« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »

2021年7月

2021年7月30日 (金)

逆に!

スーツメーカーさんがご来店。
毎日暑い日が続くけど、
なんと!ドライスーツの新作の紹介に。
さすがですねぇ~。
逆に暑い日だからこそ注目しますし、
必ず寒くなるわけで、そうなってから考えるのでなく、
一足先に準備出来るもんね。

 

来たメーカーさんは、
ドライスーツの修理メンテナンスの技術とサービスでは、業界ナンバー1だと思う。
非常にきれいに修繕してくれ(修理跡がわからないほど)、
かつ納期が明確で早い!
ウエットもそうだけど、ドライスーツは高額商品。
たぶん単品ではダイビング器材の中で、一番高いんではないかな。
そんなドライは何年も着用するので必ず修理が必要になる。
そうなると、アフターメンテの良いメーカーは長く快適に着れるってことになるね。

P7300674
新作のドライスーツは8/5告知らしく、
まだ全部は見せられない。

 

 

追伸
営業さんにとってもいい話を聞けた。
『そろそろドライスーツが、、』ってあなた!
チャンスですぞ。

おもろい地名

Photo_20210730143101
先日の鹿児島フェリーの港がある地の道路看板にこんな地名が!
まるで早口言葉だ。
『志布志市志布志町志布志』
 しぶしししぶしちょうしぶし

 

Pic00014b
沖秋目島

2021年7月29日 (木)

鹿児島のお土産

Img_20210727_201030
鹿児島の船長にいただいた。

 

 

伝「船長!鹿児島の人で焼酎飲まない人っているんですか?」

船長『ん~ん、おらんね。少なくとも私の周りには、、、』

主役はあなた

Photo_20210729160401

 

Photo_20210729160501

 

 

Photo_20210729160601

 

 

Photo_20210729160602

 

 

Fujimot

 

待ち受け画面に使ってね。

2021年7月27日 (火)

この気持ち、あなたも解りませんか?

可愛いとついついちょっかい出したくなる。


ハリセンボンって可愛い、、、 

鹿児島には色んな離島が、、

台風6号が全く動かないので屋久島行きは変更。
南さつまの色んな港から、久多島、沈み瀬と満喫してきた。
色んな港っていうのは、台風からの東風を避けて、
快適に移動できるように、枕崎、坊津、野間池と港を渡り歩く。
おかげで島までの移動も楽、そしてポイントも良い凪。

夏の久多島は賑やかだったなぁ~。
キビナゴに突っ込むカツオ、カンパチ、ツムブリ、イサキが凄い群れ。

Annka
一級沈み瀬 大瀬にて

 

【私の好きな魚たちの海】
   100% 河野直美さん
台風の行方が心配でした。
でも久々に青い海に潜りたい!!
結局は屋久島までは行けなかったけど、久多島に潜れて大満足。
枕崎3泊堪能しました。こういうのも楽しい!!
トビエイ、サメ、カンパチ、カツオなどなど。
私の大好きな魚たちが見れて良い海だった。
毎日の夕食がめちゃめちゃ豪華で美味しいツアーでした。



【色々食べすぎて、、】
  100% 河野正樹さん
台風の影響で南には行けませんでしたが、
少人数で気楽な楽しいツアーでした。
お陰様でいろいろと食べ過ぎましたね。
鹿児島の久多島は穴場です。
来年こそは、屋久島&口永良部島に行きたいですね。


 


小ぶりのサメ

 

 

Photo_20210727172701
野間池の港

 

 

Photo_20210727172801
野間岬

 

 

Photo_20210727172601
久多島は良い凪

 

 

Photo_20210727172602
マダラトビエイ

 

 

Makareru
カンパチに巻かれ喜ぶ女図

 

 

 


そして喜ぶ動画

2021年7月19日 (月)

島のカツオの話

島のカツオが忘れられなくって


36年前に金沢から上京し、その時色んな事に驚いたなぁ。
ビルばっかりの渋谷に降り、
『人は何処に住んどる?ビルばっかりや、』
『喫茶店の水、白濁りしとる、まずっ』
でも、衝撃はやっぱ魚が食えないんだよね。
漁師町の、漁師の家の家族の中で育った自分は、
キトキトの魚しか食べたことがなく、
それが当たり前に育ったから、
子供の頃は魚がそんなに好きだとは思っていなかったけど、
東京に来て、飢えに近いほどの魚の渇望を感じたことを思い出す。

 


金沢で子供の頃からよく食べたのが、
カワハギ、ハタハタ、アカガレイ、ヤナギメバル、カナガシラ、
ブリ、アジ、サバ、ズワイガニ、コウバコガニ、タラ、サメ、マダイ、
タチウオ、甘エビ、ガスエビ、ウチワエビ、、、
反対に全く食べたことがなかったのが、マグロ、カツオなどの赤身。
だから初めて東京で刺身を食べた時は驚いたよ。
小鉢に載った赤い羊羹の様なマグロの刺身、
『こんなもん魚やない』って。
以来、東京ものはあんな不味いモノを食してるのかと偏見すら持ったもんです。

でも、これね、ただ単に美味しい赤身を食べてないからそう思うんだよね。
今でも時々会うけど、
『わたし、魚苦手なんです。』『そんなに魚好きじゃないから』
こんな人居るけど、確信に満ちた思いを伝え、そして教えてあげたい。
アレルギーとかあるのは別として、『それ美味しい魚を食べてないからだよ』って。
魚好きの自分でさえ、嫌いになりそうな刺身食べてたらねぇ。

 

 

Rimg0236
皮目が綺麗

 

Img_2571
島唐

上京して初めて『うわぁ』って感動したのは、八丈島でカツオを食べたとき。
もちろん水揚げした直ぐのものをその日の夜に。
旨かった~、いやいや、これ金沢の親父にも食べさせたいから。
なんて言うかなぁ~とか考えたもんね。
で、その時の食べ方が、唐辛子醤油。
タタキやポン酢、生姜ではなく、島の唐辛子を入れた醤油。
これが合う!誠に合う。そして島の焼酎にあうあうあうあう。

 

Img_4266
ポン酢で

先日やす兄ぃにもらったのも、一般人は手に入れられないほどの鮮度のカツオ。
(ちなみにカツオは、穫れたてすぐ締めすぐ保冷)
獲物は良いから後は食べ方だ。
店のスタッフは香味野菜と一緒にポン酢で食べるのが好きなようで、
さっぱりしてもりもり食べれるし、これ万人受け間違いない。
生姜、ニンニクをちょい添えて、目の覚めるようなおいしさだ。

 

Img_4265_20210719112701
でも初めて食べたときの唐辛子醤油がやっぱり自分は一番かも。
カツオの味がよく分かるし、なんと言っても酒に合う。
ん~ん、どうしても唐辛子醤油で食べたくなった。
そうだ!また島に行こう。
やす兄ぃに穫ってもらおう。
日帰り伊豆諸島遠征に行きますよぉ~って話。

 

2021年7月18日 (日)

実はイルカと泳げなくったっていいんだよね。


目が回る

 

 

先日行った、日帰り遠征で伊豆諸島ダイビング&ドルフィン。
イルカの人気はやっぱりスゴイ。
けどね、実は自分的にはイルカと泳げなくってもいいんだよね。
一番は船で大海原に駆け出すことがしたいだけ。
海を空を眺め、その先の島の海の中を想像し、
船長と海の話をしたり、船でご飯をたべたり、
もうそれが楽しくってね。

だから、日帰り遠征で新島とか、三宅とかも行ってみようかと思う。
まぁ一泊でもいいんだよね。
要は船で真鶴や熱海から、サクッとね。
でもやっぱイルカなのかな?

2021年7月17日 (土)

一週回っての話

今日が誕生日で、今日還暦を迎えたF本さん。
そして海に感謝、仲間に感謝しての潜水 。

 

Photo_20210717175901
朝から夏

 

 

Photo_20210717180001
先ずは集合写真

 

 

Photo_20210717180002
一週回っての、バックロール

 

 

 


水中でも集合

 

 

Photo_20210717180401
船の上でも

 

Photo_20210717180301
還暦Tシャツ!!

 

ありがとうございました。

 

追伸
今日は主役からリクエスト頂いていた、
薬味たっぷり(ネギ少な目大葉多め生姜も)の美味しいうどん。
&先日のやす兄ぃの釣ったカツオで南蛮漬けを柴シェフが。
天候にマッチしたお味で堪能しました。
欲を言えば、海でカツオの刺身も食べたかったね。

 

 

 

2021年7月16日 (金)

お金で買えないものって


お金で買えない物=凪

重要:海の持ち物

Pic0001e5_20210716055801
高級スイカ

 

【ボトルを一本凍らせて持って来ると良いよ。】
気温上昇で熱中症および食中毒に注意しましょう。
ゲスト用クーラーを用意しますので、
海に参加の際はボトルを一本凍らせて持ってくると良いと思います。
クーラーボックスは譲り合ってご使用下さい。

 

 

 

 

2021年7月15日 (木)

埼玉から日帰りでドルフィンスイム?!

先日の利島でのダイビングの様子。

 

今回はドルフィンスイムの後にダイビング。
港を出て5分位のポイント。
船の上からでも潮通しが良いのが良くわかる。
沖には遊漁船も来ていて、魚が集まるポイントなんだろうね。
話では深場にハンマーが多く出没するそうだけど、
あんまり深く行くのは好きではないので、
そう期待せず15mくらいの水深に潜降。
エントリーしてすぐに、ツムブリ、カンパチ、イサキと、
島だなぁって感じの水中世界。
透明度も良いから、曇り空でも明るく感じるくらい。

 

沖から来る潮に逆らって進むと、タカベが見事に群れてて、
しかもどんよりして、かつ冷たい潮が、、
『あ、なんかきそう、、』
沖の方に目をやると、張り出した根の先にかなり大きなハンマー単体。
皆にブザーで教えたんだけど、見えてないようだ。
しばらく同じ場所で待つと、、
ぞろぞろぞろ、、ごん太ハンマーの群れ登場。
マジだったよ!!
これ以外もタカベを狙うヒレナガカンパチや、
伊豆諸島代表のレンテンヤッコにオジサンと賑やかな水中でした。
個人的には2ダイブしたいくらいだけど、
やっぱみんなはドルフィンスイムやりたいだろうからね。

それにしても、真鶴から日帰りで行けるってのが凄くない?

 

Higaaeisixyuugou
真鶴に戻って来て。

 

【水族館ではない!】
        福生市女性 K.Tさん
初めての参加でドキドキでした。
やっぱりイルカと一緒に泳ぎたいです。
お天気は雨でしたが、水族館でない自然のイルカに会えました。
眠っていたので通り過ぎる姿でしたが、イルカの赤ちゃんや、
カメも見れたので良かったです。
海もきれいでまた参加したいです。

 

【大大大満足!!】
   福生市 良井朗子さん
船酔いしないか心配でした。
大大大満足です。船もとっても快適で、
心配していた船酔いもまったく大丈夫でした。
イルカも間近まで来てくれたし、カメも沢山。
ウミウシも伊豆で見るよりわかりやすく、
自分でも見つけて楽しめました。
家に戻って、船の事、海の事もドルフィンスイムも、
ダイビングのことも、帰るなりすべて家族に話しました。

 

 

【自然相手】
   入間市男性 T.Tさん
休みが取れるかなかなかわからなかったので、
すぐには申し込めませんでした。
自然相手なので運もありますが、
イルカと戯れるまではできなかったのが残念

 

【目が合った!】
   青梅市女性 N.Uさん
朝早いので起きれるか心配でした。
また、イルカにも会えるのかなぁ?
イルカさんが2頭正面からやって来て、
目の前に来た時バッチリ目が合いました。(たぶん)
ビックリしてそのまま固まってしまい、
通り過ぎるのを見るだけでしたが楽しかったです。
利島でのダイビングはきれいでした。
魚も多く、カメ、クマノミが大きく元気に泳いでいました。
貴重な機会ありがとうございます。
真鶴からはチャーターボートでゆっくり寝ていけました。
立派なボートです。

【埼玉から1日でドルフィンスイム】
   入間市男性 M.Iさん
コロナや災害などいろいろ心配なことはありましたが、
なかなかないツアーですので。
特別チャーターしてもらった船は寝ることが出来て、
行きも帰りも楽ちんでした。
イルカもお昼寝中の様で、ちょっと遊んでもらえませんでしたが、
一緒に泳げて感動です。
埼玉から1日でドルフィンスイムに参加できると自慢したいです。

 

Img_4259
利島にて。あれ?一人足りない?

 

Photo_20210715183401
何故か片フィンの人

 

 

海の男の話

日帰りで島に行ってきた。

久々に行った伊豆諸島の利島。
利島には今、野生のイルカが20頭ほど住み着いてて、
その子達の機嫌が良ければ、一緒に遊ぶことが出きるんだよね。
さらにこの季節ともなると、島の周りは黒潮の恩恵を大きく受けるから、
透明度も良くて回遊魚やカメも普通にみられ、ダイビングも魅力的とくる。


普通だと利島には、東海汽船を使って竹芝桟橋から一晩かけていくのが一般的。
今回は少し特別で、“THE海の男”やす兄ぃにお願いして、
真鶴からの日帰り遠征って形でダイビング&ドルフィンスイムに行ってきた。
やす兄ぃの船は大きくて、船内には7人くらい寝ころべる絨毯(リビング?)に、
二段ベット(エンジン音がうるさいけど)、
テレビ、ビデオ(漁の合間にでもみるのかな?)、トイレ、
扇風機、電子レンジ、エアコン(故障した)と、
あとは冷蔵庫でもあれば生活できるくらい。
実際氷を鬼のように船に積んで、クーラーボックス冷蔵庫代わりに、
このやす兄ぃの船で5日間ほど生活したことがある。

まぁその話はまたの機会に。

 


そんな海の男の操船する船で、安心安全そして、超気持ちよい島旅は、
真鶴から景色を見ながら(はしゃぎながら)たったの2時間で利島に到着。
この日は往路は生憎の雨だったけど、凪ぎよく快適。
利島での海の様子はこのあとの画像や動画をご覧下さいってことで、
やす兄ぃとの会話を見てみよう。

やす兄ぃに『2時頃に帰るから、それまでに戻って来てくれれば、』
と利島港で器材をおろしながら伝えると、
「おーわかった二時な」と海で鍛えた野太い声。(いつも声デカイ、いや近いのにうるさいほど)
『やす兄ぃ、鰹釣ってきてよ』と軽くお願いすると、
「おーわかった。まぁどうだかな」と言って出港していった。
行きのブリッジでやす兄ぃに漁の話をさんざん聞かされ、
その時に「カツオはスーパーじゃ売ってないよ。
あんなの食べないよ、
その日締めたカツオしか、まぁいいとこ翌日までだな」
などと生きのいいカツオの美味を聞かされてただけに、
口の中がもうカツオを想像しちゃってる自分。

 


イルカさん達とさんざん遊んでしばし休憩。
久々のドルフィンスイムはやっぱ楽しかったなぁ。
透明度もいいので遠くからでもやってくるイルカが確認できるし、
比較的浅いところを泳いでくれるのも有り難い。
子供が産まれたばかりってことで、少々母親が警戒気味だたけど、
かわいくて、白い、子イルカも2頭ほど確認でき、
母親の横をピタリとくっついて、
一生懸命ぴちぴちヒレを振るしぐさは、もう愛くるしい以外ない。


休憩後にダイビングのため港に戻ると、やす兄ぃの船があって中で寝てるようだ。
さっき出ていってから3時間しか経ってないので、
「さては魚を諦めたかな?」なんて思ってた。
ダイビングはさっき話したように、透明度も良くって上場なんだけども、
どうも利島に来ると、ドルフィンスイムのおまけ的な感じでになってしまう。
じっさいイルカ好きのダイバーはそんな感じだけど、
自分としては逆で、ダイビングのおまけでドルフィンスイムだと思ってるんだけどね。
まぁこの日のダイビングの話はまた次回に。
とっても賑やかな水中だったから。

 

 

Photo_20210715162801
器材を片づけてるとやす兄ぃが、「おかず穫ってきたから、持って帰れよ」と。
なんとあの短時間に狙った獲物をゲットしたという。
しかも、「7本だな、小さいぞ。クーラーあるだろ」と手でサイズを示してみせる。
いやいやうれしい、驚いた。さすがだ。
さっそく船の獲物を見てみると、さらにびっくり。
やす兄ぃの口振り、手振りより明らかに大きいカツオが6~7本。
そりゃいつも9キロとかでかいカツオやマグロ穫ってるからねぇ。
しかも、もう一本太いのが居ると思ったらキメジ(キハダマグロの子)まで。
こりゃクーラー入んないんだけど。
『やす兄ぃ、3~4本でいいよ』て遠慮すると
「バカやろう、全部持ってけよ」


結局なんとか2つのクーラーボックスに無理矢理カツオとキメジと粉砕氷を入れ、
強引にふたをした激重のお土産を持って帰ってきた。
翌日は魚屋さんだ。
カツオ旨いだろうなぁ~。

 

Img_4262
そして翌日の仕事

 

Img_4265
身が綺麗

 

 


寝ているようだけど、あそんでくれた

 


赤ちゃんイルカが映ってる

2021年7月14日 (水)

日帰り遠征の速報

日帰り伊豆諸島ダイブ&ドルフィンでした。

イルカ、ウミガメ、ハンマー、カンパチ、、、

更新は明日以降、動画をアップします。

休憩時間に船長がカツオ、キメジを釣ってくれて、

明日は魚屋さんをするから更新できないかも。

ではでは。。。

2021年7月12日 (月)

これ、とんでもなく旨いですね!って船長に言われた

個人的にだけど、夏の洋上で食べる冷たい麺類に勝る食べ方ってないと思う。
たっぷりの薬味とツケ揚げがあれば、あとは夢中で啜るだけ。

P6300643_20210712180401
『私も饂飩取り寄せてほしい』
と言う声を聴くほど。

先日お取り寄せしてた旨いうどん。早速に海ごはんで頂いたんだけどね、
船長にも食べさせてあげようと作ってたら、
丁度沖に出るところだったので、慌てて持って行って『船の上で食べて』て。
そしたら帰ってきてそうそう、空の器を指さして船長、
『これマジでうまいですね。いやホント、冗談世辞抜きで、』
とご満悦で帰港してきた。
そうでしょうそうでしょうとも。
ただでさえ旨いうどん、それを船の上で、海の上で食べれるんだからねぇ。

 

P7120667
そうめんやっぱり揖保乃糸

 

そしてやっぱり揖保乃糸も大活躍。
茹で時間1分ってのがうれしいよね。
最強ファーストフードじゃん。
在庫が無くなってきたので、Mさんにおねだり。
夏の昼は毎日麺でもいい。
あなたも是非、この夏洋上そうめん試してみて。
最高のランチになるから。

 

 

2021年7月11日 (日)

無事300ダイブ

Aya
300本!! よかったねぇ~

 

Photo_20210711173201
船上で皆さんからの拍手

 

 


透明度は生憎の水色だったけど、真夏の様な陽気に
テンション上がりました。
水温23℃~24℃でドライの人は汗だく。
間違いなくウエットシーズンです。

 

 

 

蹴ってい的瞬間
旦那にパワハラを受ける奥様?!
『ちょっと、何するのよ!』
 ↓↓

2021年7月 9日 (金)

島への日帰り遠征

例の島への日帰り遠征に参加するあなたへ。
このブログを読むと、そわそわするからやめとくといいかも。
ぐふふふ、、

 

さっき現地と連絡したところ、平日だし我々だけみたいなんだよね。
そいで水温は24~26度で推移してて、
昨日はちょっと雨の影響で表層だけが下がったんだって。
それで24.3℃だってさ。やっぱ温かいね。
透明度はナイショにしとこうかな、それは当日ってことで。
ぐふふふ、、、
ドルフィンスイムは誰も寒いって言わないそうで、
ラッシュガードだけの人もいるみたい。
てことはロングジョン+インナーが一番良いかな?
自分は3mmスーツも持っていくつもり。

 

どう?そわそわしたよね。

Kurosio
7/8一都三県黒潮情報
25℃以上はありそうだ。

 

一喜一憂するべからず。

島旅で一番重要なのが天気海況。
この仕事を長いことやって会得したのが、
週間予報を等で一喜一憂しない事。
天気は正確に予測はできないし、
海の予測ともなると、こりゃもう行ってみないとわからない。
と、悟ったようなことを言ってるけど、
やっぱり毎回心配でならないのが海況なんだよねぇ。

 

特に外洋の島なんかに行くってなると、
そりゃもう波予報気になる気になる。
でも気にしない気にしない。前日前日と言い聞かせる。
だから天気以外の要因で行けなくなることが無いように、
色々と想定して準備するわけですよ。
だって風が強く中止になることがあるってのに、
それ以外の要因までかかってくるとなると、
はっきり言ってそういう、「なかなか行けない系」の所は更に確率が下がり、
『いったい何時行けるんだよ』ってなるもんね。
準備万端(休みも、体調も、その他もろもろ)、あとは天気を祈るだけ。
こういう心持でありたいもんだ。

 

ま、そわそわする季節になったねってことかな。



一喜一憂しないと言いつつ、当てにならない風予報を見る。

Photo_20210709150201
今週土曜の伊豆諸島は風が強い


Photo_20210709150301
水曜はめちゃめちゃ凪なんだけど。
よけい不安だ、、、


 

長崎といえば・・・

P7090660
福砂屋のカステラをいただきました。
しかも初めて見るサイズと言おうか大きさ。

 

P7090661
小さな箱がたくさん出てきた。



P7090662
一つ早速オープン

 

P7090663
パッカーン

 

 

P7090664
ザラメと一緒に下の紙を食べないように

 

 

長崎からのおいしいお届けもの。
はぁ~長崎飲みに行きたい。

 

 

 

2021年7月 8日 (木)

二通りの方法

今できる事を、ってことで定休日を使い熱海に行ってきた。
災害のために国道135は熱海からは通行止め。
今後に備え、迂回ルートの確認と伊豆山のお見舞いに。

 

ルートは2つ。早川よりターンパイク⇒姫野沢⇒梅園⇒熱海の方法と、
東名沼津⇒伊豆縦貫⇒熱函⇒熱海の2つ。
間違いなく東名ルートが速いだろう、リスクもないだろう、と思っていたんだけど、
ひさびさに通るターンパイクは、ことのほか快適で速い(高いけど)。
何と熱海まで早川から1時間ほど。これなら海岸線走行と変わらない??
ただ、この先の雨による問題や、霧の発生などもあるので一概には言えないけどね。

『昔はよく通ったなぁターンパイク』なんて考えながら、富士山ビューのドライブ。
でも、なんであんなに通ったんだろう?
やっぱ今より渋滞が多かったってのと、他の道路事情が良くなったからだろうね。
熱海に行くだけだったら絶対通らないだろうルートだから、
十国峠のケーブルカーでも見て回るのもイイかも。

伊豆山の被災された方々の避難所となっている、ニューフジヤホテル。
フロントにはパンや衣類なども置いてあり、たくさんの方がいました。
入口には話を聞こうと報道関係の人達も。
自分が今行ったって何の足しにもならないけど、
せめて顔だけでもと思い、猫好きな人だから猫の舌※をもって見舞いに。

元気な声を聞けて何よりだった。

  ※猫の舌と言う名前の熱海三木製菓のクッキー 

 

Img_20210707_110206
ひさびさのレストハウス

 

 

2021年7月 5日 (月)

島からの来た

Img_20210705_191104

佐渡島からお葉書が届いた。
宿泊予約をハガキで出していたのでそのお返事だね。
島旅の予約をするときだけど、
でんわ、FAX、メールと色々あるけど、
先ずは余裕をもってハガキを出し、その後に電話することが多いかな。
郵便局さんの力はすごく、今のところの確実性はハガキに軍配がある気がする。
しかも日本全国津々浦々、小さな島でも確実に届いてる。

今日来た佐渡の民宿からのハガキが何とも素晴らしい文面で、
はっきり言って、自分の出したハガキが恥ずかしくなるほど。
もちろん自分は民宿の女将さんも、その民宿も知っているから、
『あそこならわかる、』と腑に落ちる。
内容は、
・季節のあいさつで始まり、
・お葉書に感謝し、
・時事の内容が盛り込まれ、
・宿泊曜日の確認、
・そして、暑さに向かう時期 くれぐれもお体ご自愛くださいます様、
と結ばれている。

 

自分が、『あの民宿、古いけど、すっごくきれいにしてるもん』
⇒だからハガキも丁寧。とうなづけるってことは、
ええ加減で雑なハガキ出すと⇒雑っぽいおっさんだもんなぁ
と思われるんだろうなぁと、頂いた丁寧なお葉書を読んで反省。

まぁ何にしても、お葉書頂くのはやっぱりうれしいね。

 

16年前、島旅の一コマ

R0010173
トカラ列島中之島にて、
『ビール持ってきたよぉ~』

2021年7月 4日 (日)

キャンセル出ました。

9月の佐渡島に空きが出ました。
ご希望の場合はお早めにご連絡ください。

9/17夜出~20 佐渡島 4ボートダイブ

 

P9200395_20210704142101
大きなエチゼンクラゲや

  

Img_0650_20210704142201
アイドルのコブダイ

 

Dscn0786_20210704142301
タライ船

2021年7月 3日 (土)

心配です。

今日発生した熱海の大規模な土砂災害。
これ以上広がらないことを願う。
お世話になっている方や、知り合いもいるので心配。
とりあえず伊豆山船長とは連絡が取れて声を聴けた。
頼むから雨やんでくれ。

 

広範囲に道路も通行止めなので、もちろん明日の海は中止。
ハンディキャップダイバーのA.Mちゃんの300ダイブ記念の予定だったけど、
残念ながら翌週に延期。積み重ねに積み重ねた本数は299。
あと1本で300。

お店には大量の饂飩と薬味とともに、何とも言えない心配な気が満ちてる。

2021年7月 2日 (金)

これ、あなた好みなんじゃないの?

P7020645
あれが入荷しました。

 

P7020646
ビーニー来ましたぁ

 

P7020649
可愛いんですけど!!
ニットに見えてウエット生地です。

 

P7020657
オレンジ好きさんも

 


P7020656_20210702125101
おっさんにも

 

P7020650
耳の部分は涼しいメッシュ

 

P7020648
陸上でも違和感ないんですけど
 夏秋シーズンのフードですね。

 

 

 

P7020652
スーツシャンプーも入荷

 

P7020654 
ドライスーツの内側の汚れや臭いも
これでリフレッシュ♬

 

P7020653
メーカー推奨品 税別2400円

2021年7月 1日 (木)

良い買い物と悪い買い物の話

P6300643
絶品うどん

 

先日の冠島の船上で食べた素麵、美味しかったなぁ。
その時ゲストのお姉さんが、
『じゃ次はうどんで、薬味はネギ少な目の生姜大葉多め、、』
とリクエストするもんだから、
それでは夏の定番ってことで、毎年買う美味しいうどんを購入したんだよね。
美味しいからお店用と、八丈島の船長とかにも送ってあげようと思ってね。
メールオーダーしたんだけど、うどん屋さんから電話がかかってきて、
ご丁寧な確認電話だったんだよね。
そして、今朝商品が届きました。
中には一筆便せんで、
『いつもご注文ありがとうございます。別の商品もお試しください』
と書いてあり、一つサンプル商品が入っていた。
更には、注文した他所の宅急便控えまでが同封されてる念の入れよう。

P6300642
一言添えるって大切


P6300644
先方に本当に届いてるか心配だもんね

いや~素晴らしい。すぐにまた追加注文しましたよ。
良い買い物って商品だけじゃないんだよね。

 

 

追伸
今朝とあるダイビングメーカーに商品発注FAXを流したスタッフ。
折り返し来たFAXを見て、わなわなと震えとりましたわ。
それには、『こちらは受注センターではありません。
注文は受注センター、番号○○にお願いします、、』
マジで!もう必要最低限以外は絶対注文したくないそうです。

 

 

 

 

女性ダイバー必見、って別に男もいいんだけど

P2250521
ピカチュウフード18000円

 

Photo_20210701142301
猫さんフード12000円

 

ダイビングに欠かせないアイテムの一つ、フード。
頭部の保温保護だけでなく、女性の場合は髪の毛の収まりも良くなるから、
マスク装置もしやすくなるメリットがあるね。
でもその反面、顔の圧迫や首の圧迫があるから出きればかぶりたくないって声も。
そうすると、保温の必要のないシーズンにはフードさんサヨウナラってことかな。
でもさ、髪の毛長い人は大変だよね。
それにこれからは頭頂の日焼けも気になる、、、

 

Photo_20210701141801
ダイバー用ビーニー

そこで、
暖かいシーズンでも被りたくなる、おしゃれなビーニースタイルのフード登場。
形をみるとわかるように、とにかく被りやすい。
そして一見ニットのように見えるのは、
ネオプレーン(ウエット生地)をリブ状にしたデザインのため。
これで髪の毛も収まりマスクも被りやすく、
頭頂の日焼け防止や頭部保護にもなるってことだね。
何より圧迫が一切ないってのがいい。

 

Photo_20210701141901
可愛い色で間もなく入荷。
税別7800円
お声かけ、お待ちしております。

 

追伸
首の圧迫が無いから船酔い軽減にも良。

 

 

« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »