« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月30日 (木)

八丈小島の歴史

八丈小島の歴史
無人島の中には、昔からずっと無人島であるのと、
最初は人が住んでいて、その後無人島となった島がある。
昔から無人の島は、そもそもが小さすぎて住めないとか、
自然環境が過酷すぎるなどの理由があげられるが、
では、最初は有人であったのに、その後無人島となったのはどうしてなんだろう?


八丈小島は八丈島の北西7.5kmに浮かぶ小さな小さな無人島。
画像でも分かるように、形はピラミッドみたい。
小さいのに標高は616m もあるからだ。
極めて住みづらそうな地形であるにも関わらず、
1969年までは有人島であり、ピーク時の人口はなんと513人!
島には鳥打村と宇津木村の両集落があり、
昭和30年代には村議会を置かずに選挙権を
持つものによって村政に関わる議決を行う、
直接民主制が行われる日本唯一の村であった。

島の生活は、椿油用のツバキや養蚕用のクワの栽培、
テングサ採取や漁業で、米はとれないので八丈島から購入。
電気は島内の発電機を使うが、各戸に40w電球1個ほどの明るさしか供給できなかったようだ。
電話は、1955年に毎日1時間だけ通話できる公衆電話が設置されるまではなく、
飲料水も雨水に頼る状況。

このような中、やはり過疎化が進み、1969年、全国初の全島民完全移住となった。


と、史実を簡単に書いてみたが、離島時点でも小島には24戸91名もの住民がいた。
はたからでは厳しい環境での生活のことだけ目に映るが、
きっと住み慣れた島を離れ、対岸とはいえ八丈島に移るときは、船の上で感慨深かったことだろう。


現在も鳥打と宇津木には港の後があり、漁船で上陸可能。
島には崩壊した建物の後が寂しく残っている。

追記
八丈島から非常に近い小島だが、
50年ちかく無人島であるのと、
八丈島との間の瀬戸の潮流が早いため、
非常に魚影が濃い。

2017年3月28日 (火)

ところ変われば呼び名も変わる?!

ところ変われば呼び名も変わる?!
ところ変われば呼び名も変わる?!
〔アカモク〕

海藻を頂いた。
この海藻の名前だが、正式?にはアカモクと言うようだが、
秋田ではギバサといい、佐渡島でいただいたときはナガモと呼び、
能登半島ではダイズルという。
いったいどれがが正解なのか分からないが、どれも正解なんだろう。

下処理はメカブに似てるかな。
茎というか、蔓は固いのでそれ以外をシゴいて水洗い後に沸騰したお湯に通す。
何度見てもこの綺麗なグリーンへの変化は楽しく、喉が鳴るよ。
ザルにあけた後は、包丁でトントンやると独特の粘りが出てくる。
三杯酢で食したり、お汁に入れて香りと触感を楽しむわけだ。

このアカモクがホンダワラの仲間と聞いて、
『海藻ってほとんど何でも食べれるんじゃないかなぁ』と思う。
海の中では魚の揺りかご&産卵床となり、
波に揺られ切れてしまっても、水面で漂い魚の拠り所となる。
そして、食べて旨いなんて。。。


湯に通したアカモクは冷蔵庫で2〜3日。冷凍すれば1ヶ月は大丈夫なようだ。
わたしはご飯にかけたり、納豆と一緒に頂くのが好き。

2017年3月26日 (日)

あなたが自然とか、環境、とか感心あるなら読んでください。

あなたが自然とか、環境、とか感心あるなら読んでください。
3月と言えば年度末。なのかな?
世間では忙しい方もいるんでしょうが、
わたしはお役所仕事でもないし、3月決算でもないので、別にって感じだけど。

さて、年度末ならば平成28年度を振り返えると、
今期の書籍でベスト1が今年になって読んだ〔サピエンス全史〕だ。
その辺の小説より圧倒的にエキサイティングで、様々な疑問を投げかけてくる。
そして、読んで本当に良かったと思う。

と言うのも、我々の周りで今起きている事が、
歴史を通して客観的に生物学的に、偏見を持たずに学ぶことが出来る。
様々な差別、ヒエラルキー、宗教、戦争、これらの意味する物は、、
そして今後起こる人工知能や生物遺伝工学の暴走に至るまで。
これほど楽しく読めるとは思いもしなかった。

『自分とは?』と言う哲学的問いに対しても、
まずはこの本を読み“人間ホモサピエンス”を知ることがスタートだと思った。

本の最後は著者ハラリ氏の
『我々サピエンスはどこに向かいたいのか?』
で結ばれているのも考えさせられる。
て言うか、考えさせられるだらけなんだけどね。
とりあえず、以下の方程式が嘘っぱちなのはわかった。

〔素晴らしい日本の田園風景〕=〔自然環境との共存〕


正しくは、いつの時代(何万年も)においても
 〔人間〕=〔加速度的な種の破滅者〕

ほんと、考えさせられるよ。。。

2017年3月25日 (土)

あらら

あらら
あらら
海の帰りに、真鶴のしだれ桜を見ながら金目弁当を頂こうと思ったが、

まだ蕾、来週かな

2017年3月23日 (木)

何処の桜にしようかな?

何処の桜にしようかな?
何処の桜にしようかな?
昨年3/28の画像


東京の桜も開花宣言。
伊豆半島ではいろいろな桜が咲くが、ソメイヨシノも東京より少し早いようだ。
昨年の写真を見てみると、28日には熱海の大湯前の桜は7〜8分咲。
真鶴半島のしだれ桜も同じ日、3/28に見頃。


今年は少し暖かかったから、今週末あたりはどうかな?

【風姿花傳】
そもそも、花と云うに、萬木千草において、四季折節に咲く物なれば、
その時を得て珍しき故に、弄ぶなり。

2017年3月21日 (火)

伊豆半島の旬

伊豆半島の旬
伊豆半島の旬
青空の下、海辺で海ごはん

田子産の海苔ごはんとフジツボ&カメノテの味噌汁、水餃子です。

ヒロメもしゃぶしゃぶでいただきました!

海苔が美味しいのは間違いないとして、
餃子も旨い!

スーパーあおきで買ったんだけど、さすがですね。

2017年3月20日 (月)

夕日のモニュメント

夕日のモニュメント
ここ西伊豆の大田子海岸は夕日のスポットとして人気。

春分の日近くは、沖の田子島や奇岩メガネッチョに夕日が沈むとあって、
たくさんのカメラマンが集まってた。

夕陽は一日の終わりをつげるからか、なんだか寂しい。

2017年3月19日 (日)

西伊豆松崎の田んぼの花畑

西伊豆松崎の田んぼの花畑
西伊豆松崎の田んぼの花畑
西伊豆松崎の田んぼの花畑
よい天気だ。

松崎では田んぼを使ったお花畑が楽しめます。

足湯もあったり、案山子がいたり、近くの道の駅で温泉にひとっぷろも。

2017年3月18日 (土)

オレンジ染まる春の西伊豆

オレンジ染まる春の西伊豆

明日明後日は西伊豆田子に行ってくる。
なんだか、こう春めいてくると、そわそわするのは私だけだろうか?

  松崎の花畑はどうかな?
  夕日はどこに沈むかな?
  海はきれいかな?
  さくら葉餅楽しみぃ〜


天気もいいから渋滞がないといいなぁ〜

2017年3月13日 (月)

伊豆のイケてる魚屋さん

伊豆のイケてる魚屋さん
伊豆のイケてる魚屋さん
伊豆のイケてる魚屋さん

伊豆は春真っ盛り。
国道135号(旧道)の根府川では“おかめ桜まつり”が開催してた。
マゼンダピンクの桜が満開に咲いてます。

さて、先週末は伊豆山と湯河原へ。
両日とも天気良く、お昼ごろは麗らかな春の日差しにほっこり。
当然外に飛び出し“海ごはん”!

土曜は伊豆山港で海鮮丼をこさえて皆で食したんだけど、相当に美味しい海鮮丼だった。

内容はこんな感じ、
前の日に甘酢に生姜を漬けておき、当日海でご飯を炊いて酢飯づくり。
上にのせる魚は、伊豆山の魚屋“魚久さん”に頼んでおいた。
アジ、イサキ、イカ、マグロ、ブリ、玉子、カニ、、
さすがプロだねぇ〜、豪華できれいな盛りつけ。
これをセルフサービスで好きなだけ魚をのっけて海鮮丼を作るわけ。
好みでガリと海苔を乗っければ出来上がり〜♪

もう旨いの何のって!
さすがに11人で1升半のご飯は多すぎたけど。
船長の奥さんがお汁も作ってくれたので、もう腹一杯っす!


次の日は、真鶴の魚屋“二藤さん”の弁当。
ココは本当よく使ってる。
実はこの日は違う予定を考えていたんだけど、外の気温がどんどん上がるもんだから、
すぐに二藤さん電話して、
『今からキンメ弁当10個作れない?』
と聞いたところ、1時間で作ると言う快諾!


ではせっかくだから、琴ヶ浜の海を見ながらいただこうとなった。

多少風を感じはするが、光が射し込む海を見ながらいただく美味しい弁当に、
『もっと食べたい!』
と言う声が。
鳶に反撃されるアクシデントはあったけど、これからの季節はますますお勧め。
ただし、琴ヶ浜は日陰がないので夏前ですな。


海鮮丼の様子はこちら

2017年3月10日 (金)

素直が一番の武器に違いない!

素直が一番の武器に違いない!
素直が一番の武器に違いない!
明日は日帰りで、伊豆半島は熱海市伊豆山。
桜も一段落し、ソメイヨシノの開花まちかな。


さて、今朝某出版社からのメルマガでこんなのがありました。


王貞治さんの言葉
『幸運の女神は、笑顔と謙虚な人のところに近寄ってくる』
----------------------------

間違いなく真実!

がんばろう!

追記
50周年記念のウエアマークのデザインをかんがえてみてるんだけど、、

キャラクターなのか、文字なのか、、?

それともゆるキャラにするか?

画像は金沢の百まんくん

2017年3月 6日 (月)

火の神

火の神
伊豆半島大瀬崎湾内から見た霊峰富士。
日本で一番景色の良いダイビングポイントと言ってもいいんじゃないかな。
もうすぐこれに桜がセットとなれば、きっと北斎も羨むこと間違いない。


惚れ惚れする富士山は八万才?!
富士山は若いのだそうだ。箱根の山々は40万才だから、今噴火のない富士は、ちょっと休憩しているだけの時期なんだって。


カムイ・フチ(火の神)
河口湖周辺にはアイヌ語を話す人たちがすんでいて、富士山をそう呼んでいた。
これが富士の語源だろうと。

追記
この日、海から上がると真っ先に飛び込んできた景色が、カムイ・フチの眼差しだった。

2017年3月 4日 (土)

地域食

地域食
地域食
久々に金沢の実家に帰省。
東京では滅多にお目にかかれない、怪しげな食材をいただいて来たのでレポートしよう。
とはいっても子供の頃はよく食べた親しみのある食材なんだけどね。

昨今の消費大国日本。それを支える輸送保冷技術の進歩で、
どこに居たってほとんど食べられない物なんてないんじゃにかと思う。
でもそれはイワユル“売れる商品”だったらということなんだろうね。
つまり、あまり人気がなく、知名度もなく、
テレビで取り上げられることもない食材って、
大々的に売ろうという人も居ないため、
地元でひっそりと愛されるが、スポットライトは当たらないよね。
そんな摩訶不思議な食材や調理法は、実は未だに数多く地方に残る。

この年になると子供の頃によく食べた、そのような物が無性に懐かしく、
かつそれが、こっちでは手に入らないものと来たらなおさらだ。(インパクトもあるし)


では紹介しよう。

【ゲンゲンボのお汁】
正式名?はゲンゲっていうのかな。
まぁ石川だけでなくお隣の富山でも愛されているようだ。(名前は違うらしい)
たぶん深海魚だと思う。形はウナギみたいにニョロッとしてて、
尻尾の最後が長くなってるね。
姉曰く『目がかわいいよ』と言うが、わたしにはわからない。
で、一番の特徴はズルズルニョロニョロの魚体だね。
コレをブツ切りにして醤油仕立てのお汁にするだけ。

これがゲンゲンボの魚体からは想像できない優しいお味なんですわ。
身はふっくら真っ白で、安いのが可哀想なくらいに上品な味。
高級感漂うと言っても決してオーバーではない。

でも子供の頃は、あんまり好きではなかったんだよね。
理由は、このお汁を食べるときの食べ方。

椀にある真っ白ふっくらな身の周りは、デロデロのゼラチンのような物で覆われてる。
正式なこのゲンゲンボの食べ方は(あくまでも小さな漁師町の一角においてだが)、
椀に口を付け、口角を細め、そのままゲンゲンボの身を箸でたぐり寄せ、
そして、すする。
『ズぅるっ、ずずぅー』
すると、見事にふっくらで上品な白身は口の中へ、
骨は椀に残ると言う寸法だ。

この『ズぅるっずずー』って音が、まるで鼻水すするようでね、
特に死んだ婆ちゃんの音が凄まじくスゴいもんだから、、、ついつい敬遠してた。

『きたねぇーなバアチャン!』てね。

それがどうよ、
いま食べると、こんなにも愛おしいほど美味しいなんて。

『はぁ〜〜、旨い!』といってると、

姉が、『クジのお汁も美味しいよ、塩だけで』と。

“クジ”とは甘鯛のこと。
これも金沢ではよく食べた。確かにお汁はおいしい。
でも今や甘鯛は高級食材。地元金沢を代表する魚だし、
京都あたりの高級料亭では必ずと言って良いほどあがる魚だ。
とすると、ゲンゲンボとは全然違う。
だいいち甘鯛は東京でもメジャーだけど、ゲンゲンボはマイナーどころではないもん。

どうだろう?
こう書いてるのを読むと、あなたはゲンゲンボを食べたくならないかな?
それとも高級甘鯛?


島旅もいいけど、
こんな地味で不思議な地方食の世界も、
あなたには味わって欲しいと思いますよ。

“金沢〜能登ゆったり旅”モデルプラン
*********************
     一日目
・東京又は大宮駅始発 北陸新幹線にて金沢へ
・9:00  金沢着 レンタカーで能登へ
・11:30 お弁当 笹寿司
・午後  能登の海へ!
・15:00 観光後宿泊地へ

     二日目
・朝食後 能登の海へ
・昼食  能登食材を使った精進料理
・午後  温泉及び観光
・夕刻  金沢着 
     地方食材を使った家庭料理

     三日目
・朝食後 金沢観光
・午後新幹線で東京へ。駅弁 
・夕方 東京又は大宮駅着


ご希望ならグランクラスに!

2017年3月 2日 (木)

なん十年ぶりだろう?

なん十年ぶりだろう?
私用で金沢へ

金沢に新幹線で行くのは、なん十年ぶりかなぁ。
昔は長岡で特急に乗り換えないといけなかったけど、今は北陸新幹線でわずか二時間四十分。

しかも、普通指定席なのにシートがメチャメチャ広い!

先日の多良間島への飛行機の印象があるからかなおさら快適だ。

こりゃ能登ツアーも新幹線利用考えるようかな?


みんなで駅弁食べながら、景色見てワイワイといくのも楽しそうだ。


あっ!ヘッドレストまで上下する!

こりゃグランクラスどんだけスゴいんだろ?

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »