« 気合! | トップページ | うどん »

2021年3月26日 (金)

あんまり話したくないけど

ロクハン


講習生さんに、『輪島さんの真っ黒のスーツもdryスーツですか?』とか
『そのスーツは寒くないんですか?』などと良く聞かれる。
もちろんdryスーツでなく、れっきとしたウエットスーツで、そして寒くない。まったく。
この時期だと気温が上がってくるからと、dryのインナーも薄いの着たりするとヒンヤリしてね。
おまけに陸に上がってからdryを脱いだ時、風なんか吹いてるとこれまた肌寒かったりして、
しっかり上着着てくださいな。

 

そもそもロクハンってのは元々は6.5mm厚のスキン生地のスーツのこと。
6.5mm厚ならワンピースでも、片面ジャージでも両面ジャージでもロクハンになるのか? 
いやそうじゃないでしょ! ロクハンってのは両面スキン生地のツーピース、
いわゆるフード付きのカブリタイプになると思う。
ず〜とこのスーツ着だしてから、ずーーとコレ。それはコレ以外あり得ないから着るわけです。
勘違いしないでね、決してあなたにロクハン薦めてるんじゃないから。
それどころかデメリットも結構あると思う。
まず破いたり、ひッかいたりしやすいよね。
しかも脱ぎ着にコツが要るし、水中でも不用意に膝着いたり肘着いたり出来ない。
色だって黒しかないもんね。
良く言われる、『わじまさん黒くて水中でわからないって』。すいません。

 

一口にロクハンと言っても、あなたから見ればみんな黒だから、みんな同じに思うでしょ。
でもね作り手によってぜんぜん違うんだよ。
これはもう身を持って体験してますから。
まず生地にも固め柔らかめとあります。
わたしはあまり柔らかいのは好きではない。
最初はいいのだけど、水圧で「へたる」のが早いんだよね。
裏地にもスキン、SCSメタルスキン、タックレス、ジャージ、スライスといろいろ。
また、一見同じ形でも、
フードの開口部が広すぎると寒かったり、キツいと顎が疲れたり。
フードが繋がっているから、首の部分が短いと肩が凝るしね。

とまぁ上げ出だしたら切りがない。本当にきりがない。
これほど騙しのきかないスーツはないと思う。
だって他のスーツはミシン縫いしてありますでしょ。
ロクハンはボンドで貼り合わせてあるだけ。
だから貼りが弱いと合わせ面が剥がれてきます。
そう言うのあるんだよね。(しっかりした所のはそんなことありません)。
ゴムのり(ボンド)の硬化時間も季節や湿度によって違うし、
着るのはプロが多いから、あ〜してくれ、こ〜してくれウルサいだろうし、
スーツ職人さん大変だと思う。

今着ている自分のロクハンも、いきなり直ぐにたどり着いたわけではなく、
最初は擦れやすい部分を片面ジャージにしたタイプでした。
でもこれだとジャージの部分だけが寒いんですよね。
水中は良いのですが、上がってからジャージの部分だけ乾かないから気化熱奪われてね。
その後は作るたびにシンプルになっていく感じです。無駄な物がそぎ落とされるがごとく。

 

ここまで構造、形の話ばかりしてしまって、ベネフィットを伝えてなかったね。

それは、、

1、圧倒的保温力
2、あっと言う間に乾く
3、動きやすい
4、一日中着ていて平気
5、着脱が楽
6、すぐ補修できる

・[圧倒的保温力]
これはあんまり声を大にして言うと良くないかもしれない。
だから小さな声で言っちゃおう、『場合によっちゃドライより暖かい?』なんてね。
秘密は2つ。水を含まないスキン生地だから気化熱を奪われない事と、
これ又スキン生地同士のフィットにより水の出入りが極めて少ないから(ファスナーも無いし)。

・[あっと言う間に乾く]
楽です。片づけ。清潔です。陸でポカポカ。

・[動きやすい]
本当にとても楽に動ける。

・[一日中着ていられる]
他のウエットスーツだと、まず皮膚が持たないのじゃないかな?
スーツ擦れとかもあるしね。でもこれは平気ですね。

・[着脱しやすい]
なんか矛盾しているように感じますか? 
いいや、コツさえ掴めばむしろ楽。
これほど素早く簡単に着脱出来るスーツはない。

てことで自分の仕事には必要不可欠なスーツ。

でも次の人はロクハンはやめた方がいいと思う。
○道具を乱暴に扱う性格の人
○中性浮力ダメダメな人
○少しぐらい寒くてもいい人
○まっ黒はイヤな人

 

追伸
あとこれが着る理由ではないけど、
意外にお安いよね。
あと着用季節と温度帯が幅広いのもそうかな?
・冬の沖縄
・5月の伊豆諸島

 

 

« 気合! | トップページ | うどん »

アイテム」カテゴリの記事

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ