« パイロットじゃないけど、 | トップページ | よ!待ってました。 »

2021年1月29日 (金)

あなたも、こんなかき氷は食べてみたいですか?

「雪明かり、飛び起き小水、かき氷」

Pic000275_20210129171301
これは佐渡のイチゴ氷

ちょっと前の北陸地方の豪雪のニュースは見たかな?
多くの車が立ち往生し、一晩二晩と動けなくなったほどの降雪。
短時間にドッと降る雪の被害は、主に日本海側に集中する。
何人かの方に『金沢、大丈夫なんですか?』とお声掛けもいただいた。
そして、今週末、再び日本海側に風雪警戒。


自分の実家は金沢と言っても、裏が直ぐ海。
降雪もある地域で、海の近くに住んでいる人はわかると思うけど、
意外に雪は降らない。いや、降るには降るんだけど、
直ぐに溶けて無くなってしまうんだよね。
理由は外気温より高い海水温からの風。
伊豆の熱海でもそうだけど、
気温一桁になっても、海は16度あるからね。
実際に熱海の漁師のじいちゃんに聞いても、
やっぱり積もったのを見たことがないそうだ。

 

Pic0001d8
話を金沢に戻そう。
さすがに兼六園での雪吊りが有名なところだから、
雪が積もらないって事はない。
自分の生まれた海の近くは、比較的に降っても根雪にならないってだけ。
オフクロに電話して聞いてみた。
伝『また吹雪くっていうとるけど、この間はスゴかったか?』
すると、
母『ほんな事もないは。さすがに朝と夜前にもう一回雪かきせんと、
明日の朝、玄関出れんようになるかと心配な時もあったけど、
こっちはさほどでもなかった。でもちょっと行くとスゴいよ、倍や。』
おおぉ、80才で雪かき出来るとは恐れ入りました。


このあと、このご時世の魚の値段(お袋は市場勤務)や漁の様子なんかを聞いて、
『今年も寒鰤祭り、たのんます。』と締めくくった。
Img_20200208_104838_20210129171801


追伸
雪国生まれの子あるある。
夜明け前、外が妙に静か、(積もった雪で音が吸収されるから)
明け方、どんより雲のはずが、窓明かりはあかるい。
飛び起きるとやっぱり外は白のキャンバス。
腰を振りふり、お小水で字を書くと、
まるでかき氷のようで食べたくなった。

 

 

« パイロットじゃないけど、 | トップページ | よ!待ってました。 »

お店にて」カテゴリの記事