« いろいろ入荷。楽しい | トップページ | 絡まらないように »

2022年1月25日 (火)

今年の島へはこれを使おう!

Miko

 

【フロートの打ち上げにはリールかスプールか?】

何度もこのブログで、道具に対する自分の好みを話したと思う。
壊れない、頑丈、シンプルってやつね。
で、それは置いといて、
ずぅっと使ってるリールがあるんだけど、
フロート(サーフェスマーカーブイ)を水中から上げるときに使うリールね。
今日はそのフロート&リールの話。


フロートの打ち上げは、ドリフトダイビングの時は特に重要で、
早めに水中からフロートを上げることで、ダイビング船に自チームの位置を知らせる。
ダイビング船の多いポイントでは、
他船にも注意を即し、ダイバーのいる位置を知らせることは、もはや当然になってる。
つまり、当然になってるって事は、
フロートも上げずに潜降ブイ以外での浮上は、
もう言い迷惑を通り越し、危ないって事だ。
そんな訳でとっても重要なフロート&リール。

 

P1230864
年季の入ったリール


いままでずっと打ち上げに使っていたリールは上の画像のもの。
随分年季が入ってると思う。相当使い込んでるもん。
フロート自体は今は4代目位だと思うけど、
リールはずっとコレを使ってるから、使いやすく壊れないって事。
そうは言っても全く壊れない訳じゃない。
使うロープは切れないうちに交換が必要だし、
それ以外の稼働部分も、分解して注油や確認は必要なんだよね。
ほら、いざって時に切れたり、リールの回転が悪いと洒落にならないからね。


世の中に完璧なものはない。当然このリールにも問題はある。
でも、今までそれを分かった上で選択して使ってきた。
デメリットを上回る良さがあると思って。
しかし、そろそろかなって思ってる。
改めて、このリール(名:マンタリール)のデメリットを上げると、
デカい!よね。
もう少しコンパクトになればいいんだけど。
そして高い!値段がね。たしか39000円とかしたと。
多芸でない、ある意味一芸に秀でたとはいえ、ちとお高くないかい。
まぁここまでは折り込み済みなんだけどね。
ただ、一番の問題は、
もうこれ売ってないのよ。こりゃ問題だよね。直せないし。

 

P1250883
綺麗な色


だいぶガタが来てるので、そろそろ次なるものを考えねば。
ってことで白羽の矢がたったのが、
画像のスプール。
非常にきれいなアルミ合金製。
細部までかなり綺麗な仕上がり。
そして頑丈(壊れようがない)。
シンプル(見た目まんま)。
さらに、超コンパクト(BCのポッケやDリングに)。
そして最後、お手頃だ。
スプールとしては高い方だけど、前出のリールに比べると安心価格。
13000円(懐に優しい3分の1)。ステンレスフックとセット。

と言うわけで、これからまずは伊豆でガシガシ使ってこっと。

 

 

 

P1250878
しかし、綺麗な作りだな。

 

P1250886
ほんと小さい

 

P1250879    P1250882
    側面には滑り止めの加工

 

P1250881
先端には輪っかが

 

P1250880
より戻しまでついている念の入れよう

 

フロートの打ち上げにはおススメ。
て言うかスプールやリールが無いと、フロート上げるのは至難の業。

 

最後に、
フロートの打ち上げには手順に沿ったテクニックが必要です。
これを持って、ぜひ海で練習しましょう。
フロートテクニックをマスターすることで、
ダイビング自体の技術(中性浮力、水中トリム)も向上します。
樹脂製のさらにお手頃なものもある(5000円)。

 


 

« いろいろ入荷。楽しい | トップページ | 絡まらないように »

アイテム」カテゴリの記事

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ