« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »

2024年1月

2024年1月31日 (水)

うららかな季節にぴったりの・・・

気温が激しく上下してるけど、こうやって暖かい季節に向かって行くんでしょうね。
朝晩はまだまだ冷え込む毎日だけど、確実に春に向かってます。
そんなうららかな季節にぴったりのアイテム、
さわやかなロングTシャツのご紹介ぃーーーー
プレゼントもあるよ!?

 

2月20日 ご注文締め切り!!

 

2_20240131131201
182cm XL バイオレット

今の時期は重ね着のインナーとして、
暖かい日には少しオーバーサイズでアウターにするもよし🎵
袖口リブ(1.6インチ)は弾力もあり、コーディのアクセントにもなります。
生地は定番の5.6oz。「よれない・透けない・長持ちする」のハイクオリティーな1枚
首元もWステッチで、長年愛用しても型崩れしない仕様。

Photo_20240131132206
アクセントにもなる袖口リブ

2_20240131131401
169cm Sサイズ パープル

らしく新色のさわやかな色をチョイスしました。
また、定番カラーもイイですね。
手を伸ばしやすい価格帯ですので、
ぜひ複数枚を、サイズ違いでゲットをお勧めします。

 

           
 Photo_20240131132101Photo_20240131132102Photo_20240131132204
     パープル          アシッドブルー     ネイビー

 

  Photo_20240131132203  Photo_20240131132002  Photo_20240131132201      
     スミ              ミルキーライム       エメラルド

 

    Photo_20240131132001  Photo_20240131132202   Photo_20240131132205
     スモーキーグリーン         アッシュ        バイオレット

 さわやかなオリジナルロンT
・生 地:COT100 5.6ozハイクオリティー
・カラー:全9色(パープル.アシッドブルー.ネイビー.スミ.ライム.エメラルド.スモーキ.アッシュ.バイオレット)
・サイズ:ⅩS~XXL 6サイズ
・ロ ゴ:左胸ワンポイント (シルバーfish、アッシュのみBK)
・価 格:税別@4200円 2枚SET@3800円 3枚SET@3400円 
さらに!:3枚以上ご注文の方には、さらにスーツハンガープレゼント

   3_20240123192301
  Tシャツの型崩れ防止にもなるウエットハンガー

 

 ぜひ!ご注文お待ちしております。
 色、サイズ、枚数を、メール またはお電話にてご連絡ください。 

 

朝から晩まで島では海パン

ウエットスーツの下に何履くの?

これからの話はメンズに向けて。
わかりやすく言えば“海パン”の話って事かな。
正直自分はウエットの下に履く、海パン難民だったかも。
今までどれもシックリこないで60点くらい。
ルーズだとウエット着る時にめくれ上がるし(あれ嫌だよね)、
キツいと自分の場合、股間とか、太股が痛がゆくなる。
そんな訳で、必要最小限の時間しか水着は履かなくなる。
「それで良いんじゃないの?」とあなたは思う?
イヤイヤだめなのよ。
日帰りで考えても、結構な時間水着を着用するよ。
自分は朝起きて家を出るときから海パン履いてくから。
着いたら直ぐスーツ着れるしね。
二泊三日とか、島旅ダイビングとかになるともっとだ。
最終日は観光とかだから、その時に海パン履くこと無いけど、
初日の移動日ももちろん、二日目なんか朝から晩まで履いてるよね。
なんだったら、下着なんていらないくらい(寝るときしか)水着履いてる。

 

そんな訳で、あなたにとって、この海パン、水着?インナー?もうどっちでも良いけど、
この存在はどうなのかわからないが、自分にとっては相当重要で、
これによってウエットの着心地まで左右されるのよってこだわりの mono。
ではどんなインナーが良いのか?(フりちんの上に直接履くとして)
 ①薄いけど透けない
 ②ピッタリしてるけど締め付けず、めくれ上がらない
 ③直ぐ乾く
 ④ずっと履いてられる
①~③は分かると思うけど、自分的には④も大事。
履いたまま運転したり、移動したり、これが苦にならないのは大きい。

 

 

Photo_20240130174901
なんの変哲もないパンツだけど、、


で、で、話が長くなったけど、そんなインナーに出会ったかも。
最近入手したインナーが、今のところ上の①~④に見合ってるのよぉ。
それどころか、何だったら泊まりの海とかの場合、もう下着持たないで、
その分このインナー多めに持って行った方が良いんじゃない?ってくらいに感じてる。
つまり着心地いいのよ。いや~快適です。
こう言うのって、素材とか、カッティングの話だから、
見た目はナンの変哲もないんで、自分も履くまで分からなかったんだけどね。
でも良いです。オススメですよ。 特にメンズでロクハンの人
まさに『YOU,ウエットの一番下に何履く?これでしょ!』

 


追伸
しかもお安い、二千円くらい。ありがたい。
三着まとめ買いしましたよ。
サイズはM.L.XL。自分はMでちょうどです。
興味がある方はお声かけください。自分の履いてるの見せますよ。
もちろん新品をね。

 

2024年1月30日 (火)

冬こその新商品です。

“ウエイトベルト”

冬の伊豆は魅力的すぎるけど、寒い意外にも問題がある。
ドライを着れば当然寒いのは解決できるが、
『ウエイトが、、重くて、、』
これよく聞く話だよね。
そんな訳で、多くの人が(特に女性かな?)、
何とかならないものかと思ってるウエイトについて、
新商品交えお話を展開。


ドライの場合、ウエイトを軽くすると→浮く→ドライにエアー入れれない→寒い。
となるので、やはり保温の観点からもある程度のウエイトが必要になる。
「なんだ、ウエイト減らないのね」と声が聞こえそうだけど、
同じウエイト量でも軽く感じるとしたら?どう?
何でもそうだけど、バランスがいいと重さは軽減するんだよね。
そのためには、
 ウエイトを分散させる
 ウエイトを体の中心に近づける
①は前のブログでも話したけど、
ウエイトベストやタンクベルト用ポケットで分散する事だってわかるけど、
んじゃ②の、体の中心に近づける、これなんだ?
これは端的に言うと、ウエイトベルトはきっちり巻くと言うこと。
『え?それだけ?』と思ったでしょ。
でも、たったこれだけで全然ちゃうのよ。
ほら、重たい荷物を屈んで持つ時って、なるべく体にくっつけるでしょ。
腕を伸ばして体からはなして荷物を持つ、
なんて愚行はやらなくてもシンドいのはわかる。
だから腰に巻くウエイトベルトも、
ゆるゆるだとダイビング中もエキジットの時も重くて重くて。


ではどうやってピッタリ巻くか?
陸上でどんなにぴっちり巻いたところで、
潜ればスーツは圧縮されるからベルトはゆるゆる。
それでもお腹をヘっこめて、気合いで巻く?
いやいや、それにも限界有るし、だいたいそれだと苦しいよね。
そこで、解決策の新商品が《ラバー製ウエイトベルト》

 

P1261846
素晴らしく伸びる

実は最近使って感動したもんでね、こりゃ紹介しないとって。
これが素晴らしく伸びます。
だから水の中でもゆるまない。ピッタリフィット。
そして全く苦しくない。むしろ腰が気持ちいい。
ゆるまないって素晴らしいよぉ。軽く感じるから。
さらにバックルの形状がいいのよ。
今あなたの使ってるウエイトベルトのバックルと違う形。
これが使いやすくって、片手で簡単に調整できる。
付けるのも外すのも、超楽勝。
さらにさらに、水を吸わないので、直ぐ乾く。
だから後かたづけも楽ちん。

 

Photo_20240131152302
バックルもイイね

モニター用を用意しようと思うので、
百聞は一見、百見は一使、ってことで使ってみると良さがわかるかもね。
もちろんベルトには今のポケットを付けることもできます。

 

追伸
伸びの良いソフトタイプとすこし硬いハードタイプあり。
Photo_20240131152301
下:ハードタイプ


次回はインナーの新商品の紹介。

能登半島珠洲はすごい

奥能登の銘酒蔵。始動しました!!!!!

Img_20230331_183255

ナズマドから小島

何度見てもわくわくする画像だ。

Pic0000ed_20240130062201

2024年1月29日 (月)

昨日は、能登半島から届いた、、、

昨日は『能登の旬を食し、能登を応援しよう』ってことで、
金沢港の上島商店さんから、素晴らしい寒鰤を送ってもらいました。
丁寧な梱包、氷もキチッと入り、活〆された寒鰤はきれいでまるまるとし魚体。
いつもありがとうございます。
この日、自分たちだけでなく、港にいるみんなを笑顔にした姿を見せたいほどです。
特に山口船長は上機嫌。大トロの部分の腹身を皮付きでお裾分け。
捌いてるときに山口さんに味見してもらうと、
『ん~ん、いいブリだ。やっぱり違いますね』
『食べないでも見てるだけできれいで、いい脂なのがわかる』
熱海の漁師も納得の寒鰤でございます。

 

Photo_20240129124601 
昨日の寒ブリ

さてさて、鰤をいただくのはダイビングの後。
この日の水中は透明度は15m、水温16~17度。
ちなみに自分はロクハン、フルフェイスでまったく寒くない。
ウミウシが増えてきたね。あちらこちらに。
それとタテジマキンチャクダイの成魚がまた同じ場所にいた。
柄もきれいで元気よく、水温が劇下がりしなければいいけど。
やたらミノカサゴが目に付く。

 

Photo_20240129124701

そうそう、日本一の早咲き何じゃない?あたみ桜。
8分咲きかな、糸川沿い春爛漫!
帰りだと混むので、朝港着の前に見てきたけど、
この時期は川津より先に、あたみ桜ですな。

 

“能登を食す!!能登を応援しょう”
海ご飯のメニュー

・寒鰤刺身→脂がのってるのにナンボでも入る
・あら汁→旨!!青物特有のほのかな酸味がたまらん
・ブリカツ甘酢だれ→サクサクふわふわ、じゅぅー
・漬け丼(のり、ゴマ、貝割れ大根)→言葉がない

《参加者のコメント》
A.Iさん『今年スーパーで鰤買うの止めようかな。この鰤で最後で、、』
山口船長『この鰤で一週間楽しめる』
河野さん『能登の応援参加。刺身、ブリカツ、漬け丼、、腹いっぱい堪能』

 

追伸1
このあと船長と押し問答
、お金払う、いらない、いやこんないい鰤高いんだから、いやいつもお世話になってるから、
いやそれとコレは別だから、、、、と断るのが大変だった。
よそのダイバーにもあら汁お裾分け、船の若い衆には鰤丼もお裾分け、
みんなニコニコの一日だった。
春にでも、旨い魚食べに能登金沢ツアー組もうかな?

 

P1261843

追伸2
ラバーベルト素晴らしいです。
ずれない、楽に装着、
水中でゆるまないのに苦しくない。

2024年1月27日 (土)

もう元に戻るのは無理

『贅沢品は日常品になる』。これ聞いたことがない?
便利だなぁ~とか、高級だなぁ~と思っても、
数回使い、
みんなが頻繁に使うようになると、
もはやそれは日常となり、後戻りできないってやつだね。
日本で電子レンジない家の方が少数派だと思うけど、
ちょっと前にはなかったもんね。
もうレンジのない生活は無理。
そういえばダイビング屋の車も、昔は軒並みハイエースバンだったもんなぁ~。
バン=商用車、ベンチシートの板バネのあれ。
25万キロとか序の口だったもん。
よくあの乗り心地で、伊豆の渋滞走ったものだよね。
いまは広々大きなグランドキャビン。
もうベンチシートでヘッドレストもない車には戻れない。
そのうちもっと快適なシートの車が出たら、
今度はそれが日常品になるんだろうなぁ。

 

Mk3_20240127152901
ダイビングではそう言うの有るかな?
あるある。ほんの数十年前までは快適なドライってのがなかったから。
動きにくさと、寒さをトレードオフにかけ、
動きにくく苦しいけど、寒いの嫌だからって人だけがドライを着てた。
その当時の感覚のまんまの人が居たら、今のドライスーツ着たら驚くだろうね。
着心地ぜんぜん違うもん。もう冬にウエットなんて無理でしょ。
あとダイビングコンピューターね。
まだまだ全機種がフルカラーとは行かないけど、
結構なメーカーからフルカラーが出てきた。
今後もこの傾向はますます加速すると思う。
なんでって、圧倒的に見やすい=安全だもん。
一度フルカラータイプのコンピューター使ったら、
もう元には戻れない。見やすさが全然違うから。

 

Photo_20240127152901
ガラケーからスマートホンの流れが一気にきたiphonと言うブレークスルー商品。
そう言う意味ではダイビング器材の進みって、加速的でなくのんびりだ。
素材や形が微妙に違っても、フィンもマスクも、レギもスーツも、
根本的には大きく違わない。
やっぱネット関連機材が、一番大きく変われる性質なんだろうね。
つまり、カメラやダイビングコンピューターが進歩しやすいかな。

個人的には、スーツが一番進歩して欲しいけどね。
もっともっと快適に、もっともっと動きやすく暖かく。
もっともっとウエイトが少なく。
そうなると、
『昔は冬にウエイト9キロとか付けてたんだよ』

「マジーーー!むり無理ぃー。もう戻れな~い。」ってなるよね。

 

 

P1261842
追伸
明日は能登天然寒鰤!!
石川から到着しました。
能登を応援しよう!!

 

この島に行きたい!

一昨年の八丈島のアルバム見てたら、早く行きたくなってきた。

Img_20221010_083029_20240127061901

2024年1月26日 (金)

ウエイトが軽く感じる

 

P1261843
ラバーベルト

ピッタリ巻ける、まったくズレない、だから軽く感じる。
直ぐ乾く、て言うか水吸わない。
バックルが使いやすい。
そんなラバー製ウエイトベルト。

 

P1261846
伸びてぴったりフィット

2024年1月24日 (水)

島旅のPOP

Gw

まだ先ではありますが、だからこそ!
クイズが気になるね。。。

2024年1月23日 (火)

そうだ忘れてた。今日は何んの日?

1月23日は伊豆山の日。忘れてたよ~
12月3日もだね。来年からこの日は伊豆山に潜らなくっちゃ。
ん?今年の12/3はってぇと、、、火曜だ。

Dsc02798
先代船長の島さんの采配の元、
水揚げのお手伝いをさせてもらっているところ。
伊豆山真弓丸
超~楽しかったなぁ~

島旅で使える、今期の新商品展示会へ

Photo_20240123192101
東日本橋

 

都内まで、業者向けの展示会に行ってきました。
みんな大好きSTbagとか、新商品なんぞを見に。
色々あったけど、ヒットした物を早速紹介しとくね。

 

St
まずはSTbagの新作。“APトラペゾイド”6000円

サイズ感や形もいいのだけど、それより何より材質ってのかな?質感がいいいのよ。
画像ではわからないでしょうが、いわゆる定番の防水生地のターポリンではありません。
防水は防水生地なんだけど、外観はふつうのキャンパス生地に見える。
だから触り心地も冷たい感じが無く、落ち着いた色味。
でもちゃんと防水生地なのよね。
サイズは6Lで、ちょっとお出かけの身の回り品が全て入る感じ。
携帯、キー、ペットボトル、長財布、ハンカチ、折り畳み傘、、、
それにしてもネーミングのトラペゾイドって意味分からん?
色はオリーブ、オレンジ、ブラックの3色展開。

 

3_20240123192301
お次は“ウエットハンガー”。


こんな商品、有りそうで無かった・・・
あなたのお家にもきっと有るよね。針金ハンガーや木製ハンガー、薄いプラハンガー。
当然あれにウエットかけられ無いどころか、厚手のコートやセーターも無理。
ほら、肩が出っ張って元に戻らなくなる経験有るでしょ。
ところが!

2_20240123192301
プラハンガーにかぶせると

 

4
針金ハンガーにもかぶせよう


そんなプラハンガーや針金ハンガーがしっかりハンガーに早変わり。
上からかぶせるだけで、重量のあるウエットでもしっかりサポートするハンガーに早変わり。
家庭でもその他の衣類にもちろん使えるから、便利この上ない。
かなりシッカリしてますよ。
そして、値段がたったの900円!(ブラウン、カーキ、スカイ)

5_20240123192401
肩もしっかりのハンガーに早変わり

 

他にも他にもこんなのが、、

 

Photo_20240123192902
そしてピンク好きにはたまらないフロート
目の覚めるようなピンク

 

Photo_20240123192904
リリーフバルブ付き。
オーラルでも、レギからエアーでも

 

Photo_20240123192903
と思ってみてたら、可愛いフロート発見
こんなフロートなら毎回上げたくなる。

 

 

2024年1月21日 (日)

北風の強い伊豆半島

北風ピープーの昨日は、風裏のポイント福浦へ。
案の定に海はべた凪。なんだけど、チョイうねり有り。
例によって一番バッターなので誰もいない。
1本潜り終わって休憩中に続々と車がやってきて、
その数、ハイエース10台!!
こりゃいかん!とっばかりにみんなが潜る前に二本目も開始。
やたらと早いダイビングで10:30には器材洗い終わってたよ。

Photo_20240121114501
ムラサキハナギンチャク

透明度10~12m、水温17度。
カミソリウオ三兄弟、イロカエルアンコウ(3センチ)、
スミゾメミノウミウシ産卵中、ムレハタタテ、ネコザメ卵

海ご飯はクリームシチューとトースト。冷えた体に染み渡るおいしさ。
知ってた?ホットサンドクッカーで食パン焼くと、
外カリカリ、中もちもちなんだよ~。5枚切りがジャスト。やってみて。

Photo_20240121114502
猫フード、、誰?

追伸1
サーフポンチョ最高!!
福浦だと外シャワーのため大活躍。自分的にはタオルいらない。
シャワー浴びたら水着の上に直ぐ羽織って、そのまま体も頭もふけます。
水着はポンチョにくるんでそのままお持ち帰り。
昨夜洗濯したけど、部屋干しで朝には楽勝乾いてる


追伸2
来週は能登から天然寒鰤が届きます!
能登の漁師さんが命がけで穫った魚。
若干空き有り。

 

 

 

 

2024年1月19日 (金)

コレ暖かくって直ぐ乾いて、、

コレって、暖かくって直ぐ乾くし、、

Photo_20240119124201
新商品のサーフポンチョ。
用途としては、海から上がってシャワー浴びた後に、濡れた上に直ぐに羽織る、マイクロファイバー製のポンチョ。
これ着ればタオルいらずだ。
中に下着を入れる内ポケットもあるので、
なんだったらメンズなら更衣室行かなくてもこのまま着替えられる。
フリース生地は暖かく直ぐ乾くし、ふわふわだけど圧縮して小さくたためるのもgood。


ほら、ウエットスーツの時に、外にシャワーの施設とかだと、
スーツ脱いでシャワー浴びた後が寒い時もあるでしょ。
そんな時は特に大活躍。
サッと羽織れば暖かい上に、水を吸ってくれるので着替えるのが楽ちん

今のところカラーデザインは3パターン。
無地のオリーブ、濃紺地のリーフ、そしてハワイアン。
価格は@6300円。一つあるととっても便利。

 

 

P1191830
リーフ

 

P1191827
オリーブ

 

Photo_20240119161301
ハワイアン

 

P1191829
外にもポッケ

 

肌触りがほんとに気持ちよくて、家でも風呂上りに着用したくなる。
良かったらご注文お声かけください。

 

能登やさしや土までも

能登半島の旬だよ!!!!!!

P1191832

空きあり。ふるってご参加を!!

 

2024年1月18日 (木)

楽しいサービスエリア

高速道路のSA,PAの進化ってのは近年凄まじい物がある。
ちょっと前までは、トイレは汚く、タバコの吸い殻まみれ、
食べ物なんかも、不味い・高いが当たり前だったと思う。
ところが今、トイレにはエアコンが施され、
食べ物は町のレストラン顔負けのショップが軒をつなれ、
地元限定のお土産や食べ物が当たり前のように買える。
今までは目的地に行くまでの単なる休憩地でしかなかったのが、
SA.PAに行くことが一つの目的、というドライバーが居るほどに進化。
あまりにもスペースに力を入れているので、
『こりゃ高速利用者だけではもったいないんじゃない?』てことで、
ハイウェイオアシスや、ふらっとパークなど、
一般道利用者も利用できるようになっている所も増えてきた。
なんたって温泉やアンテナショップ、遊園地まで併設してるところがあるんだから。


自分は一般的に言って、SA.PAのヘビーユーザーなんだと思う。
ほぼ毎週末どころか、平日も日帰り1泊と伊豆には出かけるし、
この前も南紀まで車利用で行ったところだ。
年に数回は鹿児島まで遠征することもある。
トイレ休憩以外にも、食事、お土産探し、なんとなくふらふら、
長距離なら仮眠と、とにかくよく使うし、箇所も多いので飽きることがない。

でも、意外に同じ所に停まっちゃう事が多いんだよね。
たまには違うところに、と思っても、だいたい疲れる時間は同じだから、
無理に頑張って走ったりすればしんどいし、
さっき停まったばかりなのに、またすぐに停まるのも時間がもったいなくて。
しかし、たまに違うPA.SAに停まるとそれはそれで新鮮な感覚。

 

Photo_20240118144401
完熟バナナクリームパン

たとえば先日、幕張PAに寄ってみた。
いつも房総に行くときはアクアライン使うからまず寄らない。
京葉から千葉に向かって、穴川ICの手前の幕張PAだから、下りPAってことかな?
コレがきれいでねぇ。規模的には小さいんだけど、
渋滞がよく発生する箇所だからか、トイレの数も多いし当然きれい。
食べ物屋さんも地元を意識した海鮮など豊富でそそるお品書き。
ただ時間が早かったので、まだオープン前がほとんどだけど、
そこには、産直野菜やカフェ、パン屋もあり、
スペース的には昨今のSA程の規模ではないが、
むしろこのくらいのエリアの方が、まんべんなく見ることができていい。
よく見ると、『あ、コレ試食したい』ってものが。
“佐藤商店のバナナを使ったクリームパン”と“ピーナッツクリームパン”。
どちらも『お早めにお召し上がり下さい』の文言。
価格は300~360円でクリームパンとしては少し高め設定だが、気になる!
次回はトライしてみよう。

Photo_20240118150201
とろけるピーナッツクリームパン

2024年1月11日 (木)

急きょ決まったのは、、

急きょだけど、2月に二本の島旅を増設。
良かったらご参加くださいな。

2/7水)~9金)再び紀伊大島ど平日⇒動画はコチラを
  あの爆群れは是非とも見てほしい。温泉も宿もgood🎵

2/11日)~12祝) 伊豆半島一泊二日
  透明度の良いこの季節にまったり二日間♨

 

今日入荷の商品たち↓↓

 

P1111820
超広視野のフレームレスマスク!
ご依頼の曇り止めフィルムの加工です。

 

P1111821
出た――――!ディーセントG1
ガーミンのダイビングコンピューター最新モデル。
誰の注文だ!!?

 

P1111822
ヤベー!間違えて2個頼んでもーたーやん。
と思ったらディスプレー品が入ってたよ。
いや~びっくりしたよ。
ディスプレーなのに柴テンションアゲアゲ
G1はスマートウォッチとしても上位機種。
フルカラーでなく、トランスミッター接続はありませんが、
それでも圧倒的なバッテリータイムでアウトドアユーザーに人気の機種。
しかも、ガーミンにしてはコスパがよろしい。

 

そして最上位機種ディーセントMK3iを最初に注文するのは誰!?




 

2024年1月 9日 (火)

年始の島旅は紀伊大島から

一月連休で紀伊大島へ。

 

本州最南端の串本町の須江は、くしもと大橋で本州とつながっているので、車で楽々アクセス。

冬季限定のポイントには、数千、いや万?ほどの鰺の群れが密集。

いや~見応えあります!見惚れました。

透明度良い海中を自在に姿を変える“群れ”と言う生き物、

温泉においしい宿の手料理、橋杭岩など景勝に熊野宮参拝と、相変わらず南紀を満喫。

冬に一度の遠征だけど、一度だけにするには惜しいね。

 

参加者のお声

【さすが本州最南端】
100% 藤本敬子さん

昨年の映像を見て、あの群はボートだとばっかり思っていたら、なんと!サーフエントリー。

エントリーして間もなく、アジアジアジ、群れ群れ群れ。

二本目も三本目も必ず居てくれる。

それにさすが本州最南端。ハタタテダイ、ツノダシが優雅。

チョウチョウウオもミツボシも大小さまざま。

サーフで十分と思っていましたが、ボートはボートで楽しめる。

ピカチュウ4個体も見つけました。

宿は優しいご夫婦が作る、優しいご飯。土鍋の炊き込みご飯が炊き立てでした。

温泉にも入って満足満足。今年もよろしくお願いします。

 

Img_20230109_075032
熊野宮

 

【約半年ぶりの海は、、】
80% 飯能市 S.Kさん

約半年ぶりのダイビングでうまく潜れるか心配でした。

めったにいけない所なのと、久々なのとでテンション爆上がりです。

鯵の大群が今までダイビングしてきた中で最大規模で圧倒されました。

天気も全部晴れ。温泉や宿の美味しい食事も最高です。

 

【次から次へ、、】
50% 有居 実さん

昨年参加したときに見た群れに驚かされ、また見たくなりました。

群れのすごさは期待通りでした。

とにかく鯵をはじめ、いろいろな魚の群れが次から次へと現れる。

シャッター切るのが大変で、もういいかなと思ってもついついパシリ。

ビーチエントリーであれだけの群れに会えるところはそうそうないと思うので、

季節限定ですが手軽に群れを満喫したい人にはお勧めです。

次回は年末の潜り納を検討します。

⇒動画はコチラを

2024年1月 3日 (水)

スタートの海は、、

2024年潜り初めは、1/2あたみでした。
お天気は曇りスタートで次第に雨混じり。
ここ数年どころか、十年以上潜り初めの雨の記憶がない。
それでも羽村と違い熱海は幾分暖か。
道も空いていたので時間も早く、船の上でセッティングしながらのご来光。

Photo_20240103114301
海へお神酒

1本目は双大根丘側EN~とび根。
船の上から根頭丸見えで気持ちいい。
初めて飛び根を潜ったゲストが、
『ねぇねぇ、あそこ何?すごい楽しいんだけど』
たしかにたしかに。
自分も初めて飛び根行ったときゃ、透明度良いときで感動したもんなぁ~。
どんどん濃くなるブルー。
深場の砂地にポツンと現れる根には、ハナダイに覆われたソフトコーラル。
この水深からも綺麗に見える水面。
グランブルーの世界。

Photo_20240103114401
一人さみしそうなミツボシ

二本目はミズナギ。砂地には幻の根(たぶん誰も知らない)。
でもカジメが無くなり、生物少なかったなぁ。
岸側に少し移動すると、穴の近くにやっぱりいつものカメ君がいました。
透明度20m、水温17度、気温10度、東風。

海ご飯はたっぷりお汁とオニギリ。
デザートはお客さん持ってきてくれた、寒川神社の八福餅。
ありがたや~。
良い潜り初めでした。

 

追伸
元旦に能登で地震が発生。
金沢の実家の住まい地区は、断水や停電の影響もなく無事が確認できた。

2024年1月 1日 (月)

もう昨年の話だけど、、

あけまして おめでとうございます。
本年もどうぞよろしく お願いいたします。

Photo_20240101130601

2023年の潜り納めは、12/30~31の一泊で伊豆山&熱海のダイビング。
両日ともgoodなコンディションと言いたいところだけど、
お天気は二日目はあいにく雨模様。大晦日の雨は30年ぶりなんだって。
それでも透明度は上々。絶対に迷子にならないくらい見えてる水中で、水温は17度。

初日の伊豆山ではアオウミガメ遭遇。なんだかカメ増えてる?
ダイビングのあとは定番のモツ汁、イカ焼き、おにぎり。
ほんのり甘い白味噌のモツ汁が体に染みるぅ~。
この日の宿泊は沼津のホテル。のんびり観光しながら向かいます。
お年賀のお菓子を石舟庵で購入後、オラッチェへ。家族連れが沢山きてたね。
函南の温泉では富士山見える露天風呂でほっこり。
チェックしたホテルは、夜の9時までウエルカムドリンクでアルコールも飲み放題。
ワイン、焼酎、カクテル、ウィスキー、日本酒とよりどりみどり。
おまけにつまみも持ち込みOKで、電子レンジまで。
道の駅でお寿司買ってココで飲むのも有りかも。

二日目は熱海。マリちゃんインストラクターも合流して潜り納め。
今年一年も山口船長には色々お世話になりました。
〆にふさわしい2ダイブ。と思ったら最後の最後にちょっとしたアクシデント。
まぁご愛敬で、厄落としかな。
この日の海ご飯は大晦日にふさわしく、年越しうどん。温まりました。
ケーキ買って?帰路についたとさ。


是非1月に潜りはじめしましょう!


追伸
話題のフレームレスマスク。モニターした人はやっぱ好評ですね。
装着しやすい、視野広い、軽い。フィットいい。

« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »