« 水中撮影 | トップページ | 伊豆大島の感想 »

2023年6月12日 (月)

大島が近いわけ

伊豆大島

大島っていうと、『どこの?』ってなることあるんだよね。
日本には大島はイッパイあって、住んでる地域によって違うわけです。
紀伊大島とか、、、あれ?、他はどこだ?、、
まぁ島がいくつもある地域の人にしたら、
その中の一番大きいのを、大島と呼ぶことが多いって事ね。
今回の大島は伊豆諸島の大島。
昔はよく伊豆七島と言ったけど、実際7島以上あるわけで、こりゃ失礼だってことで、
伊豆諸島となり、最近では[東京諸島]なんて呼称もあるみたい。

“東京諸島、11の東京宝島”と言うポスターが大島の岡田港に貼ってあった。
こちらは、大島、利島、新島、式根島、神津島、三宅島、
そして御蔵島、八丈島、青ヶ島、父島、母島、の11島。
どの島も東京都の村か町に所属(東京ってお金持ちだ)。

 

 

Photo_20230612143601
パワー充電

 

そんな(どんな?)大島に行ってきました。
民宿の親父さんに『二年開いたか?』と言われて、見てみたら1年半ぶりの来島。
今回も熱海発着の高速船を利用。
早い、速い。熱海から45分で大島着(この日は伊東経由で1時間)。
なんか早すぎて島に来た感がないほど。
でもやっぱり島だった(当たり前か、)。
広大な太平洋に、利島や新島がすぐ近くに見え、
温泉があって、海が綺麗で魚がたくさん居て、
『ああぁ、島(伊豆諸島の)だな ぁ』って。

 

Photo_20230612143602
とても美味しい!!!!

大島おすすめだよぉ。こんなに近くで1泊でも楽しめるんだから。
『もっと回数企画しよう』と思ったね。
いつもの伊豆に行くみたいに、朝お店を出発。
熱海から9時のジェット船にのると、10時に大島着。
その日は2本ダイビング。ソフトクリーム食べて、温泉入って晩ご飯。
あぁ、ここのソフトはピカイチですぞ。
翌日は朝食前に1ダイブ。朝チャージでご飯お代わりして、午前にもう一本。
器材を洗ったら、ゆっくり観光の時間もある。
帰りの船は16:30だから、島時間をまだまだ楽しめる。
ちなみに今回は、朝食後に2ダイブして、
その後再び温泉、そしてソフトも2個目(マジ美味しい)。
出発までは港でお土産みたり出来る。
この辺はさすが大島ですね。
他の伊豆諸島より、港の周りが観光客うけするお店がイッパイ。

 

Photo_20230612143701
ひさびさに見た!水中でコマネチする人


なんか大島の行き方書いてたら、今回のこと書きそびれたよ。
画像を色々ご覧下さいね。後でアップします。
要は『近いけど海きれいで、やっぱ島だなぁ~とめいっぱい感じられ、
ソフトがピカ一な、もちろん温泉もある大島です』
こりゃ平日1泊、9月の土日1泊を追加するかな。
気軽に島を味わえて、到着日も帰る日も潜れるから。

 

追伸
Photo_20230612143901
熱海はジャカランダの季節です。

Photo_20230621154301   Photo_20230620190201

« 水中撮影 | トップページ | 伊豆大島の感想 »

島旅」カテゴリの記事