« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »

2022年2月

2022年2月28日 (月)

能登半島から山を越え、伊豆半島へやって来たのは、、

Photo_20220228115501
冬の王者の風格

 

昨日は能登天然寒鰤の日。
晴天で透明度良いダイビングのあとには、
金沢港より直送された、10キロの寒鰤を船長含め9名で完食。
鰤の腹もパンパン、僕らのお腹もパンパンで大満足。

当日は西南西爆風でしたが、熱海のダイビングには全く問題なし。
若干浮遊物は増えたかな?って感じはするけど、
15~20mほどの透視度はあり、晴天のため素晴らしく明るい水中を堪能。
1ダイブ後の休憩時間中は、寒ブリ解体ショー。
毎年やってるからわかるけど、今年のが一番重かったよ。
捌きながら、『ぜーたくな話しだなぁ』とつくづく。
ありがたい冬の王者に敬意を表し、
鰓とハラワタ以外は全て使わせていただきました。


2ダイブ目も風は収まらず、て言うか強くなってね?
まぁそれでも水面だけで、風向きも悪くないので海中は至って穏やか。
エントリーのあと、風に流されないように潜降ロープまで行けばあとは安心。
ちょっと慌ててか、お高いライトを落としてしまった人がいたけど、、、。

 

Image0_20220228113401
漬け丼

 

さぁ、お待ちかね、
『おのおのがたぁ~寒ブリ祭りじゃ』
あら汁に始まり、塩焼き、刺身、漬け丼ともうたまんねっす!!
さすがに素人料理といえど、ネタが旬の一級品だけに、「これ旨すぎるからぁ」。
毎回やってるだけに、段取り含めだんだん上手になって来てる気がするよ。
個人的には炭火の塩焼きは最高だった。
次回はもっと贅沢に切って、大根下ろしと柚を持って行こう!
海鮮丼ももうね、船長からいただいた醤油に漬けて、
炊き立て飯に薬味と併せて、、、、まいう~。
山口船長も加わり、『やっぱ違いますね』と。

 


“”山越えて来る冬の王者、
こちら春なれど、海の漁師も味に震える”

 

Photo_20220228120401
透明度も良く、気持ちいいダイビング

 

【寒鰤フルコース】
  福生市 茂呂秀一さん100%

寒鰤dayは初の参加。
久しぶりのダイビング、そしてドライでうまく潜れるか心配でした。
寒鰤のフルコースを堪能させてもらいした。
また久しぶりで、改めてダイビングの難しさを知りました。
箱から出てきた寒鰤はとにかく立派でした。

 

【いやー!もうー!本当においしかったです】
   福生市女性 M.Mさん100%

昨日は楽しい海ありがとうございました😊
能登の海がシケているとのことで、
寒鰤が上がるか心配でしたが、10キロの寒鰤とご対面。
春の日差しのもと、あら汁から始まり、炭火焼き、厚切り刺身、
漬け丼、手作りジャムと贅沢にお腹いっぱいいただきました!!
いやー!もうー!本当においしかったです。楽しかったです。リピート率100%です♪
楽しい海を下準備からありがとうございました!

 

Photo_20220228120801
大きいのにお目目は小さいんだねって

 

【塩焼きがいいい!】
   日野市 藤本敬子さん100%


ブリのブリが見たくて参加しました。
食べ放題の刺身だけでは飽和状態になってしまうので、
塩焼きが入るのがとても良かったです。
皮がカリカリになるくらいの焼くのもよし、刺身を半生に焼くのもよし。
もちろん、定番のあら汁は外せません。(柴ちゃんが仕込んだくまちゃん型大根がキュート💛)
ブリ好きにはたまらない企画ですね。
それほどブリ好きでない私でも、十二分に堪能しました。
次こそは、ブリのブリを見たい。そして、焼きシャブする。青山園の柚子胡椒で。

 

【食べ過ぎてしまって】
   羽村市男性 K.Iさん90%

以前参加して鰤を色々と楽しめたので参加しました。
鰤の刺身やあら汁も美味しかったのですが、
炭火で焼く塩焼きが新鮮でした。自分好みで焼けるのが良いですね。
塩焼きを食べすぎてしまいました。

 

 

追伸
3/13日)に急きょ南房総入りました。あと3名

2022年2月26日 (土)

薬用

今期(3月以降)の新製品で、まだ入荷が遅れてて入ってきてはいないけど、
その前身に当たるBCが届いた。
こちらは一昨年前からカタログ外としてあったモデル。
何が従来のBCと違うのか?
・『南の島に行くときにどうぞ』飛行機手荷物を軽くしたい
       コンパクトに収納できて軽い。
       ウエイトベルトもいらない。
・『冬場ドライだと動きにくい人どうぞ』腕周りが軽快、着脱も楽々
       肩ベルトだけ別サイズとか、ウエストだけ別サイズを選べジャストに。
       多彩なウエイト収納で、ウエイトを分散出来る。

まぁ百聞は一見にしかずって事で、お店にあるから是非見にいらしてね。
特に女性は『楽ぅ!』って思うんじゃないかな?

 

P2261061
腕回りが楽
(冷蔵庫が邪魔だね)

 

P2251055
そして、このバックに全部収まります。
わかる?BCがだよ。

 

P2251056
こんなにコンパクトに

 

P2251057
こんな感じで、

 

P2251058
簡単に組み立てOK

 

 

追伸1
わかる人はわかると思うけど、
先日の網代に行った日、潜るときに久々に薬用〇〇を使ってみた。
それも泡10倍って書いてある奴。
もうねぇ、ダイビング中ずっっっとスーツの中が温泉だった。『こりゃヤバい』

 

 

追伸2
今届きました!!!!!!
寒鰤。でけぇ、、、

2022年2月24日 (木)

網代は最高峰の施設かも?

2月23日は網代ボートダイブ。
うん、伊豆最高峰の施設かもってくらい快適だった。
しかも貸し切り。贅沢ですね~、
風よけ付きのボートも、温泉ジャグジーも、器材乾燥室も貸し切り。
海も透明度バッチリ。
1本目キッテ根、二本目カジカケ。水温15度、透明度25m。
クダゴンベのつがい、ネコザメ妊娠中、ヒラメなどなど、
透明度の良い中、ダイナミックな地形を堪能。

 

 

Photo_20220224124301
このボート、冬は最高

 

Photo_20220224124302
かけ流しの温泉ジャグジー。カルシウムナトリウム塩化物泉

 

Photo_20220224124401
走行中も寒くない

 

 


ミノカサゴを撮影中

 

Photo_20220224124501
ネコザメ

 

 


水きれいです。

 

ゲストさんから、『またここに着たい!気に入りました。』

 

Photo_20220224172901
ごはんを食べている間に、器材はこの乾燥室でカラカラに。

2022年2月23日 (水)

ためして合点

P2211034
バンジーコードに

 

ダイビングの時に装着するコンピューター。
厚いグローブをした手では、なかなかストラップだと腕に巻きにくい。
ダイビング中に緩んできたりもするしね。
てことでバンジーコードに変更のご依頼。
切れることもないし、装着も2秒で緩みもなし。
見た目はチープになりますが、使い勝手は大変良い。

 

 

P2221038
噂のシェルドライのモニター

 

P2221040
モコモコ系のあったかインナーも一緒に来た

 

P2221043
シエルドライの内側も改良され、
滑りも良く大変着やすい。

 

P2221047
首を通すのも簡単

 

P2221048
ファスナーも一人で簡単に開け閉め

 

P2221050
ちょいサイズが小さいのを差し引いて、
めちゃめちゃ動きやすい!!
これは驚きカモ。あんなに分厚いインナーなのに。

 

P2221049
後ろもスッキリ
背中が今までのドライと比較して、
不安になるほど違和感がない。
『忘れ物した?』ってくらい何にも抵抗がない。

 

 

P2221052
ポケットも標準装備

 

いや~動きやすいね。自分のサイズが欲しくなる。
今のところ考えられるデメリットは、
薄~いインナーでは潜れません。
生地自体には保温力は一切ないので、そこはインナーで調節。


 

2022年2月22日 (火)

まいう~な魅力

O0800045013594615326_20220222162901
鵜!!!!

 

一つ二つ前のブログに載せた、南房総シャークスクランブル。
『動画みましたよ!水中に鳥!?透明度もハンパないですね』、
『サメとエイ、Feedingしてるんでしょうか?凄いですね!』
『あんな鵜が潜るところが目の前でみれるなんて、行きたいですね』
などなど、感想およせいただき、ありがとね。
でも、鵜は渡り鳥なので冬季限定なんだよねぇ。
昨年も、4月に行ったら旅立ったあとだったし、
まぁ、それ以外のサメ、エイ、クエ、ヒゲダイ、コブダイ、もろもろはいつもいるけどね。

反則技のような水中世界。あなたもいかが?
4月23日に予定してるけど、鵜が居なくなる前にと思い、3月にも行こうかと、、、

 

さて、海ご飯の話しなんだけど、
『やっぱ具だくさん汁好きだな~』って。
特にこの寒い時期だとなおさら思うよ。
磨きをかけるため、お店でいろいろ試食したりする分けよ、
その試作が説明無用にうまい!!
金目のあら汁、鰤のあら汁、鰯のつみれ汁、、、
最後に残ったお汁で雑炊。もちろんハバノリと葱を入れてね。
室内で食べて旨いんだから、そりゃ海で食べたらたまらんよ。

P2211035
もみ海苔

P2211036
この海苔が旨いのよ


あと『ほっとサンド旨いわぁ~』
これもお店で試食会。つってもただ昼に食べたいだけって話もあるけど、、
たぶん世界で一番ホットサンド焼いてるインストラクターじゃないかなぁ?
間違いないでしょ。(あら汁だと銅メダルくらいか?)
こんなに焼いてると、自分的ほっとサンド定義みたいなのが出来てくる。
 ①凝った具を入れない
 ②調味料もなるべくシンプルに
 ③スィーツまで
 ④洗い物簡単な物に

①凝った具を入れない
最初は楽しくてね、ついつい色んな物を入れちゃうのよ。
ハンバーグ、つくね、餃子、スパゲティ、焼おにぎり、キンピラ、、、
でもね、そのまま食べて旨いものって、別に挟まなくってもいいのよ。
なんだったら、おいしいお肉のハンバーグにおいしいソースかけて、
それをパンと一緒に食べれば。
ほっとサンドにするのはもっと普通の具で、
『あれだけしか挟んでないのに、こんなに美味しいの』いたいなのが良い。
冷蔵庫にある普通の食材が、こんなにホットになる。
②調味料
挟む具以上に無限にあるよね。中華、ブラジル、インド、ロシア、、
色んな国の味風になる調味料が、今やいっぱい売ってる。
迷宮に入り込む事になりそうなので、ここはシンプルに行きたい。
変わった調味料、スパイスはなるべく使わないようにして、
出来る限り数を抑えるようにしたい。
これ持論だけど、「制約をつける方が工夫が生まれる」のよ。
お店では、ケチャップ、マヨ、胡椒、お多福ソース、タバスコ、このくらいかな。
③スィーツ
『もうお腹いっぱい、無理』って言うじゃな~い。
でも、食べれる。やっぱり別腹よ、甘い物は。
そんなわけで、シバの作ったジャムがたくさん冷凍庫にある。
ゴールデンオレンジ、りんご、鬼柚、、胡椒やチーズなんか加えて焼くと、、
おいおい、高級なお店の味がするぞ・・・
④簡単あと片づけ
「ホットサンドクッカーは片面ミニフライパンとしても使える」
とか言うじゃない。確かにそうだけど、汁とかこぼれてそのあと大変。
フレンチトースト、焼おにぎり、ひつまぶし、包まない餃子、、
色々やってみたけど、、結論言うと、めんどくさい、特にあと片づけが。
これじゃ出番が億劫になるよ。
やっぱ、簡単すぐ出来る、片づけまで楽ちん(ペーパーで一拭き)、
そいで旨い!てのがホットサンドの魅力だと。

 

P2171029

追記
先日もお店でホットサンド食べてたときの会話
『どう?この餡バター、ヤバくない?』
「はふはふ」「あつッーーーー」「おいひぃ、、」
『家でも簡単に作れるから、みんな持てばいいのにね』
てことで、今まで何個かホットサンドクッカー販売しましたが、
コロナ禍のアウトドアブーム、お家めしブームで入手が困難になってたのよ。
やっと入りそうな兆しが、、、
クッカー、バーナー、耐熱マットのセットがいいかな?

 

2022年2月21日 (月)

新商品テスト

P2211033
今日のお昼は新作のホットサンドの試食会。

 

いろいろな具と調味料の組み合わせで様々なバリエーションが。

2022年2月20日 (日)

サメサメサメのち、エイエイ、


楽しそうだね。

 

 

 


安全停止中まで楽しめる

 

外国からのお客さんもいらしてた。
アメリカンな女性は、船の上からテンション爆上がりで、
『アメージング』と連呼してた。
ワールドワイドな海なのね。

 

これは反則ですよね。日帰り房総半島

昨日は久々に南房総シャークスクランブル。
朝は氷点下で驚いたけど、みるみる気温が上がり10度越え。
やっぱ菜の花咲く、南房総だよ。


海の中は、なんだか反則的な海中風景。
サメにまみれ、エイにまみれ、安全停止中は季節限定の海鳥まで!。
無条件に楽しい、まるでアトラクションの様な海中。
行ったことのない方は一回は行くことをお勧めしますよ。
大好きな方は何度もどうぞ。
今回の参加者は大好きなようです。

 

 


何度も何度も鵜が潜ぅってきた

 

 

U
鵜とYOSHI

 

Photo_20220220113702
鵜とFUJI

 

 


サメに夢中

 

 

Photo_20220220113701
この日はピンクの美人船長さん

 

追記
鵜は渡り鳥なので見れるの期間限定。
3月が最後のようです。

2022年2月18日 (金)

空きありです

M0021736_20220218161301
寒鰤様

 

27日(土)の寒鰤祭りに空席出ました。⇒27は日曜でした。
大きな寒鰤を、少ない人数で食べるのは忍びない。
是非お声かけください。
どなたかいませんかーーー?

 

Img_20200209_073127_20220218161601
天然能登寒鰤は県指定のこのブルーの発砲で届きます。
本物ってことで。
刺身、あら汁、ブリカツ、鰤海鮮丼、、、
食べきれない程、なんだよね。
2/27土)です。⇒日曜の間違え

 

2022年2月17日 (木)

新商品

Img_20220217_071444
ついに出たー!
チョコ好き、柿の種好きにはたまんないね。

 

 

Img_20220207_183416
お客さんのベルトを交換してたら、
自分も変えたくなったので

2022年2月16日 (水)

これいいんな~

ドライスーツで潜りだすと、
あの凍てつく冷たさの水が恋しくなる。
ほとんど変態だね。
でも、いつでも氷点下の海や、
日本海のダンゴシーズンに快適に潜れるように準備しないとね。

P2151021
てことで史上最強のインナーを試してみる。
ふわふわで寝袋に入っているよう。


P2151020
室内だとはっきり言って、暑い

 

P2151022
完全にドライ専用に開発されただけあって、
随所に工夫がされてる。

 

P2151027
着ぶくれでドライ着るの大変かと思ったら、
滑りが良くて難なく着れる。
さすが、お高いだけあるな

 

P2151026
するする着れます。

 

P2151024 

 

 

P2151025
空気を抜いたところ
素晴らしく圧縮される。

 

P2151019
なんと!こんな小さくなる。
いわゆるモコモコつなぎ系のインナー群では、
もっともウエイトが少なくて良いと高評価。

 

6万ん越えだけど、何着も重ね着すること考えると、
これだけで良い、とにかく暖かい、洗濯機で洗える、
てなると、寒いの嫌な人はコレってたどり着く。

2022年2月15日 (火)

以上の事から言えるのは、、、

先日の大ウネリの日の熱海の潜水プロフィール。
この日はいつもの沈船でなく、ビタガ根に鎮座するもう一つ別のタグボートへ。
根から少し離れているのと、水深もそこそこあるかな。


その時のニャンコさんのプロフィールがこちら
  ↓↓↓

P2151002
潜水時間12分の時に29m地点

 

 

P2151004
この後が最大深度31.9m

ダイビングコンピューターの深度アラーム設定を30mにしていたのをすっかり忘れてた。
これ見たゲストさんが少々狼狽えてたね。
なんかヤバイ画面だもんね。

 

P2151005
17分には根の上に戻り、残圧118

 

 

P2151006
残圧100で浮上開始ですね。22分

 

 

P2151007
おっと浮上スピード気~つけてや。
なんかウエイトが軽くて大変だったみたいよ。

 

P2151008
安全停止開始

 

 

P2151009
安全停止完了です。残圧は90ほど

 


もう一人のキリンさんのプロフィール
  ↓↓↓

P2151010

P2151011
最大深度は31.4m 13分

 

 

P2151012
16分には根頭に移動

 

 

P2151014
浮上に注意!!

 

 

P2151015
19分で潜降ロープに戻り、浮上開始 残圧100

 

 

P2151016
安全停止スタート

 

 

P2151017
完了。水面到達時の残圧は77でした。

 

以上の事から言えるのは、この様にエアーに充分余裕を持って浮上します。
空気消費の多い人は、深かったり、移動距離が長いダイビングは止めましょう。

 

今週土曜は急きょ、ここに
 ↓↓↓
P1240045_20220215121501
シャークスクランブル


O0800045013594615326_20220215121601
この子も見れるかな?

 

 

 

 

 

2022年2月14日 (月)

魅惑のこの島の話

Dscn0455_20220214121601

2022年 ゴールデンウィークin 亜熱帯気候の八丈島
【いざ!東京都の楽園へ】おじゃりやれ~
5月2日(月)夜出~5月5日木) 

なんのかんのと言って、、やっぱ魚が多くって透明度もいい。
島の食材を使ったご飯が魅力的で、毎日違う温泉に入れ、
海と無人島に沈む夕映えを堪能した後は、ソフトクリーム?が待っている。
水中はどこもアーチにトンネルと変化に富み、
固有種のユウゼン、そしてカメが百発百中なんですけど。。。

今まで多くの人が、この身近な楽園をすっ飛ばし、
やれ沖縄、やれ海外と出かけ、そして戻ってきた。
その第一声は決まってこうだ、、
『やっぱり八丈島って、いいですね』


あなたも、あなたの住む東京にこんな楽園があることを、
なぜもっと早く知らなかったのかと、きっと後悔する。
“知らないって、心底もったいないことだ”


最初はこの人たちもそうだったけど、今や疑う余地もないほどその魅力を語る
 ↓↓↓

【初めて潜ったナズマド】
羽村市40代男性K.Iさん
★★★★★
最初に参加したbigツアーが八丈島。
その時の印象が非常に良かったのでまた参加しました。
ナズマドのユウゼンの群、イシガキフグ、レンテンヤッコにヒレナガカンパチ!
浮上直前までキホシスズメが群れていました。
宿の食事も美味しかったです。

 

Dscn0485_20220214121701
アカサバとトビ

 


【キンギョハナダイリバー】
青梅市女性H.Sさん
★★★★★
久々の八丈島。とても楽しみにしていました。
夜出の橘丸もとても快適で、
飛行機飛ぶかなぁ~の心配もなく良かったです。
ナズマドではユウゼン玉にテングダイ、
クマノミ団地にヒレナガカンパチ、お目目ウルウルのイシガキフグ。
一面オレンジのキンギョハナダイリバーも。
そう!船で移動中、イルカの群にも出会いましたよ!

 

Dscn0434
レインボーブリッジ通過


【○○は新しく快適】
羽村市 河野直美さん
★★★★
たっぷり3日間満喫。ナズマド4ダイブにイデサリ、乙千代ヶ浜も潜れて良かった。
やっぱ八丈島は地形がおもしろい!!
あと、宿がとても綺麗で快適でした。
橘丸も新しく快適でよく眠れました。
食事も最高に美味しかったです。

 

Dscn0503
島寿司

 

P5030040
乙千代ヶ浜


【船もいい】
羽村市 河野正樹さん
★★★★
透明度がいつもより良くなかったけど、
天気も良くてのんびり船旅出来て、
美味しい物が食べれて、ナズマドに5本潜れて楽しかった!
船で行くのも楽しいね。

 

Img_6943-2 
八丈と言えばソフト?!


【カメに会えなかったらどうしよう】
奥多摩町 原島美代子さん
★★★★
カメさんに必ず会える所と聞いて参加しました。
カメは好きなんです。ただし1度も見れなかったら、第一号だと言われてチョット不安。
島はとっても静かで、温泉も成分のため汗がでるほど暖まります。夕日もすてき。
透明度も抜群で、カメカメカメ。
泳いでる、寝てる、餌を食べてるなど色々見れました。
側で見ると甲羅が1m程あり迫力があった。

 

P5040057
もはやカメは普通

 

P5030064

【次回がこわい】
武蔵村山市 劒持次夫さん
★★★★★
亀、カメ、カメ、まずウミガメです。
ウエットで潜れた。昼飯がいつもこんなだと、次回がこわい、、

 

Img_6944
お腹いっぱい島寿司


【また次回も参加したい】
瑞穂町 清水利明さん
★ ★★★★
良かったまた次回も参加したい。
次回は提案もしてみたいと思った。
ウミガメが見れ、島が綺麗だった。
輪島さんの知り合いから戴いた、赤鯖の刺身、伊勢エビの味噌汁は一生忘れないでしょう。

 

P5050151
名物のアーチ


【銀座で5000円】
日野市 藤本敬子さん
★★★★★
すんばらしい!いつになく、すんばらしい。
亀の出現率が尋常じゃない!たったの2日で20カメ以上!
だんだん当たり前になってくる自分が怖い。
赤鯖の刺身&伊勢エビの味噌汁、銀座で食べたら五千円?!
濃厚なエビのみそ、コレステロールたまるー!
でも美味しい、ホンントおいしかった。

 

 

Tg530915
カツオ!!!

【非常にラッキー】
福生市 森田充史さん
★★★★★
初日、すごく良い天気。ナズマドも良い感じで凪ぎでラッキーだった。水も綺麗!
お昼ご飯もアカサバの刺身、伊勢エビの味噌汁と超ラッキーで又来たいですね。
カメさんもたくさん見れました。

 

Tg510830
快適な橘丸


ゴールデンウィークin 亜熱帯気候の八丈島
【いざ!東京都の楽園へ】
5月2日(月)夜出~5月5日(木) 
おススメです。

出来た!!

P2140999

スプリングストラップの取り付け完了。
頼まれてもいないのに、消えかかっていた名前をなぞっておきました。
また、フィンが脱ぎやすいようにポンチで穴あけも。
エキジットの時にフィンが脱ぎにくい理由として、
フィンのフットポケットとドライスーツのブーツとの透き間がないため、
真空のような感じになるわけですね。
ポンチ穴を開けることにより、脱ぐときにポケットに水が入り脱ぎやすくなるはず。
と、頼まれてもいないのに、ついでにやっといたよ。

 

P2141000
ポンチ穴あけ


作業ついでに、気になっていたヘリノックステーブルを加工しよう。
このテーブル、軽くてコンパクトに収納できて良いんだけど、
テーブルの上でバーナーなどを使うと、熱でダメになっちゃうのが問題。
まな板みたいな物を置こうか?
アルミ板で天板をこしらえようか?
色々考えたんだけど、コンパクトになる物を、わざわざ重くデカくするのもどうなの?
と考えて、シリコンマットを敷くことを思いついた。
大きさはテーブルの天板に合わせて切れば良いだけだし、
水にも熱にも強いから名案だ。

P2130980

P2140998
熱にも強い

 

入手して敷いてみると、
なんと、切る必要一切無しのシンデレラフィット!
まるで専用の物みたい。

飽食の時代に生きているからこそ、こんなけしからん事が頭をよぎる。

江戸期のころの農政において、飢饉への備えは大変重要なこと。
二宮翁夜話に次のことが記してあった。
村々で体の弱い者、老人、幼少など労働できない者を寺院にまとめ、次の物を与える、、
白米を水に多く入れ粥を炊き、塩を入れ日に四度一椀ずつ与える。
また時に、菜を少し混ぜ、味噌を入れ、うすい雑炊にしてあたえる。

ん~ん、菜っぱ雑炊食べたい!


穀物を貯蔵しておくのに稗(ひえ)にまさる物はない。
凶作の年は糠を取らず、稗一斗に小麦四、五升を入れ、
水車の石臼で引き、絹ぶるいにかけ、団子にして食べるが良い。
蓬の若葉を入れれば味がよい。凶作の食料にはこの方法が一番じゃ。

よもぎ団子食べたいなぁ~


どう思う?
凶作であって、満足に食べる物がなくてもこの工夫ですよ。
当時の人は耐え忍んでいただろうけど、
けしからん話だけど、なんかうまそうに感じる。
ファーストフードどころか、出来上がった食べ物自体がない時代。
普段だったらいかほどの調理の工夫があったんだろうなぁと、思いを馳せる。


手間を惜しんで旨いもの、良いものは出来ない、のだろうね。

来週は寒鰤祭りだ。食材を無駄にせず、骨の髄まで余すところなく頂こう。
ありがたやありがたや。

Img_20200208_104838_20220214114901
あと一人空きあり

 

バレンタインには、、

Img_20220212_195420 

金沢の姉から地酒が届いた。
能登宇出津の酒蔵の一つ、数馬酒造の竹葉。
能登米に能登麹で仕込んだ、こだわりの生原酒。
右は霊峰白山の萬歳楽、小堀酒造。

それにしても我が姉たちは、地酒や自家製味噌などなかなか乙な物を送ってくれる。
こっちからもなんか送ってあげようと思っても、なかなか乙な物がないんだよね。
まさか干物は違うし、金沢にお菓子も色々あるし、、、


そうそう、湘南ゴールド出始めましたよ。
西湘特産の柑橘。爽やかな春を告げるミカン。

 

2022年2月13日 (日)

今月まで

P2130976

今月に入ってフィンストラップの加工取り付けを4ペア行った。
これってなんかとっても簡単そうに見えるんだけど、
フィンの種類によってはかなり時間のかかる作業なんだよね。

 

P2130982
まず金具を外し

 

P2130983
ボスを大まかにカット

 

P2130984
続いて位置決めてマーク

 

P2130985
カット面を綺麗にする前に穴あける。
ここまでは室内で行い作業。
次のサンダーは削りかすが凄いので屋外にて

 

P2130987
こんな具合に綺麗にサンダーで削ります。
削る厚みはパーツを組み上げて、何度かに分けて確認しながら

 

P2130989

 

P2130990

 

P2130992
樹脂パーツも含め、非常に綺麗な仕上がりのパーツ。
なんか安物のフィンにつけるのは如何なものかと思わせるほどの完成度

 

 

P2130993
と、この様に時間と多少技術がいる取り付け加工。

 

P2130994
スプリングサイズが豊富なので、デカ足、小さい足もOK

今だけ『ブログをみた!』で工賃無料。
今だけ、絶対今だけ、、やってられんから。
『ハイ、付けてほしい人もういませんか。』
来月はもうやりませんので。

 

 

バックフロートタイプのBCには、、、

 

P2130975

P2130974
画像のようなBCを使ってるあなたに朗報です。
【非常に小さく邪魔にならない、BC用ウエイトポケット】

『ドライスーツの時に、もう少しウエイトベルトの集中を減らしたい』
『ウエイトVESTはなるべく使いたくないんだよなぁ』
『六半の時、もう少しウエイトを分散したい』
あなたがこんな風に考えてるなら、
このポケットは使えるよぉ~。


P2130964
とてもコンパクト



バックフロートの利点は腕周りが楽、無駄な物がないので泳ぎやすい。
だから前面に大きなポケットを付けるのは避けたいところ。
そこで!
腰回りは一切邪魔にならず、水の抵抗も極力抑えた非常にコンパクトなこのポケット。
実際昨年末から使ってるけど、かなり良いあんばい。

 

P2130973
取り付ける箇所はBCのスライダー金具のところに取り付ける。
この場所だと全く邪魔にならないし、
片側に2キロ収納しても、重さを感じないほど。

 


P2130968

P2130970
一見小さく見えるポケットだけど、2キロは楽勝で、頑張れば3キロいけた。
取り付ける箇所は、先ほど話したように、
BCのウエストベルトのスラーダー金具のところ。
スライダー金具は、どのタイプでも取り付け可能。
ここだと腰のDリングもそのまま使えるしね。

 

P2130971
赤い小さなリリースノブを引くと、簡単にリリース可能。

 

 

P2130967
このスライダー部分に簡単に取り付けられる


P2130972 
非常に使えます!!
『あと1~2キロ欲しいなぁ、でも腰に巻きたくない』
『ウエットスーツの時、ベルト無しで潜りたい』
などなど、活躍の場は多数ある。1セットあると大変便利でした。

 

2022年2月12日 (土)

今日の伊豆は、、、けっこう、、、

『昨日は静かになって来た』という情報を聞いて、いざ海へ。
が、何故かうねりが結構ある。
場所を変更して、熱海なら大丈夫だろうと潜ってきた。
でも、熱海も結構ウネリでかいね。
しかも、時間と共にウネリは大きくなってきた、、、
まぁ、風はないので水面は平気だけど。
水色は相変わらずいいけど、なんせこのウネリで舞ってました。
落ち着けばまた綺麗になるでしょう。

 

Photo_20220212174901
一本目のエントリー前
猫を見つめるニワトリ。

 


フードをよく見てみよう、、、何かついてる

 

Photo_20220212174902
ダイビングの後は、美味しいコレ。
みなさん運動したからとペロリ。
デザートにパンもペロリ。

2022年2月10日 (木)

昨日は新商品の、、

昨日はメーカーの営業さんが新商品もってご来店。
見るのと聞くのじゃ大違いなのと、
実際に触ってみて、装着してさらに感動!のものもあった。

 

P2090941
軽くてフィット感抜群のこのBC

 

 

P2090947
なんと、あっという間にパーツに分解できる。
ショルダーベルト、ハーネス、ウエストベルト、ブラダー
各パーツがそれぞれS、M、Ⅼサイズあり、別々に購入できる。

 

P2090955
腕周りが超楽。

 ウエイトも色々な場所に取り付けられるので、
腰ウエイトの軽減にもなるし、もしかしたらウエイトベルトもいらない?

 

 

 

P2100961
新色の時計ベルトを付けてみた。

 

P2090959
イエロードット

 

BCは自分好みのサイズにカスタム出来るってことでなかなか良い。
今度モニター会やりたいと思ったよ。

 

2022年2月 9日 (水)

心温まる、海苔海苔

P2090934
海苔

 

お世話になっている、西伊豆町の田子の吉田さんから、
今年も岩ノリが届いた。ありがとうごぜーます。
貴重品ですよ。寒い中に海に入らないと採れないし、
採ったらゴミを取り除き、干す、そしてまた貝殻やごみを取る。
それでやっと出来上がる、手間暇かかる物。
どうして昔から、手間のかかる物って美味しいんだろう?
気持ちかね?

 

P2090933
定番の田子節とともに

 

P2090935

 

 

P2090936
ビン詰めにしよう

炙って、砕いて、瓶詰にしておくと、
岩海苔うどん、岩のり雑炊、岩のり雑煮、
ラーメン、味噌汁と、何に入れても香りが素晴らしい!

 

 

Img_20220207_133903
金目のキンメ

 

先日のお店での賄いはキンメのあら汁。
もちろん海苔入れた。うまかったなぁ~。
その時のキンメのキンメ。わかる?

 

2022年2月 7日 (月)

昨日のお声の一部です。

P2060926
まさに金目だ!

 

【水中のきれいな事】
  90% 飯能市男性 S.Kさん
コロナで中止になるかも、、とか心配。
1月海に行けなかったので1か月ぶりの海。
よかったです!!。金目美味しいですし、透明度30m。
とにかく水中が綺麗で気持ちいいこと。

 

【まさか雪がふるとは】
  100% 羽村市 河野正樹さん
今年も美味でした。やはり金目です。
まさか雪が降るとは思わなかったけど。
皆さんも是非、金目しゃぶしゃぶにチャレンジしてね。

 

【雑炊は芯まで、、】
  90% 入間市男性 H.Sさん
毎日寒いので、外での食事の寒さが気がかり。
金目をたくさん食べてみたいと思い参加。
大変おいしかったです。
刺身も良し、しゃぶしゃぶ更に良し、
〆の雑炊は、体の芯まで温まる絶品。
十分に堪能させていただきました。

 

Rebureza
リブリーザートレーニング

 

P2060927
そして今日のまかない

 

P2060930
きれいだなぁ~

 

 

追記
『ブログに載ってたスプリングつけたいです。』
とうれしいお声かけを頂きました!!

P2070931

 

P2070932
パーフェクトな取付加工。
フィット感も最高だけど、耐久性が凄い。
また水中でテグスなどにも絡まりづらいのよ。

 

 

 

 

 

 

 

2022年2月 6日 (日)

最高の透明度の日

映像では普通に見えるけど、むちゃくちゃ綺麗だった今日の海。
30m以上の透明度だと思う。またすぐに行きたい!!

 


テックチームと記念撮影

 

Kinnme
いつもより分厚く切ってみた。
金目しゃぶしゃぶ。一人一匹!!!

2022年2月 5日 (土)

良いメールが来た。

先ほど、熱海の山口船長からメールが来た。
  ↓↓↓

了解です!
透明度抜群ですよ\(^o^)/
水、青い!\(^o^)/

お、お、お、おー
明日海の方々、あんまり期待しすぎず、楽しみにね。

 

Img_20220204_075128
あなた今年豆まきってしたかい?

色いろいろ

P2040925

一つ前のブログで、マスクフレーム色を交換できるよと更新しました。
いろんな色があるし、色を変えると個人的にはプチテンション上がる。
当然ながら、フレームを交換する場合は分解しての作業になるので、
ついでと言ってはなんだが、マスクも綺麗に掃除をしてお渡しとなる。
フレーム色はお店にない場合、取り寄せとなるので多少お時間頂くこととなるかな。

 

 

P2030916
専用治具


P2030917

マスクによっては、画像のような治具が必要だったりする。

 

 

追記
話は変わるけど、ダイビング業界は各社3月からが新年度となります。
そこで、この2月のタイミングでカタログやらが届くことが多いんだけど、
そこには一様に、以下の紙っぺらの一文が入ってるのよ。
『~~~世界的な原材料及び輸送費の高騰により、、、、
価格の維持につとめてきましたが、、、』
2月末までが何でもお得だと思う。。。

2022年2月 4日 (金)

自分のだって一目で分かるし、

海で使う器材達ってのは、どうしても黒が多くなるよね。
そこで、
好きな色味をワンポイントで入れるのは、
一目で自分のだってのも分かるし良いよね。
手軽に、交換できるベルト等をご紹介。

 

 

P2040919
「ダイブコンピューターのベルト色」3000円~7000円
もしあなたが、時計タイプのダイコン使ってるなら、換えてみてはどう?
ベルトの色って結構あるのよ。気分が変わるぜ!!

Terixtukuberuto



P2040923

 

P2040922
新色のドット柄のベルトもあるよ

 

 

Img_3823
「マスクのフレーム色」1800円くらい
これは自分では見えないから、潜ってるときは分からないんだけどね。
でも印象ががらりと変わって、気分も上がるよ。

P2040925

 

 

P2040921
「フィンのヒールプロテクター色」800円くらい
定番の白、オレンジ以外にも、イエロー、ブルーとある。
もちろん黒、グレーもあるけど、ここは目立つ色の方が絶対いいよね。
ボートの上でもすぐに分かるし。

Photo_20220204154501

 

 

 


P9100149_20220204154601
「レギュレーターのホース色」8000円くらい
黒一色のホースの色を変えられます。ドライスーツのホースだけ換えるとか、
BC用のホースだけ換えてみるとか。
器材干している時も一目でわかる。

 

寒いときはコレ

P7260016_moment_20220203180901
      夏の無人島  鷹島


夏の無人島ツアーの時には良く潜る所。
ベースとなる宇治群島の途中にある。

 


        昨年夏のデン島

いつ行っても魚が群れ群れのところ。

 

 

2022年2月 3日 (木)

テストの感想

P1270894_20220203150201

先日の、海での器材テストについて
まず最初にフィンについて。
昨年発売のドライスーツ用のフィン。コレが結構いい感じだった。
なにがドライスーツ用?なのかと言うと、
 1)フィンポケットが大きく、着脱しやすい
 2)重く作ってあり、アンクルウエイトがいらない
 3)スプリング標準装備でさらにフィット
と3つが上げられる。実際に使うと上の3つはそのまま実感できる。
でもこれ以外にも良さが感じるところがあった。

それは“あおり足”。
ドライスーツ時のフィンキックといったら、“あおり足”。
足を交互に上下に動かすフラッターキック(普通のキック)と違い、
一見カエルさんの様なこのあおり足だけど、
ドライスーツの場合、7:3位の割合でダイビング中は圧倒的にあおり足が多い。
もしかしたら8:2、いや 9:1かもしれない。
要はそれほどにドライの時は、あおり足が効率的で多用するって事。
あおり足だと、「無駄な動きがないのでエアー消費を抑えられ」、
「砂などを巻き上げることもなく」、「長距離を安定して進める」。
つまり、もしこれを読んで、
『あれ、わたし、あおり足使わないかも?』とか、
『よく分からないけど、できてるかな?』ってあなたが思ったとしたら、
無駄な動きが多くエアーいっぱい使い、砂とかめっちゃ巻き上げ、
ちょっと移動すると『まって、まって~』となってる可能性が非常に高い。

と言うことで、これからは、このあおり足をマスターするようにしてくんな。


話を戻すね。
で、テストしたフィンは、このあおり足がしっかり出きるってだけでなく、
瞬発的にフラーターキックでもしっかりついてくるフィン、だったのよ。
あおり足は、ゆっったり無駄な動き無く長距離移動や、
ピッタリ中性浮力で、海底すれすれをマクロ生物ウォッチングとかには向いてるのね。
でも、『あ、向こうに群れてるのは何だ?ダッシュ!』
って時には向いてないんだよね。
テストしたフィンの1番は、ここですな。
「あおり足も、ダッシュも出きるフィン」でした。
良いとこずくめだね。でも価格が、、、4万円って、、
たしかにスプリング標準装備だけど、少々お高いかな。まぁ良いフィンだけどね。

 

あと、久々にドライスーツで思ったこと。
フルフェイスマスクじゃないと、顔冷た!!
ドライだから寒いわけ無いだろうと思い、
フルフェイスじゃなく、普通のマスクにフードで潜ったわけよ。
そしたらもう、顔だけ冷たい冷たい。
こりゃこの時期、フルフェイス外せないかもね。
一度暖かい思いすると、それと比較しちゃうから。
「ドライスーツ+フルフェイス」は、寒冷地でのダイビングを見据えて準備してたけど、
普通に伊豆で快適なもんだから、どんどん軟弱になっていくような、、、

 

Pic000212_20220203150801
そう言えば、自分の使ってるフルフェイスマスクも日本製。
made in tokyo、下町工房で作ってもらった逸品。
快適なだけでなく、とにかく安全安心。
細部まで素晴らしい作りです。
寒いのイヤ!、のどが渇くのダメ!、、
鼻で息できないのは苦しく感じる、って人はかなりお勧め。
圧倒的に暖かい(ケタ違いに)、陸と同じように鼻呼吸できるから喉が乾かない、
マウスピースくわえなくて良いので、顎が極めて楽ちん。

これは是非あなたにも使ってみてほしい逸品ですよ。

何度もなんどもこのブログで話したと思うけど、
『どうしてみんな使わないんだろう?』と疑問感じるほどよ。


なんか新製品のモニターの話よりも、
“あおり足”と“フルフェイスマスク”の話になっちゃったよ。

訂正

一昨日のブログ(タイトル:ルーてぃーん)で間違いがありました。
我が家の電子体温計はテルモです。
オムロンと表記しましたが、正しくは“テルモ”。(画像にもはっきりTERUMOと)
訂正しお詫びいたします。
テルモ株式会社のみなさん!ごめんね。


と、昨日帰るなり、カミさんが、
『ブログにいい加減なこと書いてるよ、家のはテルモだから!』
と鬼の首取ったようないいっぷりだったので、
まぁどうでもいいかなぁ~、と思ってたんだけど、
『ん、でもテルモに申し訳ない』と思い訂正。
んで、ついでにテルモ調べてみた。

テルモ株式会社
「医療を通じて社会に貢献する。」を理念に、
100年の歴史を持つ、日本発の医療機器メーカー。

おぉぉ、日本生まれの世界企業やん!
しかも、すばらしくシンプルでわかりやすい理念。
きっと今は体温計だけでなく、パルスオキシメーターとか大活躍なんだろうね。

 

ダイビング業界ではなかなか無いねぇ、こう言う世界に冠たる日本企業って。
一部の商品だけだったらあるかもしれないけど、
広くその分野で、リーディングカンパニー的な日本発のダイビング器材メーカーって。
まぁマーケットが小さいからもあるだろうけど、
そこは小さいからこそ、世界にその名を、、みたいなね。
どうだろう? 
マスクとかゴムフィンなんかは、極めて日本製が優秀と思うけど。
実際細部まで比べると、圧倒的に綺麗にできあがってるもん。圧倒的だよ。
壊れない作りにもなってるしね。
でも世界シェアで負けてるからなぁ。
ここは頑張ってもらいましょう。
自分も、良い物は使う。それが日本製なら尚よろしいって感じで応援したい。

Pc040773_20220203150201
made in 下町

 

そう言えば、先日色々と器材をテストしてみて思うことがあったから、
次回はそのお話を、、、

 

P1250882_20220203150101

2022年2月 1日 (火)

ご紹介

以前ブログで紹介した、柿の種チョコ。
あれから注意してみてるんだけど、なかなか見つからない。
豆好き、オカキ好き、チョコ好きの自分としては、ないとなると余計食べたいよ。
さて、本日はまたまたお菓子の紹介。
今回は、コンビニでは必ず売ってるから安心だ。

 

Img_20220201_065844
【ポリッピーチョコ】
手軽、美味しい、サクサク食感、安い、と三拍子どころか何拍子もそろってるのは、
でん六のポリッピーシリーズのチョコ。
これ100円なんだよね。ほぼ毎日買ってるかも。
ピーナッツ×チョコレートが不味いわけ無かろう!ってだけでなく、
抜群のサクサク食感でとにかく飽きない。
さすが豆菓子と言えばの、でん六さん(ん?なんか親近感)。
ちょっと小腹が空いたときに、コレとコーヒーがいいのよ。
あなたも是非試してみて。

Img_20220201_065855
そう言えば、でん六のキャラクターなのかな、この熊くん。
なんと名前が でんちゃん!

 


追伸
アイディアとは、
『既存の要素の組み合わせ以外の何物でもない』
名著【アイディアのつくり方】ジェームス.W.ヤングより

まさに、チョコ+豆+サクサク=ポリッピー。
これもそうだね。
・鍋+刺身=金目しゃぶしゃぶ
・コンピューター+残圧計+見やすさ=フルカラーダイブコンピューター

ルーテぃーん

Img_20220201_052236


毎朝体温を測る習慣になったけど、あなたはどう?
これってこのご時世で身についた、なかなか良い習慣かもしれないね。
最近は、どこのお店でも検温モニターがあったり、
はたまた、オデコに“ピっ”とやって、
「ハイ、大丈夫です」と店員さんがやるけど、
あれって結構いい加減な測定法だろうと思うよ。
自分が毎日家で使うのは、1分脇下計測タイプ。


この1分脇下計測タイプでも、測り方によってかなり違うんだよね。
当然だけど、室内などの外気温が低く、
温度計そのものが冷たくなってるときはやっぱり低い値を示す。
また、朝起きてすぐなども低めかな。
だから自分は、時間を変えて三回ぐらい計るよ。
まず朝起きて体温計暖めてから1回。
続いて、「よし暖まったコレでイケる!」と二回目。
さらに、七味たっぷりのお汁を食べてから三回目。
ちなみに、今朝だと、“36.3”、 36.6、 36.6、 “36.7”、あ、四回か。

持論だけど、あくまでも勝手な自分の考えね。
『体温は高ければ高いほどいい』と思ってる。
もちろん限度があるのは分かってるよ。
あくまでも自分の平均体温のことね。
『俺は体温高いから、病気になりにくい』
『俺は体温高いから、外部からウイルス来ても、すぐやっつける』
みたいなアンポンタン理論。
だからちょっと計った時に、低くでると納得行かないのよ。
『なに!そんなはずはない。6度三分だ!』みたいな。
『よし、体温計暖めながら、脇を開け閉めワカチコー。さぁもう一度。』

そして最後、朝飯食べて計ると、
『よ~し6度七分、平熱か、、今日はちょっと低めだな』

 

昔からこういう癖があったよなぁ。
視力は良い方がいい→2.0になるまで測る(Cの向き覚えちゃうし)
運動では息が上がらない方いい→我慢する
血圧は低ければ低いほどいい→瞑想する?

普通に測定しないと意味がないのは分かってるんだけどね、
負けたくないのよ、、、誰に?!

 


追伸
オムロンのデジタル体温計。
うちのはバックライト付かないから、部屋が暗いとまるっきり見えない。
フルカラーがいいなぁ~♪
ナイトダイビングでもクッキリ見えるから!?!♪

P1130852_20220201100601
最新のフルカラー

 

 

« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ