« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »

2021年9月

2021年9月29日 (水)

島の秘湯

P5240051_20210929022101
開放感たっぷりの温泉  硫黄島

 

来年は何の心配もなく、色々な島の温泉につかりたいものだ。

台風向かってきてるね。

鹿児島の海はどうかな?

ウネリが入ってるかな?

ま、行ってみないと分かんないね。

 

 

 

 

2021年9月26日 (日)

結婚しました。


結婚されたので水中で祝ってみた。
後半のカワハギくんがいい仕事します。

 

Kextukonn
おめでとーございます。

 

今日は北東の風が強めだったので福浦へ。
1本潜って上がったら、駐車場が凄い車。
風の影響で大人気となりました。
透明度8m、水温25度。幼魚増えてますね。
トゲチョウ、アケボノ、ソメワケヤッコ、、、

2021年9月25日 (土)

届きました!

P9250682
右が最新版! 情報増えても厚み変わらず

 

P9250683
見やすいレイアウトに変更
紙質が辞典のように薄く

 

P9250686
なんと索引はフルカラー。
これなら検索が楽。

 

P9250684
デン島も、

 

P9250685
ニヨン礁も、

 

P9250687
ココもあそこも、、、萌える

 

 

追伸
人口も随分変わっていたので、最新の情報に更新しておこう。

 

なんでか7本?!

Modelb21161
各国の台風予想進路

 

海関係の人たちは台風関連の情報が気になるころ。
強い⇒非常に強い⇒猛烈な、、この上は無いらしい。
ウェザーニュースのサイトでは、いつも台風の進路予想を3本示してくれる。
気象庁、ウェザーニュース、米軍の3本。
ところが、今回に限ってなんの気の変わりようか、7本表示に!!!
上の3つに、英国、米国、欧州、気象庁モデルが加わった。
各モデルとも、北東に転ずる予報になってて、これはどうやら確率が高そうな。
ただ、方向を変えるタイミングはそれぞれ違いがある。
ほえ~
大きな被害が出ないことを願います。

2021年9月24日 (金)

ネタ元

日本全国の島々を網羅した、島だけに特化した本がある。
その名も“SHIMADAS(シマダス)”。
例えば、トカラ列島の中に臥蛇島と言う無人島があるんだけど、
ここがどのくらいの大きさで、どんな経緯で無人となったかも記されてる。
もちろん有人島に至ってはすべて網羅!
大きさ、人口、島の産業、宿泊、歴史、文化、島の自慢、関係のある小説、
島の方言に島料理まで!!! こりゃありがたや~。
まぁとにかくすごい情報量だから、分厚いこと分厚いこと。
なんせ掲載されてるのが1700島を越えるんだから。

 

P9240679
2004年版 日本の島ガイドSHIMADAS
財)日本離島センター発行



この“SHIMADAS”だけど、今まで何度か改訂版が出てるんだよね。
新刊では、掲載の島が増えたり、人口なんかも推移するからそれが反映されてる。
一昨年だったかな、これの新装刊が出てね。
何年ぶりだろう?10年くらい?、、
なんと15年ぶりの改訂だって。
今、自分の手元にはその旧刊がある。2004年版のシマダス。
このシマダスには1200以上の島々が掲載されてて、
そりゃ役に立つのも当たり前だが、それ以上にパラパラめくるだけで楽しい♪
いわゆる人が住める島だけでなく、
ソウフ岩、銭洲、鷹島、久多島、津倉瀬、大蟇島、宇治群島、草垣群島、、
こんな島まで掲載されてるってのがすごいね。

さ、てことで新刊を早速注文。
だって600島以上も増えたんだから、こりゃ頼まないわけにいかない。
でも1712ページって分厚すぎない?
でも旧版との比較も楽しみだ。

P9240680
これより分厚いってこと?

 

P9240681
情報がビッシリ。

2021年9月22日 (水)

謎の穴の中


4者共存の穴?

 

Photo_20210922161201
動画から切り出した画像なんだけど、
ネジ、ダテハゼ、テッポウエビ、ハナハゼ、、
これらが仲良く共存してるとは思えない。
もっと利己的な関係だろうね。

神集う島のお話

一つ前のブログで神津島のことを書いたら、
『神津島はいつですか?』と早速メールが来た。
来年です、来年。2022年のスケジュールに、
日帰り遠征第二幕・神津島divingを企画する予定。
今年ではありませんからねぇ。
いや~久しぶりだぁ。

せっかくだから、すこし島のことを書いてみよう。


《神津島》
・所在:東京都神津島村
・面積:18.48km→比較(大島91km、御蔵島20km、利島4.1km)
・人口:1891人→比較(大島9224人、利島337人、八丈島7613人)
・標高
:天上山574m→山頂からの景色は新東京百景色に選定。

・交通:東京竹芝桟橋から東海汽船フェリーで、
    大島、利島、新島、式根と経由して、最後に神津島港に到着。11時間30分。
・島じまん
   :海の透明度が非常に高く、毎年の都の水質検査でAAを獲得するほど。
    山と緑に囲まれ、島内各所で綺麗な清水が湧き、水質、味共に定評。

・その他
  昔は“上津島”と記録されているが、伊豆諸島の水分け会議を開くため、
  島の神々がこの島に集まったことから、神津島と呼ばれたとか。
  ちなみに水分け会議に寝坊して遅刻したのは利島の神様。
  このため利島は例年水不足で水は貴重。


どうだい?神津島のことが少し分かったかな?
自分としては、タカベが多い、どえらく広い温泉(100人以上入れる露天)、そして焼酎は盛若。

 

Mizu
水分け会議のモニュメント
寝坊した利島の神様。『なんで遅刻したのよ!』

2021年9月21日 (火)

島への日帰り遠征第二幕

日帰り遠征第二幕・神津島日帰りチャーターダイブ

 

Photo_20210921171801
神津島の風景 その1


日帰りでイケるエクスペディション(遠征)。
今シーズンの第一幕は、利島ダイブ&ドルフィンスイムでした(10/9が今季ラスト)。
熱海港から楽々チャーター船でのサクッと日帰り。
そして来期の遠征はいよいよ第二幕です。
今度は伊豆七島北部航路の最南端、神集う島の神津島への日帰り遠征ダイブだ!!。
伊豆七島の中でも大型遊漁船の数がダントツにお多い神津島。
大物から高級魚までの釣果が最も多い事でも知られる島。
そうなんです!すっごく魚、多いんですわ。
そこに日帰りで潜りに行ける。

スケジュールとしては、チャーター船で早朝下田港発。もちろん寝ていけます(冷暖房完備)。
神津に到着後朝食休憩。そしていよいよお魚パラダイスでのダイビング。
2ダイブ後にランチして、オプションで3ダイブ目も可。
帰りに温泉でさっぱりしたら下田には4時頃もどり、
あとは観光しながら8時頃お店着のプラン。

いかがですかね?来期のスケジュール、チェックしててね。

 

Photo_20210921171901
神津島風景 その2 ん、若い?

ある快晴の日の大瀬崎


イバラカンザシのあるある



Photo_20210921153201
日本一のポイント

 

Photo_20210921153301
先端ポイントのアカオビハナダイ

 

 

Photo_20210921153102
二年ぶりのダイビングにテンションあげあげ

 

 

Photo_20210921153101
イバラカンザシと、

 

Kao
人面?!

 

外海の砂地にガーデンイール林が普通にあった。
あんなにいっぱい群れてるなんて。
100や200じゃない!あたり一面チンアナゴでした。

2021年9月17日 (金)

秋の島旅では、、

土地柄ってわけではないけど(入間)、お茶はホントよく飲む方だと思う。
若い頃は冷たい物ばかり飲んでたのに、不思議だね。
ほうじ茶、番茶、紅茶と色々あるが、自分は緑茶を毎朝がぶがぶ。
これだけ毎日飲んでると、もう飲まずには居られない。
だから島に出かけるときも、ドリップコーヒーと共に緑茶ティーバッグは必需品。
当たり前だけど、このティーバックにも旨い不味いがあり、
(厳密には、好みが分かれるってことだろうけどね。)
何を買おうか迷うところだ。
そんな中、おぉぉコレは!って思ったのが(ティーバックの話ね)、
伊豆で買ったぐり茶と、鹿児島の道の駅で買った知覧茶。
どちらも濃く出て、ほんのり甘みがある。


緑茶は最適温度ってのがあり、良いお茶ほど温度が低いようで、
お湯は必ず沸騰させ、その後70度ほどに湯冷ましして注ぐ。
とは言っても、家ではともかく外で、ましてや船の上なんかでそんなこと言ってられない。
必然的に携帯するポットからお湯を出し、コップにティーバックを入れ注ぐ。
最近のポットは性能がよろしく、2、3時間では中のお湯がほぼ冷めてない。
多分90度くらいはあると思う。
だから自分の好みは、熱いお湯お入れてもおいしい緑茶ってこと。
結構ありそうで無いんだよなぁ

 

さてさて、秋ともなれば朝晩の冷え込みが増します。
また、風の強い日は海から上がると特に冷えを感じ、
暖かい飲み物が染みる季節。
8月の島旅ではクーラーに入れた冷たい飲み物が主流だったけど、
(それでも朝晩は暖かいお茶を飲んだ)
10月の島旅では、衣替えならぬドリンク替えしなきゃね。

Img_20210917_132952
夏用に買った、水出し茶

 

Img_20210917_133002
いつでもお湯が沸かせる

 

2021年9月11日 (土)

大瀬崎にて、、、、


先端ではキンギョハナダイ、ソラスズメをかき分けて

 

 

100_20210911173501
大瀬神社の前で

 

 

Umino
湾内にあった熟成酒

 

 

Photo_20210911173602
湾内魚礁、15mにはアカオビハナダイ

 

Keki
食後には豪華なデザート

 

 

Photo_20210911173601
おめでとうございます。
M田ご夫婦からの気の利いたお祝い
美味しかった!!ありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年9月10日 (金)

申し訳ない

鹿児島は安い!

枕崎でのある日のランチ。
青物刺身、白身魚の天ぷら、ゴーヤちゃんプル鰹節あえ、
香物、味噌汁(鰹節風味すごい)、ご飯

これで770円は申し訳ないな。東京高すぎる

 

ちなみにこんなお得なお重もございます。
   ↓↓↓
Tg525330 
一段目 カツオ刺身、藁焼き、天ぷら

 

Tg525331
二段目 籠豚カツ 煮物 生姜焼き

すっごいボリューム!2000円

 

来月も楽しみだ。。。

2021年9月 9日 (木)

良い香り

P9090676
まな板を新調した。良い香りがする

 

 

P9090678
分厚くしっかりした国産ヒノキ。

2021年9月 7日 (火)

秋の島旅も期待!!

Photo_20210907111001
船の上から覗き込んでいるのは何かって言うと、、、

 

 

Kagaminoumi
鏡の様な水面に映る自分たちと雲、、、
8月のダイブクルーズの一コマ。
10月もこんな海だったらいいなぁ~。

 

 


イルカの歓迎まで

 

 

2021年9月 6日 (月)

あなたが9月の伊豆に行くなら、、

水温のお話。
昨日ロクハンで潜ったら、、,死ぬほど暑かった。
もう水中で水入れっぱなしでもダメ。パニクるかと思うくらい暑いのよ。
だって気温も低めで天気もどんより、
『こりゃ寒そうだな』、『前回まではドピーカンのズバ抜けの南の海だったし』
って考えたんだよね。それに伊豆では上は水温高くっても、
下まで行くと「うわ、冷た!」て事がよくあるもん。
でもね、20m行っても何処いっても26~27度くらいあったよ。暑っ!!
あわてて二本目は用意してきた薄手(3mm)ジャケットに衣替え。快適でした~。

 

海はおためし講習組とボートダイブ組に分かれてスタート。
雨の影響はどうかな?
上から見ると明らかに濁ってそうなんだけど、、、
でも3mも潜るとけっこう明るく、青い水色。
魚もどんどん増えてきていて、いたる所で幼魚が成長してるのが観察できます。
イワシが雲のようにおびただしく群れ、
そこにイナダやカンパチ、上層ではソウダカツオがガンガン補食モード。
と、ボートは良い感じの海だったんだけど、
おためし講習のビーチは、昼頃から雨水が入ってきてけっこう濁りが強くなってきた。
ま、それでも講習の仲良し幼なじみチームは終始楽しくやっておりました。

 

Photo_20210906133601
小田原のアジを使った押し寿司

 

Photo_20210906133701
焼きたてを

 

海ごはん
・鉄板のアジ寿司
・やす兄ぃのカツオ衣焼き
・お口直しに伊豆ぐり茶とゴールデンオレンジジャム

カツオは肉厚に切ったつもりが、もっと分厚くカットすれば良かったなぁ。
外は焼けて中レアくらいが良かったと思う。
次回頂いたら、カツオステーキばりにしようと思う。
それにしても、、、旨い。

 

Otamesi
幼馴染のお二人

 

【魚がいっぱい】
★★★★★国分寺市 女性 R.Sさん
久しぶりの海で少し恐怖心がありました。
とても丁寧に楽しく教えて頂いて、
恐怖心もまったくなく、楽しんでできました。
食事もとてもおいしかったです。
魚がいっぱい見れました。

 

【可愛いお魚がいっぱい】
★★★★★羽村市 女性E.Iさん
気温が低くくなってきたので寒くないか気になりました。
アサムラマリンが自宅近くなので、気になっていました。
久しぶりに海に入って楽しかったです。
食事も美味しく満足。
熱海の海に潜ると可愛いお魚がいっぱい!


2021年9月 4日 (土)

夏のダイブクルーズのお声


トカラ ニヨン礁

 

Ginn
カンパチに引き続き、ギンガメに巻かれ至福の女

 

【宝くじに当たったような、、、】リピート率98%
   福生市女性 K.Tさん

今まで行ったことのないところで、初めての海の中を見てみたいと思いました。
事前の説明を受けましたが、初めてなのでわくわくドキドキ。
一緒に参加された方が常連の方々だったので、色々話を聞けて良かったです。
海の色、空の色、夏の雲、魚たち、途中でイルカたちにも歓迎してもらい、
ごはんも何もかも、とてもとても良かったです。
こんな事はなかなかないと言うべた凪の海、海に映った船、全てが貴重な出来事。
まるで宝くじに当たったように思いました。
また参加したいです。
100%でないのは貯金を頑張らないと、、、

 

【来年は臥蛇島へ】リピート率100%
   羽村市 河野正樹さん

コロナの状況や天気が心配でした。
7月にはたどり着けなかった、潮騒のご飯が食べたいし。
今回は天気も凪ぎも良く、久しぶりにニヨン礁までいけました。
デン島、丸瀬、ヤクロ瀬、良かったです。
是非来年も屋久島、ニヨンを目指しましょう。
そして臥蛇島へも!!



【なんてラッキーな、、】リピート率100%
   羽村市 河野直美さん

前回台風の影響で屋久島まで行けなかったので、再チャレンジ。
天気、海況ばつぐん。このタイミングで参加して本当にラッキー!
ご褒美的なことがたくさんありました。
鏡の様な水面、イルカと並走(すごい群れに囲まれる)。
硫黄島、口永良部島、、上陸はないんだけど海から見る景色は最高!!

 

 

2021年9月 3日 (金)

日帰り伊豆諸島遠征のお声

Photo_20210903104701
【海の美しさに感激】リピート率99%
  青梅市女性 Y.Hさん
スキル的に、外洋でのダイビングが少し不安でしたが、
直前のレクチャーを受けたり、潜降も補助してくれたので
安全にダイビングができました。
ドルフィンスイムも事前に説明があったので、特に心配はなかったです。
天気にも恵まれ、ラッキーにイルカも見れてとても楽しかったです。
それと、利島の海の美しさに感激しました。
水深20mでもとても明るく海が透き通っていました!


Photo_20210903105001
【日帰りで贅沢】 リピート率80%
   青梅市女性 N.Uさん
イルカさんがいないとのことで、会えないかもと心配でした。
でもやっぱりイルカさんに会いたいので。
会えて良かったです。
生憎昼寝中でしたが、子どものイルカさんが大きく成長してました。
ダイビングも水がキレイで楽しかったです。
日帰りで両方できるのは贅沢です。


Photo_20210902173701
【ダイビングだけでも行きたい!】 リピート率100%
    福生市 良井朗子さん
前回天気が今一つだったので、晴天の下参加したいという思いと、
利島でのダイビングもとても楽しかったので。
天気は晴天とまではいきませんでしたが、
雨予報だったわりにはまずまずの天気でよかったです。
ドルフィンスイムも楽しみだったのですが、
ダイビングが楽しみだったので、透明度も良くカメさんも近くで見られて大満足です。
前回もですが、今回もカメがあちこちで見られて可愛かった事、
特に今回はダイビング中に近くでカメが見ることができました。
帰りの船がすごい揺れて体が浮き上がりそうなぐらいすごかったです。
ダイビングonlyなら200%リピートです。

イルカだけでなく、カメさんもよく見かけます。



Photo_20210904124601
魚屋さんアサムラマリン

個人的には、あの船に乗りたい、カツオ食べたい
そのために行く!みたいな。

2021年9月 2日 (木)

島は晴れてた


晴れにテンション上がる↑

 

 

安全停止(*´ε`*)チュッチュの方々
  

Photo_20210902173501

 

 

Photo_20210902173701

 

 

Photo_20210902173601

 

 

 

 

島は本土と天気も気温も違うのね。

今年二回目の、「日帰り伊豆諸島遠征・ダイブ&ドルフィンスイム」に行ってきた。
9月からは一気に秋めいて涼しくなる。
そして雨、午前中は強めの風、そんな予報でのスタートだった。
しかも前日に連絡を取ると、
『今日で3日目なんですけど、イルカが居ないんですよ。
もしかしたら、戻ってくるまでしばらくかかるかもしれないんですよね、、』
となんだかマイナス情報ばかりじゃござんせんか。
でもまぁそこは自然の生き物、いたしかたない。
『イルカ居なくても、ボートダイビング出来るから行きますよ。』

 

そして当日。
早朝チャーターボートで熱海港を出発。
なんだか風も弱く雨も止んでる。
『こりゃラッキーだね。』なんて事を言いつつ、船室で皆さん仮眠。
利島が見えてくる頃には晴れ間が見えて来た。
んで、けっこうと言うか、かなり暑い。
そう、全然違うわけですよ、気候が。
島は来てみないとわかんないね。

 

 

Photo_20210902172301 


Photo_20210902172501
そして、イルカは、、、、、
これが会えたんですわよ!
利島の隣の鵜渡根島と言う無人島の周りを元気にファミリーで泳いでました。
ウミガメ、タカベを見つつのドルフィンスイム。
そんな訳でダイビングとドルフィンスイム、
そして船長やす兄ぃの釣ったカツオお土産と、
今回も1日中満喫の遠征であった。
帰りはかなり風が強くなったけど、、、

 

Photo_20210902172401
次回今年最後の日帰り伊豆諸島遠征は10月を予定してます。

 

2021年9月 1日 (水)

夏のデン島


初日に潜ったデン島。
凪でスコーーンと抜けた透明度。
潮も大変穏やか。

 

 


最終に潜った硫黄島ヤクロ瀬の浅場。
光が入ってほんんにキレイ。

 

Nginoumi
そりゃ楽しくなる水面だ。雲が映ってる。

« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ