« 日本中、何処の島へも52 円 | トップページ | 無人島サバイバル »

2015年8月31日 (月)

急遽八丈島へ

急遽八丈島へ
島から戻りました。帰る日は昼には店に戻れたんで疲れてないかなぁなんて思っていたんだけどね。なんだか夕方くらいになると睡魔が、、、

連日三食キッチリ民宿のうまいご飯やお刺身弁当を食べて早い時間に寝てたもんだから夜の8時くらいになると自然にまぶたが落ちてくる。朝は早朝ダイビングに行くから連日4時起きだしね。

そんな感じで昨日はお店を閉めて、ダル〜くなって目をしばしばさせながら家に帰ったんだけど、家でさらに疲れる出来事があったわけ。

それはね、、

自分でも不思議なくらい疲れた状態で家の玄関開けて居間に入った。すると下の娘が居て、

『お帰り。海どうだった?』と珍しく聞いてくる。

「ああ良かったよ」とだけ答える。
すると、又、娘が、
『島はどうだったの?楽しめた?』と尋ねてくる。

「ああ楽しかったよ」と答えると。更に質問、
『トカラだっけ?台風大丈夫だったの?』と聞いてはいけないことを聞いてきた。

別に聞いてはいけないわけじゃ無いけど、日頃アレこれ聞かないのに何でこのタイミングで聞いてくるんだ娘よ。お父さんはとっても疲れているんだよと内心思いながらも、こう答えた。

『ああ、大丈夫だったよ。』と

嘘ではない。結果楽しく潜れたわけで、トカラじゃなく八丈になったいきさつを詳しく話す元気もないんだから仕方がないでしょ。

娘の質問から解放されたので、今日は缶ビールでも飲んで寝る。と思っていると、またもや娘が、、、

『何食べたの?どんなもの食べたの?』

おいおいおいおい、おい!小学生じゃないんだから何だよその質問攻撃。二十歳もすぎて、、

ここは疲れた顔を全面に出して、笑って過ごす作戦にでてみた。ところが、

『何にもない島でしょ?。船とかで食べるんでしょ?。何食べたの?』

又質問してきた。そう言えば下の娘はわたしに似てか、アウトドア好きだった気がする。レストランよりバーベQ、ホテルより民宿となかなかお目が高い好みだった。きっとそれで船とかでご飯を食べたり自炊したりするのは楽しそうだと思って聞いてきたようだ。

しかし娘よ、傷に塩を塗り込むような質問はしちゃいけない。

まだまだ質問が続きそうで、早く寝たいわたしは台風の影響でトカラ列島行きが中止になり、急遽八丈島に行ったんだよと簡単に説明した。(簡単に説明したが本当は簡単なことではない。)

『そうなんだ、大変だったね』とやっと質問が終わった。


今回は7名でのトカラ列島ツアー。台風15号の動きは気が気でなかったけど、抜けて何とか行けるなと考えていた。ところが、

いっこうに台風のスピードが上がらない。しかも奄美からトカラ列島を舐めるように北上してくる始末。おまけにわたしが準備のために前泊する野間池を直撃しそうだ。

結果から言うと宿泊する屋久島の民宿も、中之島も、もちろん野間池も使用船も被害を受けた。

急遽お客さんに連絡をして、代替え地として八丈島の提案をし、7名全員が八丈島ツアーに参加することになったと言うことです。


正直なところ、わたしも含めゲストがトカラ列島に望む物は、一種の『冒険』なわけで、これに変わる『冒険』となるとなかなか難しい。八丈島に冒険が無いという話しではなくて、スタイルが全く違うということ。

それでもいつもお世話になる、民宿[そこど荘]さんは急な予約にも関わらず何とか対応していただいた。カツカツのお部屋を覚悟していたのに、とても余裕のあるお部屋で快適そのもの。

船もいつもの鈴木船長が事情を組んでくれ、あれやこれやと気を使ってくれたのでみんなも大喜びで終了することができた。

やっぱまったく持って、島旅は人だね。


トカラには行けなかったけど、松尾船長や屋久島、中之島、口之島、野間池のその後が気になる今日この頃。


《追伸》
今回久々に八丈小島に行きました。朝の5:20に港を出ての早朝ダイブ。凪の海面にやわらかな朝日とダイナミックな水中に潜った全員が『小島イイですね〜』と。

水面に浮上したときの陽の光はまだ淡く、一日の始まりのはずがまるで終わりのようでもあり、小島の荒々しい島肌をやわらかく照らしていました。

« 日本中、何処の島へも52 円 | トップページ | 無人島サバイバル »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 急遽八丈島へ:

« 日本中、何処の島へも52 円 | トップページ | 無人島サバイバル »