« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月25日 (日)

島旅をゆったり楽しむアイテム

島旅をゆったり楽しむアイテム
来月末には沖縄ケラマ諸島です。久々の島旅、11月に伊豆七島の八丈島に行って以来だから楽しみはもちろんですが、忘れ物しないか心配。

絶対必要なものを忘れる事はまず無いんだけど、あると超便利、これ持って行くと島旅がゆったり楽しめる、そんなアイテムを忘れそうでね。

あなたも旅行に出かける時、荷物の準備をしていて、『大丈夫かな〜忘れ物ないかな〜』と心配になったことってありますよね。

そもそも結構前から準備するタイプ? それとも寸前に『あっ、準備しなきゃ』といって慌ててやり出すタイプ? または前から準備したにも関わらず、前日また不安になるタイプ? あんたはどのタイプですか。

わたしは予定通り前日に準備するタイプです。たま〜に随分前から準備すると、逆に忘れ物する事があります。だからいつも前日か前々日です。


さて本題、、
今日はわたしが考える『島旅をゆったり楽しむためにはこれ持って行くといいよ』的なアイテムを紹介しようと思います。

どちらかというと、スーパーとかお店のあまりない島に行くことが多いので、『えっ!そんなもの持って行くの?』と言うのがあるかと思いますが・・・・


【島旅にはこれ持って行くおすすめ】


10位《柿の種》夕食まで小腹が空いた、そんなときに重宝します。

9位《イヤーウィスパー》若いときは同部屋のイビキなんか全然お構いなしだったんだけど 、、、

8位《コップ》チタン製保冷マグの取手をとっ払って、湯飲みとして使います。夏でも船上とか、明け方は温かい飲み物がおいしい。

7位《衣類小分け袋》メッシュの中身が見える物を使います。何泊にもなると小分けしないと翌日の準備が、あら、大変。

6位《水絆創膏》ちょっとした切り傷は全部これ。特に海関係の人は良いですよ。塗るとき超〜シミるけど。

5位《虫除け品》蚊除け、ダニ除け。

4位《スリッポン》島に着いたらコチラに履き替えます。前はビーサン使ってましたがケガ防止に。

3位《水筒》暖かい用500mlと冷たい用1000mlの2本。一本にしたいところですがね、、

2位《偏光グラス》マジこいつを知ってからは手放せない。午後の疲れが違うくらいです。

1位《レインウエア》ゴアテックスの小さくたためるタイプ。もちろん雨以外にも、風除けや肌寒い時にも重宝。

番外《ウオータープルーフバッグ》上記の物を入れる防水使用のバッグ。とても気に入ってます。軽いしね。


ここで画像をお見せできないのが残念ですが、ほぼ毎回、島旅には持って行くんじゃないかな。でもこれ以外にも、移動の服と島に着いてからの服、下着の枚数、短パンに水着何枚?・・・楽しい悩みですね。

2015年1月11日 (日)

おもろい島の・・・

おもろい島の・・・
久々の投稿です。冬の間はめっきり島旅が減ってしまってねぇ。

といい訳は置いといて、今日は先日行った真鶴半島の不思議〜〜なイタリアンレストランと伊豆七島大島の宿のおもろい社長のお話です。


ゲストの方をお連れする食事どころって、なかなか難しい。まず予算です。ランチで入る事がほとんどですから、定食2000円とか海鮮丼2800円とかはあり得ません。私は1000円と決めてます。この1000円がキモですよ。

いいですか、ちょっと聞いて下さい。

あなたが伊豆半島によく出かけるならランチ探しのヒントになりますから。

まず予算を1000円にすると、ググっと店の数が減ります。激減するといってもいい。そりゃラーメン、うどんならありますよ。でも定食やランチセット、海鮮丼となるととても少ない。しかも美味しくてね。

そして店側から見ても1000円は相当いろいろ工夫して提供していることが推測されます。考えてみて、まわりに観光客相手の2000円、1800円の店がゴロゴロあるわけですからね。特に伊豆半島でも熱海近郊、城ヶ崎エリアは東京からのアクセスも良いのでその傾向が強いですね。
だから1000円で出す店は地元の人が食べにくる確率が高く、加えてかなり工夫しています。

予算の次は見た目です。いろいろ表現はありますが、分かりやすく分かりやすく一言で言うと「豪華」となります。島旅は非日常ですからねぇ。いつも家で食べてるものと同じじゃなく、「ちょっと豪華に」がキーワードだと思います。

以上2点を評価に、後はひたすら実地見分あるのみ。実食です。だから失敗することもあります。そんな中、特に美味しい訳では無いけどたまにはこんな店もいいよ。オモロイしねってところもあります。

それがこれからご紹介するレストラン。

真鶴半島 【イタリアンレストラン マコ】
真鶴駅をまっすぐ下り、信号で右の上り坂をあがると2分くらい到着。ほら、左側にあるあの小さな古いレストランがそうです。

私はここを真鶴の不思議なイタリアレストランと読んでます。ゲストをお連れするときも、
『今日はおいしい物食べに行きますか?それとも真鶴の不思議なイタリアンに行きますか?』と尋ねます。

不思議なのはシステムとオーナーシェフのマコばーば。

入るとそのまんまの狭ーい店内。正面カウンターは相模湾一望で景色がとてもいい。でもここには座れません。カウンターには大皿料理が並ぶから。

そうですビュッフェです。

お客さんは、そうだな、10人も入ればいっぱいですね。料理が並ぶカウンターも奥行きがなく、長さも2M位だから、店内すべてがところ狭し!!

あなたは入店したら、まずマコばーばに1000円払います。これも払うタイミングが難しい。なぜってたった一人でマコばーばが切り盛りするくらいだから忙しい忙しい。

1000円払うと取り皿もらえます。でも忙しいと取り皿渡すの忘れるからご用心。

どうですか、不思議ですよね。

でも一番不思議なのはやっぱマコばーば本人。

入店すると、ずーーーと一人でしゃべっている事にあなたも気づくはず。いろんな事をインフォメーションの様にしゃべっています。

たとえば、

『コーヒーがなくなりました。ハイ!マコばーばの出番です。もう少々お待ち下さい。ただいまおいしいコーヒーを入れます。愛情いっぱいのおいしいコーヒー、お待ち下さい。』

みたいな。

まぁこれ以上話すと楽しみ半減するからね。

よかったら行ってみて。

オッと、そろそろお仕事の時間だ。では大島の宿、野田浜園さんの話はまたこの次に。

《追伸》
画像は真鶴の貴船神社。茅の輪くぐり。

2015年1月 6日 (火)

島旅と島旅の間に・・・

島旅と島旅の間に・・・
新年を向かえ早いものです。今年は年賀状も少なくてね(出してないから)。そんな中、面白いコメントが入っていた物を2枚程ご紹介します。

トカラ列島口之島[くろしおの宿]女将さんからの年賀状です。
『あけましておめでとうございます。また女子会しましょう!』

数年前に行ったとき、確かに女性のお客さんを5人程お連れしました。なにやら夕食後よもやま話で盛り上がったと聞きます(スタッフから聞いた)。どうやらその事の様ですね。愉快な女将だけに、今度はわたしも参加してみたいと思いました(女子会だから無理)。


金沢のオフクロからの年賀状
『あけましておめでとう。みんな元気でね』

わたしのオフクロもうすぐ80なんですね。なんかあの世に逝っちまう様なフレーズだから、気になって電話してしまった。
『もしもし、元気か!』
そしたらケロっとして、
『ん?元気や。おめでとう』

元旦からもう一週間も過ぎました。早いものですね。


《追伸》
もしこのブログを読んでいるあなたが、空いた時間にスマホゲームをよくやるなら、即刻止めた方が身のためですよ。
理由はまたの機会に。。。
《追伸の追伸》
画像は南さつま秋目島です。

2015年1月 1日 (木)

田舎からの届け物

田舎からの届け物
田舎からの届け物
『ゆったり島旅ふれあい記』を読んでくれているあなたへ
明けましておめでとうございます。

元日の朝はどんなですか? わたしは昨日まで伊豆半島熱海に潜り納めで行ってました。だから今朝起きたのは6:30。ぐっすりです。

正月と言ってもわたしはいつもと全く変わらないです。変わることといったらこの正月三点セットでしうょうか。

実家のオフクロが送ってくれました。毎年年末に送られてくる三点セット。

左から【福梅】【ころ柿】【かぶら寿司】金沢の正月定番アイテム。

もう一つおまけが【辻占い】。

子供の頃からずーと、ずーーと、これだからどれも思い出がある。

福梅はあまりにも沢山あるもんだからぜんぜん食べなくなる。そいでシケってしまってね。なぜかそのシケった福梅すら親父はもりもり食べてたなぁ。
辻占いは中におみくじ風の占いが入ってるお菓子。それが楽しくってねぇ、いっぺんに全部食べたりしてオフクロによく怒られたよ。

なんかこう書いてると、変わらないって大事な気がしてきた。


2015年も大事なことは、ブレずに変わらずがんばっていこうと思います。

と書いても、具体的にどのようにするのか明確でないね。

明確に書こうと思ったがその前に・・・・

最近複数の客さんにある質問をしてみた。

『腐るほどお金持ってたら働かない?』

すると大体同じ答えが帰ってきた。

『ぜんぜん働かないとアレだから、ちょっとは働くかな。でも今の職場は辞める』みたいな感じです。

これ聞いて、自分はありがたい職業に就かせていただいてるなぁとシミジミ思いましたよ。金があろうが無かろうが変わらんな。腐るほどお金持っても変わらずお客さん海に連れて行くね。

これはきっと死ぬまでブレない自信がある。


さて、思考や心持ちはいいとして、問題は肝心などう行動するか。


『5分を生かし切る!』

大変だけど、これでがんばろう。

《追伸》
稲森さんの本にこんなのありました。

【人生、仕事の結果】=【考え方】×【情熱】×【能力】

わたしはこうだと思いました。
【考え方】×【情熱】×【行動】

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »