« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月31日 (木)

伊豆半島の春は海の中からも、、

伊豆半島の春は海の中からも、、
伊豆半島の春は海の中からも、、
3月30日はホームのあたみに出かけました。
初夏を感じさせるほどの陽気。桜の開花も一気に進み、湯前神社の桜はほぼ満開。
この神社前の桜は毎年チェックしているのですが、熱海では一番早く咲くソメイヨシノ。
熱海城の桜はまだ4分ほどですかね。

海の中はワカメが大分成長してきました。まだメカブは大きくありませんが、しっかり春を感じる景色。


もしかしたら、あなたも味噌汁に入っているワカメとか、酢の物くらいしか食べたことがないとか?
多分それは乾燥ワカメで、輸入物だったりするかもしれないね。
旬の採れたてワカメはそれはそれは、香り、歯ごたえとも格別。一度食べたら絶対毎年食べたくなる。

ワカメしゃぶしゃぶは、パッと見事に緑になる若芽と歯応えが楽しめてお勧め。


話は少し戻って、月曜日に行った熱海のお隣、伊豆山でこんな話が出ました。
お世話になっている船長の川口さんが、
『ほんとカジメが減って、このままだとアワビサザエ居なくなるんじゃないか心配で』。

『じっさいサザエの肝がやせてるもんねぇ』と

たしかに減っています。とんでもないくらい。
カジメは、潜っていて普段は茶色いし、ゆらゆら揺れて見た感じの景観も美しくないので、
どちらかと言うと、ダイバーには人気がありません。
ただ、カジメは海の森林の代表選手で、
幼魚の隠れ場、産卵場、アワビサザエの餌ととてつもなく重要な存在。
そのカジメが大幅に減ってるんだからこりゃ問題。

この話をしていたから、『もしや今年はワカメも、、』と思っていたので一安心。


“桜色 海はワカメゆらりで 湯に瞬緑 
 シャキリと残る春の磯の香(か)”

2016年3月17日 (木)

島旅と島旅の間の読書。

島旅と島旅の間の読書。
島旅と島旅の間の読書。
“コミュニケーション”や“言葉”をもっと知ろうと、この本を読んでみました。

【僕の命は言葉とともにある】著者 福島智
福島さんは三歳で右目、九歳で左目を失明。十四歳で右耳、十八歳で左耳の聴力を失った全盲ろう者。
現在は東京大学の教授をされています。
ヘレンケラーは盲ろう者にして世界で初めて大学に進学した人。
著者は世界で初めて常勤の大学教員になった人です。

全編に渡って非常にきれいな言葉がつづられていて、かつ暗さが全くありません。
視覚聴覚を失った福島さんが、真っ暗な宇宙の中で一人苦悩にもがきながら浮かび上がってこれた訳。
著者が何を経験し、どのように思索し、そこにたどり着いたかは、
今を苦悩する人や、絶望感にさいなまれている人に多くのヒントを与えてくれると思います。


この本では、福島さんが影響を受けた詩や書籍が多く紹介されています。
また、自らがブレイクスルー(スパークと表現していました)にいたる出来事も細かく書かれています。

印象的な物をいくつか紹介します。

大学の頃にクラスメイトの女子が〔生命は〕と言う、吉野弘の詩を点訳してきてくれました。

〔いのちは、
自分自身では完結できないように
つくられているらしい
花も
めしべとおしべが揃っているだけでは
不充分で
虫や風が訪れて
めしべとおしべを中立する
生命は
その中に欠如を抱き
それを他者から満たしてもらうのだ
    (中略)
花が咲いている
すぐ近くまで
虻の姿をした他者が
光をまとって飛んできている

わたしも あるとき
誰かのための虻だったんだろう

あなたも あるとき
私のための風だったかもしれない〕


ほんとうに優しくきれいな日本語ですね。

ナチスの強制収容所での体験を本にまとめた、ビクトール・E・フランクルの著書もいくつか紹介されていました。
福島さんはフランクルの置かれた状況を、
『人間としての自由を束縛された、フランクルの極限状態にくらべれば、私の状況などまぬるい』
そう感じるそうです。

もっとも影響を受けたのがそのフランクルの公式。
「絶望=苦悩−意味」
つまり絶望とは意味なき苦悩である。

この公式はたしかにスゴいと思いました。
これは苦悩は絶望ではなく、意味があることを表しています。
福島さんはこの公式をさらに発展させ、
「絶望=苦悩−意味」
    ↓
「意味=苦悩−絶望」
(絶望の反意語は希望)
    ↓
「意味=苦悩+希望」

『苦悩の中で希望を見いだすこと、そこに人生の意味があると思うのです。』


他者との関わり、言葉、コミュニケーションが、
福島さんにとって如何に大切か、非常にわかりやすく書かれていました。


読後思ったことは、
自ら命を絶つ子供たちが、もしこの本にであっていたら、、、、

2016年3月16日 (水)

沖縄の中の沖縄!

沖縄の中の沖縄!
【島の知り合い】

今日は基本的にわたしが島旅をどのように選ぶかをお話ししようと思う。

小さな島国と申しましても、日本全国津々浦々、それはそれは沢山の魅力あふれる島々がございます。
わたしの場合、行ったことがない島に行きたくなる時はどう言う時かってぇいいますと、
ズバリ!紹介です。 知り合いにその島のことを聞いて企画する事が多いですね。
つまりなんらかの繋がりがあることによって、
『今度行ってみよう』となるわけ。
なんでそうしてるかというと、それが出逢いだとおもっているからです。

余談ですが、森信三先生によると、
出逢いというのはその人が必要なときに、一瞬遅くもなく早くもなく出会うそうです。

先月のヨロンもそんな感じで行ってきたんですが、とても良かったので、
『今度はいつ行こう?』と考えているところ、またもや魅力的な話が!


【沖縄の中の沖縄】
知り合いで多良間島でサービスを営んでいる方にお話を聞きました。
多良間島は沖縄の宮古島と石垣島の間に位置する島で、
東西6K、南北4Kの楕円の小さな島。
以下は先日お話ししたときの様子です。


私『沖縄の何という島でした?』

「タラマです。きれいですよ〜」

私『一回行ってみたいんですが、冬も潜れます?』

「潜れますよ。水温24度くらいです。今はマグロシーズンですよ」

「誰〜もいませんよ。船も我々だけで、海貸し切りですから。」

私『宮古からですか?』


「そうですそうです。そこがちょっとネックなんですよね。到着が4時くらいなんですよ
海外より時間かかるんで、、」

私『まぁ、その分自然がいっぱいなんでしょうから行く価値あるでしょう。』

「珊瑚メッチャすごいですよ。透明度50mありますしね。わたしの弟が島でやっているので、
行く時言って下さい!到着日スノーケルの船出すとか、サンセットクルーズとか、
言っときますよ!」


とこんな感じの会話でした。


ねぇ〜、悩むんですよぉ〜、
『いったい何時、多良間島に視察に行くか?』を!!

さらに多良間島の近くには、島民4名の暮らす水納島と言う魅惑の島もあるという。

あ〜あ〜〜〜悩ましやなやましや(笑)


《追伸》
昨日はホームの伊豆半島熱海に行きました。
来宮神社に足を延ばしてみましたが、平日にも関わらず観光客多いっす。
商売っけ満載の来宮神社に、若干引き気味になってしまった。

2016年3月 8日 (火)

思いもしない島旅の魅力

思いもしない島旅の魅力
前回のブログで、
島旅に出かける理由は人それぞれだけど、究極的には〔幸せになるため〕に出かける。
と言う風にお話ししました。

では、幸せになる=魅力=ハッピー を感じる時はどんな時でしょう?
まさにこれも人それぞれ、
自然とのふれあいであったり、“地元の食”を味わうことであったり、お土産を買うことであったり、
綺麗な海に潜る事、その島の歴史や伝統を知る事、

本当に様々。島旅の楽しさを提供する側としては、
「この人は島の食材を使ったお料理とか興味ある」、
「誰々は歴史好きだもんね」などと考えて観光に組み込んだりもするんだけど、
まぁうまく行くこともあれば、外すこともあるね。

でもこれらの理由とはちょっと違った理由が、島旅を楽しむために重要らしい。
実は、ずいぶん前にその事に気がついてはいたんだけどね、
実際何度もゲストからそのことについて質問されたこともあるし、はっきりと、
「それは大事」と言われたこともある。

何かというと、、

「参加メンバー」、そう「人」である。

これ主催側としては若干否定したい気分。
なぜなら、
「個人々の楽しみなんだから、他の参加者が誰であっても、自分が楽しめる内容かどうかが大事でしょ。」
と思うわけ。

でもそんなこと言ってて、こっちだって、
『今度の島旅は、○○島でご一緒した○○さんも参加しますよ。』
とセールストークしてるよね。

これって実際のところ、どうなんだろうね?
本当の意味で自分もお客さんになってみないと分からないのかもしれない。
そして、色々な旅行に出かけたときに、世の人はその旅行先の出来事を話すのと同じくらい、
“人”のことも話すのだろうか?

特にわれわれの島旅の場合、主たる目的がダイビングだったりするわけで、そうなると、
初心者の人はよくこんな風に言います。

『ベテランの人ばっかりじゃないですか?』
  (迷惑かけたくない)

『あっ!誰々さんも行くんですね!』
  (知っている人が参加するから安心)

まぁどうであれ、やっぱ“人”は大事みたい。


そんなこと書いてたら、ちょうど“相田みつを”さんにこんなのがあったよ。

【あの人がゆくんじゃ わたしはゆかない、
あの人がゆくなら わたしもゆく、あの人 あの人
わたしはどっちの あの人】

深い

追伸》画像は南さつまの沖秋目島。

2016年3月 7日 (月)

『出会いに感謝』に反する

『出会いに感謝』に反する
店の片隅に、
松尾さんから頂いた【出逢いに感謝】。今日はその教えに反するお話。

もともとわたしのようなお客さん商売において、
何よりもまず、『出会ったご縁に感謝することだよ』。と言うことで頂いたもの。

ところが、最近違ったことを思っている自分に気がついた次第。

実家の金沢からよくオフクロが魚を送ってくれる。
一番多いのは手頃なガンド(ワラサ)、フクラギ(イナダ)で、次いでイカなんかも。
当然めちゃめちゃ旨いわけで、お客さんやスタッフにも食べてもらうわけ。
まぁみんな喜んでくれてね。

正直なところ、金沢の鰤とか本ズワイガニとか、高い物ってのは東京でもお金さえ出せば手に入る。
だいたい世の中の一番良い魚介は築地に集まるに決まってるんだからね。
だけど、安〜い地元の庶民の魚とかは、
意外に手に入らない。

それが、メギス(ニギス)やカレイ、ハタハタかな。
これがもう、気絶するほど旨い。本当に旨い。夢に出そうなくらいだ。
たぶん『死ぬ前に何が食べたいか?』って質問されたら、きっと、
『ハタハタの一夜干し焼いたの』て答えるんじゃあないかと思うほど。

話は横道にそれるが、これらは調理も驚くほど簡単。
ハタハタは頭とワタを取ったら、水と醤油でフわぁっと数分煮るだけ。たったこれだけ。
酒とか、砂糖とか何もいらない。そして誰に食べさせても、はじめての人は、
『これ水と醤油』と言うと、
『うそー!』となる。
ただし、条件がある。金沢の新鮮なハタハタと、金沢の醤油を使うこと。

メギスも簡単すぎるのに、申し訳ない位い旨い!
こちらも頭とワタを取る。そして茹でるだけ。
後は大根卸しに酢醤油をかけメギスをかっ食らう!
これが旨くて何本でも入る。まるでサラダのよう。

当然東京でこんな食べ方をしたことがある人はいない。わたしも居酒屋や小料理屋で食べたことない。
マズいハタハタはあるが、、、

話を元に戻す。
つまり、滅多に食べれない安い大衆魚を振る舞ったりするときに思うんだよね、
冒頭の【出逢いに感謝】に反することを。

何かというと、
『このハタハタは絶対私と知り合わなかったら食べることがなかったよ』

『メギスのこんな食べ方、死ぬまで知らなかったかもよ。』と。


これって、俺が言うことじゃないよね。
まるで感謝の押し売りだ。

とんでもない自惚れた気持ちになってる。

感謝するべきは自分。
生まれた金沢の魚を、おいしいと知ってくれる人たちがいること、
お世辞にも、『旨い旨い』と食べてくれる人がいることに、
『みんな喜んどったよ、ありがと』と母にお便りを書けること、

そう言うことに、お前は感謝できないのか!!

【感謝するに値する物がないのではない、
感謝するに値する物を、気がつかないでいるのだ】
                  BY中村天風


追伸》
と、このブログ書いていたら携帯が鳴った、

『もしもーし、旨そうなイワシが入ったけど、送るか?』

さてさて、何して食べるかなぁ。ありがたやありがたや。

普遍

普遍
普遍
前に読んだ本をもう一度読み返したとき、
『ん〜ん、やっぱスゲぇ』と言う物もあれば、

『あら?、なんか前ほど、、』て物もある。

わたしは基本、「何度でも読む価値があるなぁ」と思う書のみを本棚に残し、あとは処分してます。
つまり棚にある本は「もう一度読みたい本」と言うことになる。
にもかかわらず、再読すると、
『ん〜、いま一歩や〜』と思うと言うのは、
はじめて聞いたときは知らなかった知識で感服したけど、知ってしまうとそれほどでもなかった、
と言うことなんでしょうね。

これに対して、一読めも、二読めも、
『なるほど、そうだよなぁ〜』となるもの、いや、
三読めどころか何度読んでも、その度に発見、再認識、教えられる本というのは、
普遍的内容が書かれていると言うこと。

こんな本に出会えると、めちゃめちゃ幸せだね。

島旅もそう。1回目の来島、2回目の来島、何度でも行きたくなる島ってのがいい。
島旅の目的は人それぞれだろうけど、究極的にはやっぱり〔幸せになるため〕に行くんだと思うし、
そうすると、何度も訪れたくなるってのは間違いなく魅力があるわけで、
島旅がいがあるってぇ〜ものだね。

あなたも大好きな島があるかな?

追伸》
とても気になっていた口永良部島。
昨年5月の噴火以来、全島避難指示が出されていましたが、年末に一部を除き解除されたそうです。
民宿くちのえらぶ はどうしているだろう?
また、お便りを出してみようと思う。

追伸の追伸》
久々に読んだ本、、全く響くものが無かった。

2016年3月 5日 (土)

ゴールデンウィークはやっぱり八丈島

ゴールデンウィークはやっぱり八丈島
ゴールデンウィークはやっぱり八丈島
あの橘丸で又行きたい! そう思わせるほど船旅は快適この上ない。
東京都なのに、亜熱帯海洋性気候。ハイビスカスにストレチアが迎えてくれる。
やっぱり八丈は身近な楽園だ。

アシタバの天麩羅にトビの刺身、ああうれしや情け島。
温泉にひたって、又明日も海の中に思いを馳せる。

やっぱ好っきゃねん!!!

こちらの八丈島が好きな訳もご覧ください。

2016年3月 3日 (木)

与論島『もづくソバは蕎麦にあらず』

与論島『もづくソバは蕎麦にあらず』
与論島『もづくソバは蕎麦にあらず』
沖縄ソバが蕎麦粉を使っていないのと同じく、ここ与論島の“もづくソバ”も蕎麦にあらずです。
小麦粉に特産のモヅクを練り込んだもので、つまりうどんだね。

わたしは無類の蕎麦好きなんだけど、うどんも好き。
それにこう言う島メニューは、「やっぱ食べとかないとね」ってことで。
一番有名なのが空港近くの“青い珊瑚礁”と言う店。もづくソバを作る工場直販。

でも、気に入ったのはそこではなく、
茶花漁港近くの〔泰斗寿司〕。
ダイビングの合間に濡れたウェットスーツのまま入店出来ると聞いて、しかも2月だから暖かい物が食べたい!

暖簾をくぐると、ウェットのままにも関わらず、優しく案内してくれました。
メニューを見ると、たしかに寿司屋なんだけど、蕎麦、定食類もあります。
ちなみに蕎麦は全部もづくソバ。そして、安い。
金目アラ煮定食とか“人気イカ墨汁”なんてのもあるけど、まずは“もづく天麩羅ソバ”を。

でもこの“もづく天麩羅蕎麦”って、
知らないとモヅクの天麩羅が乗ったお蕎麦だと思う人もいるかもしれない。
こちらは、もづくの練り込んだソバ(うどんだけど)に天麩羅を付けたもの。

早速実食。

スープが薄味で暖まっておいすぃー。
麺も腰があってなかなかいけます。なんだか他のメニューも気になったので又行きたいと思う。

最終日に食べた空港近くの“もづくソバ”は予想していたとおりの歯ごたえの無さ。
どっちがいい悪いは好みでしょうから、なんですが、わたしゃ断然にこの泰斗寿司のソバが良かったです。

空港においてあるガイドマップにも載っているので、与論に来島の際はどうぞ。

ただし、ガイドマップにはこんな風に書いてある。
『与論一美味しく無い店?、おすすめできる料理はございませんが、これら食べずに島から帰るべからず』


画像は与論島の海中で良く出会う、カメ吉さん。
人面岩もあった!

2016年3月 1日 (火)

【極上ビーチ巡りとパワースポット】

【極上ビーチ巡りとパワースポット】
【極上ビーチ巡りとパワースポット】
与論島には非常に沢山のビーチがあります。
て言うか、島の周りはぐるりとビーチと言った方が正しいかも。そしてどのビーチも真っ白な砂浜。
浜には珊瑚の破片や流木はあるが、ゴミは一つも落ちていないのがまた凄い。

いままで色んな島旅に出かけたけど、ことビーチに関してはこのヨロンがNO.1 でないかと思う。
と言うのも、
宿泊した汐見荘のスグ裏にも綺麗なウドノスビーチがあり、ここは茶花漁港のすぐ隣。
空港のスグ近く、歩いて5分の所にもパラダイスビーチと言う綺麗なビーチがある。
これはチョット余所にはないんでは無かろうか。

雑誌やパンフレットなんかで取り上げられる百合が浜は、大潮の干潮時のみ渡れるビーチで、島内最長の大金久海岸の沖に現れます。

今回は民宿のしず枝さんの案内でパワースポットのビーチにも行きました。

そこのパワースポットビーチのいわれを要約するとこうです。

トゥマイとテイララキと言う夫婦竜が降り立ったビーチで、
この浜辺で夏は海水浴、冬は散歩ををするだけでもとても良いパワーを授かる。
実際その夫婦竜の岩がビーチにはあります。

まぁなんにしても、あのような美しい景色を見て、散歩して、清々しさを感じずにはいられないよね。


ヨロンにいったら是非ビーチ巡りがおすすめ!

ヨロン参加者の声

魂の島 ヨロン

魂の島 ヨロン
魂の島 ヨロン
魂の島 ヨロン
奄美群島最南端“魂の島”与論島に行ってきました。
隆起珊瑚で出来たその小さな島は、鹿児島でありながら沖縄辺戸岬までわずか22キロ。
沖縄が近いのに奄美な、不思議なところ。

今回の日程は2泊3日。沖縄経由の飛行機でのアクセス。
ただ、沖縄からはエッライ小さいプロペラ機。
到着してまず最初の感想は、
『暖っけぇ〜』
出発日早朝の東京は零度。
こちらは20度ですからそりゃそうだよね〜。

短い日程でしたが、民宿の女将さんやお土産屋のおバアとのふれあい、
すてきなビーチにパワースポットめぐり、
名物料理の鶏飯にもずくソバとかなり楽しめました。
きっとまた直ぐに予定立てて行くと思う。


さて、色々と楽しい出来事があったので、
何から話そうか迷うところ。まずはタイトルをきめてご紹介していこうと思います。

その1『みそ豆とアオサで22490円!!』
その2『極上ビーチめぐりとパワースポット』
その3『もずくソバは蕎麦にあらず』

とこんな感じで。
海のお話が無いね。またそれはそれでね。

ではでは一回目↓↓↓

【みそ豆とアオサで22490円!!】

今回お世話になった民宿は汐見荘さん。
空港のお迎えの時から満面の笑みで歓迎してくれたのが女将のしず枝さん。
このしず枝さんの話だけでも相当長くなるくらい語れますが、それはまたの機会に。
今回のタイトルにある出来事は、あるお土産屋さんでの出来事なんです。

民宿は一番の繁華街?茶花地区にあるため、買い物や散策に超便利。
みんなでお土産を買いに出かけたんですね。そこで目に留まったお店が、〔よろん名物店〕。
名前からしてチョット怪しい感じですが、別に変なお店ではありません。
竹おばあちゃんが一人でやってました。
売っているのは、主に観光客に向けた食べ物系お土産。特に特徴があるわけでは無かったけど、
何となく吸い込まれて、、、、

入ると直ぐに竹さんが味見をさしてくれます。

『あんた達にもこれあげないと。ハイこれ食べて、美味しいよ。全部あたしが作ってるのよ』

と言って出来立ての“しおのかほり”という饅頭を食べさせてくれました。

「お、おいしい。おかあさん美味しいよ」

『そうだよ!添加物とか何にも入ってない。全部私が作ってるんだから。凄い人気なんだよぉ』

ゲストの一人がお土産にその饅頭を12個箱に詰めてもらい、それを二セットほしいと言いました。
他のゲストもつられて、じゃあお土産はココで買おうとなったわけです。

私も買うので、レジに行き、
「んじゃ、おかあさん、アオサとパパイヤ漬けと、みそ豆2個ね。」

『はいー、ありがと。』

おかあさんがレジを打つんだけどこれが問題。

『え〜と、アオサ560円とピピ、パパイヤ500円ピピ、、』

ここでもう一人のゲストがおかあさんに質問、

「おかあさんこのお饅頭はどのくらい日持ちする?」

『それは3月の8日まで、そこに書いてあるよ。添加物とか全然入れてないから、美味しいよ、、』

『、、え〜と〜、アオサ560円ピピピピピ、みそ豆360円ピピピピピピピ、ちーーーーん』

22490円!!!

「ちょっとちょっとちょっと、おかあさん!みそ豆買って2万は無いでしょーよ。(笑」

『まちがえたよ。もう一回』

とまぁ4人が買い物する間、ずっとこの調子ですわ。
結局こっちが電卓たたいて計算して払う感じ。
しかもおかあさん不思議なのが、レジ打つんだけど金額はその場で帳面に付けてるんだよね。

「おかあさん、凄いじゃない今日の売上げ」

『そうだよ。ご協力ありがとうございます。昨日も良かったんだよ、ホラ』

と言って帳面をめくって見せてくれました。

「あら、凄い!4万の日もあるじゃない」

『これは仕入れ、赤。今年は蒸し器もレジも新しくしたから大変よ〜』


レジは新しくしたそうですが、レジ打つ人が新しくないからねぇ〜、などと内心想いながらも、
すっかり竹さんのお店に長居をしてしまったとさ。


《追伸》
竹おかあさんの店“よろん名物店”ではこんな物が買えます。
しおのかおり(100円)、みそ豆(360円)、パパイヤ漬け(500円)、アオサ(560円)、自然塩、黒糖アンダギーetc

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »