« 今年の島へはこれを使おう! | トップページ | 史上最高の日本人?かも »

2022年1月25日 (火)

絡まらないように

一つ前のフロートのお話の続き。

 

P1250892

フロートを上げるときに、リールやスプールを使わずにやる方法もある。
画像のように、鎖編みした紐を直接ぐるぐるっとフロートに巻いてね。
だいたい買ったときに付いてる紐は7mくらい。
安全停止の5mには足りるだろうと。
でも本当にそうか?
この紐を使ってフロートを上げるとなると、
紐の長さより浅い水深に浮上してからフロートを上げるって事。
理論的にはそうなるね。
実は、これが激ムズなのよ。
圧力変化のもっとも激しい、5mとかの浅い中層でフロートを上げるってのがね。
やってる最中に沈んでいったり、はたまた気が付くと浮いて水面とか、
紐も絡まるし、フロートも十分膨らまない。。。


せめて10m位から上げられると、体も安定するし、
フロートに入れるエアーも膨張するので、水面で目立ちやすい。
時間的にも余裕をもって上げてるので、ボートも安心だ。
であるならば、紐をもっと長く(15mとか)してフロートにぐるぐるってして置くのは?
コレはやめとこう。
さらに紐が絡みやすい上に、
伸ばした紐の端が、海底に接触し珊瑚や岩に引っかかることがあるのよ。

 

P1250891

てことで、どう考えてもフロートを上げるためには、
リールやスプールを使うのが合理的なんだよね。

« 今年の島へはこれを使おう! | トップページ | 史上最高の日本人?かも »

アイテム」カテゴリの記事

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ