« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月31日 (土)

BOUSO-PENINSULA

BOUSO-PENINSULA
BOUSO-PENINSULA
花だより

南房総から香りを乗せて、花便りが届きました。
送っていただいたのは、館山の西川名オーシャンパークの石川さん。
館山は道路にフラワーラインの名が付くほど、この季節はお花が咲き誇ります。
花農家さんも今が一番忙しいときだとか。

海の仕事ですから、島や船長さんからお魚が届くことはありますが、
お花が届くことは滅多にありません。
お手紙も添えてあり、お気遣いに感激。

西川名には4/19に潜りに行く予定。
その前に、お店は南房総の春の香りでいっぱいです。


文. わじま.でんいちろう

島旅グッズの紹介

島旅グッズの紹介
  ナルゲンボトルと細口キャップ

暖かくなったので島旅グッズの紹介

船の上はもちろんの事、この年齢になると夜間の水分補給も大事。
毎回ペットボトルじゃ不経済なのもあるけど、ゴミがね、、、

いろいろなボトルを使ったけど、結局シンプルで耐久性のあるナルゲンボトルに至る。
相当頑丈です。いろいろ特徴はあるけど、まとめると、
 ①100度OK!、冷凍OK!
 ②落としても壊れない
 ③広口で洗いやすい
 ④いろんな色、サイズがある
とこんなでしょうか。
特に①と③はホントに助かる。
気をつけないといけないのは、似たようなプラスチックボトルは数多くでてるけど、
そのほとんどが、耐熱は70度ほど。
つまり熱湯そのまま入れたり、煮沸消毒が出来ない。
あと、細い口のタイプは中にカビが生えたりしやすいし、雑菌が心配だ。

オプション品も豊富。
画像右のキャップは、広口から細口に変換できる物。揺れる乗り物の中だと広口は飲むには大変難しい。その点こいつがあると楽だね。
自分の使ってるナルゲンボトルは、グロータイプで蓄光し暗闇でほのかに光る。
枕元においておくと何かと便利だね。

暖かくなってきたから、ますます外での活動が多くなる。
はっきり言って必需品だと思います。

2018年3月30日 (金)

まいった

まいった
まいった
困った。

お店のHPにあるブログが全く機能しない。
昨年11月から更新できてないわけで、ならばとFacebookで日々を更新していた。

なんかず〜と更新されてないと、まるでやってない店見たいもんね。
まぁそれなりに活動してるからいいんだけどね。

て事でブログはあきらめて、日記をクリックするとFacebookに飛ぶようになりました。
なりましたってまるで自分かやったみたいないいまわしだが、
わたしゃパソコンをほぼ全く触れないので、お客さんに協力いただいたわけ。

ところが、
今度はFacebookが投稿できない!
セキュリティチェックとかでログインできないから、まったくどうにもならない。
かれこれ一週間、まったくログインできないから、もちろん投稿もダメ。


ん〜ん、どうしたもんだろう?

困った。

誰ぞ、教えて。

追伸
先日のライトトラップナイトでライトをモニターした方がライトを購入。

明るいライトはダイビング数倍楽しくなるもんね。
そうだね〜。

2018年3月26日 (月)

3/25日) の伊豆半島

3/25日)<br />
 の伊豆半島
垂れ桜

おためしコースで熱海横磯。
前日よりもさらに青空がまして、朝からスッキリ。
気温もグンと上がって日向では半袖陽気。顔が赤くなるくらい。

コンディション良すぎだ。
こりゃ参加者も楽しくないわけないな。
↓↓

【自然食材】
     西多摩郡20代女性 T.Mさん

★★★★★
深いところまで潜って魚を見たり、サザエを割ったり、、楽しかったです。
ダイビング以外も色んな場所を観光できて良いリフレッシュになりました。
自然食材でつくってもらったランチ、美味しかったです。
サザエ、ワカメを見つけた!!

【おもいっきり遊べた】
    福生市 女性 N.Yさん

★★★★★
波ヨイがあったり、お手洗いが近いのが心配でしたが、大丈夫です。
楽しかった。一日でおもいっきりあそべた。
他を知らないのでわかりませんが、
私的には濃く、ダイビング以外でも楽しませてくれることや、
沢山の引き出しを持っているのはスゴかったです。

サザエややナマコを触った!
モジモジくんになってもカッコいいと言われた!


追記1
桟橋のワカメを刈らせてもらいました。
ランチのお汁に入れたけど、
素晴らしい風味と歯ごたえ。

追記2
山口船長に鮟鱇汁が好評だったことを伝えると、、

てことで来月もう一回鮟鱇汁ができることに。。

追記3
真鶴の垂れ桜もいい感じです。

3/24の伊豆半島

3/24の伊豆半島
タコライス風

土曜は久々に沼津近くの静浦でダイビング。
名前の通りベタなき。
予定では西湘方面でシーズンのダンゴウオを観察する予定だったんだけど、
先週の南岸低気圧のウネリが残るため、変更。
透明度もまずまず。浅場は白いところもあるけど深場はブルー!
太陽光も入り、海のなかもキラキラ。
おまけに黒潮の分流が入ってきたのか、水温も3度アップ。
ゴマフビロウドウミウシ、ハクセンアカハシカクレエビなど、
かわいい生物がたくさん見られた。
飛び根のトサカはゲストの女性の背丈ほどに成長してるのにもビックリ。

ランチはライダーにも人気の貝殻亭さん。
“タコライス風まかないランチ”をたのむとご覧のような大きなお鉢。
『発注ミスしました』と店員さん。
でもこれはこれでありかも。

窓からは裾のが雲で隠れた富士山。
まるで駿河風呂の湯上がりにタオルを巻いたようだ。

2018年3月23日 (金)

計画

計画
与論空港前にこんな素敵な、、

計画
  鹿児島の島々

計画
  吐噶喇の象徴

2018年ドキわくスケジュール

2月【大分うみたまご水族館ダイブ&別府温泉の旅】
   2/24土〜25日)1泊2日 2ダイブ&関サバ?!
様子はこちら
ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー

5月【ウミガメ100%・ゴールデンウィーク八丈島】
    5/2夜〜6日 3泊4日 6〜9ボートダイブ
スケジュールはここ
ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー

5月【屋久島の隣 小さな島の丘の上の宿】
      5/25金〜27日 2泊3日 4〜6ボート
スケジュールはコチラ
ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー

 
6月【2mの船盛り&ドルフィンスイム】
  ・週末だけで野生のイルカとドルフィンスイム
  ・能登島の名物船盛りは圧巻! 
   前日夜出 6/9土)〜10日) 1ダイブ&1イルカ
イルカの予定表
ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー

6月【梅雨明け一番・やっぱり奄美が好き】
 ・部屋の窓を開け うっとりしたい人は居ませんか?
 ・この海に癒されたい人は他にいませんか? 
    6/29金〜7/1日 2泊3日 3〜5ダイブ
奄美のプラン
ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー

7月【ハマチリバー見参!日本海伝説の島・冠島】
  ・この透明度と魚影を分かりますか?
  ・これが夏の冠島です。
    7/13夜出〜16月祝) 2泊3日 4〜6ボート
冠島日程
ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー

8月【お盆なのに空いてて透明度30m・奥能登の海】
    8/9夜出〜12日 2泊3日 4ダイブ

ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー

8月【復活!秘境トカラ列島ダイブクルーズ】
  ・わたしは冒険に飢えていたんです。
   それでトカラ列島に決めました。
    8/23木〜26日 3泊4日 5〜9ボート
トカラへ
ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー

9月【超穴場的イイ海 長崎無人島&市内観光】
 ・わたしが長崎の海に魅せられた訳
   9/22土〜24月祝) 2泊3日 4ボート

ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー

11月【南紀白浜・魚天国沈船とクエに温泉】
 ・この沈船の魚群を見ると、残圧が急に減るほど。
 ・ここの温泉につかると、疲れが急に無くなるほど。
    11/22夜出〜25日 2泊3日 4〜5ボート
ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー

2018年3月22日 (木)

あの場所へ

あの場所へ
あの場所へ
【秘境・トカラ列島ダイブクルーズ】

毎年8月が待ち遠しい。
そして、1ヶ月前ともなるとドキドキそわそわ。
飛行機で島に渡り、有名なポイントに簡単にアクセスできるダイビングもいいが、
でもその対極もあることを知って欲しい。
何が見れるかではなく、感じる海。
野性味たっぷりのワイルドな海に、
アイランドホッピングしながらトカラを目指し、蒼に染まる。
一度このスタイルにはまると中々抜け出せない。
そんな魅力がトカラクルーズにはある。

あなたも冒険に出かけませんか?


【秘境・トカラ列島ダイブクルーズ】
8月23日(木)〜26(日)

2018年3月21日 (水)

記念すべき

記念すべき
記念すべき
記念すべき
先日の日曜日は伊豆半島で記念ダイブ。

800本記念の方のメモリアル料理?って事で、
豪華に鮟鱇2匹を使ったアンコウのどぶ汁とお赤飯を海ごはんとしました。
いや〜、ぜいたくなお汁でしたよ。
予想していたより大きいアンコウで、しかも捌いてみてびっくり、
肝も立派!!
山口船長からは、
『こっちのアンコウは肝がそんなにデカくならないんですよ、、だから値段も安く、、』
なんて聞いていたんだけど、イヤイヤイヤ。
すばらしいアンコウです!!
豪快に身も全部お汁に入れて、とんでもなく濃厚な、かといってヒツコくない、
最高のお汁の出来上がり。
(次回は身は唐揚げにしたいなって思った。)

この日は夜潜る企画もあって、強力な水中ライトを設置し、
生物を集めるライトトラップというナイトダイビング。
熱海の夜景と、闇夜に水面に漂う水中ライトからの光がなんとも幻想的。

このときの超高性能高出力ライトは、メーカーさんが協力してくれたもの。
今回の実施で、
設置する場所やタイミング、光量、そして時期なんかも大分イメージが出来たので、
今度は何とか自前で出来ないか模索中。(あまりお金をかけずに、)
特にこれからの季節は夜の生物も増えてくるので、面白いことは間違いない。

と、そんな勉強にもなった一日だった。
帰りが遅くなって、次の日のお仕事大変じゃ無かったかな?
次回はやっぱナイトは泊まりでやろう!!

《参加した方のお声一部》
    ↓↓↓
【ナイト好きです!】
   福生市40代男性 A.Mさん 100%

どこかでライトトラップのことを見たことがあって興味有りました。
ナイトももともと好きなので。
暗い海の中の幻想的に光るライトは、それだけでも見てて綺麗でした。
一見の価値有りっす。

【インスタ映え】
   あきる野市男性 45%

帰りが遅くなるのがちょっと心配でした。
トラップを仕掛けることやライトのビジュアルが美しそうなので参加。
ナイトも良いが帰宅が遅くなるのを考えると早朝ダイビングなんかも良いかも。
港から撮った写真が、超インスタ映えしてました。

【トラップをみたい】
   昭島市 鈴木正秀さん 300%

ライトトラップを見たくて参加しました。
アンコウ汁がとても美味しかった。

【ぜひ食べてみて】
   羽村市 河野正樹さん 100%

ライトのモニターは明るくコンパクトで楽しかったです。
ぜひアンコウ汁を食べて見て下さい。

【青い光にウットリ】
   羽村市 M.Mさん 100%

以前から興味があり、今回経験できる良いチャンスでした。
日も暮れ、水中に設置してあるライトを陸から眺めるだけでも、
揺らめく青い光にウットリ。
水中は光に群がる無数のプランクトン、不思議な形を見ていると、
『こんなダイビングもあるんだなぁ』と。
なかでも光から少し離れたところで、イカの群に遭遇。
ターゲットライトで照らすと幻想的でした。

桜便り

桜便り
あたみ湯前神社の桜

良く行く熱海、そこの湯前神社の桜が熱海のソメイヨシノでは一番早いと思う。
大湯の源泉の真ん前に有るもんだから、
『さすが熱海、地熱で暖まって早いんだな』
と勝手に推測している。
毎年この時期に見て、チェックしてるんだけど、
今年は3/18の時点でご覧の様に8分咲。
このぶんだと、今週末には熱海城でも見頃なのかな?

見に行ってみよっと。

2018年3月20日 (火)

奄美大島その三 森の守り神

奄美大島その三 森の守り神
奄美大島その三 森の守り神

梅雨明け一番!奄美大島の第三回は、奄美の森の守り神のお話。

P3【ハブde愛まショー】
ハブの話といっても本物を見たとか、ましてや打たれた(奄美では噛まれたと言わない)
と言うわけではない。ショーです。
『ハブで愛まショーは極上のエンターテイメント話術』

名前はたしか『原ハブセンター』だったかな?。
最初は行くつもりじゃありませんでした。
だって看板胡散臭いって言うか、もろ地方のつまんない見せ物的な、、、
でも宿泊でお世話になったオーナーさんも薦めるので、
しかも予約までしてくれたので半信半疑で行ってきました。

入り口で予約をしたものですと言うと、
『直ぐ11時のショーが始まるのでチケットを購入してください。』と言われ、
皆さんにその旨を伝えると、さらに不安が広がります。
がしかし、、
ショーが始まると不安は楽しい楽しい笑いに変わりました。
白衣に白長くつを履いた髭のおじさん。
腰ぐらいの高さの透明なアクリル塀で囲まれた舞台。
ハブについて語り、実演と言うか、漫談と言うか、、まぁ是非一度行ってください。!
強く進めます。いや〜楽しかった〜

おやじ、もうプロだもんなぁ〜。
特に人に話す立場の方、学校の先生や講師、インストラクターは必見です。
練られたプレゼンテーションに話術、
小物類の使い方から衣装に至るまで全てに隙がなく、
三十分間休みなしで観客の注目を集める一流の演者。
それがハブで愛まショー
ちょっと誉めすぎか、、、
でも帰りの車のなかでゲストに
『また奄美に来たらハブで愛まショーに行きますか』と聞いてみると、
全員『行くね!』と返事
ダイビングもしたのにハブのおじさんに話題を持ってかれたよ。
※(2017年に訪れてみると、若干お年を召され滑舌が今一つに、、、今年に期待しよう)

【梅雨明け一番 そうだ奄美大島へ行こう!】
6月29日(金)〜7月1日(日)

29(金)  12:25  羽田発 奄美直行便
       14:30  奄美大島着
              ・梅雨よサヨウナラ
       16:00  倉崎ビーチ1ダイブ
              ・癒されるぅ〜
       19:00  夕 食 
              ・島の食材を生かしたお料理
              ・夕食後ログづけ
              ・星空鑑賞

30(土)  6:30  早朝ダイブ
              ・めっちゃ気持ちいいッス
       8:00  朝 食
              ・朝のミキ、是非!
       9:30  ボートダイブ 
              ・大仏サンゴ
       11:30     ボートダイブ
              ・山本sp
       13:30   昼 食 
       15:00  レンタカーで観光に出発
              ・マングローブカヤック
              ・お土産はビックツーで
              ・MIKIの一気飲み
                    ・粒味噌、生モズク、アオサ、味噌ピーは好評です。
            18:30  夕 食
               ・島唄も聞いちゃう? 
                          ・水中映像鑑賞

28(日)  7:00  朝 食  
              ・器材パッキング、宅急便
      9:30  観 光
              ・大島紬村
              ・自然観察の森
      12:00  昼 食
              ・超人気店『ひさ倉』の鶏飯
              ・それとも鶏飯らーめん? 
      15:35     奄美発羽田行き
      17:40  羽田着 
           

【参加者のお声】
  ↓↓↓
『大仏サンゴの魚群、、』
     羽村市男性30代 K.Iさん
 
倉崎のロケーションと大仏サンゴの魚群にはびっくり。
クマノミ好きには間違いない海です。
油ソーメン、鶏飯はまた食べたいです。
いっーちばん話したくなったのはハブで愛まショーです。

『なんと言っても青い海、、』  
     青梅市女性60代 S.Mさん

若い人たちに混じり、助けていただき愉しく過ごすことができました。
やっぱりあの白い砂浜と真っ青な海は私の近くにはありません。
南国の植物も楽しむことができました。

『昨年のビデオを見て行きたくなった、、、』
     青梅市20代女性 K.Sさん

すっごく楽しかったです。
海は綺麗だし、魚はたくさん見れるし、
ニシキテグリも私にも見つけられてうれしかった。
サンゴから出てくるデバスズメに癒されました。

『クマノミ5種?もとれました』
     羽村市40代男性 河野さん

楽しかったです。油ソーメンがおいしい。
倉崎ビーチはすいてて良い砂浜、最高です。

『島の生活を味わえた』
    羽村市60代女性 T.Mさん

のんびりゆったりの行程で島の生活を少しだけ味わえた楽しいツアーでした。
海の透き通った青と、白い砂浜、
南国の植物が道ばたに普通に咲いていました。

『謎の飲み物ミキ』
    羽村市 河野直美さん 100%

久しぶりの参加です。
ホテル前のビーチは近くなのに魚も多く見所もあって楽しい海でした。
ボートもレア物見れて良かった。
そしてお宿のお食事がとても美味しくてgood!
謎の飲み物ミキはグレープフルーツ割りがおいしい。

『色々聞いていたので』
     西多摩郡 60代 原島美代子さん

初めての奄美にわくわくどきどき。
しかもしばらくぶりのダイビング。
海のきれいさ、魚の可愛いこと、
イソギンチチャクのクマノミはいつまでも見ていて飽きない。
水温が高いからか、からだが軽く感じました。

『もっとじっくり見ていたい』
     青梅市40代女性 N.Uさん 90%

魚の種類が多いし、白い砂で、海がコバルトブルーできれい。
もっとじっくり魚を見ていたいと思いました。
早朝ダイビングは海を貸し切り。
朝日も見れて感動でした。
奄美の海はダイバーには、たまらないと思います。

2018年3月18日 (日)

あんこう鍋

あんこう鍋
あんこう鍋
あんこう鍋
い〜い鮟鱇二匹

巨大鍋でどぶ汁

肝もたっぷり

2018年3月17日 (土)

アンコウの世にも奇妙な物語

アンコウの世にも奇妙な物語

アンコウをご存じか。
漢字で書くと鮟鱇となる。
あの、肝がバツグンの濃厚さを持つアンコウ鍋のアイツ。
このアンコウには、我々が言うところのアンコウ、キアンコウの食用とする種類以外に、
(ちなみに、明日は海で鮟鱇汁だ)
かわいいカエルアンコウとか、
深海のチョウチンアンコウの種類など実に300種がある。
今日の世にも奇妙な話は、
特にこの深海にすむチョウチンアンコウの仲間について。

最近またドーキンス先生の生物進化の本を読んだもんだから、
チョウチンアンコウの第一背鰭がいかに進化し、
そのエスカが疑似餌どころか発光するに至ったかを懇々と語りたいところだけど、
今日のはもっと奇妙で、驚きに満ちた、そしてかわいそうな話だ。

【超ヒモ生活】
アンコウ全般に言えることだが、
雌が巨大で雄は小さい。食用となるアンコウでも、雄は1/3程度のようだ。
チョウチンアンコウの中には、雌が2メートル近くになり、
雄はなんと!たったの2センチ、、この驚きの差。

さて、暗い深海で10分の1以下の雄を雌が見つけるのは至難の業だ。
だから雄が何らかの方法で雌を見つけるわけだが(ここではその方法は省略)、
見つけたあとが驚きだ!
即座に雌の腹部に噛みつく。
雄の歯は楔状に変化しており、腹部に食い込んだまま離れない。

すると、この次からさらに奇妙なことが、、
雄の唇と、雌の皮膚が同化し、血管までがつながってしまうのだ!
栄養は血管を介して雌から供給されるため、究極のヒモ状態の生活がスタートする。
雄の目は退化し、次に内蔵も吸収されるのだが、
それは精巣以外の!ということ。
つまり、雄はもはや巨大な(といっても2センチ強だが)精巣バンクと化する。

スゴ!

産卵のタイミングは、血管から伝わるため、
その後無事に受精が行われるという。
なんとも効率的というか、恐るべしというか、、
産卵後、雄の体はすべて雌に吸収されるのだとか、、

あら悲しき物語かな。。

追記
明日はライトトラップナイト。

深海の謎の生物でも見れたら楽しいね♪

昼の海ごはんは、熱海水揚げのアンコウを使った“どぶ汁”。

どぶ汁とは、アンコウ汁のことで、

そのアン肝もたっぷり溶かし込んだものを“どぶ汁”と呼ぶ。

奄美大島のその2

奄美大島のその2
奄美大島のその2
前回は6月の島旅、奄美大島の倉崎ビーチについてのお話だったけど、
どう?あなたも響いたかな?

さて、今日は奄美の別の魅力をお伝えします。

P2【長寿100歳以上が全国平均の3倍の訳】
長寿の島と聞くと、沖縄と考えかな?それとも長野?
ノンノンノン、でも実はNO.1は奄美なんだよ。知ってた?
人口10万人当たりの100歳以上の人数が、全国平均42人、鹿児島71人、
これに対し、なんとNO.1奄美は、、、123人!
その訳を調べたところ、いろいろな要因があるようだが、やはり一番は食事。
特に体によい発酵食品を多くとっている。(帝京大医学部新見教授談)

例えばこんなの↓↓
〔粒みそ〕・・塩分は普通の味噌の半分くらい。
炒め物なんかにあえるようにして使うので、かなり量を食べます。
宿でも出してくれましたが、あんまりにも美味しいのでお土産に買う人が続出。

〔MIKIみき〕・・みきってご存じ?
飲み物です。わたしゃちょっと苦手。
沖縄にも、鹿児島にも、もちろん本州にもない。
正真正銘のmade in 奄美のソウルフード。いや、ソウルドリンクか。
白米、サツマイモ、砂糖で作った発酵ドリンク。
食欲がないときにも栄養ドリンクとして島民生活にとけ込んだもの。
とろ〜んとして、不思議な味。乳酸菌の数はヨーグルトなみだって。
普通に島のスーパーに売ってましたから一緒に一気飲みはいかが?腰に手をあてて。

〔パパイヤ漬け〕・・熟す前の青いパパイヤを漬けたもの。
先般の帝京大の先生の話ではこの食べ物が完璧らしい。
乳酸菌を含む発酵食品は、食物繊維と一緒に摂取するのがポイントだとか。
そんなに体に良いならいっぱい買っとくんだったなぁ〜

とにかく、言いたいことはとても体によい食事だってこと。
そしておいしい(ここ大事だよね。でもMIKIはどうかな、、)
忘れてたよ、大好きな〈油そーめん〉。鶏飯も美味しいんだけどねぇ。
でも本当に美味しかった。リクエストして二回も作ってもらった。
食べたことがない人のためにここで簡単に油そーめんを説明すると、
奄美地方の家庭料理で素麺を炒めたもの。(沖縄だとソーメンチャンプル)
油を使うけど、とてもさっぱりしていて夏にあうあう。

どうでした?奄美大島のお土産お食事情報は。
次回はスケジュールをお伝えします。
最高に気持ちの良いシーズンですよ!!

【梅雨明け一番・そうだ!奄美に行こう】
6/29金)〜7/1日)

2018年3月16日 (金)

梅雨明け一番・そうだ、奄美大島へ行こう!

梅雨明け一番・そうだ、奄美大島へ行こう!

ずいぶんと、春めいてきましたな。桜が咲き、花冷えなんかもあるだろうけど、
すぐにゴールデンウィークだ。
そのあとは日本列島特有の梅雨。
「この時期が一番大好き」なんて人は少ないでしょ。だから、太陽が恋しくなる頃を見計らって、僕らは島旅に出かける。

【梅雨明け一番・そうだ、奄美大島へ行こう!】
     ・6/29金)〜7/1日)

それではさっそく奄美劇場をお楽しみ下さい。

まずは目次から
P1・・【想像以上でした。あの、真っ白な砂浜からのエントリー、、】
P2・・【長寿100歳以上が全国の3倍の訳】
P3・・【ハブde愛まショー】
P4・・【スケジュール】



P1【想像以上でした。あの、真っ白な、、、】

今まで参加された方にお声を頂いたところ、
非常に高確率で、もっとも印象にのこったのが、
『倉崎ビーチ』と言ってます。
そりゃそうかな、だ〜れもいないプライベートビーチみたくって、
真っ白な砂と、真っ青な海に浮かぶ白い雲。

もう一回言うね、

真っ白な広い広いビーチと透き通るブルーの海、
そんな場所にエントリーする自分を想像してみて! 

海の中も生物層はメッチャ凄い。
クマノミは一カ所で4種類かんたんに見られ、
ハゼ類に関してはすばらしいの一言。
とにかく数多くの種類をいともたやすく観察できる。
ストレスもなく、ゆったりと潜ることが出来るから、
だからいつも50分ぐらいになっちゃう。
そんな「倉崎」はまさに【楽ちんビーチ】

朝日を浴びながらの早朝倉崎ビーチは、クセになりますぞ。

【梅雨明け一番・そうだ、奄美大島へ行こう!】
     ・目の前が倉崎のプチリゾート泊
     ・6/29金)〜7/1日)

2018年3月14日 (水)

伊豆半島花便り

伊豆半島花便り
伊豆半島花便り
梅園、桜、ツツジと見所の多い伊豆の花々。

ヒマラヤ桜、あたみ桜、河津桜と続き、今度は西湘エリアの“おかめ桜”。
花が下を向いているのが特徴。

この陽気で三月末からは垂れ桜、ソメイヨシノが見頃を迎えそうだ。

2018年3月12日 (月)

ちょっとだけ高級なもの

ちょっとだけ高級なもの
ちょっとだけ高級なもの
ちょっとだけ高級なもの

毎日の事って、それがいつもだからこそ、飽きることもある。
そんな時、ほんの少し違うだけで、新鮮な気持ちになり、いつもの毎日が、
いつもと違った楽しみになる。
わずかの違いで、こんなに(ほんの少しだとしても)いつもの毎日が変わるのなら、
これはこれで、すばらしい時間の使い方だと思う。
だって毎日のことだから。


今朝は少し良いお茶と、ドーキンス先生のお陰で早起きが苦にならない。
むしろワクワクして布団から跳ね起きるほどだった。


そして、ここ最近は、冷たい海水温も気にならない。
フルフェイスマスクのお陰で暖かいのと、少しの変化が心地よく新鮮だからなんだろう。

2018年3月11日 (日)

房総半島でコストパフォーマンス最強のランチでは?!

房総半島でコストパフォーマンス最強のランチでは?!
房総半島でコストパフォーマンス最強のランチでは?!

昨日は日帰りで南房総館山に行ってきました。
鮫と戯れるため。笑)
ダイビングのあとは少し白浜よりの、相浜亭のランチ。
久々に頂きましたが、はらいっぱい。
メニューのその名も“はらいっぺぇ定食”。
サバの味噌煮、刺身、なめろう、天ぷら、わかめ味噌汁。ご飯もてんこ盛りで、
これでなんと税込み1000円!!
お会計の時に、『ウソ偽り無く、はらいっぺぇです!!』
と頭を下げたほど。

ちなみに、キンメの煮魚定食も1200円!
キンメ1匹に天ぷらもついた定食。
まだまだある。
海鮮丼はなんと、どーーんと乗って950円。コレでご飯が酢飯なんだから驚きだ!

いや〜、漁協直営だから出来ると思うんだけど、
すっごいコスパです。


そして帰りは館山道の道の駅ふらりで、定番となっている鰯のツミレをお土産に。
500グラム800円と、200円ほど値上がりしてしまったが、納得の味と量だ。
なんせこれだけですばらしいお出しのお汁ができあがるんだから。

久々の南房総だったけど、日帰りなもんだから温泉も入らずだ。
こんどはゆっくり泊まりでいきたい。


お声
↓↓
【鮫に手渡し】
  福生市40代女性 A.Yさん 100%
ずっと行きたかったので、、実現できました。
すごく楽しかったでです。あんなにたくさん間近で見られて大満足。
周囲を鮫に囲まれ、体当たりされ、すっごく楽しかったので絶対話します。


【サメサメサメ、エイサメ】
  青梅市40代女性 N,Uさん 60%
サメの目がクルクル動いて見えて、ぶつかったときに少し怖かった。
あんなにたくさんのサメとエイを見たのは初めてなのでびっくりしました。
とにかくすごい数。サメサメサメ、、エイサメサメまみれ。

2018年3月 9日 (金)

八丈島の別荘

八丈島の別荘
八丈島の別荘
八丈島の別荘
5月に宿泊する八丈島の別荘の写真

お食事は隣接する古民家で提供してくれるようだ。
その食事棟は、明治9年建造で外観とも改装済みだが、中は当時の面影を残す。
八丈島原産の椎の木を使った柱や梁は、黒々とした風格を漂わせる。

いや〜楽しみなんですけどぉ!♪

やっった〜!

やっった〜!
やっった〜!
やっった〜!

何がかと言うと、ゴールデンウィークの八丈島の宿。
5/3木)〜6日)という、超大型連休まっただ中のフェリーの切符がサクッと取れ、
やれやれと安堵したのも束の間、
いつもお世話になっている民宿から次のようなメールが届いた。

「いつもありがとうございます。
ですが今年は3日、4日、5日に予約が集中してしまい、
あいにくと全館満室となっております、、、、」

げ、げげげ、

余裕をもって予約を入れたつもりではあったが、
そうか、そうだね、そうかもね。
綺麗でお食事がおいしい民宿だもん。そりゃすぐいっぱいなるかも。

さぁ、困った。
まぁ最悪と言うか、最終選択肢は、
まだ時間があるからネットで一番高いホテルを予約することも出来る。
それなら意外に間近でも空いてたりする。
でもまずは良さそうな民宿を探そう!
しかしこの良さそうな民宿ってのが曲者だ。
・古くても良いからピカピカで、
・食事は地物を使ったおいしいお料理、
・ダイビングの器材とか干せるスペースがあって、
・気むずかしくないご主人と女将が、ゆる〜く経営。
・値段は二食付きで一泊税込み9000円以内!
(この時期6500円とか、おもいっきりハズした事がある)

となると、なかなかないんだよね。

ところが!
オーソドックスに観光協会のサイトを見てると、
一戸建て別荘タイプをそのまま貸してくれるシステムの民宿があった。
しかも、
・改築されててすごく綺麗でピカピカ。
・ウッド付きテラスがあって、
・一階はツーベッドと和室にリビング&キッチン。
・リビングもとてもウッディーないい感じバス付き。
・さらに二階にも和室
・朝食は隣接の古民家でどうぞだと!
・近くには有名なお土産屋と八丈一有名な居酒屋も

「まさかぁ〜、空いてないよね。」なんて思いながら電話すると、

あっさり予約取れたよ!!

いや〜これはうれしい。
なんか俄然楽しみになってきた。
ずいぶん八丈には通ってたけど、
こんな宿泊施設があったなんて露知らず。
お電話でご主人に聞くと、
三年ほど前から始めて、昨年観光協会に登録したのだとか。
いやいや〜、ラッキーラッキー。

さてさて、往復のフェリーも宿も車の手配もOKってことで。
今ならあなた!
まだ間にあいますぞよ〜♪

男性はあと1名のみとなりますが、
女性は3名ほど余裕があります。

2018年3月 8日 (木)

思いは通じるのかも、、

思いは通じるのかも、、
思いは通じるのかも、、

いつもお世話になる、屋久島の民宿潮騒の大将からお葉書が届いた。
   『今年は寒い日が続き、
     山も雪景色の日が多いです。
     愛子とサバと一緒に、首を長くして
     お待ちしております。』

昨年は自分の体調のこともあり、屋久島には行かずじまい。
一昨年は台風のため、下甑島に変更。
その前の年も台風の被害で行っていない。

三年ぶりだから、無性に愛子(焼酎)と首折れサバが恋しい。
先日、こちらからその思いを葉書にしたため屋久島に出したところ、
早速お返事を頂いたわけだ。

なんか、やっぱお手紙っていいね。
この時間が少しだけかかるところも含め、
いまのスピード感がある時代だからこそ、
よけい奥ゆかしく暖かいものに感じるよ。
“思いを伝える”と言う意味では、
古来からこの文(ふみ)で伝える方法が使われてきたけど、
今でもきっとそうなんじゃないかな。

ところで、屋久島から来た絵はがきの人物は誰だろう?
やっぱ鹿児島だから西郷さんなんだろうか?
いつも屋久島からは色々な絵はがきで頂く。
その点自分は官製葉書一点張りだ。
ん〜ん、ちょっと考えないと行けないなぁ。

追伸1
屋久島へは5/25〜27の口永良部島への島旅の2日目に来島予定だ。
島旅の詳細はコチラ

追伸2
屋久島の素晴らしいところは、
海洋性亜熱帯気候と高地の寒帯が共存するところ。

2018年3月 6日 (火)

およそ一年ぶりの、、

およそ一年ぶりの、、

先週末は、伊豆半島は熱海市伊豆山に行ってきた。
お世話になるのは真弓丸。およそ一年ぶりだ。
今年の真弓丸船長からの年賀状で、
『風の噂で体調のことを聞きました。元気な顔を見れるのを待っております、、、』
みたいな感じで、心配してくれていたので、
久々に元気モリモリの顔を見せれて、良かった良かった。
船長の川口さんご夫婦とは、年も同じで、子供も同い年。
先代船長から、もうかれこれ20年以上お世話になっている。

伊豆半島はもちろん、全国津々浦々、いろんな島々に潜りに行くけど、
ここ伊豆山ほど、アットホームに迎えてくれるところはないんじゃないかなぁ。
個人的に伊豆山の強みはそこにあると思ってる。
漁港の中で準備をするから、何かと不便なことはあるけど、
そんなこと差し引いてもコッチに軍配が上がる。

 ・朝はにこやかにお出迎え
 ・荷物を並べるゴザを引いてくれる
 ・上がってから寒くないように焚き火はゴウゴウ
 ・潜った後は味噌汁と烏賊の一夜干しの差し入れ
 ・そして、『温泉はいれますよ〜』と、
源泉70度近くある名湯走り湯のお湯を、ちょうどいい湯加減にしてくれ、
スーツのまま入れるようになっている。

空いた時間に川口船長とちょっと話した。
『お互い健康が一番だね〜』て。

久々に伊豆山にいって、改めて気づかされること、
改めて“ありがたい”と思うことが沢山あった。
それはこう言うことなんだと思う。
実業家の斉藤一人さんのお話に、
『知恵がないからお金をかける。
感動するのは心、知恵(心)を使わないでお金をかけても決して心はふるえない』

この話はよく店でもスタッフと話をするし、
100%真実だと思う。
ただ、ずっと知恵のことを、アイディアとか創意工夫だとばっかり思っていたけど、
知恵とは“ありがたい”という気持ちがスタートなんだと気がついた。

そんな伊豆山でのお祝いイベントの一日でした。

2018年3月 5日 (月)

還暦になったお祝いに、、、

還暦になったお祝いに、、、
還暦になったお祝いに、、、
還暦になったお祝いに、、、

昨日は、お客さんの還暦祝いのイベントを伊豆山で開催。
水中フラッグを持って、ダイビングをしての記念写真。
そして金目しゃぶしゃぶで盛り上がりました。

参加した人たちの感想
↓↓↓
【娘も喜んでいました!】
         川崎市S.Kさん

茂呂さんのお祝いに参加したかったのと、キンメも食べて見たかったので♪
お久しぶりにお会いする方もいて、とても楽しかったです。
キンメはとっても美味しかったし、アラの味噌汁もとても美味しかった♪
娘もとっても楽しかったみたいで、また行きたい!と言ってます(^-^)
キンメしゃぶしゃぶも鰯フライも、イカも美味しかったようです♪
また家族で参加したいので、宜しくお願いします!!

お祝いの席にぴったり】
   日野市 藤本敬子さん

金目しゃぶしゃぶも食べたかったし、お祝いイベントも楽しそうで参加しました。
キンメ切り身は立派で脂がのっていて美味しかった。
あら汁も濃厚で美味しい。キンメしゃぶは見た目も美しくお祝いの席にぴったり。
還暦の赤い帽子は、人それぞれ似合っていて面白い。

【アサムラマリン一家の】
  福生市 K.Mさん 100%

前に金目しゃぶしゃぶがとても美味しかったので参加しました。
主人の誕生日と還暦のお祝いを皆さんが暖かくお祝いして下さって、
本当に感謝です。ありがとうございます。
しゃぶしゃぶもアラ汁もすご〜く美味しかったです。
みんなが笑顔で、アサムラマリン一家の楽しいイベントに参加できて最高です。

【ケーキと金目】
   昭島市 鈴木正秀さん

モロパパのお祝いツアーで、いつもお世話になっているので感謝のお返しに参加。
金目しゃぶしゃぶも美味しかったです。ケーキもよかった。

【とにかく美味しい】
   羽村市 K.Iさん 90%

毎年参加していて、一年に一回は金目を沢山食べたいと思います。
今回も金目鯛をたくさん食べれ、さらにアラ汁もいただきました。
金目しゃぶしゃぶは、とにかく美味しい!

【インスタ映えも間違いない】
   福生市 A.Mさん 100%

毎年参加させていただいております。
毎回思いますが、うまいっす!!
年一回のぜいたくです。インスタ映えも間違いないっす。

【バースデイ&Anniversary】
     羽村市 河野正樹さん 100%

モロさんの60th Birthday Anniversary!!
楽しく美味しかったです。とても透明度よくバツグンでした。魚はあまりいなかったけど。
一度はキンメしゃぶを食べましょう(^^)/

【皆さんのおかげ】
   福生市 茂呂秀一さん 120%

自分の還暦をみんなにお祝いしてもらえ&初めての金目しゃぶしゃぶ。
皆さんのお陰でたいへん楽しく、とても美味しいダイビングでした。
赤いちゃんちゃんこを着てのダイビング、そして金目に似顔絵ケーキ!
一生の思い出になりました。
何気にちゃんちゃんこの浮力が凄く、潜れないかと思いましたが、、

【めでたい気分!】
   羽村市 M.Mさん 100%

めでたい気分で金目を堪能しました。
しゃぶしゃぶ、サザエ壺焼き、あら汁、フライ、もうお腹いっぱい。
海で食べるのでとにかく美味しい。

【お仲間の晴れの日だから】
   羽村市 河野ナオミさん 100%

いつも楽しくDivingしているお仲間の晴れの日だから参加!
そして金目も食べたい!
海は透明度バツグンの伊豆山でした。
豪華なキンメ、あら汁、イワシのフライ、モロパパの似顔絵ケーキ、最高でした!
楽しいパーティーです。!!

追記
みんなが一日中ニコニコ
とても幸せな気分に
ありがとうございます。

2018年3月 3日 (土)

これって、プレミアムチケットかもよ?

これって、プレミアムチケットかもよ?
これって、プレミアムチケットかもよ?

今日は何の日か、わかる?


ひな祭り、、
だとは思うけど、それより重要なことが、、、、

大型連休中の東海汽船の切符発売日なんだよね。

そして、、
ゴールデンウィークの八丈島行きの切符を確保!!
6名分ゲット成功♪
日程は、、
・5/2水)竹芝夜発〜6日)八丈帰路 
   三泊四日 6ボートダイブ
・5/3木)発〜6日)帰り
   二泊三日 4ボートダイブ

女性は特2等が確保できたので、ゴールデンウィークにも関わらず、
ゆったりと島へ向かうことが出来る。
(女性専用ベッドのため男性は和室2等)


てことで、
大型連休の八丈行きは、なかなか取りづらく、
プレミアムチケットですぞぉ〜。


追伸
八丈島の詳しい情報はこちら

明日はこんな感じで

明日はこんな感じで

明日はゲストの還暦ダイブのイベント!
透明度のよい伊豆山の海を潜った後は、
金目しゃぶしゃぶーーーーーーー♪

金沢から美味しい鰯も届いたので、
フライも仕込んで食い倒れてくる予定。

2018年3月 2日 (金)

あなたの性格がわかる話

あなたの性格がわかる話
ちょっと前にハマりました! 
簡単に自己分析できる性格診断。その名も『類人猿診断』。
スタッフも、自分も、
「当たってるんだけど〜」と。
つべこべ言う前に、あなたもまずは画像を見て質問に答えてください。

・横軸←→あなたは感情を表に出す方?出さない方?

・縦軸↑↓あなたは物事を追求したり、成果を上げることを考える方?
又は、安心や安定の維持につとめる方?

さて あなたはA、B、C、Dのいずれのマスに入りますか? 結果は最後に

性格診断の結果発表!!!!
・『類人猿診断』は、ガイアの夜明けでも放送していましたね。
人間と98%以上類似したDNAを持つ大型類人猿。
チンパンジー、オランウータン、ゴリラ、ボノボ。
これらの特性に性格を分けることにより、
組織、人間コミュニケーションをよりよいものにする狙い。

では、あなたは最初の質問 A、B、C、Dのどれでしたか。
それによりあなたがどの類人猿の性格に近いか分類され、仕事の癖やコミュニケーション方がわかります。

追求型感情出さない→A

安定志向感情出さない→B

追求型感情出す  →C

安定志向感情出す →D

Aのあなたはオランウータンtype
職人気質のこだわり屋。
干渉されるのが嫌いな個人主義。
得意な仕事:戦略立案、数字分析、スペシャリスト
苦手な仕事:チーム作り
アドバイス:理論的に『正しいか』だけに重点を置く傾向があります。
人の心情やチームワークも考慮しましょう。

Bのあなたはゴリラtype
平和主義の安定志向。
社会のルールは守ろう。
得意な仕事:チームの調整役、毎日の仕込み
苦手な仕事:リーダー、新規開拓
アドバイス:調和をお重んじるあまり、自分の意見がないと思われがち。
主張することも意識しましょう。

Cのあなたはチンパンジーtype
 勝ち負け重視の積極屋。
すごいでしょ?褒めて。
得意な仕事:新規出店、企画リーダー
苦手な仕事:単純作業
アドバイス:自分の意見が通らなかったりすると感情的になります。
また同じことのくりかえしが苦手で、つい手を抜いてしまいがち。
『怒らないこと』をテーマに、一歩引いた状態で考えてみるクセづけを。

Dのあなたはボノボtype
感情豊かな話好き
かわいい、すごーい。
得意な仕事:コミュニケーション、サービス
苦手な仕事:理論的分析
アドバイス:大好きなリーダーのためなら頑張れるけど、
一度嫌いになると仕事を頑張れない。
感情の依存度も高く仕事の質も左右されがち。
理論的な価値観も持ちながらバランスよく。

いかがでしたか?
当たってる?
ちなみに自分はオランウータン。
納得しないと先に進まないタイプ。一人が良いそうです。
つまり自己中で、人の気持ちを考えない、と。

えらいスンマセン。

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »