« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月20日 (金)

口コミの真髄をまた!垣間見てしまった。

口コミの真髄をまた!垣間見てしまった。
島旅ネタでなくてすみません。来年の一月はザトウクジラ舞う、沖縄は慶良間に行きますのでお待ちくださいね。

そこで今日は良く行く伊豆や西湘エリアの食事どころの話。

久々に行きました。早川の食堂 谷。
本当に久々だったので内心なに言われるかとちょっとビビりながら、ちょっとそれを楽しみに行きました。(分かりやすく言うと女将が毒舌)

以下やりとりです。

店の前に車で行き、駐車どうしようかなぁと考えている目の前で、カップルが店の料理の写真を見ています。カップルは何やら相談し、ここじゃないなと隣ものぞきに。

すると女将が車に気がついたのか僕に気がついたのか外に出てきます。

女将『何やってたのよー!!随分久しぶりじゃん』
『車は横向きに、ここ、止めればいいよ』

僕『え、でもここじゃ玄関前だからお客さんふさいじゃってるよぉ』

女将『いいんだよ。ろくでもないのが来なくって。ちょうどいい。』
『あのカップルも来ないよ』

・・まだカップルはそこにいるし・・・

こんな調子で迎えられました。

店内に入り座って注文を伝えます。ここでは自分一人ならいざ知らず、お客さんも一緒なのでいつも【おまかせ定食】をたのみます。
なぜって違うものを頼むととても面倒臭い事に!。

やれ今日は生はよしときなとか、なんでそんなの頼むんだとか、それじゃ腹一杯になんないよ!いいの?!などなどと言ってくる。

まぁ実は以外に面白いと思っているが、ダメな人はダメだろうなぁ。

だって『じゃなんでメニューにのせるの』って思うとおもう。

ここに来ると結構人に話してる自分がいる。聞けばゲストも家族や友達に話すようだ。


自分も店やってるからこの口コミのマジックについては良く考える。つまりこうです、、、

平均的に美味しく、きれいな店内に。優しい店員さんに値段も手頃。これだと誰も話してくれないと言うことです。

その点、この食堂は真逆だ。

店内はお世辞にもきれいとは言いがたい。定員は女将だけ。嫌いな客は来なくていい。文句言われる。

しかし、残念ながら、、、うまい、、。


この日食べた時はいつもにまして冷静に味わって見ました。

刺身⇒二日ほど前に行った伊東漁港直営の店より全然うまい。
鯖味噌⇒こりゃ凄い
鯵フライ⇒ふわふわだ

でも旨いだけじゃそんなに人に話さないと思うんだよなぁ。

商売って、面白いね。


いま個人的にお店で極めていきたいと思っている事があります。

・一元さんおことわり
・最初に過大に約束しない
この二点です。

話すと長くなるので割愛しますが、、むずかしい。だからこそと思います。


と、口の悪い女将のいる食堂谷さんに行っておもう。

2013年12月 3日 (火)

島旅がライフワークのあなたに関係ある話。

【Global Warming】
アル・ゴアさんのキャンペーンで一躍注目された地球温暖化。僕にとっては環境破壊とか自然消滅といった意味合いが強いですね。

極論から言えば大企業の進む道の先にはもうコレが仕方なく待っているような気がします。


島旅で人口数百人の島を訪れると、結構島の人はゴミをなんでも燃やす。でもこんなの温暖化に関係ないだろうなぁ。

あり得ないけどそんな島に『快適便利』を持ち込むとあっという間に変わってしまうのは想像がつく。

だからきっと『少し不便で足りない』を望むべきなんだろうなぁ。(島やいなかにゃあるね)

【Global Warming】
『これとても納得のいかない誤訳だ!』
と主張するのはコピーライターの鈴木康之さん。

〔温〕も〔暖〕もなにか嬉しい感じの文字であり言葉であります。嫌だ、困ったと言う感じはありません。・・・緊急警告的な意味をもって叫ばなければなりません。

コピーライターに訳語を頼んでくれたら、もっとこう恐ろしさと緊迫感のある日本語にしたでしょう。

【地球加熱化】
【地表高温化】

少し足りなくて、ちょっと不便を意識してみます。

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »