« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月30日 (木)

美しい

美しい
美しい
予てより目をつけていたカレンダーをもらった。

おねだりしたんだけどね。

心わくわくする、見て美しい魚拓カレンダー。

毎月の魚が感心する完成度。

たまんない。

新名所?!

新名所?!
新名所?!
湯河原に今月出来たばかりの“ちぼり湯河原お菓子ファクトリー”。

なんとクッキーバイキングがあったよ。

意外に食べれないものだね。

2017年11月29日 (水)

今日も日帰り伊豆半島

今日も日帰り伊豆半島
今日も日帰り伊豆半島
ぽかぽか陽気の伊豆海洋公園。
わくわく気分で、
と思ったら、ウネリがあるので熱海へ。

あったけ〜♪

ハエ 筋肉

ハエ 筋肉
今日のブログタイトルはすこぶる変だ。
でも間違ったわけでなくて、
ちゃんとポメラで「ハエ」スペース「筋肉」と打ち込んだから。
およそ島旅と関係ないし“ゆったり 島旅 ふれあい記”には全く似つかわしくないタイトル。
だから最初に言っておくけど、
島旅どころか、グルメねたも、読書の話もいっさい出てこないから期待して読まないようにね。
(人生ってこうだよねぇ〜的な話もなんもない)

このブログ書き始めて6年経過してるらしい。
でも、自分のお店のHPにリンクは張ってない。
理由は簡単で、やっぱHP上にこのブログあれば営業を考えざる終えないわけで、
自分の思うことを好き勝手書くわけにもいかないよね。だからだ。


今日は、昨夜芋のお湯割り飲んでたら、昔懐かしい酒宴での出来事を思い出してね、
勝手気ままに書いてみよう。
でもか・な・り、下品な内容だからね。
正直なところ、店のHPに「代表者ブログはコチラ」なんて書いてあって、
もし初めて訪れた人が、今日の内容を読んだら、
まちがいなくドン引きすること請け合いだよ。
でも愉快だから書く。

【ハエの頭】
遠い昔、かれこれ三十数年前の事。許してくれアツシ

自分はばりばりの体育会系で、中高とずっとバスケットボール一筋。
大学もそのために東京に出てきて進学。
日本全国から学生が集まり、しのぎを削り、挫折し、ごく少数が脚光を浴びる選手になる。
大学になると、ちょうど成人との過渡期。だからやたらと飲み会が多い。
新入生歓迎会はもちろんとして、大会の打ち上げ、遠征の打ち上げ、OB選手の激励会、、
とにかく頻繁にあったのを記憶してる。
まぁ時代もバブル全盛だし、今と全然違うだろうけどね。

そいで当然ながら、下級生の頃はこの飲み会が大嫌いでね。
理由は簡単で、
すっげー飲まされるから。
もう一週間くらい前から同級生達とその話ばっかりしてたし、
何とか逃げおおせないかと、いろいろ工夫もしてた。
胃を守るため、やたら牛乳飲んだりね。

すっげー飲まされるといったが、全員が全員というわけではない。
下級生もいくつかのグループに分けられるんだけど、
まず、超のつく有望新人。
こちらは1年生からスターティングメンバーに入るほどの有望な選手。
これらはまず飲まされることはない。
まかり間違って内蔵が変になったり、飲み会の反動で練習を休まなければならない羽目になったら、
ある意味事件だね。飲ませた先輩が大問題だよ。

そして、その他ふつうの新人
このポジションは熾烈だ。一度飲まされ役に配置されると、その後ず〜と続くことになる。
何とかそれは避けたい。
そこで、いろいろ編み出す。
何かというと、飲まされない技を。

その一つに、飲み会参加者全員に受ける宴会芸を身につけている者は、
比較的飲まされないだろう事を確信し、
実際そのポジション、ふつうの新人だけどウケる宴会芸を持つ数人は、
何とかべろべろになるのを逃れていたと思う。

で、ココからやっと本題なんだけど、
そのウケる宴会芸の一つが、いまや伝説となった仲間のアツシ演じる?【ハエの頭】なんですよ。

一度あの芸を見たものは虜になる。
まさに新春かくし芸的域だし、じっさいアツシにしかできないだろうし、
何回見ても腹の底から笑えるのが“ハエの頭”だ。
もう何回目かになってくると、
周りの先輩達の雰囲気も、
『そろそろか、、』
なんて感じになるし、
彼自身もそれを受けて、
『いや、まだでしょ!』
と出し惜しみするほどわかってる。

宴も後半になり、周りではかなり酔いがまわってくるころ、誰彼とも無く、
『そろそろハエの頭だー』
みたいな掛け声がかかるが、当の本人は、
『まだ早い!まだっしょ!』
とさらに引き延ばす。
(当然ながらこの間アツシはそんなに飲まされない。何故って大事なステージがあるから)

もういいかげんそろそろだろう?とみんながみんな思う頃を見計らって、
『よっしゃ、そろそろかー!』と本人。
周りは盛り上がり、
『よ、待ってましたー!ハエのあったま♪、ハエのあったま、ハエのあったま♪』手拍子。
注目を集める彼。
『まだだ、まだだ、あわてるなあわてるな。見たいかぁ、ほら見たいかぁー!』
盛り上がりもピークに、
『ウォー!!!!』

まず手拍子に会わせ、上半身を裸に!
『よっしゃ、うらぁー!』
次にマッスルポーズ。(鍛えているだけあって筋肉美を見せつける)
『見たいかぁー』
とさらに煽る。
次にズボンを脱ぎ、さらにポーズ。
そして当然ながらパンツも脱ぐ!
(彼アツシは、このあたりは色々バージョンを持っていたね。)

『いいか、やるぞ!見逃すなよ!』
『○○さん、見逃さないで』
彼はおもむろに、自らのフグリをチンチンごと鷲掴みにし、
そのまま全裸で観客に背を向け〜の、ブリッジをする。
するとどうだ、
鷲掴みにしたフグリとチンチンがまるでハエの頭そっくりではないか!!!!
(イメージして。まあか画像貼れないから)

この後、盛り上がりをどう収集させたのか、
また彼がどんな顔をして服を着たのかは、さっぱり覚えていない。
ただ覚えているのは、間違いなくハエの頭だったこと。

しかし、男ばかりとは言え、何人かは女子もいたと思う。
末恐ろしい男だ、って今何やってるんだろう?

卒業して、一回も同窓会はやったことがないけど、
たぶん、もし同窓会があったら絶対この話になるな。
みんな『やれやれ』と冗談半分、本気半分で言うだろうなぁ〜

アツシ許せよ。。。

文.わじま・でんいちろう

追伸
来週日曜の、わの海Xmas会は、
このようなお下品なことは決してございませんから。
て事で履いていくレッドウィングを久々にメンテナンスした。

2017年11月27日 (月)

ハガキを書いてビックリさせる方法

ハガキを書いてビックリさせる方法
ハガキを書いてビックリさせる方法
先日のブログ伊豆半島の旬で、

海洋公園の風物詩、水深20mの巨大クリスマスツリーと水中クリスマスカード

のお話をした。

よくよく考えたら、やっぱこれ凄いことだ。

自分なんかは毎年のことだから、感覚が麻痺しちゃっているんだろうね。

(いけないことだ)

だって海の中から“merryXmas”♪ってクリスマスカードが届くんだよ。


絶対ダイバーじゃないと出せないしね。

しかも、しかもだ、

一昨日行ったときは、まだ日にちが早すぎて(11/24にツリーが設置)、

クリスマスバージョンの葉書がなかったんだよね。

画像にある葉書が今年のクリスマスバージョン葉書なんだけど、

水中ツリーの前で、数人のダイバーが写っているのわかるかな?

この葉書にメッセージを書いて防水パウチした後、水深18mにあるポストに投函

するわけ。

で、話はこれでおしまいでなくてね、

画像の葉書をもう一度よ〜く見ると、

「ツリーの前でポーズをとる、サンタ衣装のダイバー」

これ、もし、あなたが自分でできるとしたらどうかな?

つまりこう、
海洋公園には水中ツリーと水中ポスト以外に、もう一つ

サンタの衣装も貸し出ししてる”。

どうですか?芸が細かいね。
まずサンタの衣装を着込んで水中ツリーの前で記念写真を撮影。
続いてデジタル画像を早速に葉書プリント。
(なんとデジタル→葉書プリントのサービスもしている)
自分の写った葉書にコメントと宛名を書き、パウチ。

『海の中からmerryXmas。来年もよろしくね』とか書いたらどうだろう?
そして次に水中ポストに投函のため潜ると。

すばらしい仕込みだ。
ココまで大がかりなものは(水中ツリーは5mくらいの大きさ)、個人では到底不可能なわけで、
葉書を頂いた人の記憶にも鮮明に残ると思う。

どうかな?

水中クリスマスツリーは12/25まで設置されているから、

年賀葉書にしてもいいんじゃないかと思う。

そう言えばトナカイの衣装もあったなぁ。。。

トカラの船長

トカラの船長

毎年の鹿児島無人島やトカラ列島に行くときにお世話になっている松尾船長から今朝メールが来た。
船長は冬の時期、自分を鍛えるためにスキー合宿で北海道にいる。
大きな声で言うと嫌がるかもしれないが、御年78歳!

そんな大先輩の松尾さんから贈り物のお礼のメールだったが、ポイントはその後の行だ、

『いただきました。いつもいつも本当にありがとうございます。
スキーも五日目、足バンバンで1日90分しか滑れません。おいおい体を慣らしていきます。、、、、、』

足バンバンって、そんなお爺さん聞いたことも会ったこともない。凄いの一言。
いまは指導員講習会の真っ最中だとか、
人間いくつになっても学びですね。

追伸
2018年秘境トカラ列島ダイブクルーズは
8/23木)〜26日)

その他の島旅はこちら

2017年11月26日 (日)

伊豆半島の旬

伊豆半島の旬
伊豆半島の旬
伊豆半島の旬

昨日は城ヶ崎海岸の海洋公園に行ってきました。
この時期は寒さ厳しい晩秋にも関わらず、
非常に人気のエリア。
理由は、園内一面のクリスマスモード。
そして、なんと水中もクリスマス仕様。
水深20mには巨大なクリスマスツリーが鎮座し、ダイバーが記念写真を撮れるようになってる。
さらに水深18mには水中ポストが設置され、クリスマスカードの投函もできる。
あらかじめ記入したクリスマスカードを防水パウチして海の中に持ち込むわけだけど、
ちゃんと回収され、郵便局からお宅へと配達されるようになっている。

水深18mからのお便りなんてどう?
届いたらうれしくないかな。

ダイビングのあとは定番の秋田料理の店できりたんぽ鍋を食べてきた。
美味しいは、お腹いっぱいになるはで、寒い季節に海洋公園に行くと必ずよってるかな。
つまみの、鰰すし、いぶりがっこもイケてるから、
なんとか夜にこのお店に飲みに行きたいと思ってるが、なかなか実現しない。
日本酒の銘柄もそそる物があるよ。

その後、お腹いっぱいとか言いつつ、NDSA日本デリシャスソフトクリーム協会(久々に登場)としては、
ココまで来たらはずせない、杉山茶のぐり茶ソフトを食べに。
若干量が減ってしまったのは悔しいが、相変わらずのおいしさだった。
最後は帰りに、伊豆ご当地スーパー“あおき”でお買い物。楽しい充実の一日と相成りました。

2017年11月24日 (金)

何の日だ?

何の日だ?


11月22日は、いい夫婦の日だそうだ。
まったくの偶然だけど、その日読んだ本にこんな事が書いてあった。
あなたも考えてみて、

“非常に頭のいい女性は、自分より頭の悪い男性と結婚する。”


どう?

興味深いね、

「同じくらい頭のいい男とはライバルになるからだ」
「頭のいい男は自分と比べられるのを嫌がるから、自分より劣る男で妥協せざる終えないんだ」
「家庭で、ホッとしたいんだよ」


あなたもいろいろ因果関係を考えたね。


では本題の次の文章、

“夫と妻の知能指数の間には、完全な相関関係は認められない”

この文は明らかに正しいが、ぜんぜんオモロくない。
理由を考える気にもなれない。
でも、、
このおもしろくない文章と先ほどの興味津々の文章は、
数学的には全く同じ事を述べてる。
つまり、
夫と妻の知能指数が完全な相関指数を形成しない場合(かつ男女が平均して知能に差がない場合)、
数学的必然として、非常に頭のいい女性は平均して
自分より頭の悪い夫を選ぶことになる。


人間は、目にしたことや聞いたこと、単なる統計的事実に
なんやかんやと理由(因果関係)を付けたがる生き物なんだね。
そして往々にして、その理由は間違っている。

イイ夫婦の日に水をさす話だったけど、
この本には酒の席で盛り上がりそうな問題が他にも多々出てくる。

追伸
昨日は日帰り伊豆半島。
病気あけの方とリフレッシュで横磯にマンツーマンで行ってきた。
明日は久々に伊豆海洋公園へ。

2017年11月22日 (水)

前々から気が付いていた事なんだけどね、、

前々から気が付いていた事なんだけどね、、
おにぎりが好きだ!

って何もそんなことを今更アピールする必要もない事だが、やっぱりおにぎりが好き。
それもコンビニのオニギリは美味しくなくって、
人様が握ってくれたおにぎりの方が絶対うまい。
これも単純な料理だけど、奥が深いんだろうね。
 炊き方、大きさ、形、具、海苔、、、そして肝心のにぎり加減と。

トカラ列島の島旅の時、島にはお店が無いからお昼も民宿に頼むことがほとんどだ。
この弁当がすこぶるうまいだよ!
おかずも極々ありふれた物なんだけど、
  卵巻き、唐揚げ、鰆醤油漬け、ウインナーetc
 そして、、
       おにぎり♪

船の上で食べるからこれが一番イイ。
これが魔法でもかけたように旨いのは何故だろう?
 
夏の日差しの元、海で目一杯あそんで疲れた体
青い青い空と薄い雲
船縁に腰掛け、深い藍色の海に足のばしながら頬張るオニギリ、
そりゃ〜旨いに決まってるか。

最近は昼も自分で握ってみるけど、ついつい大きくしすぎてしまう。

追伸
もうすぐクリスマス会。
昨日はご家族四人での参加の連絡が来た。
楽しみ〜

2017年11月21日 (火)

イシガキダイが可愛い訳

イシガキダイが可愛い訳
ダイバーとイシガキダイ

先日の日帰り伊豆半島に参加したお客さんから写真が送られてきました。

写っているのはイシガキダイ、とわたし。
この魚、石鯛と形シルエットはほぼ同じで、食生活や泳ぎ方も変わらない。
いくぶんイシガキダイより南方系になるのと、柄が石鯛とは全然違うからすぐわかるね。

石鯛もそうだけど、イシガキダイは魚の中ではかなり知能が高いほうだ。
この時も水深13Mの根頭にいると、
どこからともなくひらひらキョロキョロとやってきて、こちらをのぞき込む。
かなり近くまで興味津々の様子だ。
他の魚みたいに『餌でもあるかな?』て言うのと違って、完全に好奇心。

画像くらいの大きさだと小学生高学年くらいだろうか?
目が可愛い。口もまだおちょぼ口。
大人になってサザエとかバリバリ割るペンチのような歯になるのはとうてい想像できない。
しばらく自分の周りをうろちょろしてたけど、飼えるものなら飼いたいくらい。
次回もココに行って居るか確認してみよう!

夏に奥能登で潜ると、仲間の石鯛の小学1〜2年生がいっぱい付いてくる。
50人(尾)くらいが、『わ〜ぃ、遊んで〜』とまとわりついてくるんだから、
そりゃあ可愛くて仕方ない。

ところ変わって長崎五島列島には、
この石鯛の産卵ポイントがあって一面石鯛で詰め尽くされるところがあるそうだ。
季節は5月頃と聞いてる。一度お目にかかりたいよ。

でも、脂ののった白身は極上で、醤油だけでなく粗塩をちょい乗せていただいても格別なんだけどね。

12月は島旅はお休みで、もっぱら日帰りの伊豆半島にでかける。
まぁなんやかんや言って、これが一番好きなんだけどね。

    文.わじま.でんいちろう

2017年11月20日 (月)

試作

試作
顔を想像して作る


日帰り伊豆半島での海ごはん、伊勢海老の味噌汁は終了しましたぁ。
食材のエビがついに底をついたから。
でも、お客さんの顔や声を聞いていても、美味しいお汁の効果は絶大だ。
 『わぁ!、すごーーい』とか、
 『おいしそー』や
 『あ〜ーーー、暖まるぅ〜』て声。

そんなわけで次なる仕込みをと思い、ツミレの試作。
「卵白入れた方がいいんじゃね」とか、
「ハンペンもっと入れるかな」、
「塩味足した方が良かったよ」や
「生姜大きすぎ」などなど
いろいろやってみた。

わたしの処はメンバー制だから、遊びに来るお客さんは99%決まってる。
だから顔を想像しながら、
「○○さんはもっとパンチある方が喜ぶな」とか
「○○さん生クサいのダメかも」や
「これじゃぁ○○から文句でるな」などなど
と思いを馳せながら作ってる。

では当方を初めての方は来ないのか?と言うと、
『気軽に一度だけ参加してみませんか?』
と言った趣旨の日帰りコースがある。
そのコースに参加した後、
『気に入ったら続けてくださいね。』と言うもの。
もし気に入らなかったり、
『楽しかったけど別に一回でイイかな』て時は、
その後継続する必要はぜんぜん無い。

だから、メンバーでない知らない人が、いきなりトカラ列島とか、口永良部島をはじめ、
当方の島旅に参加することはないわけで、
仮に参加したいと思っても、
『一度日帰りに参加してから検討してくださいな』
と言う仕組みになっている。


昨日は、そんな初めての方が日帰りで参加しました。
感想をいただきました。
↓↓↓
【ゴージャスすぎて、、】
青梅市40代女性 A.Kさん
☆☆☆☆☆
他の参加者の足を引っ張らないか心配でした。
講習後海へ行く機会がなくなったので、今回参加。
安心してダイビングを楽しむことが出来ました。その他、昼食やお土産やさんなど非常に良かったです。
こんな時期なのに寒さも平気で、イセエビのお味噌汁がゴージャスすぎたので既に写真で自慢済みです。


追伸
伊豆の海の中は、いま一番魚の種類が多いとき。
南方からの幼魚と伊豆の魚が一緒に観察できる。なんだかとても賑やか。
自分で言うのもなんだけど、
海で楽しんで、美味しいお汁に美味しいご飯、温泉で暖まったら、
もうこりゃあなたの病気ぐらい治っちまうよ。

この笑顔

この笑顔
この笑顔
昨日の海ごはん

なんだか連日伊勢エビ。

朝起きたら、顔に長いヒゲが生えてたりして。
それか腰が曲がるとか。

やっぱ見映えのする食材だね。
すごい人気に歓声だった。

追伸、
再来週はいよいよクリスマス会。
席にはまだ若干余裕があります。いかがかな?

2017年11月18日 (土)

お菓子の話

お菓子の話

【ん?なんか違う・・・】
YBCって知ってるだろうか?
山崎ビスケットの事。

今年、ナビスコでちょっとした(かなり大きいか?)変化があった。
今までのナビスコ商品、リッツ、オレオと言ったド定番看板商品で人気のナビスコの事ね。
日本ではナビスコは国内製造されてて、会社名もヤマザキナビスコだったわけ。
それがこのほど、たぶんアメリカとのライセンス契約終了に伴い更新しなかったんだね、
そいで、ヤマザキナビスコは→ヤマザキビスケットとナビスコ(モンデリーズジャパン)に分かれた形になったんですわ。
すると、当然 YBCはリッツを製造することが出来ないので、
YBCブランドで新商品“ルヴァン”を製造。ナビスコではリッツ、オレオが輸入されることになった。
(リッツはインドネシア、オレオは中国)
と長々と説明したけど、あなたは知ってた?
で、で、肝心の味の話ね。
今のナビスコのオレオに違和感は無いが、
リッツは『ん?なんか違う』って感じなんだよね〜。
そして、昨日ソルトクラッカーの代名詞“プレミアム”も買ってみた。
これはホントご厄介になったなぁ。
数十年前、胃が悪いときの間食として、
甘い物も良くないからと、このプレミアムをネズミのごとくよく食べたよ。
今でもクリームチーズと一緒に食べるのは最高の組み合わせで、赤ワインの相性は抜群だと思う。
    ところが、
このプレミアムクラッカーまでが、
『ん?ちょっと違う』のだ!
分かり易く言うと、もろ外国のお菓子の味。
前よりぜんぜん味が濃いと言うか、混ざり物ある気がするよ。

【送迎車内の飲食禁止項目入り】
しかも、
前々から(ヤマザキのころから)、このプレミアムを食べるとぽろぽろと落ちるのは知っていたが、
さらに輪をかけてモロくなり、もはや落とさずに食べるのが無理なくらい、ボロボロボロと・・・
これじゃぁ車の中ではとうてい無理だ。

♪『お客様にご案内です。わの海の車内での飲食禁止項目がこのほど追加されました。
ご報告します。決して食べては行けないポロポロ落ちて、あんたのイスの周りは汚ねーぞ、
と言うリストでございます。
 ・ソフトクリーム
 ・とろけるdeシュー(季節限定含む)
 ・プレミアムクラッカー
ご協力くださいませ♪』

てな感じにしないと無理なくらいボロボロだったよ。
だから島旅のお供には無理だね。

そのうち味になれるのかな?
こうなったらヤマザキの対抗馬ルヴァンクラシカルも試食してみよう。


そんなお菓子のお話でした。

追伸
伊豆半島の日帰りに出かけるあなたに朗報です。
住吉屋の、とろけるdeシューの季節限定“和栗シュー”が始まっています。

2017年11月17日 (金)

コレからですよ。

コレからですよ。

昨日は日帰り伊豆半島。ホームの熱海

海の中はエッライ綺麗で透明度20mは優にある。

日差しもたっぷりそそいでいるから水面に顔を付けると海底まで丸見え。

魚はここあそこと群れ、水温も21〜22度のため、

実に快適!♪

コレからが一番大好きな伊豆の季節だ。

追伸
久々にhot芋。
五月にいくからね、三岳くん。

2017年11月16日 (木)

今日の海ごはん

今日の海ごはん
うまうまでした。

・伊勢海老汁

・おにぎり

・ニシンの糠漬け

・南高梅

2017年11月15日 (水)

正式名称を知ってます?

正式名称を知ってます?
正式名称を知ってます?
金沢の姉から加賀れんこんが送られてきた。

と一緒に入っていた定番の‘だらいも’。
ものすごい粘りの山芋なんだけど、
姉に聞いても母に聞いても正式名称がわからない。
‘だら’とはバカという意味だから、まさか‘だらいも’が本名でないと思うのだが?

誰か正式名称知らないかな?

おやつの時間は何時?

おやつの時間は何時?

島旅に出かけるとき、
小腹が空いたときのためにちょっとしたお菓子を持って行くのを話したと思う。
で、ほぼほぼ亀田の柿の種は定番中の定番。
かさばることもないし、小分けされている量も絶妙だから、たいがい持って行くことが常かな。

だけど、こっちのお菓子もいいんじゃないかな? と思う物は他にもたくさんある。
そいでそういうお菓子は、むか〜しからある物が多い気がする。
 ギンビス、ココナッツサブレ、チョイス、、
これらは子供の頃からあって、今は小分けされているから持ち運びにも便利だ。

思えば50代オヤジにしてはお菓子をよく食べるよ。
特に腸の具合が悪かった時は、お菓子はただのおやつでなく、
命をつなぐ栄養源っていうのはちょいオーバーだけど、ほんとに助かったし、実際よく食べた。
 バナナとオニギリ+カロリーメイト
 ウィダー+バランスアップ
 クリームチーズ+クラッカー+バナナ、、、

で、そのクセが抜けずに、今も食後にはなんかビスケット系が食べたくなる。
そこで最近は前出のココナッツサブレ、チョイスの頻度が増すわけ。
これらも島旅には持って行きたいアイテムだけど、味は申し分ないとしても、
柿の種ほどの便利さはないかも。バックの中で粉粉になる可能性があるもんね。

5月の小さな島口永良部島や、8月のトカラ列島の島旅には良く吟味して持って行きたい。
現地で買えないからねぇ。

文.わじま・でんいちろう


追記1
画像のココナッツサブレの新パッケージをご覧あれ。
3:20はココナッツ サ・ブ・レの時間とある。
ちなみに、“おやつ”とはお八つであり、八つ時(午後三時頃)を表す間食タイムから来ているんだって。

追記2
子供の頃、町内会の景品でもらって嬉しかったのが、おやつ詰め合わせ。
家に帰る時、どれから食べようかずっと考えてた。
無くなっていくのが悲しくてね。
だから、今度のクリスマス会でもおやつの詰め合わせを考えてる?!
クリスマス会は12/3。
まだ参加は間に合いますゆ。

2017年11月14日 (火)

ちょっと気が早いけど、、

ちょっと気が早いけど、、
ちょっと気が早いけど、、
ちょっと気が早いけど、、
【屋久島のとなり、小さな島の丘の上の宿】のことを書いたら、待っていましたとばかりに、
 『来年は行くんですねぇ〜。』とか、
 『お、連休じゃぁないから行けるかも』などなど
コメントいただきました!!

ちょっと気が早いけど、楽しみのためモデルスケジュールを公開。

↓↓↓
【屋久島の隣、小さな島の丘の上の宿】
     5/25(金)〜27(日) 

25金)  6:30 羽田発鹿児島行き
      8:30 鹿児島着 
     10:00 バスにて加世田へ
          ・空港前乗り場 2000円ほど  
     11:45 野間池港着
           チャーターボート乗船
          ・乗船時には十分ご注意下さい
          ・島へ向け出船
          ・船上からの景色も格別 
     13:30 デン島又は口永良部島にて1ダイブ
          ・初っぱなから素晴らしいポイント
          ・オプションダイブ可
     16:00 口永良部島 上陸!!
          ・温泉入浴
          ・どこか懐かしい丘の上の民宿泊
          ・ゆっくり景色を楽しみましょう
     18:30 夕 食
          ・やさしい手料理
           ・星空ウォッチングが特にお勧め

26土) 7:00 朝 食
          ・ティータイム 世界一の紅茶?
          ・いつもよりゆったり過ごします。
     9:30 1ダイブ目 マグロポイント
         2ダイブ目 宝貝ポイント
          ・一本ごとに港に戻ります。
     12:30 お弁当(パワーランチ)
     13:30 3ダイブ目 海底温泉ポイント
          ・オプションダイブ可
          ・
     15:00 屋久島へ向け移動
     16:00 宮之浦入港
          ・お土産の物色
          ・民宿潮騒   
     19:00 夕 食  
          ・屋久島一番人気の居酒屋
          ・首オレ鯖、トビウオ、、

27日)  6:00 朝 食
         ・朝食後野間池へ
     8:30 ※デン島通過
     11:00 野間池入港
         ・器材洗浄
         ・入 浴
         ・昼 食(海鮮処のま池にて各自)
     14:00 野間池発空港へ
     16:00 鹿児島空港着
          ・お土産
       18:30 空路羽田へ
     20:00  羽田着 お疲れさまでした。
     ※翌月曜もお休みを取れる方は最終日の潜水が可能です。

【見所ポイント】
☆デン島の水中☆
ここの海域のポテンシャルは凄いの一言。
まぁ潜れば分かるから。

☆鹿児島湧き水地☆
コンコンと湧き出る清水が無料で頂ける。
初めてここを訪れたときに『水の国、日本だ!ありがたい!』と叫びますよ。是非ボトルをご用意下さい。

☆出船後すぐに開聞岳と立神☆
枕崎港を出てすぐに右手に立神岩、左手に開聞岳が見えてきます。海上から見れるなん贅沢ですね。

☆三島村を間近で☆
知ってましたか? 
鹿児島の真南の洋上にある小さな3つの有人島。
進行方向左手から、竹島、硫黄島、黒島で三島村と言います。近くを通るので良く見て下さいね。
緑豊かで、モクモク上がっているのが火山島の硫黄島。

☆小さな島、口永良部島の丘の上の宿☆
ゆっくりお茶を飲みながら、くつろぐだけで幸せになる。
小学校の廃材を利用したためか、どこか懐かしい雰囲気の宿。
海の色も濃い青で、すばらしい水色です。

☆温泉☆
島の温泉の効能は特級です。
小さな島に5つもの泉質の違う湯が。地元のルールを理解して堪能下さい。若返りますよ?!。

☆海底温泉☆
お友達に自慢して。
ものすっっごい吹き出し方ですよ。もちろん手をかざすと暖っかいから!。
さて問題? ここでは魚はどうしているでしょう?

☆屋久島お土産散策☆
あまり時間は多くとれませんが、、、さすがの観光島!!民宿のお料理もたのしみ
に!

2017年11月13日 (月)

青いリンゴ

青いリンゴ
先日TVに世界的建築家の安藤忠雄さんが出演していて、非常に共感することを話されていた。

とにかくこの方、とてもパワフル。
でも内蔵は脾臓、膵臓、十二指腸とかなり取ってしまったにも関わらず元気。
御年75歳にして、なぜ?
と人によく聞かれるらしいことは本人談でもある。

『とにかく生涯青春なんですよ。やりたいことがいっぱいあって希望に燃えてる。
最後は玉砕ですよ』と話していました。

そして、おもむろに取り出したのが、

青いリンゴ

『だからわたしは、きょうコレを持ってきたんです。
これね、青いリンゴ。
わたしはリンゴは青いのがイイと思ってる。
完熟してしまったら人間もだめ!
変な知恵ばっかり付いてね。いつまでも青い状態で突っ走ると、
こういうことですわ。』

やっぱり痛感しました。
人間の魅力って初々しさなんだと

はたして、自分は安藤さんの年齢まで青いリンゴで行けるんだろうか?

楽しみでもあるな。


さてさて、クリスマス会の準備だ。

祭り

祭り
祭り
祭り
昨日の復帰イベント“寒鰤一本祭り” は豪勢と言う安直な言葉では言い表せない、まさに祭りだった。
金沢港直送のまるまると肥えた
寒鰤は言うまでもなく、
食べきれないほどの大きな伊勢海老いっぱい、
ヒラスズキ2尾
珍味のホシザメの刺身

しゃぶしゃぶまご茶と腹一杯の一日。

帰ってきて今朝の後かたづけでは、
洗ってもまだ海老の匂いが、鍋と器から取れないほど。。。

年に一度はお祭りイベントやりたいね。
次はマグロ祭りか?

寒鰤一本祭り参加者のお声
  ↓↓↓
【ダイビングツアーなの?】
福生市40代 A.Mさん
おなかいっぱいです!!
伊勢海老の味噌汁にはじまり、ホシザメ、ヒラスズキのさしみ、ブリしゃぶしゃぶにまご茶と、
完全に食べ過ぎです。
問題はダイビングツアーなのか、グルメツアーなのか分からないことです。

【うますぎ】
瑞穂町 山崎慎也さん 100%
間違いなく、他のお店では味わうことが出来ないであろう食材の数々に大満足。
ブリ以外もイセエビ、ホシザメ、ヒラスズキとうますぎ。

【めったに食べれない】
青梅市50代H.Sさん_95%
復帰イベント。少しにごりがありましたが三ツ星、クマノミちゃん久しぶり。
休み時間は凄すぎる伊勢エビ味噌汁。
お昼は鰤はもちろん、めったに食べれないお魚の刺身。
鰤しゃぶ、〆のまご茶と心と体もほっこり。

【魅力的】
武蔵村山市 赤坂さん
復帰おめでとう。ブリや刺身が大変美味。
横磯が魅力的。

【イセエビの味噌汁】
青梅市40代 N.Uさん 100%
ブリの刺身、アラ煮、まご茶がおいしかったです。
船長さんからのイセエビ味噌汁もおいしい。大満足でした。また行きたいです。

【本番前なのに、、】
羽村市40代 M.Mさん 100%
海も楽しかったはずなのに、食べ物しか覚えていない、、
本番の前のエビみそたっぷり浮いた伊勢海老みそ汁、
いろいろ食べた後のブリしゃぶ、おいしかった〜。120%食べ尽くしました。

【みそ汁の中でエビが動く、】
羽村市40代 K.Iさん 90%
鰤も腹一杯いただけたのはよかったです。想定外の伊勢海老の味噌汁は感激でした。
味噌汁の中で伊勢エビの切り身が動いていた。

【おいしかったです】
昭島市 M.Sさん
おいしかったです。伊勢海老、ヒラスズキ、ホシザメ、味噌汁!!

【元気で迫力があった】
あきる野市30代 R.Hさん
伊勢海老が大きくたくさんで豪華でおいしかった。刺身も、煮付け、しゃぶしゃぶ、まご茶と鰤をおいしく食べ尽くしました。
伊勢海老が元気で大きくて迫力があった。
こんなにいっぱいの伊勢エビを食べたのは初めてでうれしい。

                                             文 わじま.でんいちろう   

   
本当にありがとうございました。
召し上がって欲しかったのに、参加出来なかったあなたのお土産ありますから。

骨太

骨太
昨日の伊勢海老

朝来た骨太のメルマガ

【今日の言葉】

少(わか)くして学べば壮にして為すあり。壮にして学べば老いて衰えず。老いて学べば死して朽ちず
━━━━━━━━━━━━━━
佐藤一斎(幕末の儒者)

追伸
昨日の寒鰤一本祭り、大盛況。
ありがとうございます。

2017年11月11日 (土)

それ、間違い。

それ、間違い。
それ、間違い。

買い物に出かけ、精算の時に
『領収書お願いします。』と言うと、
決まってこんな事が起きる。

店員『宛名は何様で?』
伝『わの海で』
店員『わがうみ?ですか』とか、

店員『わのいさんですか?』とかね。

だから大体いつも、左胸のウエアのロゴを見せることが多い。

伝『これでお願い(Tシャツをつまんで見せて)!前(有)で、』と。

にもかかわらず、たまに、
「和の海」と書く人がいる。信じられない!

まぁ、「わの海」という固有名詞を今まで聞いたことがないでしょうから、仕方がないか。


追伸
明日のイベント“寒鰤一本祭り”の寒鰤が到着。

刻を忘れさせる島

刻を忘れさせる島
トカラ列島

鹿児島県十島村トカラのポスターが出てきた。
‘’刻を忘れさせる島‘’とある。

2017年11月10日 (金)

一杯一万円の、、

一杯一万円の、、
一杯一万円の、、
何年か前の八丈島で、お世話になっている船長から伊勢海老の味噌汁をごちそうになった。
濃い〜味の、海老たっぷりの奴。それとアカサバの刺身も一緒に。
いただいたゲストが感激のあまりいった一言

『これ銀座だったら一杯5000円!!』

それを聞いた別のゲストが、
『5000円でも無理でしょ〜』

とそれくらい感激の旨さだった。

ところが、
その感激の海老の味噌汁が、明後日は脇役に。
天気図が冬型で『大丈夫かな?水揚げ。日本海側、、』と気をもんでいたけど、さっき電話があって
『今送ったよぉ。鰤8キロ程や』と知らせがあった。

なんだか豪勢すぎるランチになりそうな気がしてきたぁ〜。


『銀座で食べたら1万円!!!』

2017年11月 9日 (木)

造形美

造形美
レギュレーターの部品


なんだかとても美しい

made in 下町。

葛飾区立石の工場にて作成されたパーツ。

やっぱり日本の機械工作技術はすばらしい。
にもかかわらず、なぜ海外物に走るのかが疑問。

鯨の謎

鯨の謎
能登のイルカ

海洋生物のお話

【あなたはクジラを見たことある?】
海には色々なクジラの仲間がいて、あなたの大好きなイルカも歯クジラの仲間だね。
この地球最大種のほ乳類はまだまだ分かっていないことがたくさんある。
まぁ水面に出るのはほんのわずかな時間だし、そのほとんどが水中で生活するわけだから。
そんな中でも、
ザトウクジラは、他のクジラに比べて特徴的なところが多くあるため、比較的研究が進んでるんだね。
そいで我々ダイバーに一番なじみがあるクジラと言ってもいいんじゃにかな。
(国内でも、冬に観察できるところは多い)

全長15M、40tに及ぶこのクジラの第一の特徴は胸ビレの長さ。
体の1/4〜1/3の長さがあるから、大きいものだとキリンくらいなわけだ!!!。
胸ビレが、だよ!半端ね〜。
腹側の模様が一頭一頭違うのも特徴で、そのため個体識別が出来るんだね。
水面から深く潜るときには、尾鰭をスッとあげて潜るけど、その時尾鰭の腹側で識別するそうだ。


【クジラのラブソング】
一体全体、どのくらいの数がいるとか、生息地域は何処なのかとか、詳しい生体はググってもらうとして、
ここではザトウクジラの“歌”について焦点を当ててみようと思う。

何年か前に小笠原に行ったときに、小笠原丸の船内にデカデカとポスターが張ってあった。
ちょっと記憶が正確ではないが、↓↓
『クジラのラブソングは3000キロの彼方まで』
みたいなポスターだったと思う。
ザトウクジラはよく歌を歌うことで知られてるの知ってる?理由は、、
・高かったり、低かったり、長い短いのフレーズで鳴き、
ある一定の所まで鳴いたら最初にもどって続ける(旋律を奏でてる)。
・その年によって鳴き方(歌)に流行がある。
・鳴き方(歌)は仲間に伝わるので、同じ歌を歌う。

そしてこの歌がラブソングと言われる理由は、
雄が繁殖のシーズンに良く歌うことから、求愛のために歌っていると言われるんだね。

どう? なんかロマンチック。。

ザトウクジラは、夏の間はアラスカやカナダ西部の冷たく餌の豊富な海域で体を太らせ、
冬の時期は、緯度の低い暖かなサンゴの海で繁殖を行うんだけど、、
と言うことはつまり、
国内でも冬のシーズンは、
ケラマ諸島、小笠原諸島、奄美群島などでクジラウオッチングが盛んに行われてるということ。

【海の中でラブソングを聴いたことある?】
我々がクジラウォッチングする時は、ちょうど彼らが繁殖目的で現れるときになる。
1月〜4月くらいの時期に潜ると聞こえてくることがあるよ。(ていうか、良く聞く)
まるでバイオリンの音色のような、オルガンのようなゆったりとした声が海の中に響いてくる。
以前小笠原で聞いたときは、この歌がどんどん大きく聞こえてきて(近づく)、
腹にズシズシ響くもんだからちょっと怖かったのを思い出すよ。

一方、最近の研究ではこの歌がラブソングでないという事が報告されているそうだ。
この雄の歌に反応するのは雌でなく、雄の方らしい。
また、繁殖の時以外でも移動時に歌うことが報告されてきたと言うのだ。
ある学者によると、雄が反応することから、
『これは宣戦布告のようなものでは、、』と言った考えもある。

実は、わたしはいろんな情報を伝えてるんじゃないのかなと思ってる。
移動中にあったこととか、危険な生物のこととか、仲間の確認とかね。
それを聞いて中には、体の大きさや強さを認識する雌もいると思う。
当然強き雄と繁殖行動するのは、ある意味必然だろうしね。

まぁ詳しいことは実際クジラに聞いてみないと分からないが、歌を歌っていることは事実の訳で、
いったい彼らは何を奏でているのだろうね。。。。

余談になるけど、
『鯨のラブソングは3000キロの彼方、、、』と言う例のポスターが本当だとして、
水中での音の伝わる速度は、おおむね1500m/s。
まぁ温度とか圧力もあるだろ言うけど、そういう条件は無視するとして、
もし、あるクジラくんが、
『どなたか僕とつがいになる女性はいないかね〜♪』
と歌ったとすると、どう言うことになるかというと
33分後に遠くの雌にその歌は届き、
およそ1時間7分後に返事が来ることになる。
気の長い話だけど、
メールやラインよりすてきな気がするよ。。


追伸
2018年の12月は鯨のラブソングを久々に聞きに行こうと思う。

2017年11月 8日 (水)

およそ2年振りに、この島旅が復活!!

およそ2年振りに、この島旅が復活!!
およそ2年振りに、この島旅が復活!!
およそ2年振りに、この島旅が復活!!
およそ2年振りに、この島旅が復活!!
口永良部、雪は降らねど星は降る

では一昨年訪れた際の手記をご覧ください
    ↓↓↓
【屋久島の隣、小さな島の丘の上の宿】。(この長ったらしいツアー名はご勘弁を)
それはもう、ゆったりとした時が流れる島。
島の人とのふれあいや食、温泉、眺望、海中とたのしんできた。

魅惑の島旅に誘うボートの乗船地は、鹿児島県南さつま市笠沙町野間池。
地図で見ると南さつまの一番西端の出っ張りだから直ぐに分かる。
風光明媚なTHE田舎、漁村って感じの良いところ。
離島以外では最西端だから、抜群の夕景なんだよね〜。

ここ野間池港は対岸に【笠沙恵比寿】と言う、
宿泊、海洋博物館、入浴、レストランを併せ持つ複合型の豪華な施設がある。
600円で入浴も出来て快適この上ない。
食事、入浴と何度も利用したけど、その度に、
『なんでこの地にこんな立派な・・・』と言うのが感想。(口永良部ツアーの行き帰りはコレも楽しみ)
なんでも、鹿児島中央駅を設計した人が設計をしたとのだとか。

野間池で大変お世話になったのは、
【民宿のま池】の宮内さん。氷の補給、器材洗浄と大助かり。朝4時に氷の補給が出来るんだから有り難い事このうえない。
(口永良部島はお店がないので氷を入れたクーラーに飲み物を買っておく。)

さて、この日の風は東〜南東強風。翌日のゲスト到着からは北西に変わるとの事ですが、はたして、、、。
ピックアップの朝、
鹿児島空港でたらふく鶏飯を食べた後、到着とともにロビーを足早に去り、みなで一路野間池へ。

さあ出航だ!。
この日、予定は
口永良部島の前にデン島でダイビングだけど、、、、どうなることやら。。。
(このポイントのポテンシャルは、マジで凄すぎる!)

見えてきた見えてきた!今回のメイン、屋久島のとなり小さな島、口永良部島。
きっと口永良部島の存在を知っている人はとても少ないと思う。
世界遺産登録と共に年間相当数の観光客が来島するようになった屋久島。
そんな屋久島とは対照的に、
静かに素朴に、まるで心地よいそよ風のような、小さな小さな島が青い青い海に浮かぶ。
それが口永良部島。

この島がいいんです。

まず海がいい。とても素晴らしい。
珊瑚がすばらしく綺麗で、トンネルがあって、マグロが見れて、イルカにカメ、そして海底温泉
さらに透明度抜群なんだから。

書いてる自分が思う、そんな所はなかなか無いよねって。

でも、今回特にみんなに見てもらいたかったのが、海底温泉と丘の上の宿、民宿くちのえらぶ。
民宿くちのえらぶは、貴舩さんご夫婦で営むとても気持ちの良い宿。
商売柄いろんな宿泊施設に泊まりましたが、ここほどオンリーワンを感じる宿はそうはない。
貴舩さんご本人が小学校の廃材を使って八年がかりで建てたという民宿は、懐かしいにおいがする。

テラス?からは東シナ海が望め、硫黄島、開門岳がまるで絵画のように見える。
何にもしないで椅子に腰掛け、ぼ〜といつまでも景色を見とれていたい。

そして、この島では温泉も楽しみの一つ。
口永良部島には4つの湯があり(海底温泉入れると5か?)、4つとも成分が異なるんだよね。
湯向港から直ぐの湯向温泉は絶対入った方がいいよ。
この島では珍しく?、男女別に分かれた湯船には、びっしり、たっぷり湯の花が浮かび、
湯温もちょうどいい。(協力金200円)

夕方まで海遊びをした我々はさっそく民宿へ。(とその前に本村温泉にひとっ風呂。こちらは赤茶けた鉄分豊富な湯です)。
港から丘の上の民宿に向かうまではほぼ何にもない。
もちろんお店もない。人にも会わない。
野生の小振りなシカがいて、こちらを見るなり逃げていくのが印象的。(島の人口150人、鹿3000頭!)

民宿くちのえらぶのこの日の夕食は、、
ジャガイモたっぷりオムレツ、
大名タケノコの天ぷら山盛り(凄いタケノコの量)、
シカ肉の竜田揚げ、
イカ刺し等
ご飯は黒米だった。
夕食まで景色を楽しみ、建物のあっちこっちを見てはしゃいで、、
海底温泉でのダイビングも含め、たっぷり楽しんだのでこの日もあっという間の就寝タイム。
海底温泉の様子はまたこの次に・・・つづく

【屋久島の隣、小さな島の丘の上の宿】 
   2019年 5/25(金)〜27(日)

前回参加者のお声
  ↓↓↓
【デン島ってすごい】
福生市男性40代 森田さん
『昨年も行ったんですが、海すっばらしくきれい。
でも、なんといっても
あのお宿です。
デン島やっぱすごいです。水中見とれてカメラぜんぜん撮らなかった。
そして潜った後は毎回違う温泉。いや〜すてきです。』

【南の魚ワッサワサ】
日野市女性50代 藤本さん
『丘の上のすてきなお宿でした。海はさすがで南国の魚がワッサワサと楽しかったです。
ごはんはおいしい、海も楽しい、陸は花と緑で楽しい』

【夜光貝があっちこっちに】
武蔵村山市男性60代 釼持さん
『地図では小さい島だけど、行ってみて歩いてみて大きいすてきな島でした。
口永良部島の周りの海もすばらしい、大きな夜光貝があっちにもこっちにも』

【一晩ではもったいない】
西多摩郡女性60代 原島さん
『一晩ではもったいないようなところでした。
海もきれい、魚も盛りだくさん、思わず“わぁ”と声がでてしまった。まるで水族館!』

【海底温泉の泡、、】
青梅市女性60代 水野さん
『普通のツアーではほとんど行けない所なので参加しました。
口永良部島の民宿は、何か
夢のような所でした。参加して良かったです。
海底温泉のあがっていく泡の美しさ、島の静かな村と温泉、星空は忘れません』

【来年もいきたい!】
羽村市男性40代 河野さん
デン島のダイビングが透明度、魚影ともにバツグンでした。
良い新婚旅行の思い出です。口永良部島の
湯向温泉と宿の景色は思わず話したくなる。
又来年もいきたいね』

【もっと居たかったなぁ】
羽村市女性 A.Mさん
『ものすごく楽しかった。
大勢の人たちに助けてもらい、ダイビングにお宿に、船長さんに感謝です。
口永良部島の居心地の良さ、もっと居たかったなぁ〜素敵なところです。』

【人よりシカが多い】
羽村市女性 河野さん
『何にもないところだけど、のんびり感が好き。
屋久島と口永良部島の海も満喫。
特に
デン島の魚カーニバル(ツムブリ、ムレハタタテダイ万匹、巨大カンパチ)は潜れてラッキー。
ダイビングだけじゃなくて、口永良部の自然も楽しめてぜいたくです。
ケータイの電波が届かない、人よりシカが多い、秘境ですね。』

【シカ肉にカツオ】
西多摩郡男性60代 T.Sさん
『虚弱体質なのに、田舎や秘境と呼ばれるところが大好きなオジサンです。
思っていたよりイナカでした。海は最高!シカ肉とカツオが美味でした。』

2017年11月 7日 (火)

11/12の海ごはん準備パート2

11/12の海ごはん準備パート2

昨日は金沢の寒鰤送り主(母)と連絡。
恐る恐る聞いてみると、
『いま丁度7、8キロのいいのが揚がっとるよぉ』
てことで一安心。
こればっかりはね、天然だから、万が一水揚げないって事もあるからねぇ。

そしてきょうは、山口船長とメールでやりとり。
そしたら、
寒鰤に伊勢海老だけかと思ったら(“だけ”っていい方もなんだけど)、

※ヒラスズキもあるかも!

『いまヒラスズキが良く網に入るんですけど、薄造りにすると最高なんですよ。
しゃぶしゃぶもいいですし、、、』とのこと。

いや〜たまらんたまらん。

で、で、どうせ旨い物食べるんだから、器が給食器のような物しかなかったので、
人数分買ってきた。
やっぱね、和食は器も大切だ。

楽しみたのしみ。。。


追記、
12日が終わったら12/3日)のクリスマス会の準備だ!
まだまだ募集中ぅ〜
クリスマス会の案内はコチラをご覧あそばせ。

※ヒラスズキ(平鱸)
スズキににるが体高が高く区別され別種。
汽水域や河口には入らず、沖の荒磯を好む。
スズキなどの淡水魚のような臭みは全くなく、
刺身、塩焼き、煮と料理法を選ばず美味。
一般には流通せず、高値安定。
身はスズキと異なり、真鯛やイサキに近く非常に美しい。

島旅のお供

島旅のお供
黒いウェットスーツ

真っ黒な双子か、まるで分身の術のようなこのウェットスーツ。

似てるけど、決定的な違いがあるの分かるかな?

シンプルなだけにこだわりは強い!


コレから出番が多くなるな。

2017年11月 6日 (月)

11/12の“海ごはん”の準備

11/12の“海ごはん”の準備
11/12の“海ごはん”の準備
11/12の“海ごはん”の準備
風に強いコンロ


今週末は“復帰イベント”寒鰤一本祭り。
なんの復帰かとか細かな説明は省略して、
イベントだから、ぷわぁッーーーと行こうと思う。
金沢から寒鰤が、でーーーん!と届く。
メインはブリしゃぶかな。
山口船長のご厚意で伊勢海老もババーーーーん!といただけるようだ。
うれしい。

そういえば、昨日のトランプさんと安部さんの会食にも伊勢海老がでたようだ。
何とかって横文字の名前の料理だったけど、
個人的にも何も、伊勢海老と言ったら、ぜっっったい一番旨いのは味噌汁だよ。
それも尋常じゃないくらい鍋に放り込んでね、
鍋の縁に海老の脂が浮くくらいなやつね。
たぶんだけど、
トランプさんはもちろんのこと、安部さんも食べたことないよ。
この旨さ、知らないんだね。

あと、アラ煮とかも作るし、人数も15名と多いから、コンロが足んないなぁ。
てことで、コンロ買いました。
風にも強く、大鍋も乗っけられる仕様の物。
ケースも付いてて海ごはんにはもってこい。
これで12日のイベントは、ぷわぁーーと行けるかな?
寒鰤一本祭り

島旅と島旅の合間にこんなトレーニング

島旅と島旅の合間にこんなトレーニング
『あなたも、こんな間違いしていませんか?』


われわれのお仕事は、陸上のガイドだけでなく水中のガイド(ダイビング)や講習も含まれている。
当然海や自然には危険は付き物で、それによるリスクもさることながら、人間が犯す間違いによる危険性も十分に考慮しないといけない。
て言うよりも、こっちの方が怖い。

だから、「人間」と言う者を良く知ることは非常に大切だ。
・ヒトにはこういう習性がある
・ヒトはこのように間違う
・ヒトは簡単に答えを導き出し、間違っているか気にもとめない
・ヒトは集中力が続かない
などなどなどなど

いかにして間違った答えにたやすく飛びつくか、
その例が、多くの実験結果や研究結果とともに提示され、解決策まで示してくれている。
人命に関わる仕事をしているすべての人が、読む価値のある本だ。


【ファースト&スロー】 著ダイエル・カーネマン
認知心理学者。プリストン大学名誉教授で専門は意志決定論と行動経済学。ノーベル賞受賞


350ページの上下巻、合わせて700ページの量だから読むのがイヤになる人もいるだろう。
(読んでみれば分かるが、あっという間にページをめくってしまうほど楽しく読め、かつ分かり易い)
そこで、ココだけは知っておこう!と言うところをクローズアップしておく。


我々には直感的に物事を考えたり、まるで自動操縦するがごとく無意識に答えを導く「速い思考」と、
集中力や自制を伴う「遅い思考」とがある。
速い思考をシステム1、遅い思考をシステム2と呼ぶとして(脳の中にそのような場所があるわけでない)、
直感的なシステム1の方が影響力があり、大体にして正しい判断を下すのがシステム1。
ただし、系統的エラーを生み、自動で働くためオフには出来ない。

熟考的な遅い思考のシステム2は、直感の間違いを訂正したり集中力や注意力を伴う思考だが、怠け者である。(そんなに持久力がない)

ここで、あなたの2つのシステムを使ってみよう。

・3+2=?
・犬も歩けば○○に当たる
・フランスの首都は?

これらはいとも容易くシステム1が答える。


では次の問題を暗算で解いてみて

・17×24=

なかなか厳しいかな、紙と鉛筆は使わないように。




いまあなたの脳はシステム2を経験した。
答えが13600でないことや145でないことは分かるけど、568でないことには確信が持てない。
この問題をやっているとき、あなたの血圧は上がり筋肉は緊張し、瞳孔は大きくなる。
答えを出したときか、ギブアップしたとたん瞳孔は元の大きさに戻る。(システム2は怠け者のためギブアップもいたしかたない)


日常生活においては、
システム1はあなたが起きている間は絶えず自動で働き、印象、直感、感触をシステム2に供給する。
システム2はそれを無修正かわずかだけ修正し、受け入れる。
それであなたは自分の印象はおおむね正しいと信じ、いいと思うとおりに行動する。
これでうまく行く。だいたいは・・・・

どう?だんだんミスを犯す仕組みが分かってこない?

このあと本書では、どんな時にシステム1が間違え、システム2がそれに気が付かないか、
いろいろな実例がたくさんででくる。実に興味深い。

感情で物事を考える傾向にある人(好きか嫌いか)、
難しい問題にすぐギブアップする人(考えるのをやめる)、
思いつくまま口にしてしまう人、

あなたがそうなら一読の価値はあるよ。


でも、間違いやすいのが人間のようだ。。。

2017年11月 5日 (日)

伊豆半島の道の駅は何個ある?

伊豆半島の道の駅は何個ある?
道の駅内にて


昨日は西伊豆土肥の予定でしたが、西風が強いと予定が変わってしまう、
かもしれない。

朝食は新しくできた‘’道の駅ゲートウェイ函南‘’でとることに。
とは言っても時間は6時40分。まだコンビ二しか空いていない。
それでも出来たばかりだからトイレも綺麗だし、イートインも充実だ。


その後、西伊豆と東伊豆の中間、
ちょうど伊豆半島の真ん中の、‘’道の駅へそ‘’大仁に移動、
土肥に海況確認の電話のため、七時半まで待機。

案の定風が強い。

てことで、半島内陸から東伊豆の伊東に予定変更。
大仁からわずか30分ほどて海岸線宇佐美に出る。
思ってたよりクネクネ道じゃないね。

伊東は静かです。

魚も群れ群れで、透明度も良く、ダイナミックな地形を堪能。

帰りはコレまた道の駅‘’伊東マリンタウン‘’でアイスを食べてからの帰路。

この日だけで道の駅を三つもはしごしたわけだけど、
三ヶ所とも車の数が凄い。
大仁と函南は営業時間前だからそりゃ空いているんだけど、
それでもキャンピングカーや待ち合わせの人たちが結構いた。

ところで伊豆半島には何ヵ所の道の駅があるか知ってる?

全部で8ヵ所。

一つだけ行ったことが無いところがあった。
こんどコンプリート目指してみよう。


伊豆半島の道の駅
・開国下田みなと
・天城越え
・花の三聖苑伊豆松崎
・富士
・ゲートウェイ函南
・伊東マリンタウン
・へそ 大仁
・下賀茂温泉 湯の花


追記
大仁の道の駅内にあるホテル。かなりウケる名前だ。
最初はスペイン語かと、、

2017年11月 3日 (金)

NEW島旅予定

NEW島旅予定
NEW島旅予定
NEW島旅予定
2018年ドキわく島旅


2月【西日本最大級・パノラマ大水族館ダイブ】
 ・ダイバーだけが可能なアトラクション
  ・週末だけで、博多観光と水族館シャークダイブ
  ・はっきり言って、ギャラリーの注目度凄いです。

   2/24土〜25日)1泊2日 2ダイブ&もつ鍋?!
ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー


3月【視察・お伊勢さん】
  ・三重県伊勢志摩・神々が集う地 
  ・海女発祥の恵みの海を潜る
    前日夜出3/14水)〜15木)
ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー


5月【ウミガメ100%・ゴールデンウィーク八丈島】
日野市50代K.Fさん
 『最初は1亀、2亀と数えていたが、すぐに訳が分からなくなった。
毎回5亀以上出会えたと思います。
やっぱり一年に一度は行きたい!

    5/2夜〜6日 3泊4日 6〜9ダイブ
ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー


5月【屋久島の隣 小さな島の丘の上の宿】
  ・あなたがもし、ダイビングに感動したいなら。
 ・魅惑の三島物語 口永良部島・デン島・屋久島
    5/25金〜27日 2泊3日 4〜6ボート

羽村市40代N.Kさん
『屋久島&口永良部島を満喫しました。
特にデン島の魚カーニバル(ツムブリ、巨大カンパチ、ムレハタタテ万匹)は圧巻でした。
温泉は6回入った!!』

福生市A.Mさん
『昨年も行ったんですが、海もすんばらしく綺麗なんですが、
なんといってもあの宿です。潜った後は毎回違う温泉、すてきです。
デン島はやっぱり凄い。』
ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー

 
6月【2mの船盛り&ドルフィンスイム】
  ・週末だけで野生のイルカとドルフィンスイム
  ・能登島の名物船盛りは圧巻! 

   前日夜出 6/9土)〜10日) 1ダイブ&1イルカ
あきる野市30代M.Iさん
 『最高でした!長時間ドルフィンスイムができて、
おいしい食事に感動する景色。行かなきゃ損です!』 
ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー


6月【梅雨明け一番・やっぱり奄美が好き】
 ・部屋の窓を開け うっとりしたい人は居ませんか?
 ・この海に癒されたい人は他にいませんか? 

    6/29金〜7/1日 2泊3日 3〜5ダイブ
青梅市60代S.Mさん
『朝はアカショウビンの声で目覚め、そしてなんと言っても倉崎ビーチの早朝ダイブ。
水中に射し込む太陽の光に癒されました。』

日の出町60代T.Sさん
『海の美しさ、リーフの美しさに感動しました。
透明度は今一でしたが、なにより天気に恵まれ最高でした。』
ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー


7月【遠征!新島ドリフトダイブ・熱海発着日帰り】
  ・ついに登場!あのワイルドな海 新島へ
  ・しかもチャーター船で日帰りが実現!

    7/8(日) 日帰り 2〜3ダイブ 
  伊豆七島制覇に向けて
ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー


7月【ハマチリバー見参!日本海伝説の島・冠島】
  ・この透明度と魚影を分かりますか?これが夏の冠島です。

    7/13夜出〜16月祝) 2泊3日 4〜6ボート
羽村市40代N.Kさん
『期待通りハマチぐるぐるでした!透明度抜群で良かったです。』

羽村市K.Iさん
『ハマチの群れが見れて感動しました。
小浜の生ガキ、あら汁も印象的です。』
ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー


8月【お盆なのに空いてて透明度30m・奥能登の海】
福生市40代A.Mさん 
『いや〜正直、こんなに満足度高いとは思わなかったですよ。』
    8/9夜出〜12日 2泊3日 4ダイブ
日野市50代K.Fさん
『本当に28度もあった!ホントにかった!。
透明度良い海にイシダイ赤ちゃんがワンサカで胸キュン。』
ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー


8月【復活!秘境トカラ列島ダイブクルーズ】
  ・わたしは冒険に飢えていたんです。それでトカラ列島に決めました。

    8/23木〜26日 3泊4日 5〜9ボート
武蔵村山市60代T.Kさん
『海はトカラブルー、透明度何メートルなんて計れない、バカバカしい位の透明度。
エアーが上でなく横に流れてましたよ。』

福生市50代S.Mさん
『デン島、二ヨン礁、口之島と、どのポイントも魚影が濃く楽しく潜れました。
海の中はブン流れでしたが、珊瑚も生き生きとし手付かずの自然を味わった。』
ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー


9月【超穴場! 長崎無人島&名所巡り】
 ・わたしが長崎の海に魅せられた訳
(オランダ坂、雲仙温泉、中華街、出島、軍艦島、)
   9/22土〜24月祝) 2泊3日 4ボート
青梅市60代 M.Iさん
『伊豆と南国をミックスした感じ。長崎の観光もgood。』
昭島市50代K.Sさん
 『港から近いし、珊瑚も豊富。
透明度が良く、大ビキ島、小ビキ島に癒されました。』
ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー


11月【南紀白浜・魚天国沈船とクエに温泉】
 ・この沈船の魚群を見ると、残圧が急に減るほど。
 ・ここの温泉につかると、疲れが急に無くなるほど。
    11/22夜出〜25日 2泊3日 4〜5ボート
羽村市40代K.Iさん
『沈船でトビエイ、コブダイの大物も見れて楽しめました。
サンマ炙り寿司、クエのあら煮は忘れません。』ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー


12月【年末年始・小笠原諸島】
 ・太古より、日本が世界に誇る海洋島。
 ・独自の生態系が海の中にも手つかずに残る。
 ・あなたも、座頭鯨のラブソングを聞きに!
12/ 〜2019年1/ 5泊6日(船中2泊) 6ボート予定
ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー


あなたが気になる島旅はどれかな?
興味がある島旅の細かな情報を希望の方はご連絡ください。
お問い合わせはコチラ。『○月、□▲島のしおりちょーだい』と

地味ぃ〜な企画

地味ぃ〜な企画
感謝の表し方

11月は感謝月間。
て事で、「11月に伊豆半島の日帰りに参加された方に、和菓子をプレゼント」
と言う地味ぃ〜な企画。
和菓子は金沢の酒饅頭。昨日たくさん届いて早速くるんで冷凍。
自然解凍してチンすると元のふわふわに。
地味だが、自分的には気に入ってるから良しとする。なんせ旨いから。


追伸
送ってくれた姉から、饅頭以外にももろもろと。
その中に、石川県が9年をかけて開発した新米が入っていた。
その名も“ひゃくまん穀”。
コシヒカリより粒が若干大きく、もちもち食感が特徴で、冷えても旨いのだとか。
オニギリにいいかもね。

2017年11月 2日 (木)

きのうは、、

きのうは、、
きのうは、、
こんなにいい天気だったから、作業もはかどった。


長袖ぬいでTシャツ!!
横磯港内も綺麗だこと。

2017年11月 1日 (水)

定員少数、急げ!

先日の記事、パノラマ大水槽ダイビングの中で、
夜のモツ鍋が最高だと書いた。(真冬でも暖かい企画)
そしたらあるゲストさんが、
『水族館参加します。でも、わたしモツの匂いが苦手なんですよぉ〜』
と言うことだ。
この話、実は前に企画したときにも女性のゲストさんから同じような意見をもらったんだよね。
で、結果からいうと、その方が参加された時の感想は、

『あんなにおいしいと思わなかった。
ぜんぜん臭くないし、野菜たっぷりだし、
スープもおいしい。〆のチャンポン麺もイケますよ』との声。

わたしも正直、あんなに野菜がてんこ盛りだとは思わなかったなぁ。
最後の〆が、
『なんでチャンポン麺なんだ?』と思ったけど、
これが合う合う。
もう、いっぺんでファンになったね。
安いし、ヘルシーでお腹いっぱいになるもん。


と言うことで、モツが苦手だからというあなた!
大丈夫ですからね〜。


あっ、まるでモツ鍋ツアーのような内容だ。
このまま終わるわけにはいかないな。

モツ鍋以外にも?、パノラマ水槽ダイビングでお勧めなのが、
水族館のバックヤードに入れること。
水槽の裏側とか、餌を与える所とかが観察できるんだ。
ほら、普段そういう所って見えないでしょ。
しかも何気に広いスペースだったりしてね。
もちろん一般の人は入れないわけで、
だからこそ、優越感に浸りながら観察できると。

あともう一つお勧めなのが、
大水槽の中は写真取り放題です。ハイ! 
魚たちがめちゃめちゃ近くって、レンズに収まりきらないから。
でもね、それよりも実はお勧めなのが、
自分が大水槽に潜っている所を外から撮ってもらうことかな。

ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー
【西日本最大級・パノラマ大水槽ダイビング】
          2/24土)〜25日)1泊2日
☆スケジュール
  初 日  羽田発 福岡行き
  午 前  チェックダイブ
  午 後  観光(太宰府など)
  夕 刻  博多モツ鍋or夜の屋台
  
  翌 日  パノラマ水槽ダイブ
  午 後  ゆっくり水族館見学
  夕 刻  福岡発 羽田行き
 

追伸
水族館でのダイビングは、1回の潜水に人数制限があります。(4名)
興味がある場合はお早めにお問い合わせくださいな。
お問い合わせはココ

台風の影響で、、

台風の影響で、、
空気ボンベ(タンク)のバルブのメンテナンスに来た。

台風21号の影響で、現地に置いてあったタンクが港内に流されてしまった。
回収はされたけど、バルブに泥がこびりついてるのできれいにしに来た。

天気も良く暖かいから作業がはかどる。

帰りに旨いもの食べて温泉だな。

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »