったらここが終点のテトラでした。
あ~楽しかったなぁ。

海ご飯は、ヒラスズキのあら汁とおにぎり。
おなかパンパンです。

2023年12月18日 (月)

あらためて、ヒラスズキって魚は、、、

Photo_20231218152501
るんるんの透明度

昨日は、西爆風ぅーー。すごかった、、
でも熱海の潜るポイントは風裏で、穏やかかだはポカポカだは、綺麗だは!
水面付近には無数の鰯が群れてて、船の上から海底見えるもんだから、
潜る前からテンション爆上がりでした。
水温18.5度、透明度20m。

数年ぶりの方も、綺麗で穏やかな浅瀬(5mくらい)をのんびり潜ってた。

 

Photo_20231218151701
子持ち

メイン?この日の海ご飯は、恒例・冬の特選素材ヒラスズキ。
山口船長『ここんとか全然穫れてないんですよ。揚がらなかったら別の考えましょう』
と先週から話してたんだけど、朝行くと、大きな大きなヒラスズキをゲット!
いや~ありがとうございます。
包丁入れると腹身の脂がすばらしい!

メニューはアラ汁(コレないとね)、刺身、鯛飯、漬け丼。
揚げ物作ろうと思ったけど、風が強すぎて、、
鯛飯は4合に対して半身。身が大きいもんだから釜に入りきらないくらい。
ふわふわの身で最高のご飯。漬け丼も好評だったなぁ~。
個人的にはアラ汁旨すぎと。コクがあるのに品がある。お汁に浮く脂が・・・


追伸
年末31日まで海は続きます。
今年も残りわずか、体調崩さないように新しい年を迎えて下さい。

2023年12月14日 (木)

5550円のソフト

Photo_20231214122601

昨日は平日組と日帰り伊豆。
前日に通った低気圧の影響はどうかな?
予定では海洋公園だったけど、この北東は行くまでもなくアウト。福浦かな?
当日の朝、海を見つめると、、、ナライどころか、うねりがけっこう、、
てことで静浦に行ってきました。

透明度もまずまず、12m、水温18.5度。
自分はこの日からフルフェイスに交換したんでポカポカ。
静浦もニシキフウライが沢山でてるって情報。
エントリーしてすぐに居たけど、カメラマン独り占め状態だ。
あとピカチュー見たようなこと言ってたね。

Photo_20231214122501

海ご飯はホットサンド。
気温と太陽はどんどん上がり、汗ばみながらいただいた。
新作のジャーマン・スパイシーサンドが好評。売れるね。
お腹いっぱいです。


さてさて、本題って訳じゃないけど。
帰りにソフトクリーム見つけました。食べたくない奴。
な、な、なんと!5550円△■!!
キャビアかけるんだってさ。
話題性のみをねらったものかね。
でもキャビアは缶ごとくれるらしい。
要は、キャビア買ったらソフトサービス?


追伸1
週末はあたみ横磯港の特選素材企画・冬のヒラスズキ!!
水揚げあるかな?


追伸2
1/6~8は紀伊大島。男女ともあと1名づつ入れます。

より以前の記事一覧

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ