« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »

2021年12月

2021年12月26日 (日)

本日の画像 


潜り納め&昨日メリークリスマス

 

『そういえばサンタクロースって本場は北欧だよね。
ノルウェーだっけ?アイスランドだっけ?』
て話を海でしてたら、隣にいたトーマスさんが、
『スウェーデンだよ。』って。
そうかそうか、トーマスさんスウェーデン生まれだね。
『サンタクロース論争ってあるのかな?』
あるある、だそうです。
『でも本当は物語だって知ってるけどね』

ころこら。

 

水温17度、透明度25m

2021年12月25日 (土)

年末の読書

Img_20211223_061610

「立花隆の最終講義」と言う本を読み始めた。
立花隆氏といえば、、
 ・三万冊を読み、百冊書いた
 ・田中角栄研究により内閣を退陣に追い込んだ
 ・知の巨人
そんな立花隆が、20歳の君へ、学生たちに思いつくまま伝えたいこと。
生きる上でのこれからのヒントを、様々なタイトルで講演した講義録。
実際そのジャンルというか話す中身も、
「死、戦争、自身の20歳、世界史、科学、宗教、スパコン、デカルト、、、」
と様々なものが語られる。
まぁ知ってたつもりだったが、その知識量に驚かされっぱなしだ。
これが一人の人間の脳、口から言語として本当に出てるのかと思うと、
いやはや驚きを通り越して、信じられないほど。
もしこれが立花隆でなかったら、自分は信じないかもしれない。
と言っても、語られるのは20歳の学生たちに向けて。
難しいに違いはないが、学生達でも分かるように、
また学生達を目の前にして語っているので、興味をそそるように話してくれる。
だから理解力の悪い55歳のおっさんが聞いても、そこは飲み込める内容。

 

これを読んでて思うのは、
『その年齢、時代にあった悩み苦悩、失敗は大いにやるべきだなぁ』とつくづく思った。
いままでは、“昔の自分に戻りたい”なんて思ったことが無いどころか、
あんな情けないほど自己中心的で、恐ろしいほど他人の話を聴かないわりには、
なぜか一つのことに邁進してしまう、
向こう見ずで自分勝手過ぎる20代なんて、恥ずかしいだけ。と思ってたんだけどね。
立花隆氏が学生達に話す内容を聞いていると、
『それが君たちの今の状況、君たちは何も知らない、』
とはじめ、語り出す内容はまるで20代の自分に語っているような、
はたまた、自分が20代の私に話しているような気がしてくる。
あぁ、そんな大バカ野郎でエネルギッシュな20代くらいの自分も、
今となっては良いもので、55の自分が当時の頃にタイムスリップして、
20代の私を静かに俯瞰しながら、こっそりほくそ笑んでみたいと思った。

 

いっぱい失敗したなぁ。

 

追記
立花隆氏は今年4月30日に永眠。
上記の最終講義は、2010年6月に東大生にした最終講演録。立花さんが70歳の時のもの。

 

 

追伸
明日は大寒波の中?海に行ってきます。

2021年12月23日 (木)

年末の、、

12月ってことで、
古いワックスをはがし、新しくワックスがけ。
腰がいてえっす。

 

Img_20211223_110923
良い天気で乾きも早い。

 

 

Img_20211223_112610
オオジャコの埃も取って、、
それにしても、お,重い。

2021年12月22日 (水)

海洋公園の帰りは、さっぱり味のこれ

Img_20211215_142823
お腹いっぱいだったのに、やっぱり寄ってしまった。
さっぱり味のぐり茶ソフト。
でも来年1月から値上がりだそうだ。。。

 

 

 

Masuku
曇止め加工を終え、ピカピカのマスク。

 

それと昨日海の中で思ったんだけど、
曇止め加工したマスクは見やすいです!!
なんて言うか、視界のモヤがないって言うか、
スッキリクッキリだよ。
とてもおすすめだ。
ご希望の方はお早めにお声かけください。
なかなか手間かかるものだから、私がめんどくさくなる前に、、、
(残念ながら度付きには対応してません)

 

2021年12月21日 (火)

おじサンタ、おねえサンタ、ぷーサンタ

日中はもう、汗かきました。まじまじ
透明度もバッチリ。水温18度、透明度25m.

 

 

Photo_20211221175403  
おじサンタ、お姉サンタ

 

Photo_20211221175401
こちらは、ぷーサンタ

 

Photo_20211221175201

 

Photo_20211221175301
ヤッホー

 

Photo_20211221175101
ありいサンタ

 


20mにあるXmasリース

 

 


黄色のサンタ帽は目立ちますね

 

Photo_20211221175302
また来てね!

 

ん~んやっぱ楽しいから26日も行こうかな?
26日が水中クリスマスイルミネーションの最後らしいよ。
急きょ行きたい人ーーー。いないかい?

 

2021年12月20日 (月)

ありがたやぁ

先日の朝、熱海横磯港に到着し、いつものようにバックで車を入れていると、
山口船長がすれ違いざまに、ニッコリ満面の笑みでOKサイン!
ヒラスズキの水揚げばっちりのサインだ。
思えばここ横磯港の山口船長にはホントお世話になってる。
12月ヒラスズキ、3月アンコウ、10月伊勢エビなど、
旬の特選素材を、毎年決めた日に必ず用意してくれる。
海のことだから天候、漁獲は時の運。
にもかかわらず、ほぼほぼ毎年、決めた日に行けば必ずある状態。
これはスゴいの一言。いや、有り難いの一言。
いつだったかの年は、
『ずっと順調に揚がってたんだけど、急にここ一週間ゼロなんですよ。』なんて事もあった。
それでも当日の朝には奇跡の水揚げ。
いやはやなんとも、持ってるのは自分か、お客さんか、山口さんか、
いずれにしても、なんと贅沢な遊びたこと。


あっちこっちで騒がれている温暖化の影響で、
魚の水揚げは全国的に相当減ってます。
(日頃穫れていなかった物が増えてることはあるけど)
特に旬の地物は今や高級食材だよ。
いづれは口に入らない、手に入らない、養殖しかない、
そんな日が来ることも、そう遠くない事なのかもしれない。
有り難くいただこう。

Pic0001fa_20211220133301   Img_20200208_104838_20211220133301  P3080038_20211220133801  Tg503231_20211220133401
《今後の特選素材の予定》
2月6日 金目しゃぶしゃぶ
 ・キンメしゃぶ&金目鯛飯

2月27日 天然能登寒鰤一本祭り 
 ・鰤しゃぶ&刺身
 ・ぶりかつ
 ・アラ汁

3月13日 鮟鱇汁
 ・鮟鱇どぶ汁
 ・アンコウ唐揚げ


追伸
『翌日のまかないまで旨い』
ヒラスズキの残りで、塩チャンちゃん風を作ったら旨過ぎで食べ過ぎたよ。

《塩チャンちゃん風》
◇材料
・ヒラスズキ半身
・キャベツ半玉
・ジャガイモ2~3個
・キノコ
・バター5片
・塩胡椒適量
・白ワイン適量

◇作り方
・フライパンに野菜を適当に入れる
・バター半分と塩胡椒
・野菜の上に魚を入れ、その上に残りの野菜。
・その上に残りのバターとさらに塩胡椒
・白ワイン少し入れる
・蓋をして火にかけ、蒸し焼きに
・上の野菜がしんなりしたら出来上がり

超簡単!うまい!魚がふわふわ。

◇ポイント
・健康が気になる方は、胡椒を多め塩少な目で
・蓋がやっと閉まるくらい野菜多めで
・野菜は何でも良いが、キャベツとジャガは必要かと。

2021年12月19日 (日)

12月の花火

ことしの夏はコロナの影響で色んな所の花火大会が中止に。
冬花火もいいもんです。空気が綺麗なので夏以上に花火がくっきりと。

 

 

Photo_20211219182302

 

Photo_20211219182301

 

Photo_20211219182401

 

 


12/18のミツボシたち。
数が減ってきたようではありますが、まだまだ元気はありますね。

 

旬の特選素材

恒例12月旬の特選素材!ヒラスズキを食す会。

なんかこれはもう、どこぞのお金持ちの道楽遊びではないか!
『何日に行くから、水揚げよろしく』と専属漁師に依頼し、
その日の魚を調理し食らうなんて!

今年も美味しいヒラスズキをたらふく頂きました。
ありがとうございます。
〆は冬の海上花火を観覧し、10時にお店着。
朝から晩まで満喫満腹の一日。

透明度20m、水温17.5度。予報より風は穏やかだった。

Image0_20211219115201
ヒラスズキ

 

 

Image2_20211219115301
調理開始

 

《本日の海ごはんメニュー》

・ヒラスズキの粕汁
・刺身
・ごはん

・シチュー&ロールパン

 

『これからシチューですか!食べれないですよ、お腹いっぱいで』
『え!ジャガイモ入れなくてもいいですよ』
と言ってたが、結果はキレイに完食完食。

 

追伸
次回特選素材シリーズは、2月の金目しゃぶ(2/6)

2021年12月16日 (木)

12月のクリスマスシーズンはやっぱり伊豆半島!!

暖かい与論島から戻って来ての真冬の伊豆。
朝は今年一番の冷え込みってことで、フロント凍ってましたは。
海の中はどうかな?
水温は18度で例年通り。陸もみるみると太陽パワー炸裂って感じで、
昼頃には日向は汗ばむほどだったよ。マジで。

ここ数年は12月だけ海洋公園に行ってるかな。
透明度良いシーズンなのと、クリスマスムード満載を撮影しに。
なんか今年はいつも以上に園内のデコレーションが素晴らしく、
しかも水中20mから施設の屋根の上迄?クリスマス一色です。
ホントおそれいりました。

 

 

Snow
屋根の上から

 

Photo_20211216135001
トイレ前にもサンタ

 

Turi_20211216134901
水深20m

 

Kaiyou
水中巨大ツリー以外にも、いたる所に

 

Photo_20211216135101
Xmasリース

Photo_20211216135002

 

Photo_20211216134901
サンタ衣装の貸し出しも

 

 


ひさびさにコブダイくんと遊んだ

 

 


園内の飾りつけ

 


水深4mにも、おしゃれなツリー

 

 

追伸
21火)にもオジサンズで海洋公園の予定。
オジサン達は興味あるのかな?
そうだ!サンタの格好してもらおう((´∀`))

2021年12月14日 (火)

南国だったよ。お声もあり

12/10からの二泊三日で与論島に行ってきた
冬のヨロンは、『はぁ~、やっぱ南国は違うねぇ』と唸るほど。
そう、めちゃめちゃ天気が良くって、終日連日半袖なわけよ。
昨年も確か同じ日程だったと思うんだけど、その時は雨で気温18度。
風も吹いてて『海の中の方があったかいんだけど』って感じだったから、
今年はうれしさが倍増!今回は24度で晴天続きだ。

帰る日の観光の時も暑いくらい。
こんな日は、島で一番高い建物のサザンクロスセンターの展望台。
ヨロンは山がない。平坦な隆起珊瑚の小さな島だから、
展望台からはぐるっと一望、360度のパノラマビュー。
とっても近い沖縄本島はもちろん、伊平屋島、沖永良部島、徳之島も望める。

 

Img_20211211_154752_20211213153801

まぁ天気がいいとビーチ巡りするだけで観光が成り立つのがこの島の特徴だ。
島の周りには数十カ所の白砂ビーチ。
どこのビーチもゴミ一つ落ちていなくって、珊瑚リーフとのコントラストが最高にきれい。
ゴミがないってスゴいよ。
漂着物すら落ちてないんだから。

 

宿泊施設のお食事も味と量共に好評で、
全て島の食材を使った和洋折衷。
お昼にはそのレストランに多くの人が食べに来る人気ぶり。
自分たちはダイビングの合間にもそこで、もずくそばを食べたけど、
お出汁が美味しくってね。
ダイビング器材の洗ったり干したりも含め、
色んな事で使い勝手の良いところでした。

来年もやっぱり12月は南国かな。

 

Img_20211212_120549
こちらは空港近くのお店
もずくそばの本家

 

Photo_20211213180901
人面岩

 

Nodotinnko
のどちんこ

 

Photo_20211213181001
夜光貝

 

 

Img_20211212_080115
残念なことが一つ。
愛犬マーゴが天国へ。
昨年のまぁ~ごの様子

 

追伸
参加者のお声の一部
    ↓↓↓

【大大大満足でした。】
  100% 良井朗子さん
昨年は天気が今ひとつだったので晴天のヨロン島に行きたくて参加。
暑い位の良い天気、空も海も青くて大大大満足でした。
ごはんもおいしくまた太って帰ってきました。
ヨロンは青い海。
サンゴや魚がたくさんできれいだった。

 


【半袖で過ごせる】
  100% 昭島市女性 T.Sさん
暖かいと聞いていたけど、東京が寒いので服装に迷いました。
南の島の海に久しぶりに潜りたい!!
ヨロンは気温が高く半袖で過ごせる天気。
海の中はたくさんの魚達に、
大好きなカスミチョウチョウウオもいっぱい。
この時期に半袖で過ごせる上に、海中はお魚パラダイス。
エントリーからエキジットまでずっと楽しめました。

 

【東京とあまりにも、、】
  80%昭島市男性 K.Sさん
行ったことがない島だったので。
ヨロンは素晴らしい島でした。
透明度も良く、12月でも気温高くまるで夏の様。
東京とはあまりにも違ってすごかったです。

 

 

 

2021年12月13日 (月)

12月の与論島

今年の与論島はぽかぽか、いや暑いくらいの陽気で最高の天気。
冬の南国は暖かかったよーーーー!

 

Img_20211212_092331
いかにもってリゾート風景

 

Photo_20211213153901
船の上もお日様たっぷり

 

Misuji
海の中は珊瑚たっぷり

 

Fuufu
ご夫婦でクマノミと戯れる

 


ヨロンは透明度良くって珊瑚キレイ

2021年12月 8日 (水)

リベンジです。

10日からは奄美地方最南端、魂の島・ヨロン島へ。
なんかここ数年は毎年12月に行ってる気がする。
この時期は観光客もほとんどいないし、島もホンワカして落ち着くね。
河川がない隆起珊瑚の島は、透明度抜群だし。
それにやっぱ暖かいもん。

奄美地方といってもほとんど沖縄に近く、
他の奄美群島の島々に比べ、より琉球文化が濃い感じだね。

昨年も、『暖かいですよぉヨロン。透明度いいし、
天気がイイと観光はビーチ巡りするだけで感動するから』
とか言ったセールストーク?に載せられ参加した方々。
ところがなんと!連日の雨、雨、そして気温18度・・・
おいおい、そりゃないぜ。
だから今年は『昨年のリベンジです』とおっしゃるものですから。
陽気が気になる気になる。

Photo_20211208131101
右の印がヨロン島

ウエザーニュースで風波予報を見ようと思ったんだけど、
なんかヨロン島がないんだよね。
そこでどうせ沖縄に近いし、
天気予報も島の人は沖縄北部の天気予報参考にするって言ってたから、
伊平屋島の天気を見てみると、、、
おーーー、風もおさまりそこそこ暖かい。23度~20度。
最低気温が20度ってのはありがたい。
あとはお日様が出てくれれば、、、、
どうかね?

 

 

追伸
これからメーカーのZOOMミーティングってやつ。
やったことないから出来んのかいな。
事前に練習してみよっと思ったら、
何だかミーティング10分前じゃないと入れない??
しかも店のパソコンにはカメラ付いてないぞ・・

 

2021年12月 7日 (火)

年末年始の楽しみ

一つ前のブログ記事で、『年末のイベントが続く、』、、
と書いたんだけど、今年は12/31が潜り納め。
そして潜り初めは新年2日から。
なんかこう書くとまるで働き者みたいに聞こえるけど、
まるっきりそんな感じでなく、『自分が好きだから』だ。
有り難いことに、年末年始に家に居たことがないし、
年末年始は海でしょ!って感じがずっと何十年続いてるから、
お陰で?ご挨拶周りとかもしたことが無く、
透明度のいい熱海の海に、潜って過ごすのが定番。

 

Photo_20211207131701

底から、この世で一番お幸せな時間は、
年末年始に熱海のツアーで、ダイビングの後にみんなで炬燵入りながらテレビを見る。
この時間が一番好きかも。
ちょっと欲を言わせてもらうと、コロナ禍って事も関係してか、
今年の泊まりはビジネスホテル。
そう、コタツでほっこりじゃないんだな。
ちょっと残念。


でも最近、冬にコタツって民宿も減ってるか。
あ、年明けの連休で行く伊豆大島の民宿は、
たしかコタツだったような、、、

 

手前味噌な話

先日のクリスマス会の参加者へのちょっとしたお土産は、
金沢の姉に頼んで金沢っぽい物を色々送ってもらった。
福梅、芝舟、俵屋、森八、、、などなど、
『金沢と言えば!』という昔からの代表銘柄から、
最近の洋菓子や、調味料、米、、とにかく色々。

 

Img_20211207_063252
自家製の味噌



送ってもらったその段ボール箱に、お味噌も入ってた。
料理好きの姉が拵えた自家製味噌。
しかも4種類も。
大豆、塩、糀を色々産地や品種を変えて仕込んだもの。
豆を浸す水にまで拘る徹底ぷり。いやはや恐れ入ります。
で、肝心の味の方だが、
コレはもう違いが誰にでも分かると思う。
そう、日頃飲んでる味噌汁と比較しての話ね。
例えて言うなら、
コンビニのおにぎりと、米農家のお婆ちゃんが作る炊き立てのおにぎりの違いだ。
成分表とかで調べると、きっとコンビニおにぎりの方がうま味成分多いんだろうね。
あれにはアミノ酸等とか、油とかいっぱい入ってるから。
『米の甘みって、塩加減ってコレだ!』と気づくってやつだ。

 

この自家製味噌の感想を一言で言うと、
『味噌汁って、お野菜の煮物なんだ!』と思った。
味噌の香りがたつのに、野菜の味はそれぞれしっかり味わえる。
主張しすぎない凄さってのかな。
これが本来の味噌のあり方なんだろうね。
なんか人間として、見習いたいよ。

カミサンは姉に電話して『お姉さんこれ売れますよ!絶対売れる』
ぐふふ、高値で売れる・・・みたいな不易な笑みを浮かべてた。


追伸
さてさて、寒さが増してきたけど今週末は南国与論島へ。
20度くらいはあるようだ。天気どうだろうね?
その後は、“特選ヒラスズキ&海上花火”、“クリツマスツリーダイブ”、
“大晦日潜り納め”と年末イベントが続きます。

 

2021年12月 5日 (日)

年末恒例のクリスマス会の様子

Pc050778

間もなく乗船

Pc050779
背が伸びたね

 

 

【天ぷらです】
★★★★★河野正樹さん
楽しかったです。
天ぷらお造りは最高でした。

 

【楽しみにしてました。】
★★★★★井口あゆみさん
とても楽しかったです!!
カモメに餌をあげました

 

Pc050791
オープンデッキにて

 

Pc050821
誰でしょう?

 

【鳥に餌を、、】
★★★★★羽村市T.Iさん
屋形船での楽しい会!
楽しかったです!

 

【カニを60パイ】
★★★★★鈴木知美さん
久しく海に行けてないので皆さんに会える
天気も良く、美味しく楽しかったです。
クイズ、輪嶋さんのお母さんが茹でたカニは60杯

Pc050799
スカイツリーも


 

【カモメの仲間は、】
★★★★★鈴木清之さん
ひさびさに参加しました。
とても楽しく過ごすことが出来ました。
ありがとうございました。
「ゆりかもめ」「かもめ」「うみねこ」は、
カモメの仲間らしい。
やっぱり揚げたての天ぷらはさいこうです。



Pc050815
プレゼントは何?


Pc050805
良いもの当たったかな

 

 

【和食か洋食か、気になる】
★★★★★八王子市K.Sさん
二年ぶりの参加で、楽しく食事することが出来ました。
開くことが出来て良かった。これからもやってほしい。
ユリカモメは怖い。

 

【メール】
★★★★鈴木正秀さん
輪嶋さんのお誘いメールで参加。
楽しかったです。

 

【オミクロン】
★★★★★福生市A.Mさん
一年の〆なので。
オミクロン大丈夫かな~
毎年美味しく楽しく過ごさせて頂いております。
かっぱえびせん持って行こうね。

 

Pc050813
これもらいました。!!

 

 

【かっぱえびせん】
★★★★★福生市M.Mさん
毎年恒例!!
揚げたて天ぷら美味しかったです。
来年はかっぱえびせん忘れないで参加します。


【楽しいひと時】
★★★★★茂呂秀一さん
わじまさんのお誘いで
とても楽しかったです。
屋形船とお料理と楽しいひと時

【家族で】
★★★★★小林章宏さん
毎年恒例!開催出来て良かったです。
楽しかったです。
今度は家族みんなできます。
今年も天気でよかったです。
お台場でカモメがたくさん。

 

Pc050816
料理しろよ

 

【天ぷら食べたくて】
★★★★★羽村市A.Mさん
すごい楽しかった。
みんなに会えてうれしかった。
初めてかも、チーム戦で良い結果でした。
屋形船ツアー最高です。

 

【和やか】
★★★★★宇佐美典子さん
毎年参加しているので。
今年はなごやかな雰囲気参加できました。
天気も良く都心の素晴らしい景色。
かんどうです。ありがとうございました。

Pc050801
わくわく

 

【美味しい天ぷら】
★★★★★河野直美さん
楽しかったです。
今回もお料理最高でした。
とにかく美味しいお料理です。

 

【フジテレビ】
★★★★★入間市T.Tさん
普段とは違う雰囲気で。
楽しかったです。
海からめったに行かないフジテレビが見れる。

Pc050803
プレゼントはコレ!


【プレゼントを考える】
★★★★★入間市M.Iさん
天ぷら美味しいです。
今年のプレゼントを考えるのが楽しいです。
年に一度の楽しみなイベント。
食べ物がおいしい、特に天ぷら!!

 

【1年終わらないので】
★★★★★福生市K.Tさん
毎年の楽しみ。
わの海のクリスマス会に参加しないと1年が終わらない。
初めての時から楽しませていただいています。
毎年ゲームは当たらないのですが、今年は当たって良かった。
晴天の下、屋形船からの景色と美味しい天ぷら。

 

 

Pc050820

 

ありがとうございました。

 

 

 

番外編

Pc030768Pc030762Pc030764
金沢のお土産
 
 

2021年12月 4日 (土)

オーダーマスク

Pc040773
オールブラックだぜ!!
ご注文のカッコイイマスクが到着しました。

 

Pc040775
さっそく曇り止め加工を行います。
完了までもう少しお待ちを。

 

 

追伸
明日は年末恒例のクリスマス会。
貸し切り屋形船で、熱々の天ぷらと景色を楽しんできます。

試作

冬はやっぱりね

 

Img_5160
ネギは焼いていれるべし!!
〆は蕎麦かな。
海ごはんの試食でした。

2021年12月 3日 (金)

冬の最適アイテム!だこりゃ

Neibi

一年前に作成したときに、
 『このパーカー暖かいですねぁ』
 『上着無しでもいけるくらい』
 『部屋でも愛用してますよぉ』
 『また作るとき声かけて下さい』
と好評いただいたオリジナルのパーカー。
寒くなってきたので、冬アイテムとしてまた作成しようかと思います。

いかがですか?
海でのマリンウエアとして、
部屋着でぬくぬく、
犬の散歩や買い物にも、
羽織るだけで軽くて暖かい。
一着あれば絶対役に立つ。
昨年購入したなら今度は別の色も、、、
新色も出て、プルオーバーorフルジップと選べます。

 

2021年ウインターウエア

Papuru

とにかく暖かく軽快にならプルオーバー
(パープル)

 

Jixtupu
アウターとしても使えるフルジップ
(ヘザーグレー)

 

   Photo_20211202183401   Gurinn   Sutonn   Photo_20211202183301
     ブラック           新色 スモーキーグリーン     新色ストーンブルー        新色アッシュ

 


Kimou
ふわふわで温かい裏起毛

 

《タイプと色》
 ・フルジップパーカーorプルオーバーパーカー
 ・ヘザーグレー、パープル、ブラック、スモーキーグリーン、ストーンブルー、アッシュ

《ロゴ色と位置》
 ・左胸ワンポイント刺繍


 P1150443  P1150444   P5250617

《プライス》
 ・プルオーバー、フルジップともにS~XL 税別6800円(XXL~7600) 

《ご注文期間》
  ・受注生産品のため、12月20日〆切 

お電話 042-554-4419
メール info@moguro.com
サイズと色をご指定の上ご注文下さい。


例)『プルオーバーパープルのLと、フルジップのブラックXLを各一枚』!!みたいに。

 

    

2021年12月 1日 (水)

もうすぐです。

1638310857015

まもなくハバノリの季節。
正月はハバノリ雑煮にしてみようかな。

« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ