« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »

2021年8月

2021年8月31日 (火)

ひさびさのトカラ海域はこんな感じ

もう秋ですね。でもほんの数日前までは真夏。
そんな夏のダイブクルーズの続き。

 


ニヨン着くと、今まで見たことがないくらい潮がゆるゆる。
ここはいつも黒潮直撃だったはずですが、、、

 

Photo_20210831133602
ニヨン礁で潜ったのは、丸瀬と南のハナレ。
南のハナレは更に潮がたるんで、海王瀬まで泳げました。
ひさびさにトカラの流れをって身構えてただけに、チョっと意外かも。
でも透明度バッッツグンの暖かい水中を大満喫。
思わず南まで走りたくなった、そんな海況でした。
来年はトカラの各島に泊まれるようになりたいですね。



 

 

島はコレだけでいい


硫黄島ヤクロ瀬にて 

 

Photo_20210831135401
ひさびさに口之島が見え、絶好のコンディションにテンション上がるご夫婦

 

油を引いた海、鏡のような海、雲が映る海、、、
どう表現すればいいのか迷うところだけど、
大海原で経験すると、何物にも代えがたい有り難さだ。
伊豆半島をはじめ、海岸近くではけっこう経験するけど、
沖に出てここまで凪いだのは、記憶の引き出しに入って無い気がする。
枕崎を出て、硫黄島海域も、屋久島も、そしてトカラも、
ずっとずっとの凪。いやむしろ、南に行けば行くほどかな。
できるなら、半分どっかに回してほしいよ、この凪の海を。


でもこれも、毎日の事だと有り難みを感じないんだろうね。
だっていつものことだもん。
あなたも毎朝太陽に感謝しないでしょ、
毎日心臓に「今日も鼓動ありがとう」ってないよな普通。
荒れた海を経験するから、有り難さが身に染みる。
おぉぉぉ、なんかピンと来た。
幸せってのは“普通のことに有り難い”って思えることかもしれんね。
人生を考えさせてくれるくらい、それほどの良い海だったてことかな。


追伸1
10数年ぶりに、顔の皮がペロペロ剥けた。


追伸2
10月の屋久島もまた、期待しちゃうってのはあさはか?


追伸3 今後の予定
 9/17夜~20 佐渡島
 10/1~3 屋久島ダイブクルーズ
 10/9土) 日帰り伊豆諸島遠征ダイブ&ドルフィン
 

屋久島から


水先案内人 ニヨン礁からの帰り

 

 

Photo_20210831133701
本土に見えるは開聞岳 素晴らしい凪

 

『今回の島はどんなでした?』と聞かれれば、
真っ青な空に綿菓子雲が浮かび、それが水面に映るほど(喩えではなく)の海況。
島への移動中にずっとニヤニヤしちゃうのは、
イルカの大群が先導してくれるのもあるけど、
やっぱり屋久島から南南西に進路をとったからかな。
何年ぶりだろう?この海域は。
海ははさらに青さをまし、船はまるで青い鏡の上を滑るように進んだ。
灯台瀬と口之島が見えてきた。

 

Photo_20210831133702
硫黄島も凪ぎ

 

 

Nginoumi
これ以上無いってくらいの凪

 

 

Photo_20210831133602
ニヨン礁まで来てもコレ

2021年8月29日 (日)

屋久島の朝

Img_20210828_053458
屋久島宮之浦地区 民宿の朝の景色

 

難しいねぇ。
毎日凪だとさ。どこを潜ろうやら、どの島に向かおうやら、、
なやましい位に、この日も一日中いい凪だった。

2021年8月24日 (火)

自家製の、、

Img_20210824_123300
ブルーベリージャム

 

 

先日、海ごはんの際の持ち物をかなり忘れ物してしまった。
でも結局何とかなったんだけどね、
何とかならなかったのが、コンビニにもどこにも売っていない自家製ジャム。
デザートでヨーグルトの上にかけて食べてもらおうと、
初日にレモン、2日目ゴールデンオレンジと持って行くつもりだったのがー、
見事に忘れた。準備したスタッフと参加者にブーブー。



今度は忘れないようにしなきゃ。ブルーベリーヨーグルト。
ミルクとシェイクしてシャーベットにするとこれまたいけました。

 

追伸
ホントにこんな条件イイんだろうか?
安心できんね。

Week7_20210824124501

 

極似ですが、別種

Aoaji
先日いただいたアジ。
マアジでなく、マルアジ(アオアジ)といます。
マアジより若干南方?で、鮮度劣化も早いとのこと。
パッと見では識別が難しい。
捌くと分かるけど、ゼイゴのカーブの位置がマアジは胸びれ端と一致するのに対し、
アオアジは胸鰭とかなり離れたところからカーブする。
あとしっぽの手前に、ちょろっとヒレが出てる。(マアジにはない)
なんとなく細めかな?

まぁどちらにしろ、旨かったと言う事で。

 

 

 

一個に一リットル

Img_20210824_074036

金沢の姉から梨が到着。
毎年送ってくれるんだけどこの梨、
一見普通っぽいのに特筆すべきはその果汁の多さ。
一かじりするたびに、甘い水分が滴り落ちる。
一個に一リットルくらい果汁入ってるんじゃないかって感じだ。
もう梨ジュースをくるんだ梨って感じ。

ぜひ貴方にも食べて欲しい!と思いつつ、、気持ちだけ伝えました。

 

金沢には海の幸以外にも美味しい物が色々あるね。
和菓子や佃煮、野菜、漬物、おでん、、、
あと謎のとろろ芋で、だら芋ってのがあるんだけど、
カミサン曰く『あの粘りは最強』らしい。

2021年8月23日 (月)

こんな海でした。

Aoaji

 

船長から駿河湾で穫れたアジをいただいた。
沖を回遊する旨い奴。
捌くと腹にはいい感じの脂がのってるし。
薬味をのっけ刺身で味見をした後は、
軽く粉を振ってフライパンで焼くと、、
「なんぼでも食べれる!!」
さらにスタッフ柴の特性南蛮タレに漬け込むと、
「無限にイケる!! 野菜もしゃきしゃきや!」
ほいでカレーパウダーで風味を漬けてカリッと焼くと、
「こりゃ鉄板ちゃいます?」 
お隣のフォーリンナーさんにも『まぁ~食べてみなっせ~、さぁー、さぁーって』
んん~ん、国境越え! 地球の裏側までいった。


あぁ、ごはんの話ばっかだった、、、
海の方も順調に大雨の影響から回復。
日に日に透明度アップしてるね。
水面25~26度、水中24~25度。透明度10~15m。
楽しませてくれた、大きな大きな黒いオオモンカエルアンコウ以外も、
浅瀬の魚が半端ござんせん。
水面付近の浅根の頭には、メジナ、クロホシイシモチ、タカベ等々ぐっちゃり。
根から離れたところは、イワシ追っかけイナダ、カンパチっ子が運動会。
目を落とせばミナミギンポ、ミアミラウミウシ、ゼブラガニ、ムチカラマツエビ。
と、そんなマクロからワイドまで楽しめる海だった。

 

わの海 夏の浅瀬の光景


夏の浅瀬の光景

何でしょう?何を撮ってる?


何の撮影かな?

 

Miamira_20210823133001
ミアミラウミウシだすね。

2021年8月22日 (日)

癒しの水中


わかるわかる

動画 黒くて大きな・・・


大きいオオオオモンカエルアンコウ

 

 

Ataminokaeru
わかり難いね

 

 

やつはオオモンだ!

お客さんが水中でなんか黒物体を写真にとってるから、
何かなぁ~と覗いたら、
超でかいカエルアンコウだった。
ヒレがカエルの足のように岩にふんばって、およそ泳ぐには不向きな魚。
大きいから正面回ると顔がかなり厳つい。

画像は後で載せます。

 

追伸
ジャム、めんつゆ、まな板、おたふくソース、、、以上が今回の忘れ物

 

2021年8月19日 (木)

やっったぁ!うれしーー

そろそろ店閉めるかなって思ってたら、携帯が鳴る。
『もしもし魚久ですぅ』
おおおー、心配してましたよぉおおおーーーー。
ってことで、魚久の親父さんから電話が来ました。
あ、そうそう、魚久さんは伊豆山の魚屋さんね。
土砂災害の影響でなかなか前のようにすぐって訳にはいかないけど、
ぼちぼち品物を並べてるそうです。
店の行き方も聞いたので、こりゃ魚買いに行かなきゃ。
買いますよ買いますよぉ~
活きの良いのうってちょーだい。

 

わざわざお電話いただいて、ありがとうございます。
郵便局さんもありがとう。道が寸断されているときも、
ハガキ届けてくれたんだね。

 

Tg503231_20210819193601
魚久の金目

 

追伸
伊豆山真弓丸さんからもお手紙のお返事がきました。
家族元気、猫も元気で無事をかみしめているとのこと。
避難所から書いてくださいました。
自分が大変な時に、ありがとうございます。

 

 

小さな島々

Pic0001f2

小さな小さな島々への旅を毎年楽しみにしてる。
あまり知られてないその島々は、とても魅力的で感動と感激のある人と島。
でもこの社会ご時世ではなかなか宿泊するのが難しい。
トカラ列島、硫黄島、口永良部島は島内に病院がないこともあり、
観光目的の渡航は日帰りも含め、自粛要請が島から出てる。
小さな島々への旅は、もうしばらく先になりそう。


それでも9月は佐渡島、10月は屋久島、11月は南紀白浜、
そして12月は与論島はウエルカムとのことなので予定してます。

 

04_20210819150801
口永良部島は雪は降らねど星が降る

 

Pic000234_20210819150901
硫黄島の秘湯

 

 

P9200395_20210819150801
巨大エチゼンクラゲにご挨拶中
9月は佐渡島、空席有

 

Pic0000d9
屋久島より出港風景
10月は屋久島 空席有

 

 

Img_5485_20210819150801
南紀白浜の白良浜
11月は南紀白浜 空席有


 

Pc150030_20210819151401
12月は与論島 空席有

 

 

 

夏の海


のんびりしてるアカハタくんの邪魔をしちゃった。。

 

 

 

Photo_20210818170801
まったり潜れたようで。

 

 

Wakarukana
こんな子もいました。
わかるかな?

 

 

Sakasama
ちょっとアップで。わかる?
逆さなんだよね。




Kaeruannkou
オオモンカエルアンコウ

 

 

 

 

 

2021年8月17日 (火)

Img_20210817_161434
まだまだ暑い日はやってくると思い、
海ごはんの定番の美味しいうどんを注文。
いつもは生麺タイプだが、乾麺も美味しいことがわかったので。

Img_20210817_161442
気になっていた商品(さくら細うどん)のおためし品も入れてくれた。
桜葉が練り込んであるそうだ。

島旅に最適なのは、やっぱり、、、

今日の雨だけど、幾分穏やかに感じる。
あれだけ滝の様な雨を経験しただけに、、
夏は戻るのかね? まさかこのまま秋じゃないよな。

(雨の被害にあわれた方々、まだ前線の影響がある予報です。くれぐれもご注意ください。)

雨が続くとイヤなのが、洗濯物が乾かない現象。
そこで改めて、やっぱり島旅、海遊びには手ぬぐいが最適かなって。
こんな陽気でもすぐ乾く、臭くならない、軽くコンパクト、柄が楽しめる、肌触り気持ちいい。
ん?欠点なに?
女の人は風呂あがりに手ぬぐい一枚じゃぁ厳しいかもね。
でも自分はコレ一枚で解決!
てことで、また手ぬぐい作ろうかな・・・
Img_20210816_081742
ひょっとこ柄
手ぬぐいの中で手ぬぐい被ってる

2021年8月16日 (月)

ある豪雨の日の水中


キンギョハナダイが綺麗。
一本目はまずまずの透明度だったんだけど、、

 

 


定番チョウチョウオモ美しい

 

2本目は変な潮流が出て、川の水がポイント深くまで影響。
一気に透明度3mに低下・・・
港の中まですっごい濁りだった。

 

美味しい海ご飯を食べた後の事。
雨の為に国道135号は通行止め、ビーチラインも通行止め。
熱海から箱根周りで帰ろうと思ったら、梅園から渋滞してるし。
こりゃやめとこうと思い、東名を目指し熱函道路で沼津へ。
なななんと!東名、新東名も通行止め!!
箱根ターンパイクも、湯河原パークウエイ、真鶴道路とどんどん通行止めが、、
こうなるとゆっくり晩御飯食べながら、東名の通行止め解除を待つ選択肢もあったけど、
唯一残された三島から箱根新道をチョイス。
これが全線大渋滞、、、そりゃそうだ、みんなこの選択で帰るんだから。
ひさびさに渋滞にはまった。

地震も怖いけど、雨もこれだけ降ると恐ろしい。

 

追伸
現在は通行止めは解除。
伊豆国道135号(伊豆山)、東名、新東名、真鶴道路ともに通行できるようになっています。

2021年8月14日 (土)

どしゃ降りでも楽しい

Photo_20210814104101
オノミチキサンゴ 熱海

 

 

Photo_20210814104201
水色は悪くないんだけど、海の中が少し暗かったのでライトをつける。
こんなに綺麗に色が出るんだよ。
船に上がったら船長が、
『潜りだしたら急に雲がきて、滝の様な雨だった、』
って言ってたけど全然わからなかった。

 

2021年8月10日 (火)

夏と言えば、

酢のもの大好き
でも店や宿、スーパーで売ってるのってなんか甘いんだよね。
酢の物なんだから酸っぱくないと。

酢〆にはけっこう自信あるかも。
〆鯖、鰯酢〆、、自分で作って食べると止まんないもん。
そんな事思ってたら、押し寿司したくなった。
どっかのタイミングで作ろう!


Pic000195_20210810102301
海でも簡単押し寿司。
夏は酢のものだ!

2021年8月 7日 (土)

潮騒

先月は台風6号の停滞の影響で、屋久島への南下は断念。
ま、それはそれで自然のことで、その分たっぷりと久多島の海に潜れたから良しとして、
残念なのは、今年まだ一度も屋久島の首折れサバを食べていない。
鮮度保持のため、ゴマサバの首を折ったところからついた名前。
こいつを食べたくてねぇ。
いつも食べさせてくれる民宿の大将が、
『今回は残念でしたね。また鯖と焼酎でお待ちしてますよ。』なんて言ってくれるから、
ますます思いが募ってきてさ。

 

140524_183859_20210807151201
屋久島の愛子



そこで大将に、『今度○月○日~○日で急遽行きます!』て連絡してたんだよね。
そしたら、なんと、
『わじまさ~ん、そこ孫と4日間旅行に行く予定だった』
ガビーーーン!(筆者が小学生の頃このフレーズが流行った。学校で使うのが禁止されるほどに)
なんと言うことだ。また首折れ鯖が食べられないのか。
すると大将が、『よく知ってる宿を紹介しますよ。そこに鯖仕入れるよう言っておくから』
有り難いお言葉だ。

 

Tg544715_20210807151201
鯖しゃぶ

でもその時気がついた、屋久島の首折れ鯖が食べたいのか?
それだけなら、鹿児島天文館の居酒屋でも「屋久島首折れサバ入荷」の札は見かける。
屋久島のいろんな所で食べる機会はあるだろう?
そうじゃない。宿の大将と話したり、
『また愛子(焼酎)飲みに来ましたよ』って言いたいんだよね。
どんなに店が忙しい時でも(宿の一階は大人気食事処)、
いやな顔一つ見せずに港に迎えに来てくれる大将。
帰るときは、我々のボートが見えなくなるまで、ずぅーと手を振ってくれる大将。
あぁあ、あの宿に、あの人の造る首折れサバが食べたいんだな。


銀座まるかん創業の斉藤一人氏がこんなことを、
『魅力とは“また”である。また食べたい、また行きたい、また会いたい、、』
魅力ある宿に、大将なんだね。

 

Tg561240

“潮騒”・・・潮が満ちてくるときに波が立ちさわぐ音。

 

 

2021年8月 6日 (金)

島からの香り、

Img_20210806_124328
既にこの段階で、甘い香りが、、

 

 

 

Img_20210806_124339
お店の中いっぱいにトロピカルな香りが広がる。
うれしぃ~。


2021年8月 5日 (木)

頬ずり出来るよ

Img_20210805_131238

車内マットの綺麗さには定評がある。
裸足で気持ち良いどころか、頬ずりできるかも。

2021年8月 1日 (日)

早朝ダイブ

4時出発で、海に5時半到着。
6時過ぎには海の中へ。

 

Kita
おはようございます。

 

 

Usa
おっはー

 

Sasaqmoto
気持ちいい~夏の海

 

Barubu
・・・・こらこら

 

 

 


一応、サメ

 

 

Photo_20210801164801
夏の定番、ぶっかけうどんと南蛮漬けでした。

« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ