« 3つの新商品入荷!!! | トップページ | 海ご飯でやってみたい調理法 »

2020年11月12日 (木)

ええもの紹介

ダイビングコンピューター(DC)のアクセサリー品の話

 
まずは改めて、
フルカラーでトランスミッター対応のダイブコンピューターを使ったときに、
ダイビングが劇的に楽ちんになるってことをもう一回話したい。

 

Pb120197

一般的に出回っているDCは画像のような画面だね。
液晶で、ウオッチタイプだったり、boxタイプだったり。
このタイプも様々な大きさやバッテリーの種類、
メーカーで交換するタイプとか、ユーザー交換Okのバッテリーとか、
ソーラータイプとか色々あるね。
でも、何度も言うけど、最も重要なのは、
“視認性”。そう見やすさ。
液晶の場合、明るい浅い海であればいいけど、
透明度の悪い海や、深い海(深くなればなるほど暗くなる)、
はたまたナイトダイビングなんか全然見えないんだよね。
例えばほら、ナイトの時には手にライトを持って潜るよね。
その時には、持ち手と違う方の腕にDCを巻く。
そうしないと見えないんだよ。
つまりDCをライトで照らしてあげないと画面が見えない。
だからライトを持ってる手と同じ手にDCを巻くと、、、わかるよね。
それにライトをDCの画面にかざすと、
これはこれでけっこう反射してやっぱり見えづらい。

 

Pb120191
残圧も表示

この点だけでもフルカラーのDCはめちゃめちゃ見やすい。
深く潜れば潜るほど見やすいし、
暗くなればなるほど見やすいって言う現象。
これにトランスミッターが付くと、残圧までが手元で確認できるわけだからねぇ。
そりゃ便利この上ない。
しかも、ここ数年でカラー画面とトランスミッターの精度は飛躍的に向上してる。
あり得へんほど見やすく、ありえへんほど残圧もクッきり。
もう旧タイプのカラー画面が霞んで見えるほどだ。

 

Pb120190

この前の大瀬崎7のナイト時も、
陸で準備してると、自分の手元のフルカラーのDCを見たお客さんが、
『すごい目立ちますね』と驚いてた。
残圧確認が陸上でも手元で出来るのはやっぱり楽。
それに、バックアップとしても優秀だと思う。
この世に壊れない物はないわけで、
そのために予備の物を携帯するのはダイビングの場合、もはや常識だと思う。
例えば自分のDCには残圧がわかるだけでなく、
コンパス機能も付いてる。
コンパスは正直アナログの方が圧倒的に水中で理解しやすいけど、
そのアナログのコンパスが狂ったらどうする?
残圧のゲージが変だったら?
小さなDCを巻くだけで、減圧情報だけでなく、
これだけの安心を与えてくれ、
しかもローガンズでも、はっきり読みとれるのは有り難いよ。

 


さて、では最後にトランスミッターのアクセサリー品について。
トランスミッターはシリンダー内の圧力を電波を使ってDCに送る装置。
あなたのレギュレーターの1stステージにこんな感じで付ける。
    ↓↓↓

Pb120192

すると、何となく出っ張りが気になるって人もいると思う。
『どこかにブッつけて壊れないの?』とか、
『引っかかったりしないの?』なんて思う人もいるかもね。
今のところ、ダイビング中にトランスミッターが岩にぶつかり壊れたって話は聞かない。
でもね、ちょっと高いところでセッティングして、
倒してしまって偶然トランスミッター側に倒れ、
強い衝撃を受けるとどうだろう?
それはやっぱり心配だね。(これトランスミッターだけの話でないけどね)

また、レギュレーターのタイプによってはトランスミッターが付かない物もある。
わかりやすく言うと、
高圧の穴(HP)と低圧の穴(LP)が近いためトランスミッターが干渉してしまう。


Pb120193
シルバーのポート部に取り付ける


ハイ!そこで登場。
高圧分岐アダプター。
これを装置着すればどんなレギュレーターにもトランスミッターが付けられ、
そして、画像のようにトランスミッターの出っ張りを軽減できる。
はっきり言って便利。
もしトランスミッターの出っ張りが気になるとか、
レギュレーターがコンパクトなためトランスミッターが付かないってときは、
この高圧分岐アダプターの出番だよって話でした。

 

Pb120198
この小さなアダプターを取り付けると

 

Pb120196
好きな方向に簡単にトランスミッタ―が!

 

Pb120195
なんか収まりイイんだけど。

 

追伸1
先日の大瀬崎7では一泊二日で7ダイブ。
フル充電していった自分のDCは、
二日間で7本潜って、次の日月曜の朝にバッテリー容量を確認すると、
容量68%!きわめて優秀。
三日間くらいなら充電の心配がいらないって事だ。
バッテリーも進化し、画面の明るさも進化する。

 

追伸2
あとからトランスミッタ―だけを購入することもできます。
勿論アダプターだけでも。

 

« 3つの新商品入荷!!! | トップページ | 海ご飯でやってみたい調理法 »

島旅」カテゴリの記事

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ