« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月23日 (木)

これは世界に誇れるお話です。

これは世界に誇れるお話です。
【無人島に生きる十六人】著者 須川邦彦

清々しく、そして勇気と日本人の和の精神と勤勉さが書かれた漂流記。

これを読んであまりにも自分の知識のなさに落ち込むところはありますが、内容はすばらしいの一言。随分昔の話で文体も飾り気はありませんが、まったくそんなことは気になりません。

明治31年暮れ。日本南方海域に漁業調査に出帆した龍睡丸が南鳥島で帆柱が折れる大西風にさらされ、ホノルルまで逃れます。補給修繕の後、ハワイ諸島を島づたいに北西にたどって日本に帰る途中、5月20日パールアンドハーミーズ礁で座礁。そこから十六人の一年間の無人島体験。

やはりなんといってもすごいのが中川船長の決断力と他の15人のチームワーク。
まず座礁した際に船から何を下ろすかを的確に指示します。そして無人島に上陸するやいなやの最初の指示が『みんな裸になれ!』です。つまり長期戦の覚悟を決め、冬になって貴重な服が必要になったときに備えての指示。そして四つのルールが決まります。

1、島で手にはいるもので暮らしていく。
2、出来ない相談は言わない。
3、規律正しい生活をする。
4、愉快な生活を心がける。

いかがです? この単純にして分かりやすい、しかも非常に大切なルール。

無人島二日目にして、今まで無人島に流れ着いてそのまま島の鬼となり死んでいった人たちは諦めてしまったり、絶望してしまったのが原因だ。だから仕事をこなし、身体を鍛え、勉強し、愉快に規則正しく暮らそう!

凄くないですか!!つまりぼーっとして時間が過ぎても良いこと一つも無いから、下らないこと考える間がないほど生きるための作戦と帰るための準備をひたすら役割分担で一致団結していきます。レクリエーションの時間も勉強の時間もあるんですよ。

しかも実話!

果たして十六人の運命は!?


もし自分がこの中の一人だったらと真剣に考えました。いったいどんな貢献が出きるのか、、、、

2013年5月18日 (土)

誰がなんといっても島旅で最も大切なのがこれ!

誰がなんといっても島旅で最も大切なのがこれ!
やっぱりご飯ですよ。もちろん宿で頂く美味しい海の幸は外せませんが、でもでも、なんといってもこの最強のお弁当を見てください。

なぜお昼のお弁当が大事かと言うと、やっぱり遊んだあとはお腹が減るものです。子供の頃の遠足で一番楽しみだったのってやっぱりお弁当!。だから大事なんですよ。(ただいま力説しているところ)

場所(民宿)によってはお弁当を頼むと手配になってお弁当やさんと言うか惣菜やさんの弁当の事もありますが、やはり、やはりなんといってもここは民宿のおかあさん自らが愛情込めて作った、そう!こんなお弁当を頂きたいものです。

船縁に腰かけて海に足を放り出し、潮風感じながらゆったり流れる海面に梅干しの種をピッと飛ばしながら頂くんです。

サイコーさー♪


『特にトカラ列島のお弁当が最強の訳』

トカラ列島の島々にはお店がありません。だから普通は一泊二食ですが、トカラは一泊5食が普通料金っす。店もない、見るところもない、こんな遠くによく来たね。てことで大変おいしんだとおもいます。

この日も巨大なおにぎり二個、ソウメン、キハダのフライ、カボチャ、鰹煮。

あ〜〜今すぐ食べたい。これをあの紺碧の海に足出して頂いちゃうんですからそりゃ〜ね〜。回りを見れば緑濃い島影と真っ青な空に絵の具を垂らしたような雲。

早く食べて海に飛び込まなきゃ!!

2013年5月17日 (金)

南九州は焼酎の里

南九州は焼酎の里
夏の遠征、トカラ列島や南九州の島々に行くときの出港地はだいたい枕崎が多いです。

初めて行ったときは台風の報道で良く聞くくらいで、何にも情報がありませんでした。それがなんども通ううちに、だんだんと何にもない?枕崎が好きになってきたんです。

一番の理由はホッとするから。数日間のツアーは外洋に出るので荒れた海も経験することに。沖に出られず枕崎のホテルに泊まったこともあれば、屋久島で缶詰めになったこともあります(まぁそれはそれで屋久島観光できて楽しかったけどね)。そうやって数日間後に帰港すると、まず右手に開聞岳が見えます。そして左手に立神が見えてくると、
『あ〜かえってきたぞー』と言う安堵と寂しさと達成感が入り交じった感覚です。


二番目は何にもないっていったけどいろいろあるじゃん!!。
明治蔵、マンボウ、ひとっ風呂、温泉、かつお、朝市、、、
年々訪れる度に少しづつ楽しさを覚えていきました。昨年は指宿の温泉にも、意外に近いんですね。


明治蔵は枕崎の焼酎で全国に知られる薩摩酒造の焼酎館。白波で有名ですね。

ここで今年の僕の楽しみ

あなたは黒千代香ってご存知ですか?。これい〜んです。味があって、渋くって、、、

『黒じょか』は焼酎を入れて飲む器です。芋焼酎をあらかじめ水と一緒にこのみの割合で黒じょかに入れておき、馴染んでから器を火にかけ、ゆる〜く温めて頂く。とってもまろやかになるそうです。

明治蔵では各種『黒じょか』も販売されています。焼酎の製造行程も見学できる。

地場産業を勉強し、島津公と同じ飲み方で焼酎をたしなむ。ことしの楽しみの一つです。

でも意外に黒千代香、高いんだよな〜

2013年5月 8日 (水)

母の日に島からのお便り

母の日に島からのお便り
ゴールデンウィークに大島に行く予定だったので、『そうだ!島から母の日の葉書をだそう』。と思っていたがいろいろあってなぜか僕は熱海。まぁそれはそれでいろいろ収穫はありましたが、、、、


母の日と言ってもお花を送るがらでまないので、葉書を書きました。これを貰った母上はうれしいのかどうかはわかりませんが。


今後の島旅の予定ですが、
六月に三宅島、御蔵島
七月に宇治群島
八月にトカラ列島

となっていますので、ゆったりと島旅を報告します。


追伸、熱海での収穫
予てより気になっていた最近オープンしたお蕎麦屋に行きました。
せいろとセットで頼める丼が三つあり
・駿河湾産釜あげしらす丼
・伊豆地のり丼田子節
・大和芋丼

どれも食べてみたいメニューです。今度お客さんを連れて行ってみよう。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »