« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

2022年1月

2022年1月31日 (月)

詳しく見てみよう

昨日はめっちゃ綺麗だったお話はしたよね。
テンション上がったからって訳ではなく、
久々に双大根の飛び根と、沈船の後部も行ってみた。
冬に透明度良くなると、様子を見に行きたくなる深場。
いつもは専ら浅場での潜水が多いけど、このクリアさに誘われてね。
依然お連れしたお客さんは(やっぱり冬の透明度の良いとき)、
ここを潜った後にログブックにこう記してた。
『グランブルーの世界に感動。
深いところの砂地がずっと奥まで見えて、
なんだか吸い込まれるよう』と書いてあったなぁ。


今日ご来店の客さんも、
『ブログ見たらスッゴい綺麗でしたねぇ』と。
せっかくだから、潜水プロフィールを詳しく載っけておこう。
お~、なんだかイケてるダイビングショップみたいだ?!

昨日のバディーの名は、ゾウさんウサギさんとして。
1本目のゾウさんのプロフィールが下のこれ
      ↓↓↓

P1310907
8:20スタート
最大深度はちょうど10分過ぎ位ですね。いい感じ。
その後すぐに水深を上げてる。

 

 

 

P1310906
29.7m 残圧147 水温は16度

 

 


1本目の最大水深の動画

 

 

 

P1310908
30分後には浮上途中ですな、この時で残圧80

 

 

 

 

P1310909
その1分後には安全停止入ってる。エアーも十分

 

 

 

では二本目に参ろう!

P1310910
二本目の沈船。今度はウサギさんのプロフィール
二本目なので早めに根頭に移動したのが分かる

 

 

P1310911
最大深度は潜水開始5分の時。24.3m
ここの側面が一番魚が多かった。昨日の動画はここですね。

 

 

P1310912
18分後には根頭に。残圧136
ちなみに、左下のシリンダーみたいなマークの36と言う時間は、
その水深で空気の持つ時間を36分とコンピューターが計算し教えてくれてる。

 

Inai
イソギンチャクにはミツボシがいない・・・
根頭です。

 

P1310913 
28分には浮上してます。残圧115。エアーも十分余裕がありますね。
2本目の最大もそこそこの水深なので、
ここは余裕を持ったプラン。

 

P1310914
30分で安全停止入ります。
水温はここも16度。体感的にはもうちょい高い感じ。

 


ちなみにこの時バディのゾウさんも安全停止中。
当たり前か、バディだから。残圧89


安全停止中の動画

 

 

Photo_20220131165001
イエイ!ってゾウさん、フード被ってよ。
見てるこっちが冷たい。

2022年1月30日 (日)

素晴らしい!今日の伊豆の海

急きょ海行ってきた。
現地は日曜なのに貸し切り。
新しい器材の調整とドライのチェック。
フィンのスプリングを、もうワンサイズ長くしようかな。

透明度はこの冬一番。30m位見えてたね。
あたみ桜も8分咲き。いい季節だ。

 


曇っていたけどズバ抜けでした。

 

 

Osutonn
違うよ、イイジマフクロウニとは

2022年1月28日 (金)

水温上がった

Photo_20220128190101
18度!!

 

海って不思議なもんだね。

昨日までは、『伊豆の水温が例年になく下がってる』って話をしてた。
実際、熱海で15~14度、西湘エリアに至っては13度!!
一昔前(10年くらい)の水温だ。
ところが、
ところがなんと!、本日いきなり水温上がりましたわ。
西伊豆は18度、東も16度はある。黒潮接岸の影響らしいよ。
この分だと、伊豆全域が18度になるのも時間の問題かも。
まさかこのまま春になる、なんて事はないとは思うけどね。
まぁ暖かいってのは良いことではあるか。

 

追伸
エアー漏れするK2バルブ交換しました。
当たり前だけど、ばっちり漏れも止まり、
そして見た目もやっぱこっちの方が格好いいかと。

P1280901

P1280902 

 

フィット感が全然違うのと、安心なんだよね。

もし、まだ自分のフィンのストラップがスプリングでないなら、
交換する事ができるので、考えてみてね。

 

P1270898
通常のストラップ

 

P1270900
スプリングストラップ

 

画像がスプリングストラップと通常のストラップの比較です。
違いは色々あるけど、通常のゴムストラップの方が勝っていることは、
“価格が安い”これだけです。
スプリングストラップの方は、
 ・絶対に切れない
 ・フィンキック中もフィット感が良い
 ・フィンが不用意にはずれにくく、脱ぎやすい
 ・調整不要

大変お勧め。

 


追伸
特に体が固くてフィンの着脱が大変なら、
なおさらスプリングがおすすめ。
無理な体勢でゴムストラップを引っ張りすぎるのは・・・・
『スプリングに換えたい!』とご用命ください。

 

 

2022年1月27日 (木)

食われるために旨い訳じゃないのに

この前のブログ では、極上きときとのイワシの話をしたね。
こう言ったおいしい大衆魚を食べると、
「魚は鯵、鯖、鰯だな。」
「こりゃ海獣類が好きなわけだよ」と思い、
すぐにサーディンランとか連想する。
別に鰯や鯖、サンマ、鰺とかは、食べられるために脂がのってるわけでもないし、
そのために彼ら自身の数が多いわけでもないのに。
でも人間以外の水中動物も、いや海鳥までもが彼らの旨さは分かってるんだよね。
実際海の中でも、こんなシーンをよく見るもん。
アオリイカが「魚ねらってるなー」と見てると、
その先に、多数のスズメダイ、とそれに混じって少数のマアジ。
烏賊もまずは鰺を狙うからね。
烏賊も好みがあるし、鰺の味が分かってるんだよ。


魚の味って言ったら、やっぱ人間では我々日本人には勝てる国はないんじゃないかな。
だって刺身で部位ごとに食すなんて、他の国の人知らないし、
知っててもせいぜいマグロ位でしょ。
でも我々は、部位だけじゃなく、旬、漁法、産地と分けるくらいだから。
だから、「脂がのってて旨い!」ってよく言うけど、
我々の言う脂ののり方ってのは(青魚編)、
身と皮の間につく素晴らしい脂なんだよね。
ちょうど刺身にすると、色付きの蒲鉾切った時みたいに、
皮側に脂がキラキラと残る感じ。
口に入れると、まず脂の甘みが来て、そのあと魚の身の味がしっかりくる。
あ~、想像してたらヨダレが出てきた。
コレがイワシ代表の青魚の最高の脂の付き方だと思う。
まぁ好みもあるかと思うけど、
対して、身自体にも過剰に脂が回ってる魚体は、
自分としては、ひつこく感じたり、脂くどく感じると思う。

 

まさか、イルカやオットセイがここまで味覚があるとは思えないが、
彼らは生きるために貪り食うのであって、
食わなきゃ自分が滅ぶんだよね。
そうなると、全身に脂がのったイワシの方がエネルギーとしてはありそうだから、
「うぉうぉうぉ、今日のは旨い!」なんてそっちの方が思うかも。

さてさて、2/6のトロ金目は、どうかな?

 

追伸
めずらしく今週末は海が無かったんだけど、
『器材チェックに行くから一緒にどう?』ってことで、
急きょお付き合いしてくれる方がいて、海の予定に。
ドライに向けて、BCの調整、レギュレーターの変更、
フィン、フロートなどなど色々と。
P1270894
スプリングストラップを交換


 

 

2022年1月26日 (水)

何かのお告げ?想いが通じた?

想いが通じたか?


自分的にあるあるな話なんだけど、
久々の方、「最近顔見てないなぁ」て人、
この方にお葉書を書くと、その日に来店する。
つまり、「元気かえ~」ってハガキを書いたのは昨日だから、
まだ先方のポストに届いてないはずなのに、その人が来る。
これ、自分的あるあるなんだよね。
ちょっと前だったら「想いが通じたか」とか、
「神様の思し召し」などと思ったかもしれないが、
今じゃそんなこと、決して思わない。
こりゃ単なる偶然のあるあるだ。


吉報も、不吉な予感も、
靴紐が切れた、神社の鳥居が傾いた、茶柱が立った、白蛇を見た、、
とにかくその予兆の後こ起こる事象と、因果関係が科学的になければ、
声を大にしよう、それは神ではない。
単なる偶然だ。確率的に少ないにも関わらず、
あなたの記憶に残りやすいネタだから、『神のお告げだ』とこう思うわけだね。


さて話を戻そう。
どなたさんが訪ねて来てくれたかというと、
“ママさん”だ。
久々に会うけど、「全然変わってないよぉ~」、若い若い。

~~wanopedia によると~~
ママさん→あさむらえつこ(幼名えっちゃん)、アサムラマリン創業者 故昌孝さんの妻。
創業者健在の頃は、自身も羽村と徳之島で仕事に賄い料理にと奮闘する。
愛ある叱責が多く、当時のスタッフたちは頭が上がらなかったが、
筆者は非常にかわいがられ、「家でよりママさんのご飯を食べてんじゃね?」
と思うほど、手料理を造ってもらった。
 ~~~~~~~~  ~~~~  ~~~~

まぁ、70越えてると思うんだけど、
当時のまんまは言い過ぎだが、変わんない変わんない。
声に張りがあるし、マスクしてても表情が豊かなのが分かるよ。
年とると声がかすれたり(姿勢が悪くなるからかな?)、
表情がなくなったり(喋らないからかな?)、返事が遅かったりするけど、
そんなの全然無く、いつものようにしゃべり倒し、颯爽と自転車こいで帰った。

 

当時、自分はまだ二十歳そこそこ。
海の前には家に泊めてくれ、晩ご飯に昼飯と食べさせもらい、
体調が悪くなれば薬だ何だと世話をやいてくれた。
ありがたいこってす。
長生きしてや~ママさん。
ありがとうございます。

Img_20200208_104838_20220126141201
冬の王者:能登寒鰤は2/27
お席はわずか

 

Photo_20220126141301
キンメしゃぶは2/6

 

追伸
今週末は珍しく海がない。
でも、新しい器材(フィンとスプール)の使用とドライの水没チェックに行かねば。
だれか日曜に一緒に行きませんか?

 

史上最高の日本人?かも

P1250893

やっぱ本は中身だね。
どんなに格好いい包装、表紙でも、その中身が染みてこなきゃ意味がない。
目を留めるタイトル、著名人の帯、重厚な製本、コレも中身と関係ない。

わずか1650円の新書版。
確かに紙もショボくて多少字も小さいが、中身が凄い!!
んん~ん、例えるなら先日食べた鰯みたい。
ちょっと違うか。
翁がもしこの世にいたら、今のこの国をどう牽引したろう。。。

 

2022年1月25日 (火)

絡まらないように

一つ前のフロートのお話の続き。

 

P1250892

フロートを上げるときに、リールやスプールを使わずにやる方法もある。
画像のように、鎖編みした紐を直接ぐるぐるっとフロートに巻いてね。
だいたい買ったときに付いてる紐は7mくらい。
安全停止の5mには足りるだろうと。
でも本当にそうか?
この紐を使ってフロートを上げるとなると、
紐の長さより浅い水深に浮上してからフロートを上げるって事。
理論的にはそうなるね。
実は、これが激ムズなのよ。
圧力変化のもっとも激しい、5mとかの浅い中層でフロートを上げるってのがね。
やってる最中に沈んでいったり、はたまた気が付くと浮いて水面とか、
紐も絡まるし、フロートも十分膨らまない。。。


せめて10m位から上げられると、体も安定するし、
フロートに入れるエアーも膨張するので、水面で目立ちやすい。
時間的にも余裕をもって上げてるので、ボートも安心だ。
であるならば、紐をもっと長く(15mとか)してフロートにぐるぐるってして置くのは?
コレはやめとこう。
さらに紐が絡みやすい上に、
伸ばした紐の端が、海底に接触し珊瑚や岩に引っかかることがあるのよ。

 

P1250891

てことで、どう考えてもフロートを上げるためには、
リールやスプールを使うのが合理的なんだよね。

今年の島へはこれを使おう!

Miko

 

【フロートの打ち上げにはリールかスプールか?】

何度もこのブログで、道具に対する自分の好みを話したと思う。
壊れない、頑丈、シンプルってやつね。
で、それは置いといて、
ずぅっと使ってるリールがあるんだけど、
フロート(サーフェスマーカーブイ)を水中から上げるときに使うリールね。
今日はそのフロート&リールの話。


フロートの打ち上げは、ドリフトダイビングの時は特に重要で、
早めに水中からフロートを上げることで、ダイビング船に自チームの位置を知らせる。
ダイビング船の多いポイントでは、
他船にも注意を即し、ダイバーのいる位置を知らせることは、もはや当然になってる。
つまり、当然になってるって事は、
フロートも上げずに潜降ブイ以外での浮上は、
もう言い迷惑を通り越し、危ないって事だ。
そんな訳でとっても重要なフロート&リール。

 

P1230864
年季の入ったリール


いままでずっと打ち上げに使っていたリールは上の画像のもの。
随分年季が入ってると思う。相当使い込んでるもん。
フロート自体は今は4代目位だと思うけど、
リールはずっとコレを使ってるから、使いやすく壊れないって事。
そうは言っても全く壊れない訳じゃない。
使うロープは切れないうちに交換が必要だし、
それ以外の稼働部分も、分解して注油や確認は必要なんだよね。
ほら、いざって時に切れたり、リールの回転が悪いと洒落にならないからね。


世の中に完璧なものはない。当然このリールにも問題はある。
でも、今までそれを分かった上で選択して使ってきた。
デメリットを上回る良さがあると思って。
しかし、そろそろかなって思ってる。
改めて、このリール(名:マンタリール)のデメリットを上げると、
デカい!よね。
もう少しコンパクトになればいいんだけど。
そして高い!値段がね。たしか39000円とかしたと。
多芸でない、ある意味一芸に秀でたとはいえ、ちとお高くないかい。
まぁここまでは折り込み済みなんだけどね。
ただ、一番の問題は、
もうこれ売ってないのよ。こりゃ問題だよね。直せないし。

 

P1250883
綺麗な色


だいぶガタが来てるので、そろそろ次なるものを考えねば。
ってことで白羽の矢がたったのが、
画像のスプール。
非常にきれいなアルミ合金製。
細部までかなり綺麗な仕上がり。
そして頑丈(壊れようがない)。
シンプル(見た目まんま)。
さらに、超コンパクト(BCのポッケやDリングに)。
そして最後、お手頃だ。
スプールとしては高い方だけど、前出のリールに比べると安心価格。
13000円(懐に優しい3分の1)。ステンレスフックとセット。

と言うわけで、これからまずは伊豆でガシガシ使ってこっと。

 

 

 

P1250878
しかし、綺麗な作りだな。

 

P1250886
ほんと小さい

 

P1250879    P1250882
    側面には滑り止めの加工

 

P1250881
先端には輪っかが

 

P1250880
より戻しまでついている念の入れよう

 

フロートの打ち上げにはおススメ。
て言うかスプールやリールが無いと、フロート上げるのは至難の業。

 

最後に、
フロートの打ち上げには手順に沿ったテクニックが必要です。
これを持って、ぜひ海で練習しましょう。
フロートテクニックをマスターすることで、
ダイビング自体の技術(中性浮力、水中トリム)も向上します。
樹脂製のさらにお手頃なものもある(5000円)。

 


 

いろいろ入荷。楽しい

楽しい楽しいアイテム達が入荷

 

P1250870
最新のフルカラー充電式ダイブコンピューター

前回のブログ で紹介したコンピューターはトランスミッターで残圧も表示し、
電子コンパスも内蔵するタイプ。(価格180000円)
これに対し「残圧とコンパスは表示しなくてもいい」と言う場合はこちらで!
なんと価格が58000円。びっくり。

ちょっと見てみましたが、小さいのに(appleウォッチの二周り位)画面サイズは充分。
そしてこの子もBluetooth接続でログがあなたのスマホに飛びます。

 

P1250869
お次はフロート用のスプール。


非常に綺麗な作りで、そそります。
今年からのフロート打ち上げはコレにしようかと。
なんせコンパクト、シンプル、そして美しい。

P1250886
15mパープルと30mグリーン

 

P1250872
操作も2ボタンで簡単!
画像ではログを見たい時はした▼下ボタンを長押しで決定。
▲上がプランで下がガス設定のページだとすぐわかるね。

 

P1250876
充電ケーブルもセット。
フル充電で画面輝度100%で30時間
充電時間2時間ほど

 

楽しかったので色々設定しておきました。
早く取りにいらしてね。
ちなみにこの子も個人情報はスマホで入力します。

 

2022年1月24日 (月)

困ったな

Pb150737_20220124182201
K2バルブ

前回治ったと思ってた、シリンダーバルブからのエアー漏れ。
内部のパーツを全て交換しても、水中ではなぜかブクブク、、、
レギュレーターを接続せず、バルブが閉じてる時はエアー漏れがない。
てことはディスクからではないって事だと思うんだけど、、、
もうこうなったら、バルブ本体にキズでもあるのか?
時間をかけるのもイヤなので、バルブごと交換することにした。

 

Pb150735_20220124182401
ディスクを交換してもダメ

 

P1240867
内部のパーツを全部変えてみてもダメ

 

P1240868
こうなったらバルブごと

 

いま付いているバルブは、新しいK2バルブ。
そして画像の黄色い方が、旧タイプのKバルブ。
よくある話だけど、Kバルブの方が好き。
なぜなら圧倒的に耐久性があるから。
メッキの厚みまで違う。
なんでなの?まったく、、世の中こう言うのってよくあるよね。
昔の物は頑丈って、、、進歩してるんだから、そこは耐久性も性能でしょうよ。

ま、交換しとこっと。これでブクブクも止まるだろう。


追記
そう言えば、20代の頃に初めてこのバルブをシリンダーから外す作業をしたとき、
超怖かったのを思い出した。何にも知らない頃だったからね。
当たり前だけど、エアーを空にしてからバルブを外すのよ。

 

2022年1月22日 (土)

あたみの朝

昨日の熱海横磯港の朝。
いつも自分が港に到着する時間は7時くらい。
この時間だとまだ誰もいなくてね、
ちょうど山口船長達が船で水揚げの作業してるところ。
『おはようございます。穫れました?』
今年に入って水温も下がり、ヒラスズキの水揚げは結構あるみたい、
でもこの日はちょい少な目かな。
なんて覗いてると、山口さんが、
「わじまさん、いい鰯があったから、これ親爺と国さんに造ってやってくださいよ。」
「残ったのおかずに持って帰っていいんで」
と言ってバケツに入ったキトキトの鰯を指さす。


さっそく器材の準備をほどほどに、鰯をさばいてみると。
身がしっかりしていて、かつネットリいい脂がのったうまそうな鰯。
二、三尾捌くと包丁がぬるっとしてくる。
『こりゃ最高級だな、、』とつぶやくも、
いかんせんこの時間の水は冷たく、手がかじかみ、指先の感覚が無くなるほど。
10尾ほど皮を引いてお造りにし、バットに並べた。
かじかんだ手を温泉で暖めると、
手がつるっつるだよ!そう鰯の脂でお肌ちゅるちゅる。
もうプラセンタかコラーゲン入りの手肌オイル塗ったみたい。(使ったこと無いけど)

こりゃぁこの日の海ご飯は、
「酢〆にしてイワシ丼かな」と思ったけど、ホットサンドの準備してきてたので否決。
てなわけで、お店に持って帰り調理することに。
刺身じゃ芸がないし、酢〆も面倒だから、ここは煮つけよう!
ちょうど、先日朝のテレビで、銚子漁港の漁師の煮付けレシピをメモってあった。
同じテレビをスタッフも見てたから、話しが早い。
捌いてさっそく煮付けに。
とその前に、味見と言うことで1尾刺身にして生姜醤油で。
いや~素晴らしいお味♪
ガッチリ海水氷で冷やしてきたから完璧だ。

 

Img_20220122_105501


肝心の煮付けの方はと、、、、
なんか違う?まずくはないんだけど、何かが?
薄味なのと、酒みりんが多いからかな?
お店で食べる煮付けに似てるっちゃぁ似てるが、、
せっかくレシピ通りの分量と手順にしたのに。
やっぱ魚料理、特にキトキトのネタはシンプルなのが一番だなぁって思った。
とは言っても充分美味しく最後までいただきました。
ありがとうございます。

 

追記
海に行くときは、いかなる時も、次のものを忘れるな!
包丁、まな板、バット、醤油、

 

2022年1月21日 (金)

桜も咲いてぽかぽかの伊豆半島

朝、羽村を出るときの気温はマイナス1度。
青梅はマイナス4度だったそうな。
熱海の気温も今日は低く、8度くらい。
でも日当たりが良く、風裏でぽかぽかっす!!
もう冬はココが一番だね。

今日はおじい様たちと。
先日が女三人衆で、今回はおじぃ三人。
のんびり潜り、休憩時間には焼き芋マシーンでお芋をパクリ。
水温15度。透明度18m.

 

Photo_20220121183301
ヒラメ。わかる?

 

 

Photo_20220121183501
ハナミノカサゴ

 

Photo_20220121183401
熱海の糸川沿いの桜は6分咲き。

 

Irogawa2
伊豆の春は早い

 

2022年1月19日 (水)

僕は恋しました。

あなたも海で会いたい生き物っているでしょ?
自分の場合、なんでか深海性が多いのよね。
例えばこのメンダコ。ちょっと見てよ

Photo_20220119144501
頭にヒレがついてるぅぅぅぅぅぅ

 

ちょっと可愛くない? 会いたい。恋かも。
網に入ったとかでなく、偶然ばったりと海で会いたい。
深海とは言え、海はつながってるからね。


Photo_20220119144502
名前の由来は面の様なタコ。
こんな感じで足を開いて見つかったからのようだ。
閉じてても開いてても、カワユイよ。

 

 

そんな私の思いを知ってか知らずか、
お客さんがこんなスーツを作ってくれた。
  ↓↓↓

P1190857
6.5mm フード付きセミドライスーツ
ウエットよりとことん暖かい

 

P1190860
フロントに防水ファスナー

 

 

P1190861
内側は超速乾、ふわふわの起毛
手首シールと足首シールで水の侵入をとことん防ぐ。

 

 

そしてそしてよく見ると
  ↓↓

P1190858
おぉぉー、横のラインにはメンダコ柄

 

P1190859
頭頂にあるエア抜きバルブにも、何故かメンダコ

 

カワユイねぇ~

お前がやったんだろう!!

カメさんだって眩しいと思うよ。

Photo_20220119140401
先日の大島で思ったんだけどね。いや、ここんとこの海では毎回思うことがある。
『それ、眩しすぎるから!!!!!』
最近のライトは小型高性能。コレは良いことだ。
小型なのにとても明るい。コレもいい。
小型だからデジカメなんかに取り付けても、小回りが利いていいよね。
だけどね、生物に寄って撮影するときに、
それ眩しすぎるから!
撮影者本人はモニターのぞいて全く分からないのか、
それとも気にしていないのかな。
まぁどっちにしても、光量調整できるんだから少し光量下げてやってよ。
ストロボと違ってそんなに長い時間大光量あてると、
結構ストレスあると思うよ。

自分だったらまるで取り調べ室で、
『おぅらぁ!おまえがヤッタンだろぉーーがー!』
とライト当てられてる感じ。

 

 


なんか狭い水路とかって、ついつい通りたくなる
昨日の女三人衆の動画

2022年1月18日 (火)

平日のBirthdayダイブ

平日は貸し切り。
この日Birthdayダイブの方を皆でお祝いに。
天気よく、透明度良く、海ごはんもおいしく、お土産付!!

 

Photo_20220118181101
今日の主役

 

Photo_20220118181102
亀吉もお祝いに

 

Photo_20220118181201
今日のカエル

 

 


水中でお祝い

 

 


洞窟もイイ感じ

 

Img_5499
お土産はコレ!

 

 

追伸
先日の西伊豆と比べ、熱海の暖かいこと。
やっぱ日当たりがイイって全然違うね。

 

 

2022年1月17日 (月)

冬は暖かいところがイイ

冬は熱海の浅場が断然いい。
綺麗だし、光が入るし、魚多いし、
陸は朝から太陽が当たるし、温泉あるし、
全然寒くない。快適。

 

 


気持ちい透明度の中、カメさん登場。

 

 

 


エントリー

 

 

2022年1月16日 (日)

冬の伊豆半島の、、、

冬限定の土肥沖魚礁。
前日までは西風爆風。
がしかしこの日だけ風が収まり、期間限定の沖魚礁へ。

Photo_20220116180602
富士山もくっきり

 

 

Photo_20220116180601
魚礁は魚だけでなくソフトコーラルもわっさわっさ

 

 


終始アジの群れが凄かった

2022年1月14日 (金)

ハマった

Img_20220110_205917

先日の伊豆大島で何気に買ったお菓子。
自分は柿の種もチョコも好きなもんだから、
こりゃええぞと買ったところ、
想像してたものと違って、いやそれ以上でハマった。
普通の柿の種チョコだと、
たぶん柿の種のおかきの上にチョコのコーティング、だよね。
でもこれは、1粒のチョコの中にオカキが入ってるのよ。
甘さとしょっぱさと、歯ごたえが絶妙だ。

 

で、帰って来て早速近所のスーパーへ。
ところが、売ってないやないか!
無いとよけい食べたい!
コンビニにもない、スーパーもない、
なぜ大島に、、、
売ってたら教えてくれる?

 

Img_20220110_205929 

中に見えるのが柿の種

 

 

2022年1月13日 (木)

ニュー〇〇が来たー

ニュー〇〇が来たぁーーー!

P1130848
ニューDC。そう、ご注文の新しいダイブコンピューターが入荷。
フルカラー、充電式、残圧表示タイプで大きな画面。いや~見やすい見やすい。
使い方を詳しく説明できるように、
『セットアップやトランスミッターとのペアリングしとこっと』
と思って操作してみたけど、すっごい操作簡単、これヤベぇ。
ボタンが三つだけなんだよね。
上下のスクロールボタンと決定ボタンのみ。
これなら誰でも自分好みにカスタマイズできるんじゃないかなぁ。
このくらいの大きさがあれば、バッテリー容量も十分だし、
なんと言っても見やすすぎる!!!!


一応自分の方でやった設定は、
・年月日時刻あわせ・海水、m、bar表示
・水深30mでお知らせ
・潜水時間40分でお知らせ
・残圧100でお知らせ、50でアラート
・窒素過多でお知らせ
・表示明るさ70%
・安全停止ON 5m3分
・deepストップOFF
・安全率ノーマル

こんな感じ。あとはやり方簡単だから自分でやってね。
そうそう、ブルートゥース接続で、スマホと繋ぐとスマホで設定できるよ。
あとスマホで全てのログが見れるから。
まぁ、自分はスマホ無いから分かんないだけどね。

 

P1130855
専用保護ケース付

 

P1130851
トランスミッター

 

P1130852
残圧が低くなると音と視覚で警告

 

P1130853
充電するとこんな感じ。分かりやすい

 

P1130856
ストラップも太くて安心。

 


持ち運び用ケース、充電用UCBケーブル、保護シール、
バンジーストラップキット、NATOストラップ、トランスミッターと、
全てセットになってるので有り難いね。
さぁ、早くおいでぇ~。

 

魔法の種の話

◇その名も“マジックヒーター”!

P1130033_20220113114001
正月の熱海の海

 

この時期ならではなのが、
抜群の透明度、沈船の全貌、限定洞窟に限定魚礁の冬季オンリーのポイント群。
これらを目一杯楽しみたいと思ったら、
そう!『温かくして潜れ!』だよね。


『今回は、比較的お金をかけずに暖かくする方法を紹介。』
そりゃそうだよね。
とにかく暖かくと思ったら、最上級の専用インナーとゆったりサイズのドライ。
この2つがマストであるこた~間違いないんだから。
でもそれにはそれなりの投資が必要。
ちなみに極上インナーは6万ほど、ドライ新しくと思うと30万ほどするもんね。

てことで、
『あたしdryキツくて、そんなにインナー厚いの着れない』
『今年はdryの新調は無理、』
『インナーで6万はちょっと、、、』
『ウエイトなるべく付けたくないのよ、、』
そんなあなたに、たったの数千円で手に入る、
ホット暖まるアイテムをお話ししちゃうかな。

 

 

【その名もマジックヒーター
ざっくり言うと、保温素材で出来た薄いウエットスーツ素材の腹巻き?のようなものです。
これの内側にポケットがついていて、
ここに繰り返し何度でも使えるヒーターを入れると言うもの。

Photo_20220113114601

特徴1.腰ベルトは巻くだけで暖かい
体幹部を暖めるのと起毛素材により、
巻いただけで速あたたかい。濡れても暖かい。
そこにヒーターを追加するんだからそりゃね。

特徴2.dryでもウエットでも、陸でも使える
ベルトもヒーター共に、水中使用を前提に作られてます。
だからウエットスーツの時にも使え、
dryの中にも、そしてスポーツ観戦や野外ライブにも活躍のコスパ最強品。

特徴3.繰り返し使えるマジックヒーター
何度でも使えるので経済的でエコ。
ヒーターはボタンを押すと約1時間発熱します。
発熱が終わると白く固形化するので、
電子レンジやお湯で暖めれば元の状態に。
ヒーターの予備を持っておけば、2ダイブ快適に過ごせるね。

特徴4.リーズナブル
ベルト+ヒーター予備で税別6650円。
ベルトも洗えて清潔だし、ヒーターは何度でも使えるし、
陸でも海でも使え、こんなにコンパクトなのにこのお値段。

 

P1130843
マジックヒーターを入れるポケット

 

P1130842
このボタンを押すと発熱

 

P1130847
海でも陸でも、ウエットでもドライでも

 

P1130840
巻いてみたところ


どうかな?1粒で二度美味しいどころか、色々なシチュエーションで使えるってことは、
dryシーズンが終わっても活躍できるわけで、こりゃお得な商品ですな。
ご注文は20日までに。
『マジックヒーターほしい!』とお伝えください。
送料無料(大好きな四文字熟語)でお取り寄せ。
20日を過ぎると送料はかかります。

 

追伸
この商品を教えてくれたスーツメーカーの営業マン
『これ暖かいですよ。わたしなんか腰痛持ちだから常に愛用してます。
そうだ!今日も付けてますよ、ほら。』と教えてくれた。

2022年1月11日 (火)

伊豆大島の感想 追加しました

Photo_20220111172703
正面からカメくん

 

Photo_20220111190101
でっかいウミウシ

 

【熱海から一時間くらいで、、】90%
   青梅市 宇佐美典子さん
昨年に引き続きの参加です。
熱海から1時間ほどで到着し、その日も帰る日も潜れ、
ポイントも宿から近く、民宿もほぼ貸し切りで良かったです。
海の中は水温17~18度で快適。水色もクリアで綺麗で感動しました。
色んなウミウシも見れ、のんびりしたカメにも逢えました。
空気もきれいで富士山も一望で、温泉にも浸かれ最高の三日間。

 

【ほっこりする】50%
   青梅市女性 H.Sさん
サーフエントリーが心配。
大島では富士山がとてもきれいに見え、
利島、新島、式根、神津島が重なって見えるのが素敵でした。
水着で入る露天風呂は、少しぬるめですが眺めが最高で、
ゆっくり入れました。ソフトクリームも美味しかった。
水中でカメさんを見ると何故かホッコリ。
大島のクマノミは何故あんなに大きのだろう。
お宿は洗濯機も乾燥機もあったので、次回は荷物を減らせそうです。

 

【熱海の花火も見える?!】
   日野市 藤本敬子さん
島なのに近い。帰る日も到着日も二本潜れ満足。
今年も風の影響で、秋の浜に全ダイバーが集合。
でもインストラクター輪島の神時間配分で、
エントリーで並ぶことも、海中渋滞もなし。
温泉もあるし、富士山も良く見えるし、熱海の花火も見える。
明日葉も食べられ、お土産にもできる。
水中はカメもいるし、可愛いかどうか別にでっかいウミウシもいる。
見えるかどうかは別に、ちっちゃいウミウシもいる。
お世話になりました。ありがとうございます。

 

 

 

【私好み!】夏に100%
   加須市 有居 実さん
昨年に続き同じ時期に。
今回は秋の浜以外も潜れればと思い参加。
秋の浜も野田浜もクリアで20~25mはありました。
野田浜ではウミガメに遭遇、秋の浜ではカスザメと私好み。
よかったです。(ツバメウオは見そびれました。)
あとは更衣室の外シャワーが改善されれば、、、

 

【大島好きなんです。】100%
  入間市男性 T.Tさん
大島のダイビングは好きだったので、タイミングよく休暇が取れ参加。
大島ではレアな生物に会えることが多いと感じます。
今回も久しぶりにカスザメに会えたし、ウミガメにも遭遇。
新年早々にめでたい生物のカメに会えたので、
良い年になることを期待したいです。

 


海中散歩が気持ちよさそうな参加者面々

 

 


砂地のサメ

 

 

新年島旅の一発目は、、、

新年1発目の島旅で伊豆大島に行ってきた。
伊豆大島へは熱海からのジェット船でのアクセス。
コレが結構らくちんでねぇ。
いつもの伊豆に行くようにお店を出発し、熱海港を9:10出船。
この日は伊東経由で10:15分には大島着。
つまり出発日から普通にダイビング。
そして帰りも大島発が15:30だから余裕で遊べる。
そんな感じで今回は、二泊三日でまるまる三日間楽しんできた。

海の中は透明度20m以上の水温17~18度。
大島は伊豆半島と比べ、そんなに南下してないのにも関わらず、やっぱ島だね。
イサキが群、テングダイにツバメウオ、ウミガメさんと、
あ~ぁ伊豆諸島なんだなぁ~と実感。
相模湾に沈む夕日が一望の露天有り、アシタバ、牛乳煎餅に焼酎御神火。
朝から夜まで島名物。

昨年も1月の三連休に大島だったけど、
今年は冬以外にも夏秋あたりで、
平日1泊の大島にも行きたいなぁ~と感じました。

 

 


秋の浜の楽ちんエントリー

 

 


秋の浜の楽ちんエキジット

 

 

Akinoernntori
とりゃー

 

Photo_20220111172704
新年ってことで

 

Omairi
潜る前にご祈願
今年はいいことあるかなぁ?

 

Photo_20220111172702
野田浜のバディーbell

 

Photo_20220111172705
アーチのウミガメくん

 

 

Photo_20220111172701
ランチは温まる島唐うどん

 

Img_20220110_132336
大島牧場のソフトクリーム
あっさりしているのにクリーミーで大変おいしゅうございます。

 

Img_20220108_071649
出港地の熱海の梅もぼちぼちと

2022年1月 3日 (月)

新年あけました。

新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。

潜り始めは熱海から。
年末は強風で少し寒かったですが、年明けは穏やか。
日向はポカポカしてたね。
綺麗な海に潜って、お雑煮食べてと。

 

Maritixyann
中性浮力

 

Photo_20220102193001
透明度良いです。

 


トンネルくぐろうくぐろう

2021年の潜り納めは、、

透明度良い熱海での潜り納め。
12/30~31の大みそかダイビング。

 

Photo_20220102185701
全く曇らないマスクにご満悦。

 

Kiirokero
イロケロくん。 かなりの大きさ。

 

Onnsenn
レトロ温泉にも行ってみた

 

 

 


ウミガメちゃんもこんにちは。
可愛い顔のアオウミガメ。

 

Image0_20220102190701
帰りには魚屋でお節を受け取った(河野家)

 

 

 

 

« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ