« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

島の特産

島の特産
奄美大島に来ています。

名前の通り大きな島です

佐渡島の次

島バナナ食べたことありますか?酸味があってフィリピンバナナとは全然違いますよ。おいしい

島はいいね!

2012年6月24日 (日)

奄美は梅雨明け

奄美は梅雨明け
この時期は関節がきしむなぁ〜

腰が悪くなり、年に数回激しく痛む。するとまた数ヵ月具合が悪い

あっちこっちと医者には行きましたが高価なし

あまり親身になってくれるドクターはいないなぁというのが感想

ひたすら黙々とストレッチandジョグを続け、よくなったと思ったら再発の繰り返し。一年続けて善くなってきたかなぁ〜 と思っても痛みだすと振り出しどころかマイナススタート


それでも続ければ善くなりますね。

だんだん善くなり調子に乗ったのか走るペースが上がり体に感謝が足りなかったんでしょう、膝がダメに

医者にいっても手術を勧められるだけでした

信用できないしいやなので今度はひたすら歩く

痛くても工夫して歩く。屈伸してストレッチして歩く

全く走れなくなりましたが歩くのはまったく問題ないくらいになった

歩くと景色が違う。匂いも違う。いろんな事を考えられる


月末の奄美大島は夏だ!
向こうにも紫陽花はあるのかな

追伸・近所にある二件の医院
一つは整骨院の先生『そんな簡単に治る方法があったら僕がしりたい。』『治っても生活改善しないとまたなります』

もう一つは内科の90才超えの先生『どうしましたか?』『うんうん・うん』『それでは診させてもらいます』

二人とも僕にとっては名医

2012年6月13日 (水)

島旅の本

島旅の本
別に島旅の特集が載っている本ではありません

『島旅に持っていくとい〜な〜』って本
しかも私が個人的にいいな〜というだけです


島が好き、島旅が好き。そんな本が無いかなぁ〜?と言うあなたは、雑誌『島へ』が良いと思いますよ。ちょうど今回はトカラの島々の特集だった

さてご紹介の『ムダなことなどひとつもない』は以前紹介した天台宗大阿闍梨の酒井さん著

前に読んだ『一日一生』もそうですが不思議な本です。難しい言葉や表現は一切出てこないのに何度も立ち止まって考えさせられます。

また最近はやりの自己啓発や成功本とも違うので、『成功』や『プラス思考』、『潜在意識』、『目標』などの言葉は一つも出てこないのになんだか元気が出てきます。

ぜひお会いしたい方です。
読んでいる時もなんだか森のなかを散歩しているような気分になる

2012年6月11日 (月)

熱海漁師の朝飯

熱海漁師の朝飯
熱海には年間50回以上行きます。つまり島旅以外は熱海に行く確立が非常に高い


これだけ行ってるといろんな人と知り合う

パン屋さん、居酒屋、そば屋、民宿、、、

一番顔馴染みになるのが漁師さん

先日も熱海港に行くと定置網の入れ替え作業の途中で朝飯休憩しているところ

私『うまそうだなぁ』
漁『食いな、食いな』

それでは頂きます

朝早く行くとたまにこんな場面には当たりますが、いつもながら非常にうまそうな朝飯です。メニューは大体、刺身、焼き魚、あら汁、、、時にフライを揚げてるのにも遭遇したことも(熱海の漁師は時間があるのね)。そして、以外にバランスが取れていて野菜も必ず添えてあります

刺身は鰺、ソウダガツオが多い。(あくまでも私が遭遇したときの話)

ところが、、ここからが本題です

この日の刺身は豪華!
ヒラマサ、メジ、アカイカ、、!

漁『イカはアカイカだぞ!食え食え。キロ3000円以上だ』

おまけにアオアジの干物も

あまりにも量が多かったので昼飯にしょう!

すると超〜うまそうな昼飯になりました
天気も良いので潮風に当たりながらいただきます

丼=ヒラマサ、アカイカ、メジを漁師から頂きました
煮物=筍と竹輪を漁師の友達から頂きました
焼き物=鰺干物を漁師のおじいから
酢の物=鰺南蛮は若奥様
薬味=オオバは港に自生している


すばらしいお味で

2012年6月10日 (日)


きのう、一昨日と熱海でボートダイブ。
台風後に一気に魚が増えましたねぇ〜
クマノミもミナミハコフグもいきなり登場してました

雨で道も空いていたので伊東までドライブ

道の駅にあるアイスを食しに
1.バニラorヨーグルト
2.中に入れるものを選びます。フルーツやクッキー、紅芋などなどとにかく沢山あり悩む。3種類入れられます
3.コーンかカップを選ぶ

最後に混ぜてソフトになって出来上がり

3300種もあることになるアイス。美味しい

2012年6月 5日 (火)

がらの悪い小学生

がらの悪い小学生
島旅の季節です

日差しが眩しい

先日の西伊豆田子のホタルツアーでは愛用の偏光グラスを忘れてしまった

天気予報では土曜曇り、日曜雨だったのでまぁいいかと思っていたら好転


運転も含め無くてはならないアイウエアをまた痛感しました。

良質の偏光グラス使ったことがない方はおすすめですよ。島旅には絶対必需品だと思います

いわゆるファションでのサングラスとは全くの別物。色も濃くないのでアイコンタクトもとれ、コミュニケーションも問題ありませんね


以前の島旅で(どこだったかは失念)ご一緒したドクターが二人。日光にあたる必要性について自論を聞きました
ビタミンDを取り込むためにもカルシウム形成のためにも外で日光に適度に当たるのは重要との事!。
実際僕らの子供の頃はかなり日焼けを推奨してましたね ただ、

目だけは守ったほうが良いとのこと。かならず加齢により白内障、緑内障にはなるそうで目への紫外線対策は必要。
紫外線による皮膚ガンとかの心配はもともと太陽光の少ない北欧などの白人の事で日本人は別


もう一人の先生は歯科医
この先生はとにかくガムを噛んでいます。ご飯食べるとき以外、寝てるときもです!
クチャクチャせずただ口に入れているだけですね

聞くと、唾液が物凄く重要で体に必要不可欠!


唾液さえ出ていれば口の中も綺麗になり口臭も無し、虫歯もなし、いろんな菌も退治してくれる

年齢と共に唾液の分泌も少なくなるので注意が必要との事。だからおしゃべりな女の人はいいんだよ と

先生曰く、どうやったら子供たちに味が無くなっても口のなかにガムを入れておけるかを語ってくれました

歯磨きメーカーのインチキコマーシャルも教えて頂きました。

そんな話してたら自然に、
『そのうち体育の授業中にガム噛みながらサングラスして体操する小学生があらわれるね』


僕としては海を見ながらこんな話のできる島旅って好きだなぁ〜

2012年6月 3日 (日)

ホタルの夕べ

ホタルの夕べ
週末は西伊豆田子に行きました。

全般的に晴れていましたが残念ながら夕日は、、、

田子島と夕日のコントラストは何度見ても感動します

さて今回はホタル狙い

毎年この時期にいくんですが、遅すぎたり早すぎたり

さて今年は?


大当たり〜


すばらしい乱舞です

幻想的


まだまだあれだけの数のホタルが見えるところがあるんですね

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »