« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月27日 (水)

地元居酒屋名店めぐり

地元居酒屋名店めぐり
三月は南紀白浜に行ってきます。白浜といえば

反対たまご、温泉、クエ、秋刀魚寿司、そして沈船。
結構狭いエリアに外湯が沢山あり、温泉天国です。早朝着いてひとっ風呂、潜り終えてひとっ風呂、夕飯食べてひとっ風呂。みんな違う外湯に行きます。

でも今回一番楽しみなのが

長久酒場。地元の居酒屋

12月にいく予定だったんですが風が強く、出発前日に船長さんから電話があり中止。一年ぶりだからなおのこと楽しみにしています。
島旅はゴールデンウィークからですね。

画像は先日の雲仙の

2013年2月25日 (月)

軍艦島には行けなかったけど、、、


一泊二日の長崎から戻りました。やはりランタン祭りは綺麗ですね〜。特に眼鏡橋にかかるランタンが川面に映る様は見ていてほんと、癒されます。


初日に船長のご好意で、軍艦島を遊覧観光する予定でしたがあいにくの強風で断念。早々と市内に移動してランタン、食と楽しみました。

昨年に続いて、地元居酒屋名店『安楽子』(あらこ)
に行きましたが、やはり素晴らしい。安すぎ!

鰺、鰯の刺身のうみゃ〜事。鯨料理もあり珍味を堪能できます。個人的にはもうここに行くために長崎来てもいいんじゃないかと思ったくらいです。

さぁ二日目は雲仙。小地獄のいい湯につかって小浜ちゃんぽんを食べてきました。

雲仙の地熱を使い『エこたつ』と言うイベント?、サービス?、があり地熱で暖かくなった上にこたつが置いてありくつろげます。

そこのボランティアスタッフに聞いたんですが、雲仙はむかしは
うんぜん=温泉、と書いたそうです。画像のドリンクにも『ドーネモレ泉温』とかいてありましたが、雲仙レモネードの復刻版だとか。

青空のした背中がポカポカ暖かい『エコたつ』でごろり。気持ちいいですね

2013年2月20日 (水)

宇宙人が見たら、癒し系な星だと思うに違いない

宇宙人が見たら、癒し系な星だと思うに違いない
ここ数年毎年この時期に長崎に行きます。ねらいはランタン祭り。

今年も今週末に一泊二日の短い日程ですが、てんこもりスケジュール!!

初日 長崎入り
・無人島でダイビング
・チャンポン後ランタン観光
・夕食は地元居酒屋名店
二日目
・雲仙観光
・夕方帰路

とまぁこのようにてんこもりです。

僕は前日入りする事が多く、レンタカーを借りてみんなのダイビング器材を積み込んだり、船長さんと打ち合せしたりします。

初めて行ったときはランタンの綺麗さと活気に圧倒されました。まぁ祭りって名が付くわけだから活気があるのは当たり前かも知れませんが、だけどちょっと違うんです。


あなたが『お祭り』から連想するワードはなんですか?。僕は、屋台、みこし、ケンカ、人込み、すり、大声、金魚すくい、、、まだまだ出ますがこんな感じですかね。もちろんランタンフェスタには金魚すくいはありませんが、ポイントはそこではありません。

大勢の人がランタンの明かりを楽しそうに見ています。そこにはケンカや大声と言ったものはなく、平和な癒しの光景。みんな顔がほころんでいました。


もし、銀河系のどこかにいる宇宙人がたまたまUFOにのってこの長崎の光に誘われてこの季節に来たら、

『チキュウ人、ハ、ココロヨイ人、ヤサシイ』ときっと思いますね。


2/23〜24の日程で行ってきます。宇宙人に会えたら報告しますね。

2013年2月 8日 (金)

水中結婚式って最初はどんな事やるのかなって思ってました。実際参列すると、、、、

水中結婚式って最初はどんな事やるのかなって思ってました。実際参列すると、、、、
熱海の海底で開催した水中結婚式!
参列された方々の声を一部掲載しました。


『まさかの透明度にどうなる事かと、、、』
・大勢でやることが何よりのお祝いになるかと思って参加しました。 まさかの透明度でどうなるかと思ったけど、結婚式らしいものが出来て良かったです。
ウエディングケーキやナイトはイメージ通りにならなかったけど、それも良い経験と言うことで。 それにしてもカマボコケーキは思わず話してしまいますね。
水中ウエディングの計画、準備など大変だったと思いますがお陰で楽しい式に参加できました。
(あきる野市40代女性NYさん)


『準備も含め楽しかった』
・最初は参列者のネームエントリーが少なかったので、どうなるんだ?と思いましたが大勢で良かったです。
準備や練習、実験も含めて楽しめました。
水中ケーキカット&ファーストバイトはいいね。
(羽村市40代男性KMさん)


『エアー切れにならないか心配でした』
・水中結婚式ではどんな事をやり、どのくらい時間がかかるか消費量の多いダイバーとしてはみんなについていけるか心配でした。
リハーサルで思わぬハプニングがありましたが、うねりのある中、ダイバーだけが経験できる素晴らしい水中結婚式に参加できてとても感動しました。
海の中に沈めたデコレーションや衣裳などスタッフとメンバーの協力なくしては出来ない結婚式でしたね。
心残りは夜の宴会に参加できなかったこと。福寿司の宴会料理は一度食べてみたいです。
お二人のかまぼこケーキのケーキカット。荒波にもまれながらもほとんど形を崩さず、食べてもおいしい。あの味は忘れられません。
(福生市50代男性SMさん)


『誓いのキスはしましたか?』
・楽しいイベントに参加したい!お祝いしたい!と思ってエントリー。美味しかったし楽しかったぁ。
海のなかは見通しきかないしリハーサルは出来なかったし、ケーキや旗も手強かったけどそれはそれで楽しい所が水中結婚式のいい所。
魚もほとんどいなかったのも天の配分なのかな?(ものすごい群れに出会ったらみんなの心が二人から離れたろうから、、、)
帰ってから中三の子に『いろんな結婚式ってあるんだよ。幸せな二人を祝福してくれる人達がいると言うことが素敵だと思うしそんな人生を歩んでほしい』と話したら、 『誓いのキスはしたんですか?』と質問されました。
(日野市50代女性KFさん)


『なかなか難しかった』
・誰の結婚式と知る前に参加表明、準備から楽しめました。実際の海のなかは楽しかったけど意外にむずかしかった。
かまぼこケーキは素晴らしいアイデアですね。
(あきる野市40代男性SIさん)

2013年2月 4日 (月)

水中結婚式でした

水中結婚式でした
2/2〜3で水中結婚式を行いました。そうです。海の中でダイバーの新郎新婦を仲間が祝福しました。

陸上の結婚式でやる事を水中でやるだけなんですが、これが大変!。たとえば『誓いの口づけ』。当然呼吸装置を一旦外して行ないますから、お互いにタイミングを合わせなければなりません。だから新郎新婦は事前に何度も練習会に参加しました!?。またケーキ入刀もやりましたが、当然、海に入れても溶けないケーキを用意するだけでもかなり時間がかかりました。しかも海に浮くので水中に持ち込むのが大変大変。

お二人は別々な方から紹介されて我々のダイビングスクールに入校しました。時期も別々でしたがスクール後のツアー参加で知り合ってゴールイン。一緒にスクールを受けた方や紹介ダイバー、ツアー参加の仲間達で今回水中結婚式を行なったわけです。

準備から見てきましたが、本当に感動的でした。仲間たちがお二人のために楽しい会にしようと貴重な時間を割いて作った品々(ケーキ、水中横断幕、水中メッセージボードなど)。当日は海の天候変化に翻弄されながらも一致団結したチームワーク。 すばらしい会でした。

最後に海の中ならではのアクシデントを一つだけ紹介します。

予定では水深8mぐらいで式を実施するつもりが、当日は風の影響による波と視界不良!。結婚式どころでないくらい体が揺れ、何も見えません。急遽潜る場所をかえておこないましたがそこの水深は17m。式の途中で空気が足りなくなり、ハラハラドキドキ。新郎新婦もお互いの空気をシェアして無事浮上しました。

《注釈》
ダイバーは呼吸装置を背負って潜りますが限られた時間しか潜れません。潜水時間は運動量や水深によって変化しますが深くなればなるほど多量の気体を消費するため時間が短くなります。今回も予定した水深より深かったため大変だったんですよ。

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »