« 謎の穴の中 | トップページ | なんでか7本?! »

2021年9月24日 (金)

ネタ元

日本全国の島々を網羅した、島だけに特化した本がある。
その名も“SHIMADAS(シマダス)”。
例えば、トカラ列島の中に臥蛇島と言う無人島があるんだけど、
ここがどのくらいの大きさで、どんな経緯で無人となったかも記されてる。
もちろん有人島に至ってはすべて網羅!
大きさ、人口、島の産業、宿泊、歴史、文化、島の自慢、関係のある小説、
島の方言に島料理まで!!! こりゃありがたや~。
まぁとにかくすごい情報量だから、分厚いこと分厚いこと。
なんせ掲載されてるのが1700島を越えるんだから。

 

P9240679
2004年版 日本の島ガイドSHIMADAS
財)日本離島センター発行



この“SHIMADAS”だけど、今まで何度か改訂版が出てるんだよね。
新刊では、掲載の島が増えたり、人口なんかも推移するからそれが反映されてる。
一昨年だったかな、これの新装刊が出てね。
何年ぶりだろう?10年くらい?、、
なんと15年ぶりの改訂だって。
今、自分の手元にはその旧刊がある。2004年版のシマダス。
このシマダスには1200以上の島々が掲載されてて、
そりゃ役に立つのも当たり前だが、それ以上にパラパラめくるだけで楽しい♪
いわゆる人が住める島だけでなく、
ソウフ岩、銭洲、鷹島、久多島、津倉瀬、大蟇島、宇治群島、草垣群島、、
こんな島まで掲載されてるってのがすごいね。

さ、てことで新刊を早速注文。
だって600島以上も増えたんだから、こりゃ頼まないわけにいかない。
でも1712ページって分厚すぎない?
でも旧版との比較も楽しみだ。

P9240680
これより分厚いってこと?

 

P9240681
情報がビッシリ。

« 謎の穴の中 | トップページ | なんでか7本?! »

島旅」カテゴリの記事

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ