島旅

2023年1月21日 (土)

ウミガメ100%の島

めっちゃ寒波だけど、季節は確実に春を迎えつつあるわけね。
だって熱海では梅が香り、早咲きの桜が8部咲きなんだから。
てなことで、少し先、いやもうすぐ来るだろうゴールデンウィークの話。

毎年5月の連休は八丈島!と決め打ち。
天気に恵まれると、それはもう暖かく、
[東京の楽園・亜熱帯気候の八丈島]は伊達じゃない。
あなたは知ってか知らずか、この時期の八丈島ってめっちゃ人気なんだぜ。
宿も取りにくいのもあるけど、レンタカーなんか2ヶ月前にうまっちゃうんだから。
海は透明度が良くって魚が豊富、固有種のユウゼンに始まり、
南方系から青物までてんやわんやだ。
ビーチもボートもポイントが豊富で、そしてどこもアーチをはじめ地形が楽しい。
なんと言ってもウミガメ遭遇率100%はマジ。
もはや八丈では、普通ってくらい沢山のカメに会えるときたら、
そりゃ人気なのも頷ける。

 

Nazunagi
もはや国内最強ビーチの誉高いナズマド。


そこのあなたも!お早いご予約が吉ですよ。
限定6名様なんだから。

ールデンウィークウミガメ100%八丈島
 5/3夜出~5/7日) 現地3泊4日 6ダイブ
⇒昨年のゴールデンウィーク八丈島

 

2023年1月13日 (金)

島好きなんで

Photo_20230113124302

紀伊大島参加者のお声
【38年のダイビングライフで、、】
   加須市 有居実さん50%

以前に串本にいったのが20年も前で、
記憶もほとんどゼロの状態だったので新鮮な気持ちで潜れると思いました。
鯵・イサキ等の群れが見事というより凄かったです。衝撃でした。
昨年館山でドチザメの群れを見たときも驚きでしたが、
事前の知識が無かった点で今回の方が衝撃度大でした。 

また観光でも古座川の一枚岩・虫食い岩・橋杭岩等の初めての景勝地にも行け、
熊野権現で初詣も出来、年始めのツアーとしては最高ですね。
トゥクトゥク(三輪タクシー)での送迎もよかったです。
紀伊大島のビーチは一度は潜るべき。
ビーチエントリーして直ぐあれほどの群れが観られる所は、
38年のダイビングライフで始めてです。


Photo_20230113124303
虫食岩

 

Photo_20230113131601
串本行ったら、くすもと秋刀魚寿司食べんと

 

【目が回るほどの、、、】
   青梅市 H.Sさん90%

行ったことが無かったので。島好きとしては楽しみに。
施設から海まではトゥクトゥクに乘ってアトラクションの様。
水深5~10mの鯵、イサキのすごい数の群れに囲まれて、
目が回るというか、酔ってしまいそうなくらい。
その群れに突っ込む、20匹ほどのカンパチやワラサの捕食シーンは、
水族館のショーの様でした。
温泉はもちろん、一枚岩、虫食い岩、橋杭岩など見ごたえ十分。
帰りは各地の秋刀魚寿司や柿の葉寿司など食べ比べが出来、
家に帰ってからも楽しめました。

 


紀伊大島の群れ

 



Photo_20230113124301
アトラクション

 

Kumano
熊野権現

 

Sainanntann
温泉

 

Photo_20230113131801
お部屋の鍵

 

追伸
Photo_20230113133801
2/5はキンメ祭り 空き1名あり


 

 

 

 

  

2023年1月10日 (火)

紀伊大島とは?

ほんまに紀伊大島良かったわぁ~♬。
時系列でそのわけを振り返ってみる。

紀伊大島は和歌山県南紀の串本町。
紀伊半島の一番南にあり、串本大橋でつながった島なんだよね。
ここに冬季限定のスーパーポイントあるのよ。
なにせ紀伊半島は大~きい。伊豆半島と比べるには申し訳ない位いの大きさだ。
だからお店を前日のよる九時に出発ぅ。

時間調整しながらのんびり走り、朝5時に串本町到着。
さっそく漁港で5時からやってる喫茶?に入る予定だったのが、まさかの営業前。がーーん。
気をとり直し、早朝営業の温泉へ!
ここがナイスだったなぁ。
良くお客さんと日帰り温泉について話すんだけど、
あるワガママなお客さんが、
『源泉掛け流しで、空いててぇ、雰囲気もあって、露天もついてるでしょ、
それでシャンプードライヤーの設備も良くって安い温泉がいい』 おいおい!
で、そんな所はなかなか無いから、どっちか偏るわけね。
源泉掛け流しでお湯はいい、けど施設はなく入浴のみとか、
サウナもロッカーもあるスーパー銭湯みたいなかね。
そころが!それは南紀にあった!!!

いい温泉だ。しかも早朝6時からやってる(800円)。
お湯は強アルカリ泉でお肌ちゅるちゅる。
出来たばかりっぽくて、施設が超きれいで整ってる。
そしてここの露天が素晴らしい。太平洋がすぐ目の前で、朝日望めるじゃん。
いや~気持ち良かった。
こちとらロングドライブでフクラハギ張ってたのが一気に回復。

 


海の様子

 

なんか着いて早々の温泉だけで、随分長くなってしまったので、
今日の所は入った温泉の話しだけにしよう。
素晴らしいダイビングと、かわいい施設(廃校の小学校)は次回に。
ダイビング後にも町内の温泉に行きました。
サンゴの湯ってネーミングが微妙だけど、ここもいい湯(500円)。
塩化物ナトリウム泉はピリッとして、芯まで温まる。ほぼ地元のおじい様達と一緒だった。
こんな町中に(串本駅近い)、いい湯があるなんてうらやましいよ。

 

Photo_20230110121801
古座川沿いの温泉

そして翌日も、、あっと、宿泊したお宿も良かったし、それに観光もすばらしい。
また気が向いたらご報告。
翌日は古座川沿いの、月の瀬温泉へ。
ここは名前が頷ける。静かな川沿いの温泉。
宿泊施設もあるので、前日の入浴のみのサンゴ湯とは違い施設も充実(700円)。
なんかジビエ料理や、天然鮎を前面に出してたから食べてみたい。

 

Photo_20230110115302
熊野速玉大社

こんな感じで、お決まりの、ダイビング→地元食→温泉→夕飯の繰り返し。
最終日も朝食を6時にしてもらい、観光しながら帰路へ。
せっかくなので熊野速玉大社に参拝。
朝日に照らされる大鳥居と、まだ参拝客のいない境内は、
吐く息さえ清められるようでした。おすすめです。

 

Photo_20230110115301
廃校になった小学校がダイビング施設。
老朽化の為、来月引っ越しだそうだ。


さて、ダイビングの話を全くしてないけど、海が素晴らしかったのよ。
観光も温泉も、食も充実。それで冬季限定のこの群っぷりをあんたにも見せたい!
平日なら前日夜出の一泊で、十分二日ともダイビングできるので、
急きょいかがかなと。。。

 

Photo_20230110122101
群れっぷり

 

Photo_20230110121701
支払いは500バーツ?

 

Photo_20230110122001
クマノミも

 

 

2023年1月 9日 (月)

二泊三日の紀伊大島

すげー良かった!
直ぐにあなたに声かけて、一泊で良いから急きょ行きたい!見せたい!

Photo_20230109191501
お昼は秋刀魚寿司

 

海がめちゃめちゃいい。安心して潜れる水深にとんでもない群れだった。
冬限定のポイントだから、はよ行かな!
温泉も気持ちよく、宿のごはんもおいしい。
観光もナイスビューから有難い権現さんまで。

 

Photo_20230109191601
橋杭岩

 

Photo_20230109191502
世界遺産 熊野権現

 

いや~それにしても、あの群れはすごかった
取り急ぎ報告まで
水中画像などは後日

2022年11月15日 (火)

鹿児島からもどった。

鹿児島遠征から戻りました。
3日間とも晴れで、11月中旬とは思えない陽気。
船上で水をかぶっても平気だったし、
フルスーツで太陽の下では暑いくらい。
用意したスープやホットドリンクはなんだったんだ。。。

Photo_20221115105901
神戸発のカーフェリー

 

Photo_20221115110101
夜景も楽しみつつ

 

Photo_20221115110001
宝塚SAにて

 

Arima
有馬温泉の後は、



今回はお休みとれる方々だったので、行き帰りともにフェリー組と往路フェリー、復路エアー組とで。
結論言えば、時間さえとれればフェリーが楽ですね。
神戸までは陸路、そこから九州まではゆっくりカーフェリー。
新艇だから船内どこもきれいで快適だし、車でのSA巡りも楽しいよ。


さてダイビングの方は、のんびりメンバーさんだったこともあり4ダイブ。
初日は坊津、2日目は久多島。
風が強い日もあったけど、そこは薩南の強み、場所を選べばベリーナイスなポイントが腐るほどある。
この自由さがいいのよ。

一本目、坊ノ岬西側(水温24#透明度15m)
二本目、千貫瀬(水温25度、透明度20m)
三本目、久多島(水温23度、透明度12m~)
四本目、久多島

Pb141433
坊津

Pb141435
千貫瀬

初日は枕崎から出船。坊の岬を周りこむとべた凪。
『これは千貫瀬か!』、とも思ったけど釣り船がいたので、目星をつけてポイント選び。
自分の鼻がいいのか、それとも坊津一帯がそうなのか、まぁココって決めたとこがいいポイントだ。
入ってすぐに魚が多いなって思ったけど、石鯛がうじゃうじゃいるのよ。
アラもそこかしこに、コンニチハだ。
移動するとタカサゴリバー。根頭に移動し安全停止してるとマダラドビエイ三匹が近くでホバーリング。
最後は50匹ほどのカンパチ軍団。
坊津沿岸のポイントでコレだから沖は期待しちゃう。

釣り船も居なくなったので秋目沖の沈み瀬“千貫瀬”へ。
ここの魚影もド級なポイントですよぉ。
ただ、釣り船いたり、荒れてたり、潮が速すぎたりでなかなか入れない。
でもこの日はいい案配。
千貫瀬にしては魚少な目だったけど、それでもやっぱすげー。
岩肌のイボヤギとキンギョハナダイが映える。
磯マグロが3本いて、タカサゴ達が右往左往。
水温も少し上がって25度くらい。透明度もよかった。
それにしてもいい凪だ。明日も楽しみ。

 

Pb141434
野間池漁港

 

Pb141436
久多島

翌日は野間池まで船を回してもらい、風裏の久多島へ
あんまりにも凪ぎで、午後から風が吹く予報が信じられない。
こんなに静かなら枕崎からでもよかったかもと。
野間池出て、先ずは大瀬を行こうか迷ったけど、潜りやすい久多島へ。
結果として風が吹いて来て、大瀬は行けなかった。(一本目に行けばよかった、)
この日は久多島二本。久多島にしては魚が少なめ。
いつものキビナゴシャワーがどこえやら。だからなのかカンパチとかも。
それでもハガツオの群れや定番の魚たちはたくさんいました。
その後、船で休憩してると数頭のイルカが近くにやってくる。
この子たちのせいかも、魚食べちゃったとか。

Pb131431
お土産の一部

鹿児島の食、温泉、ダイビング、そしてSA買い物と満喫でした。

 

S_20221115113101
久多島

Photo_20221115113101
青空の中

入った温泉は、、、
 1湯目#有馬温泉
 2湯目#枕崎温泉
 3湯目#笠沙温泉
 4湯目#指宿温泉

今回も船をチャーターして自由に潜らせてもらった。
鹿児島の島々の、薩南のこの自由がイイ!
沖に出れなくても良いポイントがあり、
1時間半ほど走れば、竹島、硫黄島、黒島、
西に走れば宇治草垣、
南を目指せば、屋久島、トカラ列島。
なんて自由で贅沢なんだ。
タンクから水から、クーラーにビール。
全部持ち込んで、風を見て良さげな所を潜るスタイル。

来年も5月から、この海域に再び。

 

 

 

 

2022年10月14日 (金)

島への快適アクセス

【橘丸が小さく感じた】

7月8月の鹿児島遠征は関西からカーフェリーで南九州へ。
10月の八丈島は東海汽船の橘丸で島へ。

昨年まではそんなに思わなかったんだけど、やっぱカーフェリーってでかいのね。
展望風呂があり、エントランスは吹き抜け、レストランに売店、
なんと言っても車でそのまま乗っかっていけるのがイイ。
だから今回橘丸が小さく感じたよ。

 

Feri
サンフラワー

 

とそんな話をしていたら、11月の鹿児島遠征は往復ともみんなでフェリーで行くことに。
荷物を送らなくていい上に、器材から手荷物まで車で一緒に運べる。
つまりお店からそのまま鹿児島まで行けるんだよね。
行は神戸から新造船の宮崎フェリーの予定。
フェリーの前に有馬温泉でも行こうかね、なんて話しだ。

自分は何度もフェリーで鹿児島出かけてるから思うけど、
圧倒的に楽、楽、楽なんだよね。
フェリーの快適ベッドでゆっくり休んで、体調万端で朝を迎えるから、
翌日からの活動がめっちゃやる気満々で迎えれる。
飛行機だと、羽田まで行くこととか、荷物の事とかねぇ。
だからデメリットと言えば、飛行機より時間がかかることくらいじゃないかな。



そんな訳で、快適な船旅での鹿児島遠征、どんな風になるか、楽しみ楽しみ。

 

追伸
10月の頭は好調だったらしい秋刀魚の水揚げ。
ここに来てどうもブレーキらしい。
目黒にもってかれたのかな?

 

 

 

 

2022年10月13日 (木)

new八丈島の感想

Photo_20221011162701
ナズマド

 

【これぞ島旅!】
99% 飯能市 男性S.Kさん

お天気の心配と急な仕事が入らないことを願い。
初めての八丈島なので、ぜひとも行きたい!!
これぞ島旅と言う自然と、伊豆の海とは違う透明度と生物、
そして温泉とワクワク感満載でした。食事も美味しかった~。
6ダイブ中、全部でウミガメに会えて、しかもそのウミガメは逃げない!
すごく近くで見ることが出来た。

 

【一人貸し切りの温泉】
100% 福生市 良井朗子さん

ほぼ100%ウミガメに会えるとのことだったので、ウミガメに会いたくて参加。
毎回複数ウミガメ!それも逃げることなくすぐそばで、
横から後ろから上から下から正面から、思う存分観察できました。
(&こんのさんの気持ちいいくらいの喰いっぷりにもびっくりでした(笑))
それと2日目に行った温泉は1人貸し切りで満喫。
海は暖かくてきれいで、生物もたくさん。ご飯は美味しい。リピート100%です。

 

【次はわげえさんに泊まりたいですね】
100% 羽村市 河野正樹さん

ひさびさに秋の八丈島。東海汽船の条件付きは少し心配。
天気は今一つでしたが、暖かい海とウミガメいっぱい、
そしてナズマドにも4本潜れました。
連休なのに船が空いていて、島も静かでしたね。
次回はわげえさんに泊まりたいですね。

 

Photo_20221013155501
海老汁とお刺身

 


『横から後ろから上から下から正面から、思う存分観察できました』


2022年10月11日 (火)

島から戻りました

Hatipaneru
カメさんの島、八丈島から戻ったよぉ。

 

10月の三連休。驚きの冷え込みと低気圧通過のスタートで、
ちょっとビビった八丈島だったけど、
気温も上がり、水温も高く、島についてみれば、
『八丈やっぱイイね。』って。

北東の強風ってことだけど、ナズマド、八重根、乙千代ヶ浜と問題なくダイビング。
水温26~27度、透明度20m。
初八丈島でカメさん好きの人がいたから、期待に応えて!

Hatijixyou
ユウゼン

 

Yosikame
カワユイ亀さん

 

お昼は美味しいお刺身に濃厚イセエビ汁、夜は宿で満腹。
そして温泉でまったり。
あ~、また行てぇ~。

 


カメさんいっぱいでした。

2022年10月 7日 (金)

人気島旅の途中経過

『あなたの選ぶ島旅3つ教えてください』
のご回答ありがとうございます。まだまだアンケート投票を行っておりますので、
回答未だのあなた!是非ごご協力くださいな。


途中経過で集計数が少ないですが、ここまでの人気順位は?
かなり接戦で、まんべんなくと言うか、票が割れてますね。

 

3位

P8260098
白い砂浜からのビーチも素敵なあの島

 

2位

Photo_20221007114001
3月のフリージア祭りの写真

 

Pc190318_20221007114101
通称のどちんこホールのある島

 

Ooshima_milksenbei

やっぱココのお土産は牛乳煎餅

 

そして現在のところの
1位は

Tg563893
星空と言えばここ

 

その他僅差で

D01s
木場立神岩

 

P7160143_20221007114701
日本海の、、

 

以上途中経過でした。

 

 

追伸
さて、今日の夜から八丈島。
向こうは暖かいみたい。今日との寒暖差がスゴイ

2022年10月 3日 (月)

教えてください! あなたはどれでしょうか?

あなたはもう読んでくれたかな?
2023年のドキわく島旅スケジュールを。
まだだったら是非ご覧くださいな。

そして、一つお願いがある。
その2023年ドキわく島旅のリストから、
あなたの選ぶ、ベスト島旅3つを教えて欲しいのよ。
選考基準は特にありません。
あなた自身が「これ良いなぁ~」と思う島旅を3つ。
例えば『自分は初心者だから、まだこれ行けないかもだけど3つ』でもいい。
『この時期忙しいんだけど、、この3つが楽しそう』とか、
もちろん『今年は絶対この3つは行く』でもいいし(うれしい)、
『経済的事情を鑑み、現実的にこの3つ』でもいいし、
『夢は1位〇〇、2位〇〇、3位〇〇』などなど。

それでは今一度2023年ドキわく島旅一覧 をご覧になり、
メールで教えてくださいませ。
ご協力よろしくお願いいたします。

さって、今回の人気1位はどの島旅かな?

 

 

 

M0011969
 島へ

 

Img_0139a
癒されに

 

より以前の記事一覧