« 今日の夜から円月島 | トップページ | 田舎からのおくり物 »

2015年11月25日 (水)

夕日に染まる円月島

夕日に染まる円月島
夕日に染まる円月島
南紀白浜から戻りました。相変わらず夕刻の円月島はカップルがいっぱいだった。

さて、ちょうど白浜朝市をやっていたので朝から見学、温泉、そして日中はダイビング、夜はクエ鍋と盛りだくさんに堪能。

白浜の朝市は観光客をあまり意識していないというか、商売っけが無いというか、まぁそこがかえってホノボノとして良いと言えばよいね。
お店っつーか、売ってるものも、ミカンとパンと鮮魚と干物。書くとこれだけ?と思うが実際これだけ。

でもその中に一際輝く虎柄のものが。そりゃぁウツボ。地元では定番の郷土食で竜田揚げや佃煮みたいにしていただくようで。
一番のおすすめの食べ方は『すき焼き』?!身と皮の間には非常に良質のゼラチン質があるため、
『プルんプルんで最高にうまいで』と教えてもらいました。わたしも竜田揚げは食べたことがあるのですがすき焼きは無い! 
是非食べてみたい。朝市ではちゃんとそれように、骨抜き処理したウツボが売られてるし。(ウツボは小骨が多いから)

夜は夜でクエを頂くために、”大皿料理ま〜る”に予約をして挑みます?!。
「クエって何?」と言うあなたは一つ前のブログ記事をご覧あれ。

と言うことで、あなたがもし白浜に行くなら、一日は宿の夕食無しにしてこの”大皿料理ま〜る”に行くのをお勧めする。
白浜の美味しいところをグッと凝縮して頂けるし、お酒も地元のものを沢山おいてる。クエ鍋も1人前からってのがいいね。

なんか食べ物の話ばっかりになったけど、最後にもう一つ食べ物の話。
お土産の定番が「かげろう」と言う福菱さんのお菓子。周りはフワッと溶ける生地で、中にクリームが入ってます。お土産だから日持ちもするので良いのですが、ななんと!
今回初めて知ったのが、
「生かげろう」!!!
本店だけで売ってるらしく、行くと確かに「生かげろう」が限定1個100円で売ってました。
早速頂くと、この「生かげろう」はクリームが生クリームバージョンになってるわけ。
はっきり言ってこれはうまい!白浜に行ったら毎回食べたい。新たな白浜の魅力を知ったのであります。

というわけで、来年三月春分の日に、夕日に染まる円月島をめざし、ウツボのすき焼きと生かげろうを楽しみに、再び南紀白浜へ。
白浜参加者の声

« 今日の夜から円月島 | トップページ | 田舎からのおくり物 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夕日に染まる円月島:

« 今日の夜から円月島 | トップページ | 田舎からのおくり物 »