« 8月の島旅は能登半島とトカラ列島へ | トップページ | 夏の能登半島が楽しい理由 »

2016年8月 6日 (土)

島旅に欠かせないのは、、?

島旅に欠かせないのは、、?
今日は島旅に絶対欠かせないアイテム、
サングラスについての記事。
【あなたもサングラスで、こんな間違いしていませんか?】

すごく簡単に言ってしますと、サングラスって
ファッションだと思ってたんだよね。これきっと
わたしだけでないよね、あなたもそんな風に
思ってなかったかな?。
もちろんカッコいいことは大事、それに加えて
サングラスの本質っていうのかな、それを間違えて
いたんですよ。

目から鱗の、そのサングラスの本質について教えて
くれた、あるメーカーの偏光レンズ。その使用感の
あまりりにもスゴい効果に、思わずメーカーに電話
かけてしまった経緯を少しお話しします。

わたしも、ずいぶん前から普通のサングラスは
使ってました。太陽の下で過ごすことが多いので、
当然といえば当然。ただ、曇ってきたりすると
サングラスがかえって見えにくくくてね。運転中も
トンネルとか入ると見えないしね。そんな感じで、
つけたり外したり。そのうち忘れたりしてね。

ところが、
数年前こんなキャッチコピーを目にしたのだ。

【本当のサングラスを、かけたことありますか?】

このコピーは、ある国産の偏光レンズメーカーの
もの。いろいろあって、とにかくそこの偏光
サングラスをつけたら、オーバーでなく世界が
変わった。そう! 景色の見え方がまるっきり違う
わけですよ。明るいのに眩しくない!
・一日中かけててもわずらわしくない
・曇天どころか、トンネルの中もかけたまま見える
・特に船の上では反射のギラつき光も遮断
・一日終わって疲れない(マジで)
・水中の浅瀬の地形が、船の上から丸見え!

ホントに今までなんだったんだよって思った。
トカラツアーの時に、一日中太陽の下で浮かれて
景色をみたり、水面を見たり。さらにはボート
の白い船体からの眩しい反射。この偏光グラス
をつけてからはまったく気にならなくなった。
また、大海原でイルカや生物、浮上したダイバー
なんかを見つけるときに、嘘のような話だが、
この偏光サングラスをつけてるとすぐに見つけ
ることができる。理由は水面の反射光がまったく
といっていいほどなくなるから。

『そういえば(これ使ってない時)、民宿戻って
夜寝るときとか、目の奥ジンジンしたもんなぁ〜』
って気が付くくらい。
まったくもってダイバー必需品どころか、わたし
としては無人島に絶対持って行くリストにナイフ
と同列に挙げたいくらい。

あまりにも感動してメーカーに電話すると、先方がこんな事を、、

メーカー担当者
『ありがとうございます。疲れなくなったという
感想は良くいただきます。中には船酔いしなく
なったという声もいただくんですよ、、、』

おそるべしサングラス。

実はここ何日か、いつも使ってる偏光サングラス
じゃないレンズのサングラスをかけてみたところ、
日中はいいんだけど夕方になると、異常に見えに
くくてね。
『やっぱこの偏光サングラス違うわ。』って。


P.S
当たり前のことだけど、
紫外線や照り返しの雑光から目をしっかり保護
することは、一日の疲れだけでなく白内障など
のリスクも低減します。
その上でクールなデザインなら、完璧ですな。

« 8月の島旅は能登半島とトカラ列島へ | トップページ | 夏の能登半島が楽しい理由 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 島旅に欠かせないのは、、?:

« 8月の島旅は能登半島とトカラ列島へ | トップページ | 夏の能登半島が楽しい理由 »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ