島旅

2024年2月16日 (金)

八丈島の良いところ

八丈島は海だけでなく、牧場もある。

Pic00016f

2024年2月10日 (土)

熊野古道って、、

結論から言うと『この時期は紀伊大島、やっぱイイですよ。』

透明度よく、穏やかで、とにかく魚ぐっちゃり群れ群れに、マクロも充実の海。

奇岩景勝も数多く、世界遺産の熊野古道や熊野権現、さらには温泉も数多く堪能できる。

実際、昨年今年と1月に行って、あんまり良かったもんだから、

急遽この2月の平日にも行ったくらいだからねぇ。

 

参加者 M.Iさん70代男性

『あんなに入ってすぐの所に、あんなに群れてるんだね。ボートより出入り楽。

これじゃぁボートでなくていいやね。』

 

参加者 A.Yさん 女性

 『前日の雪には驚きましたが、初めての和歌山!

群れいっぱいで楽しかったです。魚の中に入ってボーっと最高でした。

ウミウシも見れたし、宿も素敵でご飯もおいしい!!

 

 

当初の現地情報では、『数万のメアジ大群は消えました』って話。

それでも、アジ、クロホシイチモチ、イサキ、ヨスジフエダイはむしろ増えてるくらい。

だから1月来た時とまた違った群の構成。

なにせ入ってすぐのゴロタで群れてるから、

ついついその下の砂地の方には目が行きづらい。

でも砂地もカスザメ、ダイナンウミヘビ、ウミウシとこちらも飽きません。

とにかく群れに目が奪われてしまい、

気がつけば、GOPROで同じ群れのシーンばかり撮ってしまう。

一転、5mの壁にはジャパピグことハチジョウダツも。

特徴は、超小さいブサかわのタッツー。

このロウガンズでかろうじて確認できる大きさ。

なのによく動く!『ここだよ』って指さすと、

ゆら~とポンポコのお腹で移動するもんだから、

『あれ?どこだ!』てなる。

こんな風にマクロも充実なのがココのすごいところだ。

 

 

温泉も十分堪能しました。まずは到着日の早朝温泉。

すさみ町の温泉は高速降りてすぐ。

朝日に染まりながらの海を、眼下に見ながら入る露天は、

右足フクラハギの運転疲れもふっとぶ有り難さ。

しかも早朝とあって貸し切り。

ダイビングの後は定番串本のサンゴ湯へ。

地元に愛される湯は、おじいちゃん達の憩いの場。

ご相伴に預かりありがとうございます。

翌日は那智勝浦までちょいと遠征。串本から30~40分くらいかな。

泉質が一押しだと聞いてやってきた湯は、

「源泉かけ流しっぱなし」の、きよもん湯。

ちゅるちゅるのアルカリ泉で、ほのかに硫黄臭がします。

湯温がちょうど良すぎて、じーさん達湯船で寝てるし。いろんな温泉にも入れるのが、いいですね。

 

Img_20240208_143821

NSKA(日本ソフトクリーム協会)理事?としては、当然ソフトも忘れてません。

きんかんソフトと、那智黒あめソフトをいただきました。

那智黒ソフトは食べると本当に黒飴の味。

おいしい! ただ甘みが少し強いので、次回はミックスにしようと思う。

こんな感じで那智勝浦近くには、温泉、熊野権現だけでなく、

道の駅鯨の太地もあるので、ソフトだけでなく、

クジラバーガーや定番海鮮丼も楽しめる、いいところです。

 

次回もまた、来年の冬かな。

 

 

熊野古道ってこう言うこと・・・

 

Img_20240208_141951

 

 

2024年2月 3日 (土)

この島について、『やっぱそうだよね』

ウミガメ100パの八丈は、やっぱイイ。温泉ゆったりの後は、夕焼けまったり。

Pic000176_20240203054701
八丈島 南原千畳の宇喜多秀家と豪姫

2024年1月30日 (火)

ナズマドから小島

何度見てもわくわくする画像だ。

Pic0000ed_20240130062201

2024年1月27日 (土)

この島に行きたい!

一昨年の八丈島のアルバム見てたら、早く行きたくなってきた。

Img_20221010_083029_20240127061901

2024年1月24日 (水)

島旅のPOP

Gw

まだ先ではありますが、だからこそ!
クイズが気になるね。。。

2024年1月 9日 (火)

年始の島旅は紀伊大島から

一月連休で紀伊大島へ。

 

本州最南端の串本町の須江は、くしもと大橋で本州とつながっているので、車で楽々アクセス。

冬季限定のポイントには、数千、いや万?ほどの鰺の群れが密集。

いや~見応えあります!見惚れました。

透明度良い海中を自在に姿を変える“群れ”と言う生き物、

温泉においしい宿の手料理、橋杭岩など景勝に熊野宮参拝と、相変わらず南紀を満喫。

冬に一度の遠征だけど、一度だけにするには惜しいね。

 

参加者のお声

【さすが本州最南端】
100% 藤本敬子さん

昨年の映像を見て、あの群はボートだとばっかり思っていたら、なんと!サーフエントリー。

エントリーして間もなく、アジアジアジ、群れ群れ群れ。

二本目も三本目も必ず居てくれる。

それにさすが本州最南端。ハタタテダイ、ツノダシが優雅。

チョウチョウウオもミツボシも大小さまざま。

サーフで十分と思っていましたが、ボートはボートで楽しめる。

ピカチュウ4個体も見つけました。

宿は優しいご夫婦が作る、優しいご飯。土鍋の炊き込みご飯が炊き立てでした。

温泉にも入って満足満足。今年もよろしくお願いします。

 

Img_20230109_075032
熊野宮

 

【約半年ぶりの海は、、】
80% 飯能市 S.Kさん

約半年ぶりのダイビングでうまく潜れるか心配でした。

めったにいけない所なのと、久々なのとでテンション爆上がりです。

鯵の大群が今までダイビングしてきた中で最大規模で圧倒されました。

天気も全部晴れ。温泉や宿の美味しい食事も最高です。

 

【次から次へ、、】
50% 有居 実さん

昨年参加したときに見た群れに驚かされ、また見たくなりました。

群れのすごさは期待通りでした。

とにかく鯵をはじめ、いろいろな魚の群れが次から次へと現れる。

シャッター切るのが大変で、もういいかなと思ってもついついパシリ。

ビーチエントリーであれだけの群れに会えるところはそうそうないと思うので、

季節限定ですが手軽に群れを満喫したい人にはお勧めです。

次回は年末の潜り納を検討します。

⇒動画はコチラを

2023年12月 8日 (金)

日の出

橋杭岩からの日の出。

紀伊大島に行くときに見る奇岩ポイント。

来年1月

Pic000130_20231208064201

2023年11月17日 (金)

記念

先日の南紀白浜で通算1700ダイブ達成!!
エグい本数だね。素晴らしい!
本人の左上方で、嫁が拍手してるのがさらに良い。

 

 






この投稿をInstagramで見る

わの海(@asamuramarine)がシェアした投稿

2023年11月 8日 (水)

NEW白浜の参加者お声

Image0_20231107164801
ずっと付いてくる沈船の石鯛

【和歌山ラーメン】
100% 羽村市 河野正樹さん

白浜温泉と美味しいご飯が目当て。
沈船は貸し切りで潜れ、魚がわんさかで楽しかった。
念願のクエも食べれて満足です。
白浜の温泉とグルメを堪能しました。
和歌山ラーメン、めはり寿司、かげろう、クエ!
ぜひ食べてください。

 

【ずーっと居られる】
100% 羽村市 河野直美さん

久しぶりの白浜。以前から参加したかったです。
今回スケジュールが合ってラッキー。
今回もぐったポイントは地形も楽しめ、沈船は魚ごっちゃり。
生物の種類も多いので、ずーっと居られる楽しいポイントでした!!
おまけに天気も海況も良く最高!
白浜の美味しいもの食べまくりのツアーでしたね。
とれとれ市場、生かげろう、クエ鍋、、、
それにしても天気に恵まれすぎ。
1日に三カ所の温泉とは、、、
やっぱり崎の湯は味わい深い。山の中の鶴の湯もいい湯でした。
ぜひ皆さんにも行ってほしい!!

 

【温泉に海鮮も、、】
80%入間市 T.Tさん

白浜は初めてなので参加。
とても潜りやすく、誰でも楽しめると思いました。
それに温泉、美味しい食事がプラスされるので良かったです。
海鮮が安くて旨い!そして、潜った後はゆっくり温泉!

 

【11月なのに半袖、、】
100% 羽村市 A.Mさん

初めての場所なので行ってみたいと思いました。
海も穏やかで、陸は11月なのに半袖で居られる。
沈船は群れ群れをしっかり動画にとって、家に帰ってからも楽しめました。
ボートのはしごが上がりやすいですね。
そしてクエ鍋は美味しく、白良浜のライトアップは幻想的。
お土産も美味しい物がたくさんと、天こ盛りの良いとこ白浜でした

 

追伸
次の南紀の予定は1月の→→紀伊大島
冬季限定の群れ群れポイント!

 

より以前の記事一覧