« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

島へのお便り

島へのお便り
数年前からお葉書を書くようになりました。特に最近は平均一日一枚は書いている気がします


出すお相手は、一番多いのがお客さん

島の民宿、船長、母、姉、姪、甥などなど

自分の気分で出せるので気軽だし、なにより楽しい

ほとんど自己満足の世界ですな


でも意外に喜んで頂ける

八丈島の民宿の方にも
『お便り頂いて感激しました』と言われてこれまたうれしい


書くための文具も楽しいですし


そんなおり、お客さんから天然竹筆ペンを頂戴しました

これが書くと味があってすごくいい!

持ち手の所になぜか月の満ち欠けがあしらってある


旅もますます楽しくなる

2012年10月28日 (日)

とても良い一日でした

とても良い一日でした
昨日10月27日はとても良い一日でした。

ご夫婦で参加のゲスト。前回に引き続き熱海ボートダイビング

お二人とも大好きだろうと考え、お昼ご飯は鰺の押し寿司。いつもながら海辺で食べるランチ、しかも鰺寿司は格別

いつもお世話になっている真鶴半島の魚屋『二藤』さんで前日に予約して早朝取りに行きます。魚屋の作る鰺寿司

二人ともニコニコしながら食べてくれました


そうしてもう一つ!

僕が熱海好きになったきっかけと言うか熱海に通いだした時から、

いや違う

この仕事をはじめたときからお世話になっている今は亡き第一富士丸の一郎さん

亡くなったあと良く乗せて頂いた船は港に係留しっぱなしだった、、、、

船底はこけがはえるし、、きっとエンジンだって、

なんだかその様がもの悲しくって
一郎さんは引退したけど船はまだまだ現役で行けるのに

熱海に行くたびに『俺にものってくれよ、いいら』と言っているよう


それがね

なんと

昨日 10月27日

港に行くときれいになって浮き桟橋に繋いであります

光ってる。輝いてる

もちろん年季もの、決して新しいわけではないけど間違いなく光ってた

船名も変わってましたがそんなことはいいんです。

本当にうれしい


この船にどれだけの思い出があるか、、


今回は乗れなかったけどまた今度乗せてな

2012年10月13日 (土)

島々に思いを馳せて

島々に思いを馳せて
トカラ列島や南九州の島々にわれわれを連れていってくれる船長と長崎で飲みました。

相変わらずお元気


一緒に飲むのも楽しみですが、それよりも

とにかく勉強になる!

本を読むより実り多い一晩でした!

その中から

・感謝すると言うことはツキを呼び込むと言うことです

・私は大きなことは出来ません。でもきちっと後片付けする、ずんだれた服装しない、タバコ吸わない
そういう誰でもできる小さいことは負けません


経験によって学ばれた人生訓。時折はっとする指摘もあります


『年寄りの話は聞くもんですよ。経験してるんだから。でも若いうちはそれがわからん』


今わかりました、島々に行くことより前日に船長と飲むほうが大事だ

2012年10月11日 (木)

そうだ!鰹

そうだ!鰹
先日 秋空のもと大好きなあたみへ

爺さまが捌いてるのを覗き込むと

『一匹もってけ』
『血合いだけよくとって』

ソウダガツオです。正直昔はソウダかよ、と思ったりしましたが これは鮮度が一番。行けます


早速その場でお造りに

でも血合い全部とると身はほんの少し。貧乏性が顔をだし少し残して切り分けました。


生姜で頂きます。うまいうまい!

が、しかし

血合いがにがい


爺さま勉強になりました

2012年10月 7日 (日)

忘れさられた島

忘れさられた島
数年前の出来事

今世紀最大の天体ショーが好条件で観察できる島。色々なメディアに取り上げられ、中には大手旅行者が数十万円でツアー客を集めました。

毎年トカラ列島に行っていた我々は不思議に思ったものです。
『島にはそんなに宿が無いのに どうするんだろう?』


日本の田舎や島々の僻地に観光を投入するときはよくよく考えないといけないなぁとつくづく思いました

次に繋がらないものはやらないほうがいい

そんなんだったら税金だけでなく、企業が学校の一つでも建ててそこに子供や若者を呼ぶ


むずかしい


言えることはやはり相手のことを考えること。
自分たちだけ儲かればとか、これであなたたちも潤うでしょ なんて考えだと島の人はたまらない

島は島で人任せにしないことが重要ですね


なんだか中之島の堤防に貼られたポスターを見て思いました。

2012年10月 6日 (土)

遊びが学び

遊びが学び
夏の島旅が落ち着き、秋の島旅が始まります

10月の中旬が長崎無人島、後半が伊豆七島三宅島と続きます


大きなくくりだと私の仕事はレジャー?サービス業になるかな


まぁ小企業ですからあえてくくらなくてもいいかもしれませんが、そんな小さな会社にも実に多くのお客様がおります。

ファンです

ファンの方々にドキドキわくわくを提供する。

お連れする島旅もこのことばかり考えて企画します


一番大事なのは実際に自分が感じること。頭で考えて『これ楽しそうだなぁ〜』と思うのと、体験して感じるのでは違いますからね〜

最近はシニア層のファンが増えてきたので
『なつかしい』、がなんとなく一番しっくり気がします。

懐かしいたべもの、懐かしい景色、懐かしい建物、懐かしい人

こういったものと島旅がジョイントするといいですね

2012年10月 5日 (金)

お弁当

お弁当
島旅の楽しみの一つがお弁当であることは前にお話しましたかね


特に民宿で作ってもらうお弁当は格別です

価格、味を越えたものを感じます

この日は干しトビとおにぎり。海を見ながら頂けばこれまた、、、

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »