« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019年7月31日 (水)

島での過ごし方

 

P7260004_moment
群れに向かって、

 

無人島から帰ってきて、こっちの夜の暑いこと暑いこと。
昨夜で東京は6日連続の熱帯夜なんだとか。

梅雨から一転の、猛暑のスタートとなった無人島ツアー。
暑さを心配していたけど、夜は爽やかだったなぁ。
海風が気持ちよくってね。Tシャツ短パンだけだと肌寒いほど。
自分は寝袋でなくタオルケット持って行ったんだけど、それをかけて丁度だったなぁ。

 

都会のヒートアイランド現象ってのはすごいね。
夜でも多くの車が行き交う都市。
排ガス、エアコン室外機、照明、看板光、コンクリート熱、、、、
これに対し、僕らの無人島は、
車なし、エアコンなし、照明なし、、そして山と海。
そりゃ涼しいわけだ。
たった2日間の無人島生活だけど、なんか色々考えさせられる。

 

島の夜は、船長差し入れの薩摩焼酎を飲み交わしながら話していたとき。
『以前カラオケセット持ってくる人たちが居て、歌いまくってた』と船長。
無人島での楽しみ方も人それぞれだろうね。
隣近所の目がないわけだから、
どんなに大騒ぎしたって迷惑にならない。
でもコレには同意しかねる。
せっかくの無人島、何もないことを楽しみたいもんだ。
来年はランタン消して、線香花火を楽しむのも一興か。

 

追記
夜中の1時半。ふと目が覚めると南東の空に月が上がってた。
月の回り以外は相変わらずの星空。
下弦の月だからそれほど明るいはずではないのに、
ここでは水面が照らされて、たゆたゆと揺れている。
ベースキャンプから離れ、海を眺めてから振り返ると、
自分たちを乗せてきた船が、まるで蛍光色かと思うほど青白く見える。月の反射で。

 

古来から日本人が月を愛したのも頷ける。
月さえあれば、闇夜も歩け、
うっすらと照らされた世界は、昼より美しい。
今度はあえて“朔”の日にも来てみたいとも思った。

2019年7月30日 (火)

あなたに伝えたい!

P7260016_moment
津倉瀬の水中

 

 

P7260018_moment
宇治群島 双子瀬 人懐っこいツバメウオ

 

 

P7260003_moment
宇治群島 雀島

 

南九州無人島ダイブサファリのお声

 

【予想以上のすてきな島】
  青梅市 笹本靖子さん 100%
無人島でキャンプをしたかったし、南九州の海を潜ってみたかった。
夏休みの楽しい予定を立てておくと、つらい日々を乗り越えられる。
無人島は予想以上のステキな島で快適でした。
船での長時間の移動は、思っていたよりハードだったけど、
天気がずーっと良くて、星空がびっくりするほど綺麗で一生忘れない。
海もきれいで魚がたくさん!!想像を超えてました。
何もない所での不便な生活は、いろいろ工夫が出来て楽しい。
ずーっとワクワクして待ってる予定は元気が出る。
あと、キャンプ道具をそろえるのも楽しい。

 

 

【エアコンなくても】
  青梅市60代男性 M.Iさん 70%
初めてで用意する物が心配だった。
エアコンなしでも意外に快適でした。体力的には少しきつい。
なんと言っても満点の星空。

 

 

【満点の星空】
  羽村市 河野正樹さん 120%
心配なことは、台風とか熱低とか梅雨明けするのかとか、
久しぶりの無人島(10年ぶり)で暑さに耐えれるのか、とかを考えました。
無人島泊は満天の星空が最高でした。
海も青くどこまでも見える感じ。
魚も沢山で楽しかったです。
一度は行ってみて下さい。
いままで見たこともない位の星がみれます。
海の中も最高ですよ。

 

 

【花火もしたかった】
  太田区 前田正志さん 123%
以前の無人島キャンプが楽しかったんで参加。
天気に恵まれ、海もまったり楽しかった。
枕崎での買い物で、忘れ物が多かったことと、
ついつい島で飲み過ぎたことが反省点。
花火もしたかった。
キビナゴのキラキラ、夜空の星のキラキラ、フナムシのわらわら。

 

 

【みなさん想像するよりも、、】
  羽村市 河野直美さん 80%
宇治の海は魚が多いので魅力。でも決め手はマンボウのご飯です。
天気が良くって快適なツアーでした。
海も抜群にコンディション良くて大当たりです。
島の星空はすごかった。大満足!
そして〆はマンボウさんのご飯。やはりウマイ!!
無人島キャンプは、
みなさんが想像するよりも、とっても快適で楽しい事を伝えたくなりますね。
滝シャワーは楽しかったです。

 

P7260029
僕らの無人島 大人の夏休み

 

 

P7270036
快適なベースキャンプ?

 

 

P7270085
宇治群島 雀島ハナレにて1500本

 

 

P7270095
黒豚しゃぶ

 

P7270100
あ~楽しかった♪

 

2019年7月29日 (月)

南九州無人島ダイブサファリから帰還

2006_0716_213100aa

 

 

南九州無人島ダイブサファリから帰還。
一言で表すと、
過去最高の好条件だったよん♪

 

もちろん無人島だけに、島は我々だけ。
今は、もう自分達だけの胸にしまっておくのはもったいなくって、
町に飛び出して、大声でこう叫びたい心境だ。
『無人島最高なんだぜぃ!って』

海はどこまでも藍く、野性味いっぱい。
島では日焼けで火照った体に、天然の滝の水浴びが気持ちいい。
夕食は鹿児島黒豚のバーベキュう。
夜は満天の星を見ながら就寝(何時間でも見てられる)。

 

全ての物を自分達で持ち込んでの島旅は、
そりゃなんでも揃ってるツアーよりよっぽど疲れるけど、
でも、最高の感動と笑いと記憶が脳に刻まれる。
やっぱりやめられない。

あなたも是非トライしてみて。

 

追伸

画像は後日アップします。

2019年7月25日 (木)

暑いぜ!鹿児島。

一足先に鹿児島入り。

お日様ハンパじゃないよ。
でも日陰や朝晩は涼しいから、無人島組よかったね。
日中は各自、日除け対策と水分、ミネラル補給忘れないように。


さて、ここまで来るあいだも色々あったね。旅は楽しい。
まず近畿地方のサービスエリアで、
『西日本ソフトクリームコンテスト』やってた。
やっぱ東も西も、ソフトは人気だ。

そして、壇之浦の旅籠に初めて泊まってみた。
いつもは北九州の一発目の、シャワーのあるPAで仮眠とるんだけどね、
やっぱ布団で寝れるのは違うね。
お陰で今日の船への積込も楽勝じゃ。
ほんと、自分でやってて思うけど、好きじゃなきゃ絶対にできないね。
Cid_8927be5221f249dcb87c60d5b3ba7483
港で積み込み作業


ところでこの旅籠屋ってのは色んなところにあるのかな?
自分が知ってるのは、金沢と壇之浦だけと、
高速を降りずに、サービスエリア内にあるってのは便利だね。

そして枕崎。↓↓
Cid_f4ba61301bf54152a824864c6dde6990


昼飯に久々に駅前の一福さんに行ったけど、
驚きのコストパフォーマンスだ。
東京高好きと思わざる終えない!
平日限定のランチメニューだったけど、
二段お重が出てきたには驚いたよ。
刺身、カマ焼、小アジ南蛮、唐揚げ、ポテトサラダ、茶碗蒸し、あら汁、鰹味噌、
これで1000円!
しかもコーヒー、アイスクリーム付き。凄いよね。
Cid_dea831bb391c4e828007dfc0e41c226b  
最終日の打ち上げ、ここにしようかなぁ?

2019年7月22日 (月)

行けるときに行っとけ

 

最近お顔を見せてくれていなかったお客さんが、久々にご来店。
『やっと来れるようになったよ。』
『元気なうちに行かないとね』と。
伊豆の海の予定と佐渡島の予定を入れていかれた。
「元気で良かったぁ~」

元気なうち、健康な時でないと行かれない島旅に海遊び。
そのうちそのうち、なんて言ってると大抵行けなくなる。
それに、行けなくなる理由はあなただけの問題でないからね。
特に、自分達が企画する場所は、辺鄙なところが多いからか、
様々な理由で行けなくなってしまうことも。
船長引退、民宿廃業、漁業組合不許可など色々考えられる。
何でもそろっている島や場所ならそんなことも無いけどねぇ。

 

早速だけど、奥能登のボートダイビングが今年最後になるかもしれない。
理由は、ボートをお願いしている漁師さん達の高齢化。
なんとか今年は船を出してくれることになったけど、来年からは・・・
行けるときに行っとかないとね。

 

P8120052
じっ様操船の味のある漁船にて

 

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

さて、冠島のお声が届きました。

 

【来年も参加します。】100%
  加須市 有居実さん
前回がよかったので、引き続き今年も参加。
今回は天候に恵まれず、海中も暗い感じだったのが残念。
生物は前回のような大物は逢えなかったですが、
イサキ、スズメダイ、タカベ等の群れは迫力満点でした。
ウミウシも沢山いたらしく、ウミウシ好きにはお勧め。
(私は特に、、、)
民宿のお食事は期待以上で、
アワビの陶板焼き、牛しゃぶ鍋などなど来年も参加したいです。

 

 

【鮑&牡蠣】100%
  羽村市 河野正樹さん
現地の方にお会いできるのが楽しみでした。
美味しい晩御飯をたんのうしました。
海の中は今年はイサキ祭りです。
アワビ&牡蠣、そして音海での流しソーメンは是非!

 

 

【いい人いっぱい】90%
  名古屋市 40代男性 S.Kさん
名古屋から近いと言うことで、なかなかこの様なチャンスはないと思いました。
輪島さんからのTELでのお誘い、大変ありがたかった出す。(合流場所など)
参加のみなさんは超ベテラン、さらにいい人。
とてもリラックスして、純粋に海・陸両方楽しめました。
関東がお店なのに、良いスポットがあれば九州~北海道とアクティブで元気。
そして、いい人いっぱいのショップですね!

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 

追伸
今週末の「南九州無人島ダイブサファリ」の準備でお店はてんやわんや。

2019072220190000

2019年7月18日 (木)

つかの間の・・・

 

Tg533806
冠島にいっぱいいたシロウミウシ

 

冠島から戻り、今日と週末は伊豆半島へ日帰り。
そして、その後は無人島。
帰ってきてら今度はすぐに能登半島だ。
無人島は南九州だけど、それ以外の今年の夏の島旅は、
冠島、奥能登、佐渡島とどれも日本海。
中には3カ所とも参加してくださる方が居て、
『お、日本海グランドスラム。3連チャン!』みたいなね。

 

さて、つかの間の書籍話
〔ぼくの命は言葉とともにある〕再読
著者は3歳で右目、9歳で左目を失明。
14歳で右耳、18歳で左耳の聴力を失った、
全盲ろうにして世界初の大学教授、福島智さん。
もう衝撃を受けたね。
自分とはあまりにもその与えられた試練が違うから、
と言えばそれまでだけど、この人の前向きっぷりを読むと、
つくづく身にかかることも全てが“捉え方次第”と思う。

 

それと、思考の深堀がハンパない。
この本の中で、福島さんが影響を受けたり、感動した本がいくつか紹介されている。
中には『あ、それ昔読んだ』と言う本が結構あったにもかかわらず、
全く自分とは得る物が違う!
特に次に挙げる、「人生の方程式」ともいえる考えは、
思わずガッテンしたくなる。

ナチス強制収容所での体験を本にまとめた、ビクトール・E・フランクルの世界的名著「夜と霧」。
福島さんはフランクルの置かれた状況を、
『人間としての自由を束縛された、極限状態にくらべれば、
私の状況などなまぬるい』と感じたそうだ!
(繰り返すけど、福島さんは全盲ろう者。しかも徐々に光と音が消えていった、)
もっとも影響を受けたのが、そのフランクルの公式。
 「絶望=苦悩-意味」
つまり絶望とは、意味なき苦悩である。
この公式はスゴい。
苦悩は絶望ではなく、意味があることを表している。
福島さんはこの公式をさらに発展させ、
 「絶望=苦悩-意味」
     ↓
 「意味=苦悩-絶望」
  (絶望の反意語は希望)
     ↓
 「意味=苦悩+希望」

 

『苦悩の中で希望を見いだすこと、そこに人生の意味があると思うのです。』

 

2019071819090000

 

実は自分も「夜と霧」を読んだけど、
まったくこんなにスゴいことを、この本から読み解くことが出来なかった。
また、福島さんが第一級と称した小説、
〔アルジャーノンに花束を〕も読んでみた。
驚くほど響かなかった、、、、
改めて、本は何を読むかでなく、どう読むかなんだね。

 

 

追伸
今日の熱海は晴れて暑かった。
そろそろ、無人島の荷物をまとめるかな。

ちょうど狙ったように梅雨明けみたい。

2019年7月16日 (火)

島に向けての新兵器!

島に向けて、新兵器?!

 

2019071616090000
鉄製フライパン

 

以前このブログで、自分の持ち物についてふれたけど、
とにかく好みは“壊れないシッカリした物”が一番だと思ってる。
そんな訳で、バーべQの時の鉄板代わりにもなるからと、鉄製フライパンを購入。
厚さ3.2mmで、ぎりぎり女性スタッフが片手で持てる感じ。
育てる一生物のフライパン。
油ならしが必要なので、まずは店で焼きそばを。
思っていたより、最初っから焦げ付かない。
無人島がデビュー戦かな。

 

2019071616100000
ハンドルはこのヤットコ

 

2019071616110000
油ならし中

 

 

 

それにしても、梅雨明けしないね。。。

うぇ!?

Tg533816
『うぇ!?』 冠島 中津神にて

 

 

R0013657-2
今回参加のおじさんズ!



Tg533818
洋上ランチその1

 

Tg533820
洋上ランチその2

 

 

追記
来年も海の日は冠島へ

 

 

2019年7月15日 (月)

冠島から戻ったよ~

P7140093
冠島 立神グリ

 

 

曇り&雨交じりでしたがそれほど寒さも感じず、
楽しく二日間とも無事に冠島に行くことが出来た。
凪がイイのが何より。
なかなか行けない沈み瀬の一つ、オオグリも潜れて満足満足。

そして、今回一番記憶に残ったのは、
ゲストさんたちの食べっぷり! 
朝からお茶碗3杯は当たり前。
夕飯ともなると、あの飯4杯!!!
す、すごいおじさん達だ。

P7130075  
真剣なまなざしで準備中


P7130087
象の鼻みたい
   

 

2019071518550000
アワビの陶板焼き

 

 

P7130085
魚で前が見えまへん

 

 

 

追伸1
朝6時から店を開けてくれている和菓子屋さん。
船の上で最高のお茶タイムになった。

 

 

追伸2
しゃちほこソフトはやっぱりスゴイ。

 

2019年7月12日 (金)

島への準備

Img_9344
テーブル作り。

 

Img_9345

 

中学のころから大の苦手だった工作。
島へ向けてやってみた。
やっぱ曲がってるけど、、、

シアトル首長物語

二日ほど前、お店にPaypayの営業マン(ちょっとみすぼらしい)がきた。
彼の説明を整理すると、
・やるとお店が得で、今なら手数料も0円。
・購入者はポイント還元があるからやって損はない
・政府もキャッシュレスポイント還元を発表している。
こんな感じだったかな。
自分が『じゃ、やる時また聞きますよ』と言うと。
営業『今やらないですか、、、、』と残念そう。
きっと1件いくらで回っている営業なんだと思う。
そりゃあ一番関係有るのは自分の事だろうね。

 

好むと好まざるとに関わらず、時代はキャッシュレスに向かい、
そのうち現金はなくなる傾向にある。
その方がより消費するからだろうね。
商売やってる自分が言うのもなんだが、
全てがネットでつながる便利さと、危うさはトレードオフの関係。
それでも、この流れは停まんないだろう。

 

PayPayさんが来る数日前に読んだ本が、かなり腹に響いて、
営業マンの話や仕組みも、冷めた目で見てしまったよ。
長いけど、読んでみて。
 ↓↓↓

 

160年以上前のアメリカ、ワシントン州あたり。
合衆国政府は移民者のために、先住民部族の土地を購入する話を持ちかける。
最初の植民者に協力的だったインディアン部族の首長シアトルが、大統領に出した返事。

「ワシントンの大統領は土地を買いたいと言う言葉を送ってきた。
しかし、あなたはどうして空を売ったり買ったりできるだろう。あるいは土地を。
その考えは我々にとって奇妙なものだ。
もし我々が、大気の新鮮さを持たないからといって、
あるいは水のきらめきを持たないからといって、
それを金で買えるものだろうか?
きらきら光る松葉のどの一本も、暗い森のどの霧も、どの牧草地も、
羽音をうならせるどの虫も、
大地のあらゆるものが、部族にとって尊いものだ。
川のせせらぎ、輝かしい水はただの水ではなく、われわれの祖先の血。
われわれが自分たちの土地を売るとしたら、
あなたがたは、その事をよく覚えておかなければならない。
湖に映るどんなぼんやりとした陰も、わたしの部族の思い出を語っている。
かすかな水の音は、わたしの父の父の声なのだ。
だからあなた方は、川に湖に、
あらゆる兄弟に与えるような、親切を施さなくてはならない。
大気がいかに貴重であるかも忘れないで欲しい。
我々の祖先に最初の息吹を与えた風は、
また彼の最後の息を受け取る。
風はまた、子供たちに命の霊を吹き込む。
だから、われわれが土地を売るとしたら、
あなた方は、それを特別なところ、神聖なところにしなくてはならない。
あなた方は、われわれが子供たちに教えたのと同じ事を、
あなた方の子供たちに、教えるだろうか?
大地は我々の母だと言う事を。」

 

このあとも、チーフ・シアトルの美しい表現がまだまだ続く。
長いので残念ながら割愛するけど、
彼の思いは残念ながら、“われわれ”には届かなかった。

 

 

追伸
今夜から冠島
お世話になる船長さんから電話があって、
『楽しみにしていますよぉ。気をつけてきて下さいね』
て本当に会うのを楽しみにしてくれている。
そこには自分が得をしようとか、うまく利を得ようではなく、
相手のことを考え、楽しんでもらおう、
そして自分も楽しもう、と言う気持ちが伝わってきた。

 

Img_9348
出来立てTシャツ着ていこう!

2019年7月11日 (木)

入荷!

ガイドアノラック&Tシャツ入荷しました。

 

 

2019071115310000

 

 

 

2019071115310000_20190711153501

 

 

 

2019年7月 9日 (火)

やっぱ間違いないね

 

今週末は若狭冠島へ。
冠島は京丹後と福井の丁度間にある無人島で、
出港地は、福井の高浜近くの音海(おとみ)からになる。
当たり前だけど、高浜までは高速道路で移動するわけね。
すると、休憩は高速のサービスエリア、パーキングエリア。
夜移動の時は、100%サービスエリア(SA)で停まることになるけど、
日中はなるべくパーキングエリア(PA)で休憩したいものだ。

 

 

M0026472
   熊本らーめん

 

SAは高速道路情報や給油施設があるため、ほぼ24時間営業。
でもそのために、昼間の時間帯や行楽シーズン、連休ともなるとすごい車の数。
これに対し、PAはだいたい夜8時までで、給油施設もない。
当然ながら、日中も車はSAに集中するため、
PAはそれほど混んでいないことが多い。
まぁ結論を先に言うと、
PAの方が停まりやすく、食べ物が安くて地元色出ていて、
SAは車が多く、観光客はこんなの買うだろう、
この価格でも売れるだろう的商品ばかりだ。

 

M0026874
     味噌カツ

 

先週末も“やっぱり間違いないなと思った。
東京方面で一番集客力のあるSAは海老名SA。
伊豆に向かう場合、沼津の間で次に来るのが足柄SA。
両方ともかなりの車が停まるため、ショップ数もめちゃめちゃ多い。
先週末は、そこをあえて足柄SAをパス。
そして新東名でなく、東名の駒門PAに停車した。
ここは朝6時からレストランが営業。
朝定食330円、焼き鮭定食550円、焼き鮭そば定食680円、スゴい安い。
そして空いている。

 

この手の経験、
つまり大型SAが混んでいるにも関わらず、
PAでは比較的空いていて、かつ非常にリーズナブルと言うことは、
高速道路の長距離移動ではよくあること。
知らないと損した気分になるし、
知っていれば、やっぱりそう言うPAになるべく停まりたいもの。
でも、
それでも人はSAに停まるんだよね。
給油が出来る出来ないは大きな違いだし、何となく吸い寄せられる。
(この辺はお客さんが並ぶお店の心理と同じでないかな?)
結果、やっぱりPAは空いていて良いよねってことになる。

 

M0026457
  どっかのSAかPAうどん

 

 

2006_0716_204638aa
   無人島の夜

冠島が終わると、7月末は南九州無人島。
今回も自分は、前もって車で物資輸送の予定だ。
魅力的なPAをまた見つけられるかな?

 

 

Dscn1121
奥能登珠洲の軍艦島

 

追伸
8月の奥能登も絶賛募集中!
スケジュールはこちら→8月奥能登の情報

2019年7月 8日 (月)

ナイショの海ごはん

ナイショの、海ご飯

昨日は西伊豆の田子に、珍しく日帰りで行ってきた。
やっぱ日帰りだと遠く感じるよ。
でも、朝降っていた雨も到着の頃には上がり、
日差しも出てきて、透明度も申し分ない。
水温も23度と、非常に快適な水中。
ただ、けっこう流れてた。いや、かなりの物かも。
田子の外海にしたらそう珍しいことでもないけど、
田子初めての初心者さんもいたから、
その人にしてみると、トンでもない流れに感じたかもしれない。どうだろうね?
他のメンバーさんは田子も常連の人たちだったので、
いつもの流れに楽しそうにしていたくらい。

 

さて、そんなgoodコンディションでのダイビングであったにも関わらず、
なんと一番みなさんが盛り上がった(けっこう興奮)のは、
お昼のご飯。

お昼ご飯を出すお店でない所に、強引にお願いして作ってもらったランチ。
このランチメニューを前にした瞬間が、一番興奮した時だ。
歓声が上がったからね。
その店は日頃、法事の食事はやるだろうけど、定食はまずやらないと思うので、
どこそこ、と書くとご迷惑になるといけないから、
店の場所は語れないが、
とにかく大喜びで、みんなお腹パンパンにしてた。

 

メニューをちょっと紹介すると、
基本は“まごちゃ定食”となるんだけど、
テーブルには味噌風味のタタキ(なめろう)と、
醤油ダレのカツオの二つがたっぷりと用意されてる。
これを白飯に乗っけて丼に、
次いで魚のあら出汁をかけて、まごちゃとする訳ね。
でも何故かお釜が2つ。
『一つは白飯でもう一つは、魚の炊き込みご飯です。』
な、な、なにーーー!
ふたを開けると、ホウボウなどの白身の魚が乗っかって炊かれてるではないの。
これを店主自ら混ぜ混ぜすると、
えも言われぬ美味しい香りが。
これだけでも素晴らしいところ、
揚げ物でワカシのフライ、そして香の物とヒジキ煮の小鉢付き。

 

もう丼好きご飯好きには、たまらん趣向でござんしょうとも。
白飯になめろう丼、そして鉄火丼。
だし汁かけて、まごちゃでさらさら。
お次は炊き込みご飯に乗っけましょうかってね。
そこの兄さん!一体何杯たいらげるのよぉ!

 

いや~素晴らしい。
祝い事に花を添えたね。
実はこの日は恒例?で、あるお客さんの勝手にバースデイダイブ。
勝手に、と言うのは本人曰く、
『もうこの年になると、人からお祝いされても何だから、自分のことは自分でね』
とのことで、毎年7月の誕生日の前くらいに必ず、
『自分のバースデーダイブ』
『今年も一年無事にまた潜れました。』
と感謝とともに恒例となってるわけ。
だから、その日(今年は昨日)がいったい何の日か、
なんて事を他の参加者は知る由もない。
であるので、勝手にバースデーダイブなんだね。
ちゃ~んとバースデーケーキも自分で用意して。
この日は杏タルト。くるしいくるしいと言いながらデザートまでいただきました。

 

いや~、ほ~んと、美味しい勝手にバースデーダイブだったよ。
ありがとうございます。

 

2019070814530000
画像は誕生日のお祝いに?本人からいただいたお茶菓子。
普通誕生日はプレゼントあげるのが、なぜか本人からもらう

 

2019年7月 7日 (日)

マップ

2019070616050000

 

 

『アナログなもので』って、そりゃ嘘だね。
ハイパーだろうがハイテクだろうが、地図は必要だ。
ナビあるからって、ナビ作動しなかったらどうするのってこと

2019年7月 6日 (土)

イカ

2019070617290000
   イカ

 

お葉書を頂きました。

イカで!

しかも暗闇で光る蓄光。

名付けて、ほたるイカ葉書。
ありがとうございます。

 

PS.明日の七夕の海は、西伊豆田子へ

2019年7月 5日 (金)

すごいストーリー

島旅と一切関係ないけど、骨太なすごいストーリー。

 

島からもどった老人との奇跡の出会い。
これはノンフィクション。

明治9年のある日。みすぼらしい老人が、
神奈川の野村氏のもとを訪ねて、こう話し出した。
『わたしは昔、吉田先生と同じ獄舎にいた、沼崎と申します。
 先生が処刑される前日に、この冊子をお作りになって、
 わたしに、こんな事を言ったんですよ。

 “この冊子はすでに故郷に送ったのだけど、
 もしかしたら滞ってるかもしれない。
 そこでもう一つ作ったこの冊子を、あなたに託します。
 明日私は処刑されますが、あなたが自由の身になったら、
 これを私の故郷の出身者に渡して下さい”と。

その後わたしは三宅島に流され、最近ようやく戻ることが出来ました。
たまたまあなたが、先生の出身地の方だとお聞きしたので、
今日この冊子を渡しに着たんです。』

野村氏はびっくりして、
その冊子を開くと、間違いなく見覚えのある、先生の筆跡。
野村氏はこの沼崎と言う老人に、
『実はわたしは、先生の門人だったんですよ。』
そう伝えると、老人はたいそう喜び、
獄舎での日々を語って聞かせてくれ、
他にもいくつかの文章や手紙を取り出し、
それを野村氏に渡した後、
風のように去っていったのである。

 

この不思議な出足で始まるストーリーが、なぜ“奇跡”なのか?
ここに登場する先生とは、吉田松陰の事。
野村氏は松下村塾で松陰に付き従った、野村靖(当時は和作)。
松陰が処刑されてから、実に17年目のこと。
偶然手渡された人が、まさに松陰の信頼を寄せた門人。
この老人は、いったいどうやってこの冊子を、
一字も損なわず伝えることが出来たのか。
獄舎を出た後も、島流しにあい、
そして17年もの歳月が流れて。

 

松陰はもう一冊、この冊子を萩に送っている。
ただし、長州には確かに届いていたようなのだが、幕末の戦乱で紛失。
このあたりは、吉田松陰と言う人の用意周到ぶりと言うか、
執念を感じずに入られない。
さらに、獄舎の中で、この沼崎なる人物をどう選び抜いたのかは定かでないが、
間違いない人選出会ったことは、歴史が証明していることになる。
ちなみに、野村氏に冊子を手渡したその後、
沼崎の消息は全くわかっていない。
まるでこの役目を果たすためだけのように。。

 

と、言うことで、
この松陰が死の前日に書き留めた、
遺書とも言うべき冊子、〔留魂禄〕が世に出た経緯でした。
吉田松陰が処刑されたのは、30歳(数え年)のとき。
この年にしてすでに、清々しい中にも凄みのある死生観を持ち、
また、死後もその魂は間違いなく継承されている事実を知ると、
震えが来るほど、肌が泡だった。

 

この魂が、山口出身の政治家を良い方に揺さぶってくれるのでは。

 

2019070511200000

 

追記
毎年夏に行く鹿児島の島旅。
せっかく車で行くのだから、今度は萩にも寄ってみたいと思った。
それにしても、雨は大丈夫だろうか。
⇒南さつま野間池は雨の被害は大丈夫とのこと。
ただ、あっちこっちで通行止めのところがあると。

2019年7月 4日 (木)

コイツの出番はいつから?

 

2019070406440001

夏はいつも短パンだった。

大人になって、そんな訳にいかなくなってきた。
って誰が言ったんだよ!
俺たちの夏のユニホームだぞ♪

島旅の正装は、短パンTシャツ!

来週夏の正装Tシャツ出来上がります。

アイディアとは、既存の物と既存の物の組み合わせ以外の何物でもない。

 

2019070406270000
餡子の上にソフトクリーム?!

 

たい焼き×名古屋城天守
 =鯱焼き

しゃちほこ焼き+ソフト
 =しゃちほこソフトクリーム!

 

来週の冠島、の帰りのサービスエリアも楽しみだ。

 

 

追伸
野外散策+ランチ
 =バーベキュー

(バーベQ+星空観察+テント)×ダイビング
 =南九州無人島ダイブサファリ

ダイビング+カニ食べ放題
 =9月の佐渡島ツアー(笑

猫店長

2019070406220000
先日の能登半島で出会った猫店長。
オープン前の店先にて

 

『まだだニャ』

8月の奥能登ツアーでも会えるかな?

 

 

2019年7月 2日 (火)

ひんや~り、じゅわ~?

P7310049

フルーツの季節だね。

夏のお日様カンカン照りの下での水遊び。
こんな時はキンキンに冷やしたスイカやメロンて、めっちゃうまい。
水分補給と同時に、糖分や食物繊維も取れてパーフェクト!
島旅の時にも、ダイビングの合間に食べるのに持って行くことが多いけど、
切ったそばから無くなるね。
洋上で食べるスイカは、これまた格別だから。

 

ただ一つ問題が、
スイカはデカい、カサバる。

だからクーラーボックスに入れると、他の飲み物が入らなくなるんだよね。
水や、食材から比べると優先順位はどうしても下がる果物。
でも、やっぱり食べたい。
そんなわけで、最近はフルーツゼリーや缶詰にすることが多くなってきた。
これだとそのままクーラーBOXに放り込んでおけるし、
割れたりしないし、スイカに比べ場所とらないからね。

 

でもやっぱり、海見ながら、スイカにカブリつきたいかも。

7月の冠島、そして、無人島ダイブサファリの時は何のフルーツにしよう?

 

 

 

 

追伸1
西伊豆松崎には、夏にメロンを丸まま1個使ったスイーツが売ってる。
冬には鍋いっぱいのプリン、土鍋プリンを作ってるお店。
メロンも食べてみたい、、、、

 

追伸2
冷たい果物の似合う夏のイベントは?!
・7月冠島
・7月南九州無人島ダイブサファリ
・8月日帰り熱海海上花火
・8月奥能登スローダイブ

M0012194s
南九州無人島

 

P8110263_20190702112701
奥能登スローダイブ 8/9夜出~8/12

 

 

2018083020410000
海上花火は、8/5と8/30

   

 

 

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »