« 能登半島の幻想風景 | トップページ | ポケットから南の島の想いで »

2022年4月14日 (木)

レディに年を聞くなんて、しかも八つも多く読んでもーた。

レディに年を聞くなんて、しかも八つも多く読んでもーた。

 

Photo_20220414141901
やわらかい日差しの早朝ダイブ

昨日一昨日と、平日の大瀬崎に一泊で行ってきた。
初夏のような陽気の大瀬崎。
桜は終わったけど、駿河湾に望む富士はくっきり。
そして、浜のダイバーはと言うと、
我々以外はもう一組見受けるくらい。なんだか贅沢この上ない。
透明度は湾内で8m、外海で10mあるかなぁって感じ。水温17度。

Img_20220412_063511-2
駒門PAでの富士

 

Photo_20220414141801
水中からの雲

 

Photo_20220414141902
ビール瓶が住処のミジンベニハゼ

 

ひたすらダイビングに集中した二日間。
つっても、まったりのんびりの1日3本。
ガラガラなこともあり、コチラの人数も少ないので時間もたっぷりだ。
初日はダイビングの後に戸田の温泉にひとっぷろ。
こちらもガラガラ。女湯は『私一人だけなんですけど』だそうです。

 

Img_20220412_145549
戸田温泉

 

Img_20220412_142022
戸田道の駅のソフト
大変おいしいです


いつもお世話になるサンライズ大瀬は家族経営。
お姉さんに、『おばあさんはもう百すぐですか?』と尋ねると、
笑いながら「まだ若いんですよぉ、92なんで、、」って。
『ありゃ失礼しました!若い女性の年間違えちゃって』
自分が20代の頃からお世話になるサンライズの高野さんご一家。
相変わらずお美しいお姉さんと、かわいいお婆ちゃんに癒されましたわ。

 


今はエキジットのギリギリまで楽しもう!

 

Img_20220413_135909
帰りの道の駅でパチリ
何でカッパ?

« 能登半島の幻想風景 | トップページ | ポケットから南の島の想いで »

日帰り〇〇半島へ」カテゴリの記事

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ