島旅

2024年6月14日 (金)

伊豆大島は近くて素敵

昨日は一泊で平日企画の伊豆大島。
海況よくどこもベタ凪で、ポイント選びが悩ましいくらいだった。
てことでせっかくなので秋の浜、王の浜、ケイカイ、野田浜、といろいろ潜ってきた。
今回は水温がそれぞれ違って、秋の浜が一番冷たくて濁り気味。
王の浜はなんと24℃もあり水色良好!
やっぱ暖かい方が魚多め。
ケイカイは早朝ダイブでハンマーに遭遇。
期待してなかったので、その近さにみんな驚いてた。

相変わらず大島は近いのに1泊で島満喫。
タイムスケジュールを載せておくけど、伊豆1泊と変わらない感じだからお得感満載。

 

Photo_20240614173001
出向前に、ジャカランダフェスティバル

 

≪初日≫
 5:30 店出発
 8:00 熱海港着
 9:10 あたみ発大島行きジェット船
10:00 大島港着
    2ダイブ
14:00 大島牧場ソフト
       景色抜群露天風呂
18:00 宿にて夕食

 

≪2日目≫
 5:30 早朝ダイブ
 7:30 朝 食
 9:00 1ダイブ
11:00 2ダイブ
    器材洗浄
12:30 島の寿司屋でランチ
14:00 掛け流しの温泉
    器材パッキング
16:15 大島発
17:00 熱海着
19:00 店着

Photo_20240614173201
このように1泊2日でも十分楽しめます。
なんかもっと頻繁に計画してもいいのかもね。

 

参加者コメントの一部
【イルカがなんかくわえてる?】
100% K.Fさん

はじめてハンマーみました。それも目の前。
最初大きいから、イルカだ!なんかくわえてる?と思ったらハンマーだった。
熱海からジェットホイルであっという間、帰る日もゆっくりダイビングでき、
温泉も3カ所満喫、すし屋でべっ甲ずし食べ大満足。

今度は椿まつりの時に行ってみたいなぁ

 

【新しいスーツは動きやすい】
NEWスーツはストレス無し!
足がとにかく楽で、フィンキックもやりやすい。
平日は空いてていい。帰りの掛け流しの温泉が気持ちよかった。

 

【あんなに近かったのは初めて】
ハンマー見たことはあるけど、あんなに近いのは初めて。
今回は色んなポイントに潜れて良かった。  

 

Photo_20230620190201   2_20230623110201  Asamura
 こちらもご覧ください

 

  

2024年5月21日 (火)

屋久島からのお便り

屋久島からのお便り

 

島旅の宿の予約なんだけど、葉書ですることが多いですねぇ。

メールやFAXと違い直ぐには届かないけど、

なんとなく島のゆったりした時間にあってるかと。

今年の8月に予定の“屋久島&トカラダイブクルーズ”。

このときに泊まる予定をしてる屋久島の宿から、お返事が届いた。ありがたや。

 

トカラや鹿児島離島にダイブクルーズする場合、

天候海況で宿泊地が変わってしまうことがよくある。

よくある、なんて書くと『予定通りに行けないの』なんて思う人もいるかもしれないが、

場所が場所だけに、こればっかりはね。

そう言う予定変更も含めて楽しむ、のがこの手のダイブクルーズの楽しみ方かも。

そんな中、なんせ屋久島は大きい。

だから屋久島に行けさえすれば、どうにかこうにかなる。

なので、まず屋久島の宿を押さえておくことが肝要。

いつも定宿にしてる民宿潮騒は、基本はお食事処。

その二階が民宿として利用できる。

食事は1階の食事処でいただき、寝泊まりを二階。

ごはんも大変美味しいし、近くに温泉もあり、またスーパーも港も徒歩圏内とくる。

過去の記憶をさかのぼっても、屋久島まで渡れなかったときもあるけど、

潮騒に1泊の予定が3泊したこともある。

何が言いたいかというと、

こういう天候海況の変化にもフレキシブルに対応してくれる、

ありがたい宿だって事。

Aiko_20240521095801
愛子とトビウオ

 

屋久島からの便り

~~~  ~~~  ~~~  ~~~ ~~~ 
 ゴールデンウィークが終わっても忙しくしてます。

 屋久島は蛍が飛び、気持ちいい季節です

 私どもも老体にむち打ち、がんばってますよ(笑

 8月お待ちしてます。愛子とサバが待ってますよ
~~~  ~~~   ~~~  ~~~  ~~~ 

ありがとうございます。

Asamura   2_20230623110201   Photo_20230620190201
こちらもご覧ください

2024年5月17日 (金)

来月の島旅は大島へ

M0025750_20240517133801
大人気ポイント秋の浜

大島っていっても関東でそう言うと、

『ああ大島ね』って伊豆諸島の大島のことだって直ぐ連想するけど、

紀伊大島や奄美大島もあるし、なんだったら黄島ってのも五島にある。

近くで一番大きい島は、地元民は大概に大島と読んでるから、

“おおしま”だけでは本当はややこしいのかも?

 

Dsc00566
秋の浜にエントリー

6月の島旅は伊豆大島へ。

熱海から45分のジェット船での往復。

普通に海に行くようにおみせを出発すると、なんと午前10時には大島着だ!

その日一日は、ダイビングに温泉、そして民宿での夕餉。

次の日も朝から潜り、帰りの便は15時台だからゆっくりお土産買って、

お店には19時位に帰路の、1泊2日で満喫計画!

 

『熱海からそんな近いから、魚とかあんまり変わらないんじゃぁ、、』

なんてあなた思うかもしれないけど、

ぜんぜん島の魚ですよ!  はい、まぎれもなく伊豆諸島です!

もっとも手軽に島旅が満喫でき、お店発着だから楽ちん。

今回は平日プラン。まずは出発前に熱海のジャカランダを愛でよう。

6/12水)~13木)平日開催 伊豆大島

2024年5月 9日 (木)

島ではゆったりしたいね、と心底思っ訳

以前アップした島旅の手記を、改めて読んで自分が行きたくなってきた。

 ↓↓↓
島旅のメインって何だろうね?
そりゃ各島々によって違うだろうけど、
一番あなたに見て欲しい、体験して欲しい物は何かと。
楽しいことが目白押しで、とっても悩むけど、
口永良部島に行ったときに、そんなことを真剣に考えた。
島でのゆったりする時間は、やっぱりはずせない気がする。


21歳からこの仕事をやってきて、
若い頃は島に行く度に、その島に住みたくなったもんです。
それが大人になり年齢を重ねるごとに、
仕事として向き合うようになると(若いときも仕事なんだけどね)、
いつしか、島旅で訪れたその島に住みたいと思う気持ちを抱かなくなった。
『何も無いしな、』『ダイビングの仕事じゃ食っていけないだろうし』、
『人付き合い大変そう、、』
ところが、40代になって訪れた口永良部島は、どこの島よりもなんにもないのに、
心底うらやましいと思った。
一番の理由はあの民宿なんだと思う。

 

ある日の様子
  ↓↓↓
~~さぁ出航だ~~
この日の予定は、口永良部島の到着前にデン島でダイビング。
ここのポイントのポテンシャルは、マジで凄すぎる!
今まででハズレは一度もない。
想像以上はあったけど。(デン島の水中の様子はここでは割愛)
さぁさぁ、見えてきた見えてきた!
今回のメイン、屋久島のとなりの小さな島。
きっと口永良部島の存在を知っている人はとても少ないと思う。
世界自然遺産登録と共に、年間相当数の観光客が来島するようになった屋久島。
その屋久島とは対照的に、静かに素朴に、
まるで心地よいそよ風のような、
そんな小さな小さな島が青い青い海に浮かぶ。
それが口永良部島。
この島がいい~んです♪


3to4s_20240426111101
口永良部雪は降らぬが星は降る



~~何がそんなにイイの?~~
まず海がイイ。まったくもって素晴らしい。
珊瑚がめっちゃ元気で綺麗、海中トンネルがあって、
マグロが見れて、イルカにカメ、夜光貝ざくざく、
そして海底温泉、さらに透明度抜群なんだから。
それでいて、まだ誰にも知らないから空いてる。
書いてる自分が思う、
そんな所はなかなか無いよねって。
でも、特にみんなに見てもらいたかったのが、
海底温泉と丘の上の宿、民宿くちのえらぶ。

 

Img_2048_20240426111101
テラスでゆったり

~~どんな民宿?~~
民宿くちのえらぶは、貴舩さんご夫婦が営むとても気持ちの良い宿。(故ご主人)
商売柄いろんな宿泊施設に泊まったけど、
ここほどオンリーワンを感じる宿はそうはない。
(宿泊したお客さんに、リゾートホテルとの対比を聞いてみたことがある。
そしたら、『いやいや断然この民宿ですよ、
ホテルはお金出したら普通に泊まれるじゃないですか』と)
貴舩さんご本人が小学校の廃材を使って八年がかりで建てたという民宿は、
どこか懐かしいにおいがする。
テラス?からは東シナ海が望め、
硫黄島、開門岳がまるで絵画のように見える。
何にもしないで椅子に腰掛け、ぼぉ~といつまでも景色を見とれていたい。

Img_2051_20240426111001
居心地よい民宿


この島では温泉も楽しみの一つ。
口永良部島には4つの湯があり(海底温泉入れると5か?)、
4つとも成分が異なり、それぞれの趣が。
湯向港から直ぐの湯向温泉は絶対入った方がいいよ。
この島では珍しく?、男女別に分かれた湯船には、
びっしり、たっぷり湯の花が浮かび、
湯温もちょうどいい。(協力金200円は申し訳ない)

 

150522_160104_20240426110901
湯の華舞う温泉

夕方まで海遊びをした我々はさっそく民宿へ。
港から丘の上の民宿に向かうまではほぼ何にもない。
もちろんお店もない。人にも会わない。
野生の小振りなシカがいて、こちらを見るなり逃げていくのが印象的。
(島の人口150人、鹿3000頭!)
民宿くちのえらぶのこの日の夕食は、、
ジャガイモたっぷりオムレツ、
大名タケノコの天ぷら山盛り(凄いタケノコの量)、
シカ肉の竜田揚げ、イカ刺し等、ご飯は黒米だった。
どれも島で穫れたものを使った手料理。
夕食まで景色を楽しみ、建物のあっちこっちを見てはしゃいで、、
海底温泉でのダイビングも含め、たっぷり楽しんだので、
この日もあっという間の就寝タイム。
海底温泉の様子はまたこの次に・・・つづく

 

M0050691
鹿肉のたたき

どこでも島は高齢化が進む。
産まれた子供たちが大きくなると、
進学のためには島外に出るしかないわけだから。
ある程度の人口規模があったり、
観光客が多く訪れる島なら、Uターンで就職という選択肢もあるだろうけど、
小さな島では、望んでもその生活が厳しいものだと思う。

口永良部島は不思議と子供が多い。
貴舩さんは、島にお孫さんがいた。
自分たちが思う価値観を、その子供も共有できるってのは、
なかなか教育だけでは繋ぐことができない気がする。
親の背を見てってやつだろうか。
素晴らしい。

Img_7167
民宿での夕餉

Img_2427
海底温泉

《口永良部島》
人 口:150人、鹿3000頭。
面 積:38平方Km (屋久島505平方Km)
位 置:屋久島の西方12km 永田灯台を仰ぎ見る。
温 泉:5つの温泉がある。どれも泉質を異にする趣ある温泉

2024年5月 7日 (火)

八丈島から戻りました

Pic00016f_20240507063701

過去一の海況、天気のゴールデンウィーク八丈島。

三泊四日、行ってる間、ただの一度も天気予報見なかったよ。

こんな事もあるんだね。

毎日快晴で、島の日差しに一同顔真っ赤。

 

Photo_20240509185901
乙千代ケ浜(おっちょ)

水温21~22℃、透明度20m。

 初  日: スズノヨ、船付鼻、八重根

 2日目: ナズマド、乙千代右、乙千代左

 3日目: ナズマド、局長、イデサリ

ナズマドの早朝ハンマーに始まり、アカマツカサ、ツバメウオ、

ユウゼン、ナメモンガラ、タテキン、ヒレカン、ハタタテハゼ、、

八丈らしい魚達のオンパレード。

もちろんカメに巨大なアオリイカ(産卵ショーには当たらず)。

Photo_20240509190001
八重根のカメくん

連日の昼のお刺身弁当と、美味しい宿のご飯に体重計乗ったら、

『!!!、』となるも、そりゃそうだよね。と納得してました。

またすぐ行きたいなぁ~

Photo_20240509190101
イデサリアーチ

参加者のお声
【ハンマーヘッドの出会い

 90% 羽村市 K.Iさん
去年参加していなかったので、久しぶりの八丈島です。
八丈らしいダイナミックな地形、魚影の濃さを堪能しました。
ナズマドでのハンマーヘッドの出会いには驚きました。

【あとは八丈富士、】
 100% 女性A.Mさん
久しぶりの船旅。船で寝れるかな?
前回着たときは、八丈富士の頂が雲で覆われていましたが、
今回はバッチリ毎日くっきり見えました。
連日の好天に恵まれ、すっかり日焼けしてしまった。
海の方もとても綺麗!たくさんのお魚に、お宿のご飯も美味しい♬
すごく楽しかったです。ありがとうございました。

【2日続けてハンマー】
 100%  河野正樹さん
海況が心配でしたが、三日間とも天気、海良くとても幸運でした。
ナズマドでは2日続けてハンマーヘッドシャークに出会えて満足。
八丈は近くて良い。海にご飯に温泉!

 

追伸

温泉上がりに富次郎のソフトクリーム。

色々なトッピングがありメニューめっちゃ増えてたけど、

ここはシンプルに、ただのソフトを頼んだら、美味しいことこの上ない。

2024年5月 4日 (土)

島旅と温泉

一つ前のブログでも入浴施設について書いたんで、今回もお風呂について。

Photo_20240502103301 
西伊豆の露天風呂
川を渡ってかけ流しの露天へ

 

子供の頃からの事だけど、銭湯や温泉は大好きだ。
よく漁から帰ってきた親父の銭湯に付いていったなぁ~(親父はイヤだったらしいけど)。
島旅もほとんど温泉とセットだね。
島に行って近くで温泉入れないと、なんか忘れ物した気分だよ。
一泊の伊豆とかでも、ほぼほぼ温泉に行ってる気がする。

M0026435
関門海峡


大好きな鹿児島離島の時を例に挙げてみると、
自分はシリンダーや沢山の荷物積んで、2日前に出発するわけ。
だからカーフェリー使う場合、神戸からならまずは有馬温泉でしょう!
金の湯、銀の湯は太閤さんもハマった湯。
噂に違わぬ名湯で、「こりゃみんなも入った方がいいよ」。
さんふらわぁで鹿児島なら大阪南港から。
コチラも近くで日帰り銭湯ありました。
さすが大阪、安い!食事もできる施設で旅の疲れをしっかり癒せる入浴施設。

 

Photo_20240502103401
指宿

九州に着いてからも、もちろん朝からやってる温泉があるし、
吹上温泉、指宿温泉、枕崎温泉、喜入、、それこそコッチはきりがない。
ひとっ風呂、積み込み、そして、ひとっ風呂。
不思議と暑い夏の季節も入りたくなる。
島に行ったらもちろん、宿での夕食前に入浴。島での温泉は外せないでしょ。
本土では経験することのできない秘湯です。
楽しいダイビングも終えて島から戻ったら、器材を洗いさっそく温泉。
ツアーのメインを終えた後の、このタイミングが一番リラックスできる。
なんか鹿児島って、港の近くには必ず温泉あるの?
まぁこの辺のアンテナは、自分でも相当に感度いいと思う。

Ayako32
フェリーで宴会

こんな感じで、まさに体が乾く暇がない。
もしかして、温泉とか別にって人にしたら、「ええ加減せい」って感じなのかな?
この様に、一回の鹿児島遠征で相当回数にいろんな温泉に入る。
帰りはお客さんを鹿児島空港に送り、ゆっくりコレまた陸送で帰路につく。
そうそう、宮崎港のフェリー乗り場近くにも、
さんふらわぁの志布志港の近くにも温泉があるんだよね。
出発前にひとっ風呂。この頃には日焼けで背中がむず痒いんだわ。

 

追伸
さてさて、今頃八丈島はどうかな?

 

2024年5月 2日 (木)

パッキング

Img_20240502_124945

めずらしく荷物が多くなってしまった、八丈島行きの荷物。

ダイビング器材はフェリーのチッキに預けるとして、それ以外にも色々あるからねぇ。

工具、カメラ類、チェア、バーナー類、マット、ポンチョ、お土産、ボトルetc、、

自分が持ってる一番大きいリュック。

容量45リットルなんだけど、ポケットがいっぱいついてるから容量以上に感じる。

コレだとほとんど何でも飲み込む。

なわけで、「あ、コレも入れとこう」が可能になり、結果やたら大荷物に。

そうだ、朝飯も買っておかないと。

東海汽船はレストランがあるけど、申し訳ないけど「はぁ?」て感じだからねぇ。

 

Img_20240502_133500
島旅のお供の読書
絞り込みました。

朝には島です。

なんか最近、八丈島がテレビで取り上げられる事が多いような、、

 

混んでたらいやだなぁ。

明日の朝には八丈!

お天気3日間ともにいいみたい。

Img_20230504_174444
八丈の芋

2024年5月 1日 (水)

島旅のお土産

7月の島旅で『また買ってこなきゃ』と思ってる。

○7/12金)夜~15月) 日本海冠島⇒昨年の冠島の様子

○7/26金)~28日) 硫黄島ダイブクルーズ

 

Img_20230717_091140
若狭道の駅の蕎麦!

 

Img_20230817_191024
鹿児島と宮崎の県境の産直で買ったひや汁!

 

 

 

追伸

明日からは伊豆諸島の八丈島。

なんか天気も海況もいいみた~い♪

2024年4月10日 (水)

魅惑の鹿児島離島・薩南の海

【魅惑の鹿児島離島薩南の海7月硫黄島・モデルスケジュール

7/26金)  6:25 羽田発
       8:05 鹿児島空港着
         ・先乗りしているスタッフが空港ピックアップします。
         ・専用車で枕崎へ(1h40)
         ・途中スーパーで買いだし(島にはコンビニもスーパーもありません)
         ・湧き水ポイントあり

Img_7198

     10:30 枕崎港にてチャーターボート乗船
         ・立神岩を右手、左に開門岳
     12:00 竹島にてダイブ

         ・1年分のキンギョハナダイとオヤビッチャ
         ・硫黄島港入港 休憩
     14:00 硫黄島周辺は豪快なドロップオフの地形
     16:00 港から民宿へ
         ・島内温泉でゆっくり
     18:00 夕食 島料理を堪能               
                         ・夕食後は星空ウォッチング

P5240043
深紅の海

Iou_20240410104201
硫黄島

7/27土)    6:30 朝 食
       7:30 出 港
       8:30 硫黄島周辺にてダイブ
         ・圧巻の魚影をご期待下さい!
      12:00 入港してランチ 
         ・島と海、青空をバックのランチは最高♪
      13:00 黒島周辺にてダイブ 
         ・沖縄と伊豆をごちゃ混ぜにしたような生物層
      14:00 枕崎港へ
      15:30 枕崎帰港
         ・ホテルにて器材洗浄
         ・地元銭湯で入浴
      18:30 地元名店にて夕食
         ・鰹、黒豚、ツケアゲ、、、
         ・ログづけ

Dscn0197_20240410104201
群れ群れの海

Photo_20240410104302
奇岩


7/28日)    6:30 朝 食
         ・器材パッキング
       9:00 枕崎でお土産
         ・鰹節、薩摩酒造、、
      10:00 観光しながら空港へ
      12:00 ランチ
         ・黒豚ラーメン!?
      13:00 鹿児島空港着
         ・お土産など
      14:35 鹿児島発~羽田へ
      16:30 羽田空港着
         ・解散 お疲れさまでした! 
 

Photo_20240410104301  
薩摩酒造   

 

この夏、魅惑の海にご一緒しませんか? 
アサムラマリン 042-554-4419 
メールお問合せinfo@moguro.com    

     

より以前の記事一覧