« ○○のある人 | トップページ | 伊豆半島のよりみち »

2023年5月15日 (月)

海ごはんの話し

料理人ってスゴイよなぁ~と思った


海でいただくから、海ごはん。
ダイビングの後、海でいただくお昼ごはん。
まぁなに食べても美味しいのかもしれないけど、
できれば体に良くって味も良し、ってのが理想だよね。
コンビニ弁当やカップめん、幕の内弁当とかもたまにはいいかもしれないけど、
健康的かと言うと、微妙なところですな(しかも非日常でないし)。
個人的には、海からあがって、お汁におにぎり、
あとは刺身でもあれば言うことなし!と言うのが好み。

めちゃめちゃ暑い季節やお日柄は別として、
冷えた体にお汁が染み渡るのよぉ~(暑い日は冷たい麺がいいねぇ)。

 

Img_8750
で、さっそく昨日のメニューは、
 ・ブリのあら汁
 ・小松菜まぜご飯
 ・香の物
 ・ヨーグルト+リンゴジャム
いやいや旨かった♪
簡単な証明だけど、あの大きな鍋にナミナミ作ったあら汁が、
きれいさっぱり無くなりましたから。
しかも、この日の海は、ウネウネ。
そう、波があって気持ち悪くなってしまう人がいたにも関わらず、
『お腹いっぱいだけど、まだ食べたくなる』との声。


でもちょっと待てよ、けっこうあら汁作るけど、
コレが毎回味が違うんだよね。
素人が作ってるって言っちゃえばそれまでだけど、
味噌も違うし、一番はあら汁のネタが毎回違うからだと思う。
例え魚が同じでも、身質は毎回違うから。
でもでも、魚も野菜も味噌も、みんな毎回同じ物を使ったとしても、
とうてい同じ味を作る自信はございません。
昨日はめっちゃ旨まかったけど、
日によっては『なんかパンチ無いな』ってことは良くあるもん。

 

こんな話を思い出す。
むかし、伊豆山のまさお船長に(料理、包丁がめちゃめちゃ達者)、
『わじまさん、あっしが思うにはね。
脱サラしてちょっと修行しただけで、そば屋の暖簾出すのが信じらんないんだよね。』
と船長が言うので、
「あ、あ、麺とか難しそうですもんね」と自分が言うと、
『いやそうじゃなくってね、麺はいまいろんな製麺屋が技術がスゴイから、
仕入れるなりなんなり出きると思うけど、
かえしは無理だよ。むり、
アレを毎回同じに納得いく物お客に出すのは、相当じゃないとできない』
『ソウダも、アゴも、みんな毎回違うんだから、
煮出す時間だけでなく、気温とかもあるし、、、』

美味しいだけでなく、プロは自分がなっとく(その時点で)行くものを、
毎回同じに提供できるんだから、恐れ入ったの鬼子母神!!さすが。


しかし、まさお船長からはいろんな為になること教わったよなぁ~(身になってないけど)。

タコ壷漁とか、アンコウの吊し切りとかもやらせてもらったし、
タコの美味しい茹で方とか、ヤドカリの食べ方とか、
メジナの生息場所における味の違いや、
伊勢エビがタコ見ると腰抜かす話とか、、、
楽しかったなぁ~。
話聞いた後には、サザエご飯出してくれた。


昨日のあら汁は、港に来ていた他のダイバーにもふるまったところ、
「もう少しあるけど、お代わりする?」
『いいんですか!?いただきます。』と。


脂ののった鰤のアラだっただけに、デザートのヨーグルトが素晴らしく爽やかだった。

 

 

Photo_20230515104801
かわいい鮫!!!

 


ウネリの為、浅場はうねうねで濁り、
下はきれいですが、雨の天気で少々暗め

 

« ○○のある人 | トップページ | 伊豆半島のよりみち »

日帰り〇〇半島へ」カテゴリの記事