« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月13日 (金)

トカラの風水中編

トカラの風水中編
トカラの風水中編
トカラの風 

大物釣りの太公望にも、トカラを目指すダイバーにも、真っ先に上げられるポイントが有ります。
それは釣果がどうとか、水中で何が見れるとか、そんなものどうでも良くなる迫力の景観。

一度でも木場立神岩を見た人は、自然の荒々しさと芸術のような神秘にきっと言葉を失うはず。
青を通り越した紫色に近い海。紺碧の水面を見下ろすように立つ巨岩。その巨岩をえぐるように走る激流が水面から沸き立つのがはっきりと確認できる。どんな水中が、、、


【木場立神】攻略方法
初めて見たときは『おいおい、ここは無理だろぉ。』と思ったものです。ただ意外に正直な海で、他のポイントにありがちな複雑さがありません。
確かに激流は船上からハッキリと、そう誰でもわかるほどハッキリ確認できるんです。でも立神の陰は全くと言っていいほど無風状態。ただし岩から離れなければですが、、、

※画像は立神と上から見た図です。

エントリーポイントは岩の北側。左手に臥蛇島(無人島)、正面が立神のAから入ります。ここは全く流れていません。海底は18mほど。(流れを図で示したように、一年中黒潮本流が当たるので絶えず同じ方向に流れます。)

中層で合流したあなたは、立神を左手に反時計回りに進みます。するとだんだん流れを感じてきます。もうこれ以上は無理かなって所で岩につかまり魚を見るスタイル。
Bにはギンガメ玉がありますがそこまで進めるかどうかはその日次第。大きなギンガメに混じってロウニンアジやツムブリ、ウメイロモドキが騒がしい。ナポレオンやアゴハタも見かけます。

注意するのは立神から離れないこと。これさえ守れば、それ程難しいポイントではありません。安全に激流を体験できる?と言えます。

でも人間はワガママと言うか身の程知らないと言うか、、、

何年か前。流れが強くBまで全然進めません。そこで船長に頼み,上手Cでエントリーさせてもらいます。そこから流れにのってBまで行き、岩につかまって見ようと言う計画。
ところが、、、
エントリーするやいなや、岩につかまるどころでなく、海底が走馬燈のように流れ、あっと言う間にCへ。。。

よい子は決してマネをしては行けません。基本通り行きましょう。

《追伸》
2年前奇跡が起きました。なんとこの立神を反対回りに、しかも一周してしまったんです。これには船長もビックリ。『何十年も来てるがこんな事初めて』と言ってました。

2014年6月11日 (水)

『そんなにイイなら連れてって!!』

『そんなにイイなら連れてって!!』
会長小伝・その3

『そんなにイイなら連れてって!!』
前回は休みの日に会長と良く潜りに言った話をしました。実は会長、プライベートで遊びに行くときも「潜り」です。ゴルフ、賭事、酒など一切やらない人ですから、仕事=遊び=潜り。お〜、こう書くとホンマもんだねぇ。

んで、どこに遊び(潜り)に行くかと言うと、『銭洲』(ゼニズ)。
あなたが関東エリアにお住まいで多少なりとも釣りの知識をお持ちなら聞いたことがあると思いますが、、、。神津島の南西約36キロにある小島群。周辺は優良な漁場で漁師が銭になるからついた名だとか。今から20年以上前の銭洲ですからそりゃ凄かったろうね。今でもシーズンともなれば遊漁船がバンバンでてます。

そんな銭洲に、海況が安定する5月〜10月は多いときで月2回程出動していました。出動の合図は一本の電話で始まります。それは海賊からの電話、、
『会長いる〜?』
マジでオーバーでなく海賊みたいな声。ほんとですよ、こう何というか、腹に響く、カスレた低い声。とても善良な市民の声とは思えません。ただ僕はこの人会ったことがないのでホントの所はわかりませんがね。

謎の海賊(トコロ山さん)からの電話が合図で日にちが決まります。スケジュールはだいたいこんな感じ→出発は夜8時位だったかな?。夜通しランクルを走らせ下田に着き、仮眠をとって早朝下田を出船。だいたい3時間くらいで銭洲に到着します。現地で潜った後は下田に戻り、そのまま東京へ。

そいで当時3回に1回以上は欠航してましたね。つまり下田まで行くが中止とか、朝になって中止とか。これ仕事だったらガックリ来るよねぇ〜。でも会長遊びだからメゲません。だいたいこの銭洲行きの為にランクル買って改造しましたから。後ろに折り畳みできる仮眠ベッドと巨大クーラー。そう言えば一時このために熱海にアパート借りたもんね。

当時これを見ていたわれわれスタッフはどう思ったかと言うと、
『そんなにしてまで行く銭洲は相当おもろいんだろうなぁ』と。

あるミーティングの時、会長に頼んでみました。
『会長、夏のボーナスいらないから代わりに銭洲連れてって』

すると会長、さすがに自分の好きな所を誉められたようなものですから、わかったわかったと了承。
が、しかし、後日
『やっぱおまえ達銭洲はワシのあそび場じゃ。行きたかったら自分でかね払えるようになってから行ってこい!!』

『え〜〜〜!』

今思えば会長がお客さんにダイビングの魅力について話すのも、説得力が有るわけですよね。ビジネスとか仕事とかでなく、心底好きなんだろうなぁって。


日比谷公園の設計や明治神宮の造林を手がけた本多静六氏の本にこうありました。
『人生でもっとも幸せなことは仕事の道楽化である』
そのまんまやな。


《追伸》
『自分で行けるようになったら勝手に行け』と言われた銭洲に僕が始めて行ったときのお話は又の機会に。

トカラ列島の風をお届けします。

トカラ列島の風をお届けします。
トカラ列島の風をお届けします。
とてもたどり着きにくい島々ですね。鹿児島からフェリーで行くのが一般的ですが、天候に大きく左右されます。このため列島の島々を全て回るのは日にちの余裕と運を手にしないと行けないかも。


そんな十島村には独特の、、、、


【野生牛】
世界でここだけ!!。純血種の完全な野生牛。夏には海岸に出てきて水浴びをすることもある。野生黒毛和牛が見られるのは口之島。

【トカラ馬】
西洋種の影響をまったく受けていない在来種のウマ。ここ中之島で大切に放牧されています。大きな黒い瞳に、やや小ぶりな馬体が愛らしい。


動物とのふれあいも又、旅のたのしみですね。


8月末がトカラ列島の旅

2014年6月10日 (火)

【中之島でジュピターが見れるの知ってましたか?】

【中之島でジュピターが見れるの知ってましたか?】
タイトルにある【中之島】と【ジュピター】についてお話しますね。

中之島はトカラ列島十島村の中心の島です。
日本の行政区で一番長い村(南北120キロ)になる十島村は、大小12の島で構成され、有人島7島、無人島5島からなります。中之島はちょうど八丈島の半分くらいの大きさです。


そして、なぜかそんな中之島の山の上には、九州最大の天体望遠鏡があるんですよ。(なぜここに?)
研究者によると、中之島は晴天率が高く空気が澄んでいて周りに明かりが少ないため天体観測にとても適しているそうです。
ほほ〜。なるほど、、、
で、で、肝心の【ジュピター】と言うのは【木星】のこと。ここの観測所からは、くっきりとジュピター(木星)が見えるんです!!
しかも予約しておくと星の先生が説明もしてくれます。

数年前に行ったのですが、Jupiterを見たのは初めてだったので感動したのを覚えています。


でも、でも、もっと感動がしたことがあったんです。

星の先生からの説明が終わって天文台を一歩外に出ると、、、辺りは真っ暗。

上を見上げると、、、もう満天の、、、いえ、天然のプラネタリウム!。

口が開きっぱなしになって皆で地面に寝転んで星空ウォッチングとなりました。
不思議なもので、寝転んで星を見ていると、みんなが同じポーズをするんですね〜。

どんなかと言うと。。。

空に向かって両手を伸ばして星をつかむ仕草です。

これホント!!

今年も8月のトカラが楽しみです。

と、その前に6月に三宅&御蔵島、月末には梅雨明け一番奄美大島があるね。


《追伸》
画像は吐か喇列島口之島の野生牛。世界でここにだけ、完全な野生の黒毛和牛がいる。

2014年6月 7日 (土)

枕崎ぶえん鰹って知ってますか?

枕崎ぶえん鰹って知ってますか?
【屋久島のおとなり、小さな島の丘の上の宿ツアー】のつづきです。

その長いツアータイトルは何だ!と言う方は前回前々回の記事もご覧ください。

さて時間は少々早送りします。島遊びを終えた我々は枕崎に帰港。まずはいつもの温泉、なぎさ温泉へ。ここは景色のいい露天があるので好きだったんですが、、、。行ってみると新しくと言いますか、簡易適改装と言いますか、、少々趣が変わってしまいました。
僕が温泉に求める物は、1に湯、2に寂れた感なので、どちらかというと残念な結果に。まぁさっぱりするなら駅前の「ひとっ風呂」で地元の方と汗を流すので十分ですね。

昼食の時間です。久々に「まんぼう」に行けるとあって楽しみ楽しみ。枕崎に来たら「まんぼう」と言うことで、いつの頃からか定番となっています。一年に一回か二回しか来ないのに、ご主人の久保さんは覚えてくれていてうれしいかぎりです。

この日はランチメニューの「特上カツオ丼」を注文。ここで食レポの前にまずは枕崎の鰹について少しふれておきます。

【枕崎ぶえん鰹】
「ぶえん」とは地元の言葉で、新鮮な、と言う意味らしいです。このネーミングでブランド化を押し進めているわけですね。鰹と言えば昔から初物が珍重され、なんといっても鮮度が一番の魚です。こう書くと他の魚も鮮度は大事でしょってなると思うんですがちょっと違う。魚の鮮度について話させると長くなるのでここは割愛し、手短に。

『魚は種類によっておいしいタイミングが違う』
もちろん正しい下拵えが有ってのことですが、うちの親父なんか生け簀で泳いでる魚なんか絶対食べなかったもんなぁ〜。良くテレビで女性アナウンサーが『コリコリしておいしい!』なんて言ってますが、あんな物味なんて有る訳ない。。
いかん!長くなってきたね。

でもでも、鰹は例外。こいつは兎に角鮮度。つまり新しいほど良い魚。そうすると我々庶民はなかなかうまい鰹を食べれない事になります。ではこの枕崎ぶえん鰹はどうか?と言うと、、、、、

近年の冷凍技術の進歩は凄いです。遠洋一本釣りでそのまま船内で瞬間冷凍されます。ぶえん鰹は血抜き処理後にすぐ冷凍。このため生の鰹より鮮度が良いとか。

さて、肝心の特上カツオ丼のお味は、、、、

いや〜、まいりました。久保さん。『うまい!!!!』。そして『安すぎ!』。なんせたったの800円ですよ。ふつう東京で800円でうまい鰹丼なんて食べれないのは当たり前。もし食べれたとしてもご飯に鰹が乗ってるだけでないでしょうか。「まんぼう」の鰹丼は違います。
ほんのり利いた酢飯に鰹、とろろ、アボガドがいい具合にちりばめられ専用のタレをカケていただきます。量も腹一杯になる。おいしい味噌汁までついてこの価格はもはや犯罪か!

あなたも次回の枕崎では必ず行くとイイよ、「まんぼう」へ。

帰りには鰹節のお土産までいただきました。ありがとうございます。
そうそう。紅茶品評会で世界1位になった、枕崎産の紅茶もこちらで購入できますよ。

あ〜、またカツオ丼食べたくなってきた。


《追伸》
画像はクチノエラブの湯向温泉の横にあったもの。
『口永良部、雪は降らぬが星が降る』と書いてあります。

2014年6月 3日 (火)

海底温泉につかる

海底温泉につかる
海底温泉につかる
今回、【屋久島のとなり、小さな島の丘の上の宿ツアー】と言う長いタイトルです。5/23(3日目)は口永良部島から枕崎に戻り、前半組終了と共に後半組が乗船します。

枕崎まではボートで三時間ほど。途中デン島に潜ってから午前11時が入港予定。久々に潜るデン島は、、、

やっぱり、凄かった。

ここだけの話、このポイントのすばらしさと来たら国内屈指です。ハイ。それでいて一切他のダイバーや釣り船と会う事がありません。
海の中の様子は沖縄と伊豆と小笠原が混ざったようなゴージャスさ。この日もわずか30分ほどの時間で群のオンパレード。圧巻は巨大カンパチにぐるぐるされたことか。。


枕崎に着くと前半組とスタッフが下船し帰路につきます。入れ替わりに後半組と別のスタッフが乗船。12:15出船で口永良部島を目指します。

あの素敵な宿や海底温泉をはじめとする口永良部島の海。それを知ってもらいたくて今回企画しました。ただ週末参加がどうしても無理な方々がいて、平日コースも作ったためこう言ったスケジュールとなった次第です。
そうそう、肝心の海底温泉の話をしていなかったね。

島にある温泉の一つ、寝待温泉近くの水中はあっちもこっちも温泉が沸いています。その中でも一番量の多い浅瀬にあるポイントを潜ります。水面からガスが上がるのが見えるくらいですからねぇ〜。そりゃもう海に飛び込む前から硫黄の香りがします。

海の中で見るとこれが一段と綺麗なんですよ。
まず遠目に泡が見えます。ここら一帯はすこぶる透明度がよいので、結構離れたところから見えてきます。水面に向かってたなびく泡は何とも形容しがたい神秘的なもの。岩には一面湯の花が、びっっっしり!。そこだけ真っ白になっています。

温泉が出てるわけですから当然暖かい。どれどれと手をかざすとモワァ〜と暖かな湯。温度差で視界も揺らめいてる。ゴロゴロとした大きな岩の隙間からでているのでちょうど体がスッポリ、と言うところもあります。

まさに水中で温泉!!

不思議なのは近くに魚もたくさん泳いでいます。特に彼らも嫌いでは無い様子。なんか効果があるのかな?


さて、素敵な宿でゆったりして、この日は鹿刺しもいただきました。夕食に奥さんからからの三岳の差し入れ。ほろほろと、この日も過ぎていきます。。

つづきはまた、、、

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »