« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月

2019年10月28日 (月)

いや~実に楽しい。

 

Pa270127
還暦お祝いダイビング

 

昨日は日帰りの伊豆半島。
ホームの熱海で“伊勢海老祭り”ってのを開催。
やはりこう言う、分かりやすいシンプル直球ストレートのイベントは、
みなさん喜んで参加するね。
熱海横磯港で採れた、新鮮な海老ちゃんを食べられるとあっちゃね。
しかも、朝、船長から
『ハイ、コレ、今日のブツです』って、
ビチビチ、ギーギー鳴いてる生きた伊勢海老なんだから、
なかなかこんな贅沢はない。
(伊勢エビはギーギー鳴くの知ってた。髭で鳴く?!!)
普通はだいたい冷凍とか、だいたい海外産とか、
だいたいボイルされているのが普通だもの。
正真正銘、目の前の海で採れた、ギーギーの海老ちゃん。


当日は、お客さんの還暦祝いダイビングも兼ねてだから大盛り上がり。
こっそり自分のバースデーも祝ってもらった。
だいたいこんな感じ
 ・朝港着  伊勢海老ちゃん提供   ↓
 ・お祝いダイビング 水中で還暦祝い
   ↓
 ・海老汁仕込開始 

    Pa270132
   大鍋に9匹の海老を割り、野菜とともに投入

   ↓
 ・お祝いダイビング後、早速着替えて
   ↓
 ・海老汁うまし!!! 氷水で海老ちゃ締める

 

Tg574227


   ↓
 ・鬼瓦焼き  さらに9匹を半分に割り炭火で!

Pa270143 Pa270145

   ↓
 ・海老汁カレー!! 残った海老汁はカレーに変身。  ↓
Tg574237
エビカレーうまし!! あっという間に一升米が
   ↓
 ・足りない人はガーリックトーストも
   ↓
 ・スイーツは豪華なケーキ

Pa270150

てゆうか、腹パンパンっす!
いや~楽しかった♪
  

Pa270156

 

Pa270157

 

Pa270119

Pa270153

 

 

追伸
全然水中の画像がないけど、海の中は予想に反しとても綺麗!
連日の雨で心配していましたが、持ってますね~

    

2019年10月26日 (土)

あなたの感想も聞かせてくださいよ。

3to4s_20191026172101

人気投票は、していただいたかな?
以下から、良いな~と思う物を3つ教えてください。ご協力お願いします。

2020年島旅ドキわくスケジュール・

ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー
2月はどこにも行かないでください!
2月【冬の奄美の玉手箱・ウミウシ~座頭鯨まで】
 2/14金)~16日) 2泊3日 

  
ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー
一番休暇を有効に使う方法。それが、、
5月【ウミガメ100%・ゴールデンウィーク八丈島】
  5/1金)夜~5/5火) 3泊4日 6ダイブ


ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー
正直あの港を目の当たりにした時、度肝を抜かれました。
5月【薩南硫黄島ダイブクルーズ】野生の海
5/29金)~31日) 2泊3日 4~6ボート

ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー
想像してたけど、夕食のテーブルについてびっくり!
だって想像以上なんだもん。

6月【驚嘆)能登島2mの船盛りにドルフィンスイムまでも!】
 前夜出 6/13土)~14日) 2ダイブ&1イルカ

ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー
群れ好きの方は他にいませんか?
7月【ハマチリバー見参!日本海伝説の島・冠島】
 7/9金)夜出~12日)現地2泊3日 4ボート

ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー
一番教えたいのがコレ!
7月【復活!屋久島&口永良部島、そしてニヨン礁へ】オンリー1
7/23木)~26日) 3泊4日6~9ボート

ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー
あなたも、日本海のそんな間違った先入観を持ってませんか?
8月【山の日連休は、空いてて透明度30m・奥能登の1海】
8/7金)夜~10月) 現地2泊3日 4ダイブ 

ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー
私に3日ください!人生夏一番の思い出ができる。
8月【南九州無人島ダイブサファリ】一押し
 8/28金)~30日) 2泊3日 4~6ダイブ
  
ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー
こうしてカニの食べ方が上手になります。
9月【コブダイと美食美酒の島・佐渡ヶ島】
9/18金)夜~21祝) 現地2泊3日 4ボート

ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー
ついに登場!もっとも知られざる海
10月【秘境!草垣群島ダイブクルーズ】
10/9金)~11日) 2泊3日 4~6ボート

ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー
わたしがどれほど白浜にハマったか聞いてください。
11月【南紀白浜は極上温泉に沈船にクエ料理】湯
 11/20金)夜~23日) 現地2泊3日 4ダイブ

ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー
透明度どのくらいだと思いますか?
12月【魂の島・ヨロン島 魅惑の隆起珊瑚の楽園】
   12/18金)~20日) 2泊3日4ボート

 

 

 

2019年10月25日 (金)

慣れない仕事は骨が折れるね

慣れない仕事は骨が折れるね


先日の草垣群島への島旅。
なかなか大変だな、と思うことがあった。
鹿児島まで車を運転して行ったとか、
たくさんの荷物を船に一人で積み込んだとか、そんなんじゃない。
運転も積み込みも、もう何度もやってるから慣れたもので、
楽しいことはあっても、それほど辛いってことはない。
じゃ何か?と言うと、
桜島の灰なんだよね。

今までなん十回じゃ効かないくらい鹿児島に行ってるから、
桜島の灰の飛翔は経験してる。車が黒くなったりするのはしょっちゅう。
でもね、今回は風向きの関係で結構な火山灰なんだと思う。
積み込む船は灰まみれ、車も直ぐに灰まみれ、
だから、タンクを積み込んでいると、まず手が真っ黒。
次に額に汗かくから、顔もだ。
せっかく代えたTシャツにも煤が、、、
おまけになんだか気のせいじゃなく、喉もエライいがらっぽい。
いや~まいったまいった。
鹿児島生まれ鹿児島育ちなら、コレくらいの灰は当たり前なんだろうけど、
関東で日常生活してて、まず経験することが無いからねぇ。
これには骨が折れた。
汚れないようにって自然に考えちゃうもんだから、
よけい気使ってね。体も辺に力が入っちゃって。
慣れない仕事ってのは、何でも疲れるもんだね。

鹿児島の人はすごかねぇ。

 

Pic000289
この日の満潮は8:57分。大潮の最満潮だ。
画像が8:00だから、
ずいぶん高いところに載っけないとね。

 


追伸
週末は祝)還暦ダイブってことで伊勢エビ祭り!!

Img_4994_20191025135301

2019年10月24日 (木)

“たちがみ”って知ってる?

Pa190052
先日の黒島の東立神

 

“たちがみ”って知ってる?

鹿児島の離島では、○○立神、立神(たちがみ)、という岩が実にたくさんある。
それは大隅諸島の島々から、奄美に至るまで必ずと言っていいほどあるんだよね。
どれも、島から少し離れたところに孤立するように立つ岩のことで、
漁師が目印にしたり、安全の祈願や信仰心の対象となって来た。

今回の遠征でも、
黒島では南の立神、東の立神、硫黄島で西の立神、
竹島はコモリの立神、エーメ立神などなど。
口永良部島にも女立神、男立神があり、
トカラ列島の島にも必ずといって良いほどある。
ちょうどそんな立神の話を前畑船長としていると、
『臥蛇島の立神は潜ったことある?あそこの立神が一番かっこ良いですよ。』
とそんな話になった。
確かに臥蛇の木場立神(こばたちがみ)は、立神界のボスキャラかもしんない。
高さ百数十メートルあるその勇姿は、誰が見ても威厳を感じ、
また恐れを抱かずにはいられないもん。

 

Dsc_3571
枕崎 立神

 

M0010687
臥蛇島 立神

 


ここで、なかなかナイスなことを思いつく。
各島々の、立神を潜る島巡りってのはどうだろうね?
達成できたら、なんか凄い良いことが舞い込んできそうだ。
例えばこんな感じ。
初日、まずは枕崎火の神公園の立神を出発。
ここは枕崎港をでると必ず目にするシンボル。
ちなみにここだけなぜか“たてがみ”と読むようだ。
昼に硫黄島の立神を潜ってから、口永良部島に移動。
その日は口永良部島の丘の上の小さな宿に。
二日目、口永良部島の女立神、東の立神に潜水。
その後ニヨン礁を経由し、トカラ口之島へ。
3日目はいよいよボスキャラの臥蛇島の立神を拝み、
中之島の温泉で休憩後、屋久島へ。
屋久島では首折れサバに舌鼓し、愛子(焼酎)で乾杯。
4日目は北上。黒島の南立神を西立神と攻め、枕崎立神へと戻る。
とまぁこんなマニアックな立神コースだ。
移動も含めると行程は5日間。
来年はもう、この島旅の入る隙間がないから、再来年2021年かな。

 

再来年と言えば、久々に徳之島の希望があった。
徳之島っていったら、25年位前は年間8回位は行ってたと思う。
なんせ年間300名を引率したくらいで、
当時のJASのチケット販売のお偉いさんが挨拶にきたくらいだ。
もっぱら島からのんびりビーチエントリー主体だったけど、
年に一度、船をチャーターして、
トンバラやカケロマ島との間の与路島に遠征に行ったね。
素晴らしい珊瑚と素晴らしい透明度に感動し、
当時は『何でここ来ないの?』と率直に不思議に思ったものだ。
いい船、いい船長との出会いがあれば、
今でも直ぐに行きたいくらい魅力的な島。
温泉がないのがちょっと残念だけどね。

 

 

追伸
来月頭は秋の八丈島へ。
11月上旬は水温も高く、魚も多いから楽しみ。
しかも往路は久々の❝さるびあ丸❞。
復路は橘丸で、そりゃぁ新しい方がいいけど、
比べてみるのもいいかもね。

 

 

 

 

 

2019年10月22日 (火)

先日の草垣群島の遠征の様子

今年最後の鹿児島発チャーターボートの島旅。
今回は草垣群島を目指したんだけどね、、、

 

Pa180012
青い青い水中

 

天気予報では連日雨、雨、雨で、
当日の鹿児島も雨の予報だったにもかかわらず、
なんと三日間ともの晴天。しかも最高気温28度のバカ暖かい陽気だ。
前もって車で鹿児島入りした自分は、
山口熊本までは、あまりの寒さに夜ヒーターを入れないと眠れないほど。
最低気温はびっくりの11度。
『こりゃ海の上寒いかも?』
などと思っていたのに、鹿児島入ったとたんに陽気は一変。
おかげで持って行ったホットドリンクや長袖長ズボンは島旅では一切使わなかった。
なんせ、海に飛び込んでウエットスーツ着てたんだから。水温も26度!

 


さて、そうは言っても風は強い。
初日は北東の風。
一気に草垣まで、と思ったけど黒島あたりまでくると今度は南風。
草垣は翌日にチャレンジということで、
この日は黒島での潜水に宿泊。どちらも初の経験。

まず、島自体はけっこう大きい。
面積を比較しても、
硫黄島11.6平方K、竹島4.2平方k、黒島15.3平方k、と三島村では一番大きい。
なのに、港は三島では一番小さかったのが不思議だ。
西の片泊港、東の大里港とあるからもっと充実してると思ったが、、、
現に自分たちが入港した日はフェリーは欠航。
民宿の若ご主人も、
『波とか大丈夫だったんですか?潜ったんですか?』
と不思議がってたもんね。

 

民宿は若ご夫婦で4年前から営む民宿。
建物内もリフォームもされ、とてもすがすがしい。
5歳の人見知りする可愛い娘さんと、二人目がお腹にいる奥さん、
そして大柄だけどフットワーク軽い、黒島出身の若ご主人だ。
揚げ物が上手で、夕飯に出たトンカツは揚げたてサクサクジューシー。
こんな辺鄙なと言っては失礼だけど、
まさか美味しいトンカツが食べれるとは思ってなかったので感激。
お弁当の魚フライもめっちゃ旨かったなぁ。

 

 

Pa180007
イソバナ

 

Pa190036
ギンガメ君

 

 

Pa190051
黒島の立神

 


黒島の海の中を一言で言うと、
『三島の島の中では、一番人が入っていない海って感じ。』
硫黄島や竹島はダイバーが来ることもあるけど、こっちはまず居ない。
タカサゴ、ウメイロが大変多く、海の青さと明るい水中に見事にマッチ。
何となく同じ緯度の島の中では、南方色が強く感じたかな。
クエやハタ系もよく見かけた。
大きなゴロタのポイントでは、
石鯛、石垣鯛も大変多く、釣り人もたまんないでしょう。
船長に、
『どっかに潮あたりの言い沈み瀬があれば凄いんじゃないですか』
などとはなしてたら、翌日に潜ったポイントがまさにそれで、
ツンブリ、ロウニンアジ、イソマグロ、ギンガメと現れ楽しませてくれた。


そして翌日、今度は西風強風。
草垣は断念し、黒島→デン島→硫黄島→竹島と、まさに三島めぐり。
島旅フリークが聞いたら舌なめずりもんだ。
(実際そう言う人に、トカラや硫黄島で会ったことがある)
そんなわけで、風は強いけど、
青い空とみどりの島々、そして黒潮に染まる海と白い船。
これらのコントラストは、やっぱ天気がいいから映える訳で、何よりもの褒美。
『来年もまた』と枕崎に戻って船長と別れた。

 

Pa190033 
黒島丸瀬 なかなか潮通し良い場所

 

 

 Pa190069
硫黄島

 

 

Pa190084 
 竹島

 

 

追記1
恒例の枕崎マンボウさんでの打ち上げだが、料理も店も進化してた。
すばらしい!来年も楽しみ。

 

追記2
鹿児島と言えば黒酢ってことで、
最終日の観光は、福山町の黒酢の蔵をけんがくしてきた。


Pa200097
黒酢の壺畑。レストランもあり

 

 

 

 

 

 

2019年10月13日 (日)

330日前

330日前

今年からJALの航空チケットの予約が330日前から出来るようになった。
良いことなのか、今一つなのか、まだぜんぜんわからない。
と言うのも、もちろん絶対に行くと予定立てている人にとっては歓迎だと思うけど、
まだわからないなぁ~って段階では、微妙なんだよね。
そもそも330日前割引エアーチケットなるものは存在しない。
金額は、今までの規定の先割りの範囲で、
予約が330日前から出来るということ。
そして、ココが肝心なんだけど、
予約した三日後には購入しなければならない。
つまり、出発の327日前には払い込みなさいと。


まだ始まったばかりだから、もう予約でいっぱいですなんてことはないだろうけど、
ゴールデンウィークやその他の連休なんかは早めに予約するのが吉なのは間違いない
来年は今年以上に連休チケットや、
休日の航空券の確保難しくなるかもしれないね。


と言うことで、〔2020年わの海どきワク島旅〕でいうと、
・7/23~26【屋久島&口永良部島そしてニヨン礁】
・8/28~30【南九州無人島ダイブサファリ】
この二本は早めの予約が必要となりそう。
あなたもお早めに意志表示してね。

 

Img_2124
屋久島&口永良部島

 

 

P7260029_20191013175101
南九州無人島

 

 

追伸1
かみさんが、
『航空会社なんていっぱいあるんだから、
別にJALじゃなくてもいいんじゃないの?』
『ほら、パイナップルとかあるでしょ!』

それピーチだよ!!!

それに羽田6:25分発はJALだけなんだよね。

 

追伸2
ANAは355日前予約可になってた!!

2019年10月10日 (木)

あなたはずいぶん長い島旅をしたものだ

伊豆半島は、800kmを越える南の海からやってきたんだね。
毎週のように出かける伊豆半島。
3泊、4泊の島旅と違ってココは日帰りで行ける。
実際多くの人々がこの半島に魅せられ、旅をしてきたことと思う。
でもその伊豆半島自身が旅人だと言うことを知ってた?


南海で誕生した海底火山は、噴火を繰り返しながら、
(その途中でできたのが伊豆小笠原の島々)
800kmを超える道のりを2000万年の長きに渡り旅をしてきた。
そして本州と出会い、現在の伊豆半島となる。
変化に富んだ海底地形や、豊かな温泉も頷けるってものだ。


日本列島が地震が多く、温泉が豊富で変化に富んだ地形をしていることはあなたも知ってるよね。
この恩恵を受け、生活し島旅を楽しめてるんだ。
ここであなたに質問だ。
『なんで日本には豊かな温泉が多く、なんで地震が多いの?』
と聴かれ答えることができるかな?
日本列島は、伊豆小笠原火山列と本州を形作る火山列、
そして薩摩から台湾に至る琉球列に、北海道の千島列で構成されてる。
まさに火山列島なわけだね。

 

 

Img_2113
口永良部島の頂

 


薩摩硫黄島や口永良部島に行けば、その荒々しい景観を目の当たりにできる。
硫黄を吐き出す山頂は、船の上からでも楽に確認できるし、
鼻孔を膨らませるまでもなく、硫黄の香りが漂ってくる。
三宅島や鳥島などの豆南諸島の島旅でも、同じようにこのジオワールドを目の当たりにする。
幸運なことに、この火山列での水中景観を楽しむ島旅が出来ていることは本当に素晴らしい。
そしてその島々は、我々の目では決してわからないけれど、
今もなお旅を続ける途中であるんだ。


最後に残るは千島列島。
自分が現役の間に是非とも行きたい島旅といったら、歯舞、色丹、択捉、国後。
この北方の火山王国は、言うまでもなく温泉王国だ。
そして、言うまでもなく、素晴らしい自然と、すっげー海中生物や驚きの海中景観に違いない。
いや、絶対だ。
そして、比べられないくらい魚には脂がのり、温泉も比類無き気持ちよさに違いない。
ああ考えただけでも、夢想するだけでも良い島旅だ。
もし自由に訪れることが出来るようになっても、
大型リゾートホテルは作らないでおくれ。
自然の畏怖を忘れてしまうから。

 

2019101010480000


追伸
来週はいよいよ、秘境草垣群島だ。

2019年10月 8日 (火)

これで本当に最後だから

12/15日)は、今年最後の熱海海上花火の日だ。
コレで本当の本当に今年はもう無い。
透明度抜群の、冬の熱海の海中を堪能したあとは、
澄み渡った夜空に咲く大輪の花に感動する。
冬の海上花火、見たことある?

 

Imag1389_20191008185301

 


そう言えば、前回ヒラスズキのことを書いたら、
『ヒラスズキって美味しいんですか?』と質問された。
ええ、大変美味ですとも!
夏のスズキとはちゃいますよ。
スズキは淡水や汽水域にも入り込むため、独特の匂いがあるけど、
ヒラスズキはそれとは別種。
スズキより体高があり、荒磯に生息し、汽水に入りません。
そして市場にもなかなか出ない。
スーパーとかで売ってないもんね。
旨いから漁師が食べちゃうのかな。
秋から冬が旬で、刺身でいただくと脂ののった上品な甘みが何度も噛みたくなる。
皮がしっかりしていて、身との間に脂ついているので、皮ごといただく方が良いかもね。


おすすめはチャンチャン焼きの塩バターバージョン。
あなたがチャンチャン焼き知らないかもしれないから、ちょっと説明すると
北海道の鮭の定番料理だね。
鉄板にキャベツ、タマネギやキノコを、そして鮭を丸ごと乗せる。
その上にさらに野菜をかぶせ、バターと味噌を加えホイルで包んで蒸し焼き。
だいたい焼けてきたら、あとは鉄板の上で身をほぐしながらお好みでいただくと。


わかったかな?旨そうだよね。
これを、ヒラスズキの場合は塩胡椒で味付けするわけだ。
野菜とヒラスズキの旨味、バーターの甘みと塩胡椒があいまって、、、
と言っても、あるかどうかもわかんないけどね。
なんか、海での旬の特選素材を楽しみにしていると、
季節ごとに色々あって、一年があっちゅう間だ。
来年の伊豆半島の日帰りプログラムのスケジュールも作ってるんだけど、
ちょっと見てみると、
  2月魚久特選・金目しゃぶしゃぶ
  3月熱海横磯港・朝どれアンコウ鍋
  9月特選・白鯛
 10月熱海横磯港・伊勢エビ祭り
 10月佐渡のベニズワイ・カニ汁
 11月金沢港直送・寒鰤祭り
 12月特選・ヒラスズキ

いや~素晴らしい。豪華な海ご飯の顔ぶれ達だ。
という風に、ほぼほぼ美味しそうな日程で占められてる。
なんかもうちょっと、文化的だったりする物はないのかと自分でも思う。
例えば、横山大観を鑑賞するとか、
箱根寄せ木細工体験とか、
どうだろう?
あなたはそんなのどう思う?

 

P3240234
吊るし切り!

 

 

 

 

 

追伸
台風ドンピシャ、ふ~

 

2019年10月 7日 (月)

一鍋

昨日は熱海で潜ってきた。
ナライ(北東)が強く、水面はラフだったけど潜ってしまえば穏やかな海中。
久々の参加の方もいて、水中のアクシデントも含め新鮮だったなぁ。
まぁ、アクシデントを新鮮といえるのは想定内だからなわけで、
足がつった、バルブが半開き、マウスピースがぶち切れた、
などなど当の本人達は大変だっただろうけどね。
でも大丈夫ですよぉ、想定内ですから。
『そんなことも起こるだろうなぁ』と。

 

さて、そんな日の海ご飯ですが、
“腹に染みわたる一鍋”
佐渡島のベニズワイガニを、5ハイどーんと入れての濃厚なカニ汁。
から~の~雑炊。
例によって、ほぼ港にいた全員に配りまくったんだけどね。
いや~、我ながら、旨いに尽きる。
もらった人全員笑顔になってたもん。


面白かったのは、知らない若者二人。
あたり中カニ汁の匂いがするもんだから、きっと目を付けてたんだろうね。
自分がつかつか歩いていって、そこのリーダーらしき人に、
『よかったらカニ汁いっぱいこさえたんで、どうですか?』
て言うやいなや、後ろから手を挙げて、
「いいんですか、マジで!」と若者。
『いいよいいよ、カニはないよ、お汁だけだけど』
と我ながらしみったれたことを言い放ち、よそってあげた。
若者二人、おいしいそうにすすってたなぁ。


そして、もう一組はフォーリンナー。
いつもご一緒する事の多いトーマスさん。
やっぱカニは世界共通なのかな?
普段は遠慮されることも多いトーマスさんに、
『トーマスさん、いっぱい作るから食べて』
といってカニ投入したての鍋をあけてみせると、
「ワォ!、おいしそ。今日はコンビニ行かなくていいね」
その後たくさん召し上がって、
「ごちそうさま、追加料金はカードでいいですか」
「これ、そこのローソンで売ればいい」
などとお得意のジョークをかましてた。

やはりこれからの季節はお汁だね。
個人的には、具だくさんお汁があればあとは何にもいらないくらい、
お汁、鍋が大好きだから、毎日海ごはんはコレでも良いくらい。
ま、でもいつもってわけにはもいかないやね。
変化は必要だ。

 

Img_9929
追伸1
和栗シュー、、、一年ぶりに食べたけど、
やっぱ旨いね。


追伸2
た、た、台風、、、

2019年10月 3日 (木)

今年最後の,,

P7280177_20191003201101

 

12/15日)は今年最後の、熱海海上花火大会だ。
『花火って言ったら夏でしょ』と考えてるあなた。
あまい、あまい。
冬もいいよ、いや、冬が良いんだよね。
空が澄んでるから夏よりきれいだし、
また空気が乾燥しているから、より音の迫力もある。
いかがかな?
透明度のよい、ワイドな熱海の水中を楽しんだ後に、
夜空に咲く、大輪の花を見に出かけるのは。


ちょうどこの時期は、熱海の冬の特選素材の水揚げが始まるころ。
ぎゅっと凝縮した旨味が何ともいえない白身魚のこの子。
刺身はもちろんだけど、野菜と一緒に蒸し焼きにして、バーターに塩胡椒。
もうこれだけで、一流シェフになった気分だ。
素材がいいと、こんなに簡単で美味しいんだもんね。
最後に鍋に残ったスープでパスタを絡めれば、
これまた素敵な一品の出来上がり。
12/15日)の海ご飯はコレで決まりだ!
て言っても水揚げ次第だけどね。

 

Pc240115
上品な白身

 

Pc240119
バジルをきかせて

 

追伸1
11/8~10八丈島は残席1となりました。

 

追伸2

クリスマスパーティーは何人でも参加できるよ。
何故なら120人乗りの屋形船もあるから。驚きだね。
12/8日)開催。

屋形船》 品川 船清
集 合》 11:30品川駅 港南口(新幹線切符売り場前)
解 散》 14:30(乗船12時)  

それはおいくら?

あなたがもし、【2020年ドキわく島旅】の投票がまだなんだったら、
ぜひ投票してくださいな。とっても簡単だから。
やり方はこうです。
来年のドキわく島旅リストを見て、
あなたが魅力的と思う島旅を3つ選んで、メールで教えてくれるだけでいいからね。
今さっき、各島旅の価格も載っけておいたから、見てみてね。

 

Tg533816_20191003190201
よろしく!!

2019年10月 1日 (火)

こいつの出番です。

こいつの出番です。

2019100118090000

 

日中はまだまだ暖かいとは言え、朝晩は冷える。
そして、海からあがったら、やっぱり恋しいこの季節。
先日も早速に、佐渡島からのカニを大量に投入して作ったカニ汁。
例によって港にいる人に片っ端から配った。
やっぱ暖かいお汁は旨いやね。
再来週は海老汁だ。たまらな~い。

 

Img_4994_20191001181701
海老汁

 

 

Img_9891
こども鍋!

 

追伸
Xmaspartyの屋形船でも鍋が出てきたね。
『天ぷらに、鍋!船の上で大丈夫なの?』
まったくゆれないので問題なーし。
12/8日) 11:30 品川駅集合

 

 

今日から、、

今日から、、

Image_20191001151201
62円→63円

 

 

10/1火)、心機一転、今日から新価格となる葉書を届けてもらった。
郵便局ヘビーユーザーの自分としては、
切手や葉書を届けてもらうサービスはありがたい。
届けてくれる配達員の田中君が、めっちゃいい青年でね。
旧価格と比べて1円高くなったけど、
たったの63円で、日本全国どこにでも、確実に、
ありがとうを届けてくれるんだから安いものだ。
田中君、ありがとね。じゃんじゃん使うから。

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »